携帯2台持ちにおすすめの格安スマホ|安く、データ容量が豊富な会社を厳選
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

データ専用のデータSIMは月額500円から始められるLINEフリープラン(1GB)のみとなっており、コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランはデータSIM(SMS付き)か音声通話SIMのみとなります。

仕事とプライベートをわけるために携帯2台持ちを考えている場合、LINEモバイルなら全てのプランに対象のSNSのデータフリーが付いているのでLINEの無料通話が使い放題というのはメリットが大きいです。

ただLINEの無料通話はIP電話サービスのため通話品質は落ちますが、プライベートでの利用なら多少通話品質が落ちても大丈夫という方は月額料金をかなり安く抑えることが可能です。

使い切れなかったデータ通信量は翌月繰越が可能で、本人だけでなくLINEアプリで繋がっている家族や友だちとシェアすることができるのも魅力です。

OCN モバイル ONE:大容量プランのほかに大容量の低速コースも用意

OCN モバイル ONE:大容量プランのほかに大容量の低速コースも用意
画像引用元:OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCN モバイル ONEはdocomo回線を利用したNTTコミュニケーションズが提供する格安スマホです。

他社にはない高速・低速プラン月ごとの定額プランと日ごとの定額プランがあり、日ごとの定額プランであればデータ容量を使い切って通信制限がかかっても翌日には解除されるのが特徴です。

OCNモバイルONE
(データSIM)
月額料金
110MB/日コース900円
170MB/日コース1,380円
3GB/月コース1,100円
6GB/月コース1,450円
10GB/月コース2,300円
20GB/月コース4,150円
30GB/月コース6,050円
500kbps(15GB/月)コース1,800円

500kbpsコースは通信速度が最大で500kbpsしか出ませんが、動画を低画質で楽しんだり音楽を聴くらいなら低速でも問題なく利用できます。低速プランは月額料金が安く設定されているので、低速でいいからたくさんの通信容量を安価で利用したい人におすすめです。

2018年8月より提供を開始した「MUSICカウントフリー」に申し込めば追加利用料無しで対象サービスの通信容量がカウントフリーになるため、対象サービスを利用している音楽好きはぜひ申し込みましょう。

MUSICカウントフリー 対象サービス

  • Amazon Music(Prime Music、Amazon Music Unlimited)
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック
  • レコチョクBest

月1回自由にコース変更ができるため、月ごとに利用するデータ容量に差があるタイプの方も無駄なく利用できて便利ですし、全国約86,000ヶ所のWi-Fiスポットを無料で利用できるのも魅力の格安スマホです。

mineo:トリプルキャリア対応で独自サービスが魅力的

mineo:トリプルキャリア対応で独自サービスが魅力的
画像引用元:mineo(マイネオ)|au・ドコモ・ソフトバンク対応の格安スマホ(SIM)

mineoはdocomo回線、au回線、ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応していて、現在利用しているスマホをそのまま利用できるので乗り換えがしやすい格安スマホです。

2018年9月から提供を開始したソフトバンク回線の場合はdocomo回線、au回線に比べて若干月額料金が上がってしまいますが、回線が合わないからと乗り換えを躊躇していた方にとっては嬉しい点でしょう。

基本データ容量auプラン
シングルタイプ
(データ通信のみ)
ドコモプラン
シングルタイプ
(データ通信のみ)
ソフトバンクプラン
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MB700円700円790円
3GB900円900円990円
6GB1,580円1,580円1,670円
10GB2,520円2,520円2,610円
20GB3,980円3,980円4,070円
30GB5,900円5,900円5,990円

コースの変更もマイページから無料で簡単にできるので、月によって利用するデータ容量に差があるタイプにもおすすめ。(プラン変更適用は翌月からとなります)

無料でパケットシェア(事前登録した最大5回線とデータ容量をシェアできる)・パケットギフト(他のmineoユーザーにデータ容量をプレゼントできる)・フリータンク(パケット貯蔵庫に余ったデータ容量を寄付して助け合える)で容量をシェアできるのも魅力。

「マイネ王」というmineoユーザーが参加できるコミュニティサイトもあり、他社には無いユーザー同士のつながりを重視したサービスを提供している格安スマホです。

イオンモバイル:50GBまでの大容量でヘビーユーザーにおすすめ

イオン MOBILE
画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

月額料金が業界最安レベルのイオンモバイルもdocomo回線とau回線のマルチキャリアに対応していますが、データSIMはdocomo回線のみとなっています。1GBから大容量の50GBまで細かなプラン設定で無駄なく選べるのが魅力。

プラン名月額料金
データ1GBプラン480円
データ2GBプラン780円
データ4GBプラン980円
データ6GBプラン1,480円
データ8GBプラン1,980円
データ12GBプラン2,680円
データ20GBプラン3,980円
データ30GBプラン5,380円
データ40GBプラン7,480円
データ50GBプラン10,300円

余ったデータ容量は翌月末まで繰り越すことができ、足りなかった場合も1GBが480円で月6回まで追加購入可能。他社に比べてかなり安い追加料金なので、月によって利用する容量が変わる人には細かな調整がしやすく便利です。

20、30、40、50㎇と他社ではあまり見かけない大容量プランが豊富で自分に合ったプランを選びやすいことと、2018年10月からの価格改定によって更に月額料金が下がったことから、たくさん容量を使いたいヘビーユーザーにも大人気の格安スマホです。

2台持ちが煩わしいならデュアルSIM、デュアルスタンバイで解決

2台持ちが煩わしいならデュアルSIM、デュアルスタンバイで解決

携帯2台持ちすることで維持費を安く抑えることができたり便利に利用できるメリットがある反面、2台分の荷物が増えたり1台を充電したまま持つのを忘れてしまうといったデメリットも出てきます。

仕事やプライベートで携帯を分けたいけれど実質的な携帯2台持ちが面倒だと感じる場合は、1台のスマホに2枚のSIMカードを挿すことができる「デュアルSIM」「デュアルスタンバイ」のスマホがおすすめです。

デュアルSIMはスマホに2枚のSIMカードを挿すことができる端末のことで、この端末を利用すれば携帯2台持ちをしなくても良くなるので荷物が増えることはありません。

ただ、デュアルSIMの端末にはシングルスタンバイとデュアルスタンバイの2種類があり、シングルスタンバイの場合は待ち受けは1枚ずつとなり、どちらか1枚のSIMカードを利用している場合はもう1枚のSIMカードは利用できません。

1枚のSIMもうカードで通話をしている時はもう1枚のSIMひとつのカードはまったく利用することができなくなってしまいます。

また、シングルスタンバイの場合はそれぞれのSIMカードを利用するたびに切り替えが必要です。

デュアルスタンバイの場合は2枚のSIMカードを同時に待ち受けが可能で、使用する場合も切り替えが必要無いので手間がかからず便利です。

ただデュアルスタンバイの場合でも同時に待ち受けが可能というだけで、音声通話を利用している間は4G LTEでのデータ通信は利用できませんし2枚のSIMカードで同時に通信することもできない点は覚えておきましょう。

しかしバッグの中に2台の携帯やスマホを入れておくのは重くて嫌だと思っていた方にとっては、1台で2つのSIMカードを利用できるので身軽に利用することができるでしょう。

そのかわり、これまでの携帯2台持ちの場合は通話中に片方でネット検索するような使い方ができたり、2台の携帯の電池を分散して利用することで電池残量を気にせず利用可能でしたが、デュアルSIMの場合はそういった使い方ができなくなるので注意が必要です。

デュアルSIMスマホのポイント
  • SIMカード使い分けたい時に携帯2台持ちをしなくても良い
  • シングルスタンバイとデュアルスタンバイの2種類がある
  • シングルスタンバイの場合どちらか1枚のSIMカードを利用している場合はもう1枚のSIMカードはまったく利用できず、切り替えが必要
  • デュアルスタンバイは同時に待ち受けが可能で切り替えの必要がない。しかし2枚のSIMカードで同時に通信することはできない

携帯2台持ちは安く、データ容量が豊富な会社を選んで得をしよう

携帯2台持ちは安く、データ容量が豊富な会社を選んで得をしよう

最近の格安スマホは大容量プランの充実やデータフリーなど使い勝手が良くなってきており、価格も抑えられるので便利になっています。

以前は携帯2台持ちなら大手キャリア+格安スマホが多かったのですが、サービスの充実により格安スマホ+格安スマホの組み合わせもますます増えてくることでしょう。

今後も得な情報を素早くチェックして、充実した携帯2台持ち生活を満喫しましょう。


1 2