ヤマダ電機
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

家電量販店で機種変更を行うと、時期によって独自のセールを行っていたり、購入方法によっては高額なポイント還元を受けられるなどのメリットがあります。

本記事では、家電量販店の中でもヤマダ電機をピックアップし、ヤマダ電機で機種変更するメリット・デメリットをまとめました。

これから機種変更の予定がある方はぜひチェックしてみてください。

家電量販店全体とキャリア公式オンラインショップを比較している記事もあるので、まとめて確認したい人はこちらもチェックしてみてください。

画像引用元:企業情報|ヤマダ電機 YAMADA DENKI Co.,LTD.

ヤマダ電機でスマホの機種変更はお得?

ヤマダ電機
画像引用元:企業情報|ヤマダ電機 YAMADA DENKI Co.,LTD.

スマホの機種変更といえば、ドコモやauなどのキャリアショップで行うというイメージが強いですよね。

でも最近では、電機通信事業法改正に伴って端末割引の上限が2万円までとなったため、キャリアショップ以外での機種変更も増えてきました。

例えば家電量販店で機種変更する場合は、家電量販店独自のキャンペーンやセールがあったり、高いポイント還元を受けることができます。

逆に、もともと必要だった家電を購入した際のポイントを使って、スマホの機種変更をすることもできるでしょう。

キャリアの違約金も1,000円となり乗り換えしやすくなったので、SIMフリースマホを購入する人も多くなっています。

家電量販店では、キャリアで取り扱わないようなSIMフリースマホや自社のオリジナルモデルも購入することができるのでおすすめです。

購入先メリットデメリット
キャリアショップ・独自のセールがある
・手続きは早め
・頭金がかかる
・事務手数料がかかる
・オプション加入が条件
・待ち時間がある
家電量販店・独自のセールがある
・独自のポイント制度
SIMフリースマホが買える
・キャリアの垣根を越えて選べる
・関連アクセサリーが充実
頭金がかかる
・事務手数料がかかる
・オプション加入が条件
・待ち時間がある
・手続きに時間がかかる
・データ移行や初期設定料金が高い
公式オンラインショップ・独自のセールがある
頭金がかからない
・事務手数料がかからない
・待ち時間がない
・送料無料で自宅に届く
・オプション加入がない
※上記一部条件があります。
・自分で手続きが必要
・購入後に開通作業が必要な場合がある

ただし、家電量販店といっても細かくみると独自の特徴や細かな違いがあり、メリットとデメリットがあります。

今回は家電量販店の中でもヤマダ電機をピックアップして、ヤマダ電機で機種変更するメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきましょう。

ヤマダ電機でスマホを機種変更するメリット

LABI ヤマダ電機
画像引用元:LABI ヤマダ電機

ヤマダ電機は、全都道府県に展開している家電量販店です。郊外に大型店舗を展開していることもあり、利用したことのある方は多いでしょう。

また、最近では駅前など足を運びやすい立地に、家電と家具、インテリアを融合した「LABI 」も展開しています。

まずはヤマダ電機で機種変更するメリットを詳しく見ていきましょう。

ヤマダ電機のポイント還元を受けられる・利用できる

ヤマダ電機のポイントサービス
画像引用元:ポイントサービスについて | ヤマダウェブコム

家電量販店を利用する魅力のひとつは、それぞれの店舗で独自のポイント制度があり還元率が高いことでしょう。

ヤマダ電機では基本的に10%のポイント還元を行っていて、ポイントは1ポイント=1円として買い物の際に使用することができます。

ビックカメラやヨドバシカメラといったライバル店も同じ還元率ではありますが、10%という高い還元率は家電量販店ならではでしょう。

ただし、スマホの機種変更の場合は一括購入がポイント還元の対象なっていて、携帯会社の割賦購入はポイント還元の対象外となります。

対象機種や支払い方法によってもポイント還元率が変わることが多いので、購入する家電量販店のポイント制度を確認しましょう。

支払い方法ポイント還元率
現金払い10%
他社クレジットカード払い8%
ヤマダLABIカード10.5%
(クレジットカードのポイント還元も含む)
プリペイドカード(国際ブランド)8%
電子マネー使用不可

携帯会社の割賦購入を利用できないのであれば、欲しいスマホの機種変更では思ったようにポイント還元されなじゃないかと思うかもしれません。

しかし、逆に言えば家電を買ったポイントを使ってスマホの機種変更をできるという点が家電量販店で機種変更する最大のメリットです。

スマホの機種変更でポイントを貯めるのではなく、家電を買ったポイントで機種変更しましょう。

高額家電を購入する場合は特に10%以上の高ポイント還元率が見込めますし、交渉次第では更に上乗せしてもらえる場合も多いです。

特にヤマダ電機では、最近は家電だけでなく日用品から家具やインテリアまで取り扱っており、ポイントを貯められる機会が多数あります。

貯まったポイントを使えば、効率的にスマホの機種変更をすることができるでしょう。

ヤマダ電機独自のセールや割引がある

ヤマダ電機のスペシャルセール
画像引用元:携帯電話・スマートフォン | ヤマダウェブコム

街のキャリアショップなどでは、数年前に総務省の規制が入ったことで「実質0円」などの機種代金の大幅値下げは少なくなりました。

しかし、家電量販店では依然として「実質0円」を謳った割引や、独自の割引などを組み合わせた「一括1円」の割引を見ることができます。

ヤマダ電機でもそれぞれの店舗でこれまで割引やプレゼントなどの独自キャンペーンを実施しているので、定期的に近くの店舗を覗いてみましょう。

割引内容や対象機種は在庫状況などによっても異なりますし、短期間でのセール開催も多いので、WEBチラシやTwitterなどのSNSチェックもおすすめです。

独自の割引を利用すれば、キャリアショップよりも安くお得に機種変更できるケースがあるかもしれません。

ヤマダ電機ではSIMフリースマホが買える

 ZenfoneMaxProM2
画像引用元:携帯電話・スマートフォン | ヤマダウェブコム

ヤマダ電機では、コストパフォーマンスに優れるSIMフリースマホを販売しています。

SIMフリースマホというのは、キャリアによる「SIMロック」がかかっていないため、SIMカードを差し替えるだけであらゆる通信サービスに対応できるスマホのことです。

SIMフリースマホは格安SIMへの乗り換えで活躍するほか、キャリアの端末購入プログラムを利用して支払いや買い替えのタイミングに縛られることもありません。

ヤマダ電機で取り扱っているのはHuaweiやASUS、OPPOなどのアジア系のメーカーが主流となっていて、優れた性能を持つ機種を比較的安価に入手できます。

アジア系メーカー以外でも、最近はGoogle製のPixelやシャープのAQUOSシリーズのSIMフリースマホもとてもコスパが良く人気があります。

ただし、家電量販店でも最近話題となったSIMフリー版の最新iPhone は取り扱っていないので注意しましょう。

最新のiPhone SE のSIMフリー版は、ビッグカメラとヨドバシカメラでの取り扱いとなっています。

ヤマダ電機でもiPhone を購入することはできますが、現在のところiPhone はキャリア版のみの取り扱いとなっています。

キャリアに関係なくお得な契約を探せる

ヤマダ電機のApple Shop
画像引用元:Appleショップへようこそ|ヤマダ電機 YAMADA DENKI Co.,LTD.

ドコモ・au・ソフトバンクはそれぞれが独立したキャリアショップを全国に展開していますが、ヤマダ電機であればスマホコーナーに各キャリアショップが並んでいます。

そのため、キャリアにこだわらずお得な契約を探すことが可能です。

現在のキャリアから乗り換えるつもりの方や、乗り換えも考慮に入れている方は一度足を運んでそれぞれを比較してみるのも良いでしょう。

また、ヤマダ電機のスマホコーナーには、各キャリアのプランや契約などに詳しいスタッフ、各メーカーの機種に詳しいスタッフなど、いろいろなスタッフがいます。

そういったスタッフに相談することで、すぐにお得な案件を知ることができたり、ニーズに合った機種を見つけたりできるのもメリットといえます。

スマホ関連のアクセサリーが充実している

スマホ関連のアクセサリーが充実
画像引用元:サンクレスト iP8/7/6s/6 KUSUKUSU IJOY【レスラーチョップ】 I32DKS09 | ヤマダウェブコム

ヤマダ電機はスマホのアクセサリー類も充実しています。

最新機種を購入するなら、本体を守る専用ケースやガラスフィルム、背面につけるスマホリング、ワイヤレスイヤホンといったアクセサリーが欲しい方も多いでしょう。

ヤマダ電機なら機種変更の手続きで待っている時間を利用して豊富な品揃えの中から選ぶことができますし、購入時にポイントも貯めることができるのでおすすめです。

ヤマダ電機でスマホを機種変更するデメリット

ヤマダ電機で機種変更するとたくさんのメリットがあることがわかりましたが、デメリットはどうでしょうか?

損しないようにデメリットの部分もしっかりとチェックしてみましょう。

3,000円~10,000円程度の頭金や事務手数料がかかる

家電量販店では、機種変更の際に「頭金」として3,000円~10,000円程度の支払いが必要になりますが、ヤマダ電機も例外ではありません。

ヤマダ電機でスマホを機種変更する場合も、スマホの機種代金以外に頭金や事務手数料が発生します。

現在各キャリアのオンラインショップでは、頭金0円が一般的ですので、その場で支払う費用が発生するというのはデメリットと感じるでしょう。

ただ、オンラインショップを利用して自力で機種変更する以外の対面での機種変更では、ほぼ必須の料金となってきます。

手厚いサービスに関しての料金だと諦めましょう。

出費頭金事務手数料
キャリアショップ3,000~20,000円程度3,000円
家電量販店3,000~20,000円程度3,000円
公式オンラインショップ0円ドコモ:0円
au:3,000円
ソフトバンク:0円

オプションへの加入が条件となっている

ヤマダ電機で提供している独自の割引は、ほとんどの場合は有料オプションへの加入が必須条件になっています。

これはヤマダ電機に限らず、販売代理店がインセンティブを得るために各店舗で実施していることなので、仕方のない部分でしょう。

条件となる期間が終了したらすぐにプラン変更やオプション解約をすれば料金は発生しないことがほとんどですが、手間を考えればデメリットと言えます。

もしオプション加入が条件になっている場合は、期間終了後に忘れずに解約作業を行いましょう。

機種変更の手続きに時間がかかる

ヤマダ電機などの家電量販店では、機種変更の手続き中にスタッフが誰かと電話で話をしているのを見かけます。

実は家電量販店などでの機種変更手続きは、その場で行うのではなくショップへ処理を依頼しているため、キャリアショップなどと比べて手続きに時間がかかるのです。

空いている時でも1時間程度はかかりますし、混んでいる時などはもっとかかる場合もあります。

また、分割で購入をして審査がある場合は更に時間がかかるので注意しましょう。

データ移行や初期設定料金が高い

データ移行や初期設定料金が高い
画像引用元:「スマートフォン・タブレット」トータルサポート – トータルサポート|ヤマダ電機 YAMADA DENKI Co.,LTD.

ヤマダ電機では、スマホが初めての方や機種変更によるデータ移行などをサポートする「スマートフォン・タブレット」トータルサポートがあります。

現在はドコモショップ等でも機種変更時のデータ移行などは有料化されていますが、ヤマダ電機でも料金が発生するので気を付けましょう。

ヤマダ電機では一番安いパックでもドコモショップなどと比べると高いですし、細かく料金設定されているので気軽にお願いすることができません。

どうしてもスマホのデータ移行や初期設定が自分で難しい場合は、キャリアショップのほうがおすすめです。

 スマートフォン
はじめてパック梅
スマートフォン
はじめてパック竹
スマートフォン
はじめてパック松
価格安心会員価格5,200円(税別)
一般価格6,500円(税別)
安心会員価格8,000円(税別)
一般価格10,000円(税別)
安心会員価格9,200円(税別)
一般価格11,500円(税別)
サポート内容・初期設定
・アカウント取得代行
・メール設定
・アプリインストール3個
・ウィルス対策
・初期設定
・アカウント取得代行
・メール設定
・アプリインストール5個
・パスワード設定
・アドレス帳移行
・初期設定
・アカウント取得代行
・メール設定
・アプリインストール10個
・ウィルス対策
・パスワード設定
・アドレス帳移行
個別サポート・スマートフォン初期環境設定
 安心会員価格1,600円(税別)、一般価格 2,000円(税別)
・パックメニュー1台追加
 安心会員価格2,400円(税別)、一般価格 3,000円(税別)
・アプリインストール
 安心会員価格1,200円(税別)、一般価格 1,500円(税別)
・スマホアプリ1個追加
 安心会員価格 240円(税別)、一般価格  300円(税別)
・無線設定(スマホ)
 安心会員価格2,000円(税別)、一般価格 2,500円(税別)
・無線設定(スマホ) 1台追加
 安心会員価格 800円(税別)、一般価格 1,000円(税別)
・グループ分け設定
 安心会員価格2,000円(税別)、一般価格 2,500円(税別)
・アドレス帳移行
 安心会員価格1,600円(税別)、一般価格 2,000円(税別)
・各種外部接続設定
 安心会員価格 800円(税別)、一般価格 1,000円(税別)
・Bluetooth設定
 安心会員価格 800円(税別)、一般価格 1,000円(税別)
・OSバージョンアップ
 安心会員価格1,600円(税別)、一般価格 2,000円(税別)
・データバックアップ
 安心会員価格4,000円(税別)、一般価格 5,000円(税別)
・パスワード設定
 安心会員価格 800円(税別)、一般価格 1,000円(税別)
・eco設定(スマホ、タブレット)
 安心会員価格1,200円(税別)、一般価格 1,500円(税別)
・スマートフォン(ガラケー)初期化
 安心会員価格4,000円(税別)、一般価格 5,000円(税別)
・無料トラブル診断(スマートフォン)
 安心会員価格 0円(税別)、一般価格  0円(税別)

【結論】スマホをお得に購入するならキャリアオンラインショップ!

キャリアオンラインショップがお得な理由
画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ここまでヤマダ電機で機種変更するメリット・デメリットを見てきましたが、いかがでしたか?まず、ヤマダ電機のメリット・デメリットをまとめましょう。

ヤマダ電機で機種変更するメリットとデメリットのまとめ
  • 独自のポイントサービスを利用してお得に機種変更できるのは大きなメリット
  • 頭金や事務手数料が必要になるので支払いが高くなるのがデメリット
  • SIMフリースマホや欲しい機種の独自セールを見つけたらおすすめ
  • ヤマダ電機ではSIMフリー版のiPhoneは購入できないので注意
  • キャリアショップに比べるとアフターサービスは期待できない
  • キャリアオンラインショップのほうが金額的にお得でオプションへの強制加入もない

もし「メリットもあるけれどデメリットが大きいな」と感じるなら、一度キャリアオンラインショップを検討してみましょう。

キャリアが運営する公式オンラインショップなら基本的に頭金は無料ですし、自分で選んで手続きするのでオプションへの強制加入もありません。

ドコモやソフトバンクのオンラインショップでは機種変更の事務手数料も無料なので、かなりお得になっています。

しかも店舗まで行かなくてもいいので待ち時間もなく、好きな時に手続きできて自宅まで届けてもらえます。

新型コロナの影響で気軽に外出できない時でも、安心して機種変更を行えますね。

キャリアオンラインショップがお得な理由
  • 頭金や事務手数料が無料
  • 待ち時間がない
  • 好きな時に最短5分て手続き
  • 自宅に送料無料で届く
  • 有料オプションへの勧誘がない
ドコモ公式オンラインショップ
au公式オンラインショップ
ソフトバンク公式オンラインショップ

また、キャリアで購入するとSIMロックのことを気にする方もいるでしょうが、4月6日よりドコモ、au、ソフトバンクではSIMロック解除のルールが変更になりました。

これまでは分割で購入すると「購入日から100日間はSIMロック解除不可」という条件がありましたが、現在はクレジットカード払いであれば即時解除が可能となっています。

SIMロック解除は窓口で行うと解除手数料がかかってしまいますが、WEBで行えば無料でできるので便利です。

ぜひ乗り換えや格安スマホを検討している方も、キャリアオンラインショップを利用してみましょう。

ヤマダ電機やオンラインショップはケースバイケースで使い分けよう

もしヤマダ電機で欲しい機種やSIMフリースマホが割安になっている場合や、家電を購入してポイントがたくさん貯まっているなら機種変更するのもおすすめです。

ただし、ヤマダ電機で取り扱いのないSIMフリー版のiPhone SEを購入したいなら、取り扱っているビッグカメラやヨドバシカメラを利用しましょう。

価格面で言えばキャリアのオンラインショップを利用したほうが頭金もなく、オプションへの強制加入もないため安い場合が多いです。

また、初期設定等もお願いしたいならキャリアショップのほうが便利かもしれません。

機種変更を考えている場合は、ヤマダ電機やオンラインショップなどをケースバイケースで使い分けて利用するのをおすすめします。