LINE Pay スマホの使い方 電子マネーの使い方
Pocket

読了時間:約 3

現金志向が強いと言われている日本でも、キャッシュレスで支払いをする光景を目にすることが多くなってきました。コンビニやレストランでスマホやSuica・PASMOといった交通系ICカードをかざして決済している方は多いでしょう。

LINE Payは日本で広く普及しているSNSであるLINEが提供している決済サービス。Suicaなどの決済と同様かざして決済することが一つの特徴です。

「LINEは当たり前に使っているけど、LINE Payって何?便利なの?」という方や、「おサイフケータイと何が違うの?」といった方もいることでしょう。

本記事では「LINE Payを使ってみたいけど、どんな機能があるのかよくわからないから知りたい」という方向けに使い方や使うメリットをお伝えしてきます。

そもそもLINE Payで出来ることって何があるの?


LINE Payで出来ることは名前の通り決済なのですが、チャージや支払いなど様々な機能があります。まずはLINE Payで出来ることについてお伝えします。下記がLINE Payで出来ることです。

  • LINE Payカード決済
  • コード決済(かざして決済)
  • オンライン決済
  • 送金
  • 送金依頼
  • 出金
  • 割り勘

以下、それぞれ詳しく説明していきます。

LINE Payカード決済

LINE Payカード決済とは、LINE Payが発行するチャージ式プリペイドカードを利用して決済する方法のこと。全国のJCB加盟店で使用することができます。使用する場合は、レジでの支払いの際に提示すればOK。あらかじめチャージされている金額から支払い金額が引かれて決済完了です。

LINE Payカード決済はJCBカード加盟店でプリペイドカードとして使える決済方法です。

コード決済(かざして決済)


コード決済はLINE Pay加盟店で支払いをする際に、LINE Payの決済用QRコードをかざして、レジで読み取ってもらうことによって行う支払いのこと。かざして決済するのはこのコード決済のことを指します。

LINE Payに対応している店は、ローソンやファミリーマートといったコンビニの他、ドラッグストアや居酒屋などがあります。詳しくは、公式ホームページをご覧ください。

LINE Pay公式ホームページ:LINE Payが使えるお店

オンライン決済

オンライン決済は、対応しているネットショップで買い物をする際に使用する決済方法です。クレジットカードと同じように支払い方法として選択することができて、支払金額があらかじめチャージされている金額から差し引かれて決済されます。

対応しているネットショップはZOZOTOWNなどがありますが、まだまだ12店舗と使える店舗数が十分とはいえないところ。今後の拡充が待たれます。

送金

LINE Payでは送金したい相手のLINE Payにお金を送ることが出来ます。例えば、「ちょっとしたことで、友だちに1000円借りたんだけど、しばらく会わないからなかなか返せない・・・」というようなときに便利な機能です。

送金したい友だちを選んで、金額を入力すれば簡単に送金可能。しかも銀行振り込みなどと違って手数料が一切かからないのもうれしいところです。

ただし、友だちに送金する際や後述の割り勘機能を使用する場合は、銀行口座の登録があらかじめ必要です(送金されたものを受け取る場合は登録不要)。登録が必要ではありますが、LINE Payでは友だちへの送金が容易にできます。

送金依頼

LINE Payでは送金だけでなく、送金依頼も可能です。友だちの中から、送金してもらいたい人を選んで金額を入力すればOK。「そういえばお金返してもらわないと」というようなときに便利です。送金依頼も手数料がかからず、手軽に利用できます。

出金

216円の手数料はかかりますが、LINE Pay残高を指定の銀行口座に移すこともできます。とっさに現金が必要になった時や、送金で受け取ったLINE Pay残高を現金化したいときに便利です。

割り勘


LINE Payを使っている人同士で割り勘をすることが出来ます。飲み会などで複数人数でお金を支払わなければならない時に「1万円札しかなくておつりが・・・」なんていう時に便利な機能です。

飲み会などでの支払いの際にLINEの友達から「割り勘グループ」を作成。グループを作成したら、幹事が支払いを完了させます。支払いが完了したら参加者の割り勘金額を決定すれば支払い完了。

参加者は必ずしもLINE Payで支払う必要がないため、多くの人がその場で参加しやすい仕様になっています。

LINE Payにお金をチャージする4つの方法


LINE Payで支払いをするためには、チャージが必要です。チャージの方法としては以下の4つがあります。

  • 銀行口座
  • LINE Pay カード レジチャージ
  • コンビニ
  • オートチャージ

それではそれぞれについて解説していきます。

銀行口座


LINE Payでは銀行口座を設定することによって、任意の金額をチャージすることが出来ます。LINE Payに銀行口座の情報を入力後、チャージ画面で銀行口座を選択すればOK。100円単位でチャージ金額を決めることが出来ます。チャージした金額は口座から自動で引き落としです。

口座の設定さえしてしまえば気軽にチャージすることが可能になります。

LINE Pay カード レジチャージ


画像引用元:LINE Pay公式ブログ
LINE Payカードを店員に提示してお金を支払うことによってもチャージ可能です。LINE Pay カードレジチャージに対応している店舗である必要はありますが、現金で手軽に出来ます。対応しているお店は、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、AINZ&TULPEなど。

チャージするほとんどの場合、身近にあるローソン系列のお店になるでしょう。お店は限られますが、LINE Pay カード レジチャージはカードと現金さえあれば手軽にチャージできる方法です。

コンビニ


画像引用元:LINE Pay 公式ブログ
コンビニでもLINE Payのチャージが出来ます。セブン銀行のATM、ファミリーマートのFamiポートで支払いが可能です。セブン銀行の場合はLINE Payカードを入れるか、LINE Pay上に発行されるQRコードを用いてチャージをします。

Famiポートを使用するときは、LINE Payから発行される予約番号をFamiポートに入力して支払いをします。ちなみに、セブン銀行でのQRコードを用いたチャージと、Famiポートでの支払いはLINE Payカードがなくてもチャージが可能です。

オートチャージ

銀行口座の登録が必要ですが、オートチャージも可能です。チャージ金額が設定した金額を下回った場合、銀行口座から自動的にチャージされます。日常的にLINE Payを使う場合はいちいちチャージする手間が省けて便利ですね。

LINE Payとおサイフケータイってどこが違う?各機能を比較してみた


LINE Payで出来ることを紹介してきましたが、LINE Payのコード決済と似たサービスにおサイフケータイがあります。内容を混同しがちなこの二つのサービス。LINE Payのコード決済とおサイフケータイの相違点を下記にまとめました。

LINE Pay おサイフケータイ
決済可能場所
決済の手軽さ
対応機種 全機種 Felica対応機種のみ
ポイント たまる 直接的にはたまらない
クレジットカードでのチャージ できない できる

それではそれぞれ詳しく説明していきます。

決済可能場所

LINE Payコード決済よりおサイフケータイの方が、決済可能な場所は多いです。というのも、おサイフケータイはWAON,nanaco,Suicaといった電子マネーをそれぞれ登録することが出来るため、決済可能な場所が多くなっています。

単純にコンビニを例に挙げると、LINE Payコード決済はローソンとファミリーマートでしか使用できませんが、おサイフケータイはセブンイレブンやミニストップといったコンビニでも使用できます。決済可能な場所はLINE Payコード決済よりおサイフケータイの方が多いです。

決済の手軽さ

決済の手軽さもおサイフケータイの方が上です。LINE Payコード決済は支払いの際にアプリを起動してQRコードを表示させる必要がありますが、おサイフケータイはアプリの起動が必要ありません。

対応機種


LINE Payコード決済は、すべてのスマートフォンで利用できますが、おサイフケータイは全てのスマートフォンに対応しているわけではありません。おサイフケータイを使用するにはFelicaに対応している機種である必要があります。

Felicaとはソニーが開発している非接触型のIC通信機能のことで、ソニーが開発していることもあり国内で作られているスマートフォンがFelica対応機種の多くを占めます。

例えば、appleのiPhoneなどはiPhone7以降の機種はFelicaが対応していますが、それ以前の機種には対応しておらず、皆が皆気軽に使える機能とは言えない状況にあります。LINE Payコード決済は使う機種を気にすることなく利用可能です。

ポイント

LINE Payコード決済は使った金額に応じてLINEポイントがたまっていきます。LINEポイントは1ポイント1円として使用できるポイント。いくら使うとどの程度ポイントが溜まるかは後述していますので参照ください。

一方、おサイフケータイは直接的にはポイントがたまりません。おサイフケータイでキャッシュバックを得ようとすると、チャージにクレジットカードを使用してクレジットカードのポイントをためるという必要があります。

LINE Payコード決済は何も意識しなくてもポイントがたまりますが、おサイフケータイはひと工夫必要です。

クレジットカードでのチャージ


LINE Payのチャージではクレジットカードを使用することは出来ません。そのため、「クレジットカードに支払い情報をまとめて管理したい」ということはLINE Payでは難しくなります。クレジットカードでチャージしたい場合はおサイフケータイを利用する必要があります。

ここがすごいLINE Pay!LINE Payを使うメリット2つ


LINE Payを使う上で大きなメリットになる主な2つのことをお伝えします。

  • 手軽さと高い汎用性
  • 高いポイント還元率

それでは解説していきましょう。

手軽さと高い汎用性

LINE PayはLINEを利用していればすぐに利用登録が出来る上に、決済方法もチャージ方法も多く存在するサービスです。LINE Payカード決済ならJCB加盟店で使えますから、使えないお店を探す方が大変ですし、コード決済ならカードの発行も不要で手軽に利用できます。

オンライン決済を利用すればネットショップでの買い物でも利用できますし、送金機能といったLINE Payならでは機能も搭載。LINEの友だち機能を活用した割り勘機能までついています。

チャージした金額を銀行口座に戻すこともできますし、LINE Payは「現金を使わずにやり取り出来たら便利だな」と思えることに対応してくれますので、手軽にかゆいところに手が届くサービスと言えるでしょう。

高いポイント還元率

LINE Payでの決済ですが、ポイントがたまることが大きな特徴です。月々のLINE Payによる支払金額によってバッジの色が決定され、ポイント還元率が変わるのですが、最大で2%のポイント還元率となります。

バッジ色 必要な月々の支払額 ポイント還元率
ホワイト 0円 0.5%(100円当たり0.5ポイント)
レッド 1万円 1%(100円当たり1ポイント)
ブルー 5万円 1.5%(100円当たり1.5ポイント)
グリーン 10万円 2%(100円当たり2ポイント)

たまるポイントは1ポイント1円として使用することが出来ます。ステージがグリーンになるには、月々10万の支払いが必要ですが、2%という好還元率です。

2%という還元率は、日本で発行されているクレジットカードのポイント還元率と比べても非常に高い還元率です。例えば好還元率で有名なREXCARDでも還元率は1.25%ですので、いかに2%という数字が高いかお分かりいただけるでしょう。

さらに、2019年7月31日までという期間限定ですが、LINE Payコード決済を利用すると、上記のポイントにプラスして3%が上乗せされます。つまり、最低でも3.5%。最大だと5%もの金額がポイントとして付与されます。

5%のポイント付与というのは、他のクレジットカードなどではありえないほど高いポイント還元率です。LINE Payはよりお得に買い物をしたいという方にはぴったりのサービスと言えるでしょう。

とっても簡単!LINE Payの設定方法


LINE Payが便利でお得なことは分かったから、「実際に使ってみたい」という方もいることでしょう。LINE Payの設定方法をお伝えします。

あっという間に完了する初期登録


LINEの画面下部に表示されているウォレットをタップし、表示された画面のLINE PayをタップすればOK。すると利用規約が出てきますので、目を通したうえで規約やプライバシーポリシーに同意するにタップすれば登録完了です。

正直なところ、「もう完了なの!?」と思ってしまうほどあっという間に完了します。LINEの利用登録の際にいろいろな情報を入力しているので簡素化できるのでしょうね。手軽に始められることはありがたいことです。

使える機能を増やすために銀行口座登録をしよう

銀行口座を使ってチャージしたり、送金といった機能を利用するためには銀行口座の登録が必要です。LINE Payの画面で銀行口座をタップすると、銀行の選択画面になります。利用したい銀行を選んで画面の指示に従い、口座情報を入力してください。画面の指示に従って行けば登録が完了します。

途中で自動引き落とし設定に必要な暗証番号やワンタイムパスワードの入力が求められますので、確認の上入力してください。入力開始から5分もかからないぐらいで設定は完了します。

設定する銀行によって手続きが多少異なりますので、各銀行の手続きの違いを詳しく知りたい方は公式ブログをご覧ください。

LINE 公式ブログ

結局どうなの!?LINE Pay


LINE Payは多くの人が利用しているLINEのアカウントを持っていればとても手軽に始めることが出来、利用すればするほどポイントがたまる手軽でお得なサービスです。

しかし、交通系ICカードやおサイフケータイと比べると、周知度としては決して高いとは言えませんし、使えるお店も少ないというのが現状です。とはいえ、送金や割り勘といったLINE Payならではの機能もあります。

使いこなすことが出来れば便利な機能がたくさんなのですが、使いこなすためには使えるお店やユーザーの数がまだまだ少ないサービスです。

LINEはユーザーを増やして利用環境を整えるために、ポイントを増額したり、加盟店の手数料を月の売り上げ100万円までは無料にしたりと思い切った施策を打っています。LINE Payは便利で手軽ですが、使いこなすためには利用環境が整うのをもう少し待つ必要があるサービスでしょう。