読了時間:約 2

スマホの機種変更といえば、ドコモショップなどのキャリアショップで行う方が多いと思いますが、実は家電量販店でも各キャリアの機種変更を受け付けています。

機種の一括購入で各家電量販店のポイント還元を受けられるほか、店舗によって独自の割引を展開していることも多く、上手く利用すればお得に機種変更できるケースもあります

本記事では、家電量販店の中でもヤマダ電機をピックアップし、ヤマダ電機で機種変更するメリット・デメリットをまとめました。

これから機種変更の予定がある方はぜひチェックしてみてください。

携帯機種変更で家電量販店はお得?ポイント還元率と頭金を天秤にかける

トップ画像引用元:LABI新宿東口館

ヤマダ電機で機種変更するメリット


まずは、ヤマダ電機で機種変更するメリットを見ていきましょう。

機種の一括購入でヤマダ電機のポイント還元を受けられる


家電量販店の魅力のひとつは、ポイント還元率が高いこと。ヤマダ電機では、基本的に10%のポイント還元を行っています。

ポイントは1ポイント=1円としてヤマダ電機の各店舗や、ネット通販のヤマダウェブコムでの買い物の際に使用することができます。

ビックカメラやヨドバシカメラといったライバル店も同じ還元率ではありますが、10%という高い還元率は家電量販店ならではでしょう。

ただし、スマホの機種変更の場合は、対象となる機種を一括で支払う場合にポイント還元の対象となります。

携帯会社の割賦購入を利用する場合はポイント還元の対象となりませんので注意が必要です。

対象機種や支払い方法を選ぶ必要がありますが、ヤマダ電機で機種変更する場合は、できるだけポイント還元の高い方法を選びたいですね。

支払い方法によるポイント還元率の違い

これも各家電量販店で共通している部分ではありますが、ヤマダ電機では支払い方法によってポイント還元率が異なります。

ヤマダ電機で使える支払い方法と還元率は以下の通りです。

支払い方法 ポイント還元率
現金払い 10%
他社クレジットカード 8%
ヤマダLABIカード 10.5%(クレジットカードのポイント還元も含む)
プリペイドカード(国際ブランド) 8%
電子マネー 使用不可

各店舗独自の割引で「一括1円」「実質0円」の機種も


数年前に総務省の規制が入ったことで、キャリアショップなどでは、「実質0円」を謳った機種代金の大幅な値下げが減少傾向です。

ですが、家電量販店では依然として「実質0円」を謳った割引や、独自の割引などを組み合わせた「一括1円」の割引を見かけます。

TwitterなどのSNSで検索すると、ヤマダ電機でも「iPhone 8 一括0円」や、「Pixel 3 一括1円」といったお得な割引を展開している店舗が多くあります。

割引内容や対象機種は店舗の在庫状況などによっても異なりますので、実際に店舗に足を運んでチェックする手間はありますが、キャリアショップよりもお得に機種変更できるケースがある、というのはヤマダ電機で機種変更する大きなメリットです。

キャリアに関係なくお得な契約を探せる

ドコモ・au・ソフトバンクは、それぞれが独立したキャリアショップを全国に展開していますが、ヤマダ電機であれば、スマホコーナーに各キャリアショップが並んでいます。

そのため、キャリアにこだわらずお得な契約を探すことが可能です。現在のキャリアから乗り換えるつもりの方や、乗り換えも考慮に入れている方は一度足を運んでみるのも良いでしょう。

また、ヤマダ電機のスマホコーナーには、各キャリアのプランや契約などに詳しいスタッフ、各メーカーの機種に詳しいスタッフなど、いろいろなスタッフがいます。

そういったスタッフに相談することで、すぐにお得な案件を知ることができたり、ニーズに合った機種を見つけたりできるのもメリットといえます。

スマホ関連のアクセサリーも充実


ヤマダ電機はスマホのアクセサリー類も充実しています。

iPhoneなどの最新機種を購入するなら、本体を守る専用ケースやガラスフィルム、背面につけるスマホリングAirPodsなどのワイヤレスイヤホンといったアクセサリーが欲しい方も多いでしょう。

そんなとき、ヤマダ電機ならキャリアショップよりも豊富な品ぞろえの中から、実際に手にとって確かめつつ、商品を選ぶことができます。

そのほか、外出先でもスマホをガッツリ使うヘビーユーザーなら持ち運びに便利なモバイルバッテリー、Androidなら外部ストレージ用のmicroSDカードなど、いろいろとまとめて買えるのもメリットですね。

SIMフリー機に機種変更という選択肢もあり

ヤマダ電機では、コストパフォーマンスに優れるSIMフリースマホも販売しています。

SIMフリースマホというのは、キャリアによる「SIMロック」がかかっていないため、SIMカードを差し替えるだけであらゆる通信サービスに対応できるスマホのことです。

HuaweiやASUS、OPPOなどのアジア系のメーカーが主流ですが、優れた性能を持つ機種を比較的安価に入手できるというメリットがあります。

アジア系のメーカーを嫌う方でも、最近ではGoogle製のPixel 3aのSIMフリー機が発売されたりと、選択肢が充実してきています。

こうしたSIMフリー機は格安SIMでの機種変更で活躍するほか、例えば新プランの開始とともに新規受付は終了しますが、ドコモのdocomo withの割引を継続しながら、新しく購入したSIMフリー機にSIMカードを差し替えて使うといった使い方もできます。

各キャリアの新プランへの移行で、ハイエンド機の実質値上がりが懸念されていますが、今後はSIMフリー機のような自由な機種変更も選択肢に入れておきたいところです。

ヤマダ電機で機種変更するメリットまとめ
  • 〇一括購入orクレジットカード購入で、ヤマダ電機のポイント10%還元を受け取れる
  • 〇店舗ごとに独自の割引を提供しており、キャリアでは難しい「実質0円」「一括0円」などの機種もあり
  • 〇各キャリアの機種が揃っており、キャリアにこだわらずお得な機種を探せる
  • 〇スマホケース・モバイルバッテリー・microSDなど、スマホの周辺機器が充実
  • 〇キャリアにはないSIMフリー機の取り扱いがあるので、SIMフリー機への機種変更がお得なケースにも対応できる

次のページでは、ヤマダ電機で機種変更するデメリットをご紹介します。

ワイモバイルを店舗で契約|オンラインにはないメリットとその手順
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2