LINEMO(ラインモ)でテザリングする方法|種類と設定手順

ソフトバンクの新料金プランであるLINEMO(ラインモ)のテザリングについて紹介しています。低価格で利用可能なこのプランでも無料でテザリングを使うことができます。申込方法や種類・設定方法まで詳しくお伝えしていますので、テザリングの利用を考えている方は必見です。

  • 2021年3月18日
LINEMO(ラインモ)でテザリングする方法|種類と設定手順
ソフトバンク公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!

2021年3月17日にソフトバンクの新料金プラン「 LINEMO」がスタートしました。

基本料金が2,728円(税込)と格安で利用できるこのプランは、LINEのトークや通話が使い放題、5G通信ができるなど若者向けのブランドです。

そんなLINEMO(ラインモ)では無料でテザリングの利用までできます。

そこでこの記事では、LINEMO(ラインモ)のテザリングする方法や種類、設定手順など、細かく紹介していきます。

【LINEMO(ラインモ)契約するなら要注意】
LINEMO(ラインモ)のサイトでは機種を購入することができないため、ソフトバンクオンラインショップ等で機種を購入しておく必要があります。

また、ソフトバンクの機種であってもSIMロック解除が必要です。LINEMO(ラインモ)契約についての注意点はLINEMO(ラインモ)の最新情報まとめ!デメリット・対応機種・キャンペーン・評判を確認しておいてください。

>ソフトバンク公式ショップで確認する

LINEMO(ラインモ)でテザリングは使える?

LINEMO(ラインモ)
LINEMO(ラインモ)料金プラン

結論からお伝えすると、LINEMO(ラインモ)では無料でテザリングを使うことができます。そのうえ申し込み手続きも必要ありません。

お持ちのスマートフォンがテザリング対応であれば、手軽にテザリングできますよ。

詳細をお伝えする前に、テザリングについておさらいしておきましょう。

テザリングとは?

テザリングとは、スマートフォンをアクセスポイントとして、パソコンやタブレット、ゲーム機などをインターネットに接続することを言います。

最近では外出時にWi-Fiが使える場所が増えてきましたが、カフェやコンビニ、駅など、まだまだ限定的にしか利用できません。

そんな時に役立つのが、テザリングです。

テザリングでしたら、スマホの電波が受信できる場所ならどこでもネットに接続できるため、Wi-Fi電波を探す必要がありません。

外出時にパソコンやタブレットを利用するシーンが多い方には、おすすめの機能です。

▲目次に戻る

LINEMO(ラインモ)のテザリングは月間20GB使える

LINEMO(ラインモ)20GB
LINEMO(ラインモ)データ通信

ではLINEMO(ラインモ)のデザリングは月にどれくらい使えるのでしょうか?答えは20GBです。

このプランでは、月に20GBのデータ通信が使えます。

現実にはテザリングオンリーでスマホを使う人はいませんが、極論を言えば契約データ通信量である20GB使えるというわけです。

では20GBを超えた場合はどうなるのでしょうか?経験済みの方も多いでしょうが、速度制限がかかります。

▲目次に戻る

LINEMO(ラインモ)で速度制限時のテザリングは?

LINEMO(ラインモ)では、データ通信量が月に20GBを超えた場合、1Mbpsの速度制限がかかります。

当然テザリングの利用も20GBにカウントされるため、データ量を気にしながら使うことをおすすめします。

大手キャリアでは通信速度を128Kbpsに制限するところもあるので、これに比べると1Mbpsはそこまで遅い訳ではありません。

動画の視聴には適しませんが、サイトを見たりSNSのやり取りなどはそこそこできるレベルでしょう。

データ量の追加購入もできる

LINEMO(ラインモ)ではデータ量の追加購入が「1GB 550円(税込)」でできます。

速度制限がかかればネットで何をするにもいつもより時間がかかりますね。イライラして困る方は購入を検討しましょう。

機種購入する方はLINEMO(ラインモ)にピッタリのスマホおすすめ端末ランキングもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEMO(ラインモ)契約するならソフトバンクオンラインショップで機種変更をしておきましょう!

ソフトバンク公式オンラインショップソフトバンク公式で機種を探す

▲目次に戻る

LINEMO(ラインモ)のテザリング方法は3種類

ここでは、LINEMO(ラインモ)で利用できるテザリング方法を、以下の3種類紹介していきます。

  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

それぞれ詳しくお伝えしましょう。

Wi-Fiテザリング

Wi-FiテザリングではWi-Fiを使ってネットを接続します。

同時に複数機器の接続ができ、通信速度が速いのがメリットです。一方で、バッテリーやデータ通信量の消耗が激しい点は注意が必要です。

Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングはペアリングして接続する方法です。Wi-Fiに比べるとバッテリーの消費が少ないことはメリットといえます。

事前にスマホと接続したい機器をペアリングする必要があり、ひと手間かかります。さらに通信速度が遅いこともデメリットでしょう。

USBテザリング

USBテザリングはケーブルを利用するので、セキリティーの面では一番安心できる方法です。また、通信速度も速く快適に使えます。

デメリットはケーブルを持ち歩くため、荷物が増えることでしょうか。

LINEMO(ラインモ)へ機種変更する手順と注意点はこちらでまとめています。

LINEMO(ラインモ)契約するならソフトバンクオンラインショップで機種変更をしておきましょう!

ソフトバンク公式オンラインショップソフトバンク公式で機種を探す

▲目次に戻る

LINEMO(ラインモ)のテザリング設定手順

では実際にテザリングを設定してみましょう。設定方法をiPhoneとAndroidに分けて紹介します。

iPhoneの設定手順

  1. 設定をタップし、「モバイル通信」を選択します。
  2. 「インターネット共有」をオンにし、移行先の画面で「ほかの人の接続を許可」をオンにします。
  3. 「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップします。
  4. 画面に表示されたネットワーク名とパスワードを、接続したい端末側で入力すれば完了です。接続したい端末の設定が完了するまで、この画面は閉じないで下さい。

次にAndroidですが、こちらはスマホの種類によって多少の違いがあります。一例を紹介しますので参考にして下さい。

Androidの設定手順【Wi-Fi】

  1. 設定をタップし、「無線とネットワーク」の項目から「その他」を選びます。
  2. 「テザリング」をタップします。
  3. 「Wi-Fiテザリングを設定」を選択すると、「ネットワーク」「セキリティー」「パスワード」が表示されるので、「保存」をタップします。
  4. この画面の「ネットワーク」「セキリティー」「パスワード」は接続したい端末側の入力に必要ですのでメモなどをしておきましょう。
  5. 「Wi-Fiテザリング」を選択し、内容確認をしたら「OK」をタップします。
  6. 接続したい端末側で接続設定をすれば完了です。

Androidの設定手順【Bluetooth】

  1. Bluetoothテザリングでは、接続したい端末とAndroidをペアリングしてからテザリング設定を行います。
  2. 接続したい端末側をオンにします。
  3. Androidの「設定」をタップし、「無線とネットワーク」項目内のBluetoothをオンにします。
  4. デバイスの検索をタップします。
  5. 「使用可能なデバイス」が表示されたら接続したい端末を確認して、選びます。
  6. 「ペアリングされたデバイス」に接続したい端末が表示されればペアリングできます。
  7. 「設定」をタップし、「無線とネットワーク」の中の「Bluetooth」をオンにすれば完了です。

Androidの設定手順【USB】

  1. Androidと接続したい端末をUSBケーブルでつなぎます。
  2. Android側で「設定」→「無線とネットワーク」→「その他」の順にタップします。
  3. 「テザリング」をタップし、「USBテザリング」をオンにします。
  4. 接続したい端末側で接続設定をすれば完了です。

▲目次に戻る

LINEMO(ラインモ)はテザリングも使えて便利

ソフトバンクの新料金プランLINEMO(ラインモ)は、2,728円(税込)でソフトバンクのネットワークが使えるお手頃価格プランです。

お手頃プランながらテザリングも使えるため、利用シーンは多くあるでしょう。

テザリング方法も3種類あるので、あなたに合った方法を選んで設定できますね。

20GBのデータ通信ができるLINEMO(ラインモ)で、データ量をチェックしながらかしこくテザリングを利用して下さい。


ソフトバンク公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!
この記事を書いた人
sailing6865
音楽鑑賞とお花を生けることが好きな一児の母です。家事をしている時などにスマホで音楽を聴いてテンション上げているこの頃。効率が上がってはかどります。ライター歴2年弱ですが、読者さんの役に立つ記事が書けるように、また読みやすく丁寧な記事作成を目指しています。