格安SIMからドコモに乗り換えるメリット・デメリット|料金比較

格安SIMからドコモに乗り換えるメリットとデメリットを解説していきます。また月々の料金も比較してどちらがお得か分かりやすく解説していきます。更にドコモへ乗り換えで利用できるキャンペーンもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2021年1月17日
ドコモの乗り換えキャンペーン
スマホ購入は公式オンラインが断然お得!
dカード GOLDに新規入会&各種設定&Webエントリー&利用で
最大合計20,000dポイント(期間・用途限定)

ドコモやauなどの大手携帯キャリアと比べて価格が安いと話題になっている格安SIM。

しかし安い料金には理由があるもの。一旦格安SIMにしたけれど、またドコモに戻ったという人もいます。

今回は、格安SIMからドコモに乗り換えるとどのようなメリット・デメリットがあるのか、解説します。

格安SIMからドコモに乗り換えるメリット

ドコモの乗り換えキャンペーン
ドコモに乗り換えるメリット

端末の種類が豊富で料金の割引がある

ドコモでは最新のiPhoneや高性能Android端末など、様々な端末を取り揃えています。

格安SIMでも多くの機種を購入することはできるのですが、基本的にはエントリー〜ミドルクラスの価格が安い端末が中心。

例えばSONY Xperia 1 IIなどの豊富な機能や高いスペックを持ったスマートフォンを格安SIMで使うこともできますが、その場合は端末を別に買う必要があります。

ドコモであれば高性能の機種も価格の安いコストパフォーマンスに優れた端末も豊富に取り扱っているのが嬉しいポイントです。

さらにドコモには様々な料金割引のサービスがあります。
例えば購入したスマホを2年後に返却することで代金の3分の1が割引になるスマホおかえしプログラムや、スマホを下取りに出すことで端末料金が割引になる下取りプログラムなど。

これらのサービスを組み合わせることで料金が約7万円安くなることもあるので、場合によっては格安SIMよりも安くスマホが使えるなんてことも出てきますよ。

ドコモへ乗り換えがお得になるキャンペーンはこちらでまとめているので、乗り換え前に必ずチェックしましょう。

様々な場面でドコモからのサポートが充実

ドコモのサポートが非常に充実している点もドコモに乗り換える大きなメリットになります。

例えば格安シムだと会社がたくさんありますし、多くは家電量販店かオンラインでの契約になります。

ドコモのような直営店もないことはないのですが、大手キャリアと比べると圧倒的に少ないのが難点。

加えて端末と通信の契約を別に行う場合、格安SIMの場合はSIMロックや対応周波数帯など理解しなければいけないことが多く、携帯にある程度詳しくないと端末選びで失敗してしまうこともしばしば。

ドコモの場合は端末と通信の契約を一緒に行うのが基本なので困ったらサポートに相談すればいいですし、ドコモショップも全国にたくさん展開しています。

何かあった時に相談できる安心感を求めたい場合はドコモがおすすめです。

>ドコモの相談窓口はこちら

通信速度が速く、安定している

格安SIMは、基本的にドコモなどキャリアの通信網を借りて通信を行っています。

料金を安くするためにキャリアから借りる回線の量などに限りがあるので、混雑時を中心に通信速度が低下することが多いのです。

その点ドコモは自前の通信設備を持っているため、混雑時にも余裕を持って通信を行えるので速く、安定した通信ができるんです。

ドコモ公式オンラインショップなら2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

>ドコモ公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

格安SIMからドコモに乗り換えるデメリット

5Gギガホ/ギガライト
ドコモに乗り換えるデメリット

通信料金が高くなる

格安SIMという名前が付けられている通り、格安SIMの一番のメリットは価格の安さです。

実際に2019年2月にMMD研究所にて行われた調査によると

”現在支払っているスマートフォンの平均月額料金は大手キャリアユーザーは8,451円、格安SIMユーザーは2,753円”という結果でした。

その差はおよそ6,000円。契約期間の目安である2年間で比較すると約14万円も支払金額に差が出るという調査結果になりました。

実際に筆者が大手キャリアから格安SIMに乗り換えたときも月額料金が約6,000円から2,000円ほどに減ったので、格安SIMはかなりお得だと言えます。

こうした料金面の差は一番のデメリットと言えるでしょう。

基本的に会社で販売している端末から選ぶ必要がある

ドコモなどの大手キャリアでは、基本通信の契約と端末の購入は同じドコモで行います。

格安SIMでもSIMとスマホのセットプランはありますが、大手キャリアのように端末と一緒に契約すると端末がお得になるキャンペーンが基本ないので別々に購入しても料金が変わらないのです。

そのためちょっとマイナーな端末を購入したり、中古で端末を安く購入するなど端末を選ぶ手段が豊富にあります。

ただしその分購入時にSIMロックが解除できるのか、SIMカードの通信帯域に端末が対応しているかなどを確認する必要はあるので注意は必要です。

しかし、様々な端末を購入して使えるのが格安SIMの大きな魅力。

通信料金が割高な分お得に端末を購入できる大手キャリアだと、選べる端末がそのキャリアの製品に限られてしまうのが難点でしょう。

違約金や年数の縛りがある

大手キャリアでは基本的に契約年数の縛りがあり、契約解除月以外で解約すると高い違約金が取られてしまいます。

格安SIMでもこのような年数縛りはあるのですが、大手キャリアよりも自由度は非常に大きいです。

具体的には格安SIMの音声通話プランで契約した場合、最初の半年ほどは解約すると違約金がかかるものの、それ以降は一切違約金がかからない仕組みになっています。

ドコモに乗り換えることで2年縛りなど、契約面での制約は大きくなってしまいますね。

ドコモ公式オンラインショップなら2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

>ドコモ公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

格安SIMとドコモの料金を比較

ドコモの料金プラン
ドコモ 料金プラン

格安SIMとドコモの料金は以下のようになっています。なお、どちらも音声通話付きのプランで表示しています。

ドコモ月額料金(ギガライト・みんなドコモ割)
通信容量月額料金
(1回線)
月額料金
(2回線)
月額料金
(3回線以上)
1GB2,980円 2,480円1,980円
3GB3,980円 3,480円2,980円
5GB4,980円4,480円3,980円
7GB5,980円 5,480円4,980円
ドコモ月額料金(ギガホ・みんなドコモ割)
通信容量月額料金
(1回線)
月額料金
(2回線)
月額料金
(3回線以上)
100GB7,480円 6,980円6,480円

※「dカードお支払割」または「2年定期契約」適用後の料金です。

格安SIM/音声通話付き
(2020年)
500MB/1GB3GB
mineo
Aプラン=au
Dプラン=ドコモ
Sプラン=ソフトバンク
A:1,310円/-
D:1,400円/-
S:1,750円/-
A:1,510円
D:1,600円
S:1,950円
OCN モバイル ONE-/1180円1480円
UQ mobile-1980円
IIJmio-/1180円1,600円
LINEモバイル1,100円/-1,480円
このような料金体系になっています。

ここで、利用者が多い3GBプランを格安SIMとドコモで比較すると

3GB通信料金 各社
ドコモ3,980円
mineo1,510円〜1,950円
OCN モバイル ONE1,480円
UQ mobile1,980円
IIJmio1,600円
LINEモバイル1,480円
となり、ドコモと格安SIMではおよそ2,000円程度の差があることがわかります。

ただし注意したいのが、ドコモのギガライトは通信量に応じて自動で料金が変わること。

3GB分の通信量を使う予定でも、実際に3GB以上使用すると料金が上がってしまうので気を付ける必要があります。

格安SIMは多くの場合もともと使える通信量が決まっており、それ以上使うと低速モードに移行するので勝手に料金が上がることはないのが嬉しいところですね。

また、ドコモには100GBの通信量が使えるギガホというプランも存在します。

これから5Gでの通信が多くなる中で、町中でも大容量の通信を行いたいという方はギガホプランを選択するといいでしょう。

なおドコモでは家族で一緒にドコモ回線を使うと割引される「みんなドコモ割」があります。

2回線で500円、3回線以上で1,000円通信料金が割引されるので、家族みんなでドコモに乗り換えると非常にお得にドコモが使えますよ。

ドコモ公式オンラインショップなら2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

>ドコモ公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

格安SIMからドコモへ乗り換えがお得になる割引

ドコモのMNP乗り換えでお得なキャンペーン
格安SIMからドコモへ乗り換えがお得なキャンペーン

ドコモには乗り換えや機種の購入でお得になるキャンペーンが多数存在します。

ここではドコモのお得な割引を紹介します。

端末購入割引

端末購入割引
ドコモの割引

端末購入割引とは、ドコモを新規で契約、または他社からの乗り換えで契約した場合、Xi端末を割引してくれるサービスです。

他社からの乗り換えの場合、機種によって11,000円〜22,000円の割引が適用される非常にお得なキャンペーンとなっています。

なお、5G対応端末を購入する場合は次に説明する5G WELCOME割が適用されます。

端末購入割引と5G WELCOME割は同時には適用されないので注意してください。

5G WELCOME割

5Gwelcome
ドコモの割引

5G WELCOME割は5G対応端末を購入すると、機種変更、乗り換え、新規契約のいずれの場合でも端末料金が割引されるサービス

他社からの乗り換えの場合は22,000円の割引が適用されるので、最新の端末がお得に手に入るキャンペーンです。

スマホおかえしプログラム

ドコモ スマホおかえしプログラム
ドコモの割引

スマホおかえしプログラムは、端末を購入した後2年以内に返却すると、最大で購入料金の3分の1が割引されるキャンペーン。

条件は端末を36回払いで購入することで、購入からちょうど2年後に返却すれば12回分の支払いが免除されます。

ドコモが販売しているスマートフォンであればほとんどの端末が対応しているので、スマートフォンを2年周期で買い換えるという方にとっては非常にお得なシステムと言えます。

ドコモ光セット割

ドコモではスマートフォンの回線の他に、光回線のサービスも行っています。

ドコモ光セット割とはスマートフォンの回線と一緒にドコモの光回線サービスでドコモ光を同時に契約すると月々の通信量がお得になるというサービス。

割引される料金はプランによって異なりますが、月々500円〜1,000円の割引が受けられます。

2年間の契約期間だと最大で24,000円の割引になるので、光回線も同時に考えているという方はドコモ光を検討してみると良いでしょう。

家族でドコモを使うとお得になる「みんなドコモ割」と同様に、家族全員で割引が受けられるので全体の割引額としては非常に大きいものとなります。

ドコモへ乗り換えでスマホがまだ決まっていない方は、ドコモのスマホ最新おすすめランキングを参考にしてみてください。

ドコモ公式オンラインショップなら2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

>ドコモ公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

格安SIMからドコモへの乗り換えは意外とお得!

この記事では格安SIMからドコモへ乗り換えた場合のメリット・デメリットや、ドコモの割引などについて解説しました。

料金面では格安SIMの方が安くなる場合が多いですが、ドコモにも通信速度が安定して速かったり、充実したサポートが受けられるなどのメリットがあります。

またドコモは特に乗り換えで契約した人へのキャンペーンを充実させており、端末価格が大幅に安くなるキャンペーンも豊富に用意されています。

格安SIMとドコモ、両方に良い部分があるので、自分の用途を確認してどちらが合っているか考えてみてくださいね。


スマホ購入は公式オンラインが断然お得!
dカード GOLDに新規入会&各種設定&Webエントリー&利用で
最大合計20,000dポイント(期間・用途限定)
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
banetufs
自作PCを組んだり、スマホを海外から個人輸入するなどガジェットが好きなwebライター。写真撮影も趣味。 皆様に詳しく、分かりやすい記事をお届けします。