他社からLINEMO(ラインモ)へ乗り換える手順|違約金と注意点まとめ

他社からLINEMO(ラインモ)へ乗り換える手順を解説していきます。乗り換えの際にかかる違約金やMNP手数料についてもまとめています。ドコモ・au・楽天モバイルからソフトバンクの新料金プランへ乗り換えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2021年3月23日
他社からLINEMOへ乗り換える手順|違約金と注意点まとめ
ソフトバンク公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!

LINEMOとは、2021年3月から運用が開始されるソフトバンクの新しいブランドのこと。

月20GBのデータ通信が月額2,728円(税込)から利用できる、非常にお得な通信プランとなっています。

そこでこの記事では、他社からLINEMOへ乗り換える際の手順や違約金、注意点について解説していきます。

【LINEMO(ラインモ)契約するなら要注意】
LINEMO(ラインモ)のサイトでは機種を購入することができないため、ソフトバンクオンラインショップ等で機種を購入しておく必要があります。

また、ソフトバンクの機種であってもSIMロック解除が必要です。LINEMO(ラインモ)契約についての注意点はLINEMO(ラインモ)の最新情報まとめ!デメリット・対応機種・キャンペーン・評判を確認しておいてください。

>ソフトバンク公式ショップで確認する

他社からLINEMOに乗り換える際の違約金と費用は?

LINEMOのバナー
LINEMO

他社からLINEMOに乗り換える場合は2種類の費用がかかります。

  • 通信プランを解約するときに生じる違約金
  • MNP転出手数料

それでは、それぞれの乗り換え費用を解説していきます。

通信プランを解約するときに生じる違約金

まず必要になるのが現在の通信プランを解約するために必要な契約解除料金、つまり違約金です。

auやドコモなどの大手キャリアでは基本的に2年周期での契約を行っているので、契約が切れる月と前後の月以外で契約を解除すると違約金がかかってしまいます。

ただし、格安SIMは少し勝手が違い、基本的には格安SIMの会社との契約を1年以上続ければ違約金は取られない仕組みになっています。

長い期間格安SIMを契約している方であれば、好きなタイミングでLINEMOに乗り換えても違約金はかからないので気軽に乗り換えることができますね。

各キャリアの違約金はおよそ以下のとおりです。

各キャリアの違約金一覧
  • ドコモ:10,450円
    ただし、2019年10月1日以降に「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を契約したユーザーは1,100円
  • au:10,450円
    ただし、2019年10月1日以降に特定のプランを契約したユーザーは1,100円
  • ソフトバンク:10,450円
    ただし、2019年9月13日以降に申し込みをしたユーザーは違約金なし
  • 楽天モバイル:最低利用期間内に解約すると10,780円
    ただし2019年10月1日以降に申し込んだ人は違約金なし
  • 格安SIM:会社によって異なるものの、基本的に最低利用期間内に解約すると約10,000円。ただし、2019年10月1日以降に新規契約をした人は約1,000円

ほぼすべてのキャリアで違約金の値段が2019年10月以降かなり下がりましたが、それ以前に契約した方は約10,000円の違約金を支払うことになるので、できれば違約金のかからない月に乗り換えをしたいですね。

MNP転出手数料

MNP転出手数料とは、MNP予約番号を発行するために必要な手数料のこと。

現在は多くのキャリアで約3,000円程度の手数料が必要になっています。

ただし、総務省が改正「MNPガイドライン」を公表したことにより、現在すべてのキャリアでMNPの手数料を無くす方向に動いています。

主要キャリアのMNP転出手数料はこちらです。

  • 楽天モバイル:2021年3月時点で無料
  • ドコモ・au:2021年4月以降無料
  • ソフトバンク:2021年3月17日以降無料

また格安SIMについても具体的な情報はないものの、おそらく総務省のガイドラインに従って4月以降はMNP手数料が無料になるかと思います。

▲目次に戻る

他社からLINEMOに乗り換える際の注意点3つ

注意点
LINEMOに乗り換える際の注意点

LINEMOは非常に安くてお得なサービスではありますが、反面いくつかの気をつけるポイントがあります。

ここでは他社からLINEMOに乗り換える際の注意点について解説します。

LINEMOに乗り換える際の注意点
  • ユーザーサポートはオンラインのみで、店頭では非対応
  • ユーザーメールには非対応
  • ソフトバンクの割引や特典は受けられない

ユーザーサポートはオンラインのみで、店頭では非対応

LINEMOの大きな特徴の一つが、コスト削減のためにユーザーサポートを全てオンラインで行っていることです。

そのためソフトバンクショップのような、店頭での契約や困りごとのサポートなどは一切行っておりません。

もちろんオンライン上でのサポート体制はありますが、実店舗でサポートを受けられないと不安という方は乗り換えをするべきかどうか考えたほうがいいかもしれません。

ユーザーメールには非対応

LINEMOでは@softbank.ne.jpドメインのユーザーメールが利用できません。

日常の連絡手段がLINEに切り替わった今キャリアメールを利用する人は少ないかもしれませんが、普段からユーザーメールを利用している方もいると思うので、そういった方は注意してください。

ソフトバンクの割引や特典は受けられない

LINEMOに乗り換えると、ソフトバンクで受けられていた割引やキャンペーンの多くが受けられなくなります。

具体的には、家族のスマホ代が安くなる「新みんな家族割」や、光回線とセットで料金が割引される「おうち割 光セット」などの割引が受けられなくなります。

ただし元々の料金設定が非常に低価格なので、おそらく割引を適用してもほとんどの場合でLINEMOの方が月額料金が安くなると思われます。

LINEMO(ラインモ)を実際に利用した方の口コミ・評判まとめはこちらで確認できます。

▲目次に戻る

ドコモからLINEMOへ乗り換える手順

docomoロゴ
ドコモからの乗り換え

ドコモからLINEMOへ乗り換える際は、以下の2つのステップを行います。

ドコモからLINEMOへ乗り換える手順
  • My docomo、または電話・ショップからMNP予約番号の取得を行う
  • LINEMOにMNP予約番号を伝えて、申し込む

My docomo、または電話・ショップからMNP予約番号の取得を行う

LINEMOへの乗り換えにあたり、まずはドコモからMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号の取得は、My docomo内にある「ドコモオンライン手続き」から行うのがもっとも簡単です。

そのほか、電話での申し込み、もしくはドコモショップへ直接訪れて手続きする方法もあります。

MNP予約番号の取得窓口(ドコモ)受付時間方法
My docomo9:00~21:30My docomo内の「ドコモオンライン手続き」から申込可能
(パソコンやWi-Fi経由などドコモ回線以外からの手続きにはdアカウントが必要)
電話9:00~20:00・ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」から申込可能(無料)
・一般電話は0120-800-000
店頭各店舗の営業時間全国のドコモショップで手続き

LINEMOにMNP予約番号を伝えて、申し込む

auからMNP予約番号を取得したら、LINEMOにその番号を伝えます。

LINEMOについてはまだ申し込みページができていないのでどのような形になるかはわかりませんが、おそらくMNP予約番号を入力する欄があるのでそこに番号を入力してください。

ここで注意しておきたいことが、MNP予約番号は発行してから15日以上経過すると期限切れとなり番号が使えなくなってしまうことです。

もう1度MNP予約番号を取得ことも可能ですが1から手順をやり直す必要があるので、15日以内に手続きを終えるようにしてくださいね。

▲目次に戻る

auからLINEMOへ乗り換える手順

auロゴ
auからの乗り換え

auからLINEMOへの乗り換えも、ドコモ同様2つのステップを踏むだけで簡単に行なえます。

auからLINEMOへ乗り換える手順
  • auのキャリアショップ、またはMy auから、MNP予約番号の取得を行う
  • LINEMOにMNP予約番号を伝えて、申し込む

auでMNP予約番号を入手するための方法は以下のとおりです。

MNP予約番号の取得窓口(au)受付時間方法
My au9:00~20:00My au → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」
→ ご契約内容 / 手続き → お問い合わせ / お手続き → MNPご予約
電話9:00~20:00電話番号:0077-75470(無料)
店頭店舗によって異なる全国のauショップで手続き

表に記したどの方法でもMNP予約番号は入手できますが、My auでの手続きが手間がかからず簡単でおすすめです。

▲目次に戻る

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える手順

ソフトバンク
ソフトバンクからの乗り換え

ソフトバンクとLINEMOは同じ企業内のサービスなので、auのようにMNP予約番号を発行する必要はありません。

LINEMOがまだ提供開始されていないために具体的な手順については発表されていませんが、おそらくMy SoftBankから乗り換えの手続きが行えると思います。

ただし、LINEMOへプラン変更を行う前に、My SoftBankでSIMロック解除を行う必要があります。

SIMロック解除をせずにLINEMOに乗り換えてしまうと複雑な手順が必要になるため、その点は注意してくださいね。

もしSIMロック解除をせずにLINEMOに乗り換えてしまった場合は、こちらのページをご覧ください。

▲目次に戻る

楽天モバイルからLINEMOへ乗り換える手順

楽天モバイル ロゴ
楽天モバイルからの乗り換え

楽天モバイルの場合はオンラインでのみMNP予約番号を発行しています。

具体的な手順は以下のとおりです。

  1. 「my楽天モバイル」にアクセスする
  2. 画面右上の三本線メニューから「my 楽天モバイル」
  3. 契約プラン
  4. 各種手続き
  5. 他社への乗り換え(MNP予約番号取得)

楽天モバイルでこの手続きを行ったあと、LINEMOの申し込みページでMNP予約番号を入力すれば乗り換えの手続きは完了となります。

▲目次に戻る

格安SIMからからLINEMOへ乗り換える手順

mineo
格安SIMからの乗り換え

格安SIMの場合も乗り換えの手順は大手キャリアと変わりません。

現在契約している格安SIMの会社からMNP予約番号を取得→LINEMOの申し込みページにMNP予約番号を入力の手順で乗り換えを行うことができます。

格安SIMからの転出の場合、MNP予約番号の発行方法は大きく分けて2つになります。

  • 電話で取得する
  • WebでMNP予約番号を発行する

ただし、すべての格安SIMがこの両方に対応しているわけではありません。

格安SIMによって「電話とWebのどちらでも対応できる」ケースと、「電話のみ」または「Webのみ」と片方のみに対応しているケースがあります。

現在契約している会社がどの方法に対応しているか、確認しておきましょう。

▲目次に戻る

LINEMOへは簡単なステップで乗り換えが可能

この記事では、他社からLINEMOへ乗り換える際にどのような手順を踏めばいいのか、またLINEMOへ乗り換える際の注意点について解説しました。

どの会社からの乗り換えも手順はおよそ2ステップで行えるため、そこまで難しくないことがわかったと思います。

LINEMOは大手キャリアよりも格段に月額料金の安いお得なサービスなので、乗り換えを考えている方は参考にしてみてくださいね。


ソフトバンク公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!
この記事を書いた人
banetufs
自作PCを組んだり、スマホを海外から個人輸入するなどガジェットが好きなwebライター。写真撮影も趣味。 皆様に詳しく、分かりやすい記事をお届けします。