ソフトバンク公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているのでお得!
読了時間:約 3

ソフトバンクから2019年夏発売モデルとしてLGエレクトロニクス製の「LGK50」が発売予定です。

夏モデルのなかで「LGK50」は最もお手頃価格の機種となる見込みですが、6.26インチの大画面や3,500mAhの大容量バッテリーが搭載されています。

今回の記事は「LGK50」を評価レビューし、買う理由・買わない理由を特集、機種選びの参考してください。

2019年夏モデル総まとめ|おすすめ機種と買い控えた方がいい機種

ソフトバンクから2019年夏発売の「LGK50」の評価レビュー

「LGK50」はソフトバンクから発売


画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

「LGK50」はソフトバンクから発売される、LGエレクトロニクス製のAndroid搭載スマートフォンです。ソフトバンクの2019年夏モデルスマホとしては以下の4機種が発売されます。

  • ハイエンドモデル
    シャープ「AQUOS R3」・ソニーモバイル「Xperia 1」
  • ミドルレンジ
    富士通「arrows U」
  • ローエンドモデル
    LGエレクトロニクス「LGK50」

ローエンドモデルの「LGK50」は、以上4機種のなかで最もリーズナブルな価格設定となり、3万円前後で入手できる見込みです。

気軽に入手できる「LGK50」ですが、6.26インチの大画面と3,500mAhの大容量バッテリーが搭載され、コストパフォーマンスはかなり優秀です。

「LGK50」は韓国産スマホ

画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

「LGK50」は、LGエレクトロニクス(LG Electronics Incorporated)の韓国産スマホ。

LGエレクトロニクスはサムスン電子に次ぐ韓国電機業界No.2の大企業で、ソウルに本社を置く総合家電・情報通信メーカーです。

ソフトバンクでは初のLGエレクトロニクス製のスマホとなりますが、海外を中心にコストパフォーマンスの高さで人気の高いメーカーとなっています。

「LGK50」の発売時期は2019年7月上旬

「LGK50」の発売は2019年7月上旬に予定されており、予約開始は6月下旬となっています。

廉価版ながら大画面と大容量バッテリーが売りの「LGK50」ですが、ここでそのスペックをみてみましょう。

機種名 LGK50
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約161×77×8.7 mm
重さ 約172g
発売時期 2019年7月上旬以降
OS Android 9.0
CPU MT6762 オクタコア(2.0GHz+

1.5GHz)

RAM 3 GB
ROM 32 GB
カードスロット microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 6.26 インチ(TFT液晶)
解像度 HD+(1,520×720)
アウトカメラ 1,300万画素+200万画素
インカメラ 1,300万画素
バッテリー容量 3,500 mAh
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
接続端子 micro USB /イヤホンジャック
生体認証 指紋認証
防水防塵 非対応
おサイフケータイ 非対応
ワイヤレス充電(Qi) 非対応
カラー スペースブルー
プラチナシルバー
ソフトバンク2019年夏モデル「LG50」の最新情報・スペックと発売時期

ソフトバンクの「LGK50」を評価・レビューすると?

3,500mAhの大容量バッテリー


画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

「LGK50」の大きな魅力として、3,500mAhの大容量バッテリーが挙げられます。

これはハイエンド機種「Xperia 1」の3,200 mAhを超える大容量で、これだけあれば電池の残量を気にせずに動画や音楽を楽しめます。

「LGK50」は大容量バッテリーに加え、バックグラウンドで使用されるアプリの消費電力もセーブ。

YouTubeなどの映像コンテンツを音声だけを聞くときに画面を暗くすることで消費電力を抑える「エコプレイ」しています。

これらの工夫により、なんと充電なしでの4日間連続使用が可能となりました。

6.26インチHD+の大画面ディスプレイ


画像引用元:LG K50 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

「LGK50」は、6.26インチHD+の大画面液晶ディスプレイ「FullVision」を搭載

iPhone XR(6.1インチ)よりもさらに大きなディスプレイは、たくさんの情報量が一度に表示されてとても見やすくなっています。

解像度はHD+(1,520 × 720)とやや見劣りしますが、動画もスムーズに視聴できる画質です。

また19:9の縦長画面はSNSやニュースサイトを閲覧するさい、少ないスクロールで見ることができます。

大画面でも、画面全体を縮小や移動ができる「ミニビュー」機能のおかげで片手で快適に操作でき、本体は2.5dラウンドエッジで手になじみやすいため、とても持ちやすいスマホです。

デュアルカメラで人物も風景もキレイに撮れる


画像引用元:LG K50 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

「LGK50」は、13M+2Mのデュアルカメラを搭載しています。

ポートレート専用レンズで背景をぼかして人物にフォーカスしたSNS映えする写真が、ピントを被写体にあわせてスライダーで調節するだけのカンタン操作で撮影OK。

加えてAIカメラがフレーム内の被写体に合わせて最適なモードを自動選択してくれるので、いつでもどこでも簡単にキレイな写真が撮れます。

ハイエンドモデルのようなスタイリッシュなデザイン


画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

「LGK50」は、端末正面のノッチ(切り欠き)型に配置されたインカメラと狭いベゼル(額縁)によって高い画面占有率(78.8%)を実現しました。

これらにより、>ハイエンドモデルのようなスタイリッシュな外観となっています。

光沢のあるスペースブルーとプラチナシルバーの2色のカラーは高級感が漂い、とてもローエンドモデルには見えないカッコよさです。

今ならキャッシュバックが受けられる


画像引用元:スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン – PayPay

現在、ソフトバンクで2019年夏モデルの対象機種を購入すると、PayPayの残高が受け取れる「PayPayもらえちゃうキャンペーン」を実施中です。

付与されるPayPay残高はPayPayボーナスとなり、「LGK50」の購入でもれなく3,000円相当分がプレゼントされます。

購入期間は発売日から2019年7月31日まで、申込期間は発売日から2019年8月7日までです。

対象機種を購入して応募ページにて必要事項を入力すれば、特典付与に必要な案内が送付されてきます。

次のページでは、ソフトバンクの「LGK50」を買う理由、買わない理由をご紹介します。

「LGK50」まとめ
  • 「LGK50」はソフトバンクから発売
  • 「LGK50」は韓国産スマホ,3万円前後でリーズナブルな価格設定
  • 「LGK50」の発売時期は2019年7月上旬
  • 3,500mAhの大容量バッテリー
  • 6.26インチHD+の大画面ディスプレイ
  • デュアルカメラで人物も風景もキレイに撮れる
  • ハイエンドモデルのようなスタイリッシュなデザイン
  • 今ならキャッシュバックが受けられる

ソフトバンクの「LGK50」を買う理由

ハイエンド機種を凌ぐ大容量バッテリー


画像引用元:LG K50 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

現在販売されている多くのスマートフォンのバッテリーは、2,000〜3,000mAhとなっています。

けれども「LGK50」は、ローエンドモデルでありながら3,500 mAhもの大容量バッテリーを搭載しています。

どんなに高性能のスマホでも電池が切れたら「ただの板」で、バッテリーの持ちはスマホユーザーにとって重要な問題です。

バッテリーの大型化に伴って機種本体も大きく重くなりがちですが、「LGK50」はほどよいサイズ感と持ちやすさを維持しています。

iPhone XRより大きなディスプレイ


画像引用元:LG K50 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

スマホのディスプレイも年々大型化が進んでいて、「iPhone XR」登場以来、6インチ台のディスプレイは珍しくなくなりつつあります。

「LGK50」はソフトバンクの2019年夏モデル中で最もリーズナブルながら、「iPhone XR」より大きな6.26インチHD+の大画面液晶ディスプレイが搭載されているのです。

大画面に表示されることで情報の一覧性が高まり、長文のニュースサイトでもスムーズに全体を見ることができます。

抜群のコストパフォーマンス

ローエンドモデルの「LGK50」は、ソフトバンクの2019年夏モデル中で最もリーズナブルな端末です。

現在のところ価格はまだ正式に発表されていませんが、ミドルレンジの富士通「arrows U」(30,720円)と同等以下になる見通しです。

大容量バッテリー&大画面ディスプレイで抜群のコストパフォーマンスを誇る「LGK50」は、ローエンドモデルに見えない高級感が漂うルックスも魅力です。

ソフトバンクの「LGK50」を買わない理由

おサイフケータイがない

残念ながら、「LGK50」はおサイフケータイに対応していません

おサイフケータイが使えるスマホが1台あれば、カードを持ち歩かなくても手軽にキャッシュレスで買い物ができたり、ポイントカードをまとめて管理できたりと大変便利です。

この便利さを知ってしまったら、おサイフケータイが使えない「LGK50」は選択外になってもしかたありません。

防水・防塵機能が非対応

今や生活必需品となったスマホだから、いつでもどこでも気軽に使いたいものです。

そのためタフな防水・防塵機能を装備したスマホが増えているのですが、「LGK50」は防水・防塵機能が非対応となっています。

うっかり水濡れさせてしまうと壊れてしまうようでは、いつでもどこでも気軽に使うことはできません。

いくら機種代が安くても、修理が必要になるとかえって高くついてしまうこともあり、防水・防塵機能が非対応という点は大きな減点項目といえます。

顔認証が使えない

「LGK50」の生体認証は指紋認証のみとなっています。

「LGK50」は防水機能が非対応となっているわけだから、手が濡れているときにはロック解除できないことになってしまいとても不便です。

防水機能がないうえに顔認証が使えないところは、「LGK50」を買わない理由として合理的なものでしょう。

フルセグ・ワンセグにも非対応

画像引用元:LG K50 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

最近はテレビを買わずに、スマホで番組を視聴しているという方が増えています。そんな方にとってフルセグ・ワンセグに非対応の「LGK50」は、残念なスマホというしかありません。

海外メーカー製の廉価版モデルではフルセグ・ワンセグに非対応となっていることがよくありますが、やはりテレビが見られないスマホならいらないという方からは、「LGK50」はスルーされるでしょう。

「LGK50」を買う理由・買わない理由
  • 買う理由:ハイエンド機種を凌ぐ大容量バッテリー
  • 買う理由:iPhone XRより大きなディスプレイ
  • 買う理由:抜群のコストパフォーマンス
  • 買わない理由:おサイフケータイがない
  • 買わない理由:防水・防塵機能が非対応
  • 買わない理由:顔認証が使えない
  • 買わない理由:フルセグ・ワンセグにも非対応

ローエンドモデルに見えない「LGK50」は買いかも

「2019年夏発売『LGK50』の評価レビュー|買う理由と買わない理由」と題して、LGエレクトロニクス製の「LGK50」をさまざまな角度から紹介しました。

ハイエンド機種を上回る6.26インチの大画面や3,500mAhの大容量バッテリーに加え、ローエンドモデルに見えない高級感ただよう外観の「LGK50」は、かなりコストパフォーマンスの高い機種です。

しかし、おサイフケータイ・防水防塵機能がない点はかなり厳しいところで、この点が気にならなければ、「LGK50」は買いといえるでしょう。

ソフトバンク LG K50を2万円得する機種変更方法と選ぶべきキャンペーン