読了時間:約 2

Wi-Fi環境での利用が多いタブレットですが、対応したモデルにSIMカードを差し込むことで、外出先でもデータ通信を利用できるので活躍の場が広がります。

最近では格安SIMもタブレット端末を取り扱っていますので、「タブレット+格安SIM」の組み合わせでお得に運用するのがおすすめです。

本記事では、タブレットをお得にセット購入できるおすすめ格安SIM(MVNO)を紹介します。

出先でタブレットを使いたい方や、タブレットの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

タブレットとセット購入できるおすすめの格安SIM


ここからは、タブレットをお得にセット購入できる格安SIMを紹介していきます。

格安SIMで取り扱っているタブレットは主にHuawei(ファーウェイ)、Lenovo(レノボ)、ASUS(エイスース)といった海外製の機種。

なかでも価格の割に性能が高く、コスパに優れたモデルが多くラインナップされています。

また、格安SIMはブランドごとに特徴が異なりますので、月額料金の安さはもちろんオプションサービスの充実度なども要チェックです。

ぜひ自分の使い方に合った格安SIMを探してみてください。

※なお、製品ラインナップや料金プランなどは2019年2月時点のものを記載しています。

楽天モバイル:シェアNO1格安SIM!タブレット向けプランも充実


画像引用元:楽天モバイル: 楽天モバイルは、格安スマホ(MVNO)契約数No.1!

楽天モバイルはシェア率NO1の格安SIM。楽天スーパーポイントとの連携や店舗展開などキャリアに近いサービスを提供している点がユーザーに支持されています。

楽天モバイルへの支払い100円につき1ポイントのポイント還元や、楽天市場での買い物のポイント+2倍といった特典は、データSIMの契約でも適用されます。

そのため楽天系サービスをよく利用するという方にとっては、タブレットでの契約でもメリットが大きいです。

また、貯まったポイントは楽天モバイルへの支払いに使うこともできますので、普段楽天ポイントを利用していない方でも無駄にならないのは嬉しいですね。

楽天モバイルが取り扱っているタブレット端末

楽天モバイルが取り扱っているタブレット端末は以下の3機種。

機種 端末価格 月額利用料金
(ベーシックプラン利用時)
特徴
Huawei MediaPad M3 Lite 1,341円 / 24ヵ月
(一括32,184円)
1,866円 / 月 高精細ディスプレイ搭載。スペックのバランスの良い8インチモデル
Huawei MediaPad M3 Lite 10 1,611円 / 24ヵ月
(一括38,664円)
2,136円 / 月 スペックに優れるM3 Liteの大画面10インチモデル
Huawei MediaPad T1 7.0 LTE 494円 / 24ヵ月
(一括11,858円)
1,019円 / 月 圧倒的なコスパを誇る7インチタブレット

取り扱いはHuawei3機種のみですが、動画再生やアプリゲーム、読書までこなせるMediaPad M3 Liteが幅広いユーザーにおすすめできる機種。

迷ったらとりあえずMediaPad M3 Liteで間違いない優秀なモデルです。

月額料金が最も安くなるのは、MediaPad T1 7.0をベーシックプランで運用した場合の月額1,019円

楽天モバイルのデータSIMプラン


楽天モバイルのタブレットを利用する場合は、通話SIMのスーパーホーダイプランではなく、「組み合わせプラン」になります。

組み合わせプランのデータ容量ごとの利用料金は以下の通りです。

プラン名 データ容量 月額料金 備考
ベーシックプラン 無制限 525円 / 月 最大通信速度200kbps
3.1GBプラン 3.1GB 900円 / 月
5GBプラン 5GB 1,450円 / 月
10GBプラン 10GB 2,260円 / 月
20GBプラン 20GB 4,050円 / 月
30GBプラン 30GB 5,450円 / 月

楽天モバイルのプランは低容量から大容量まで幅広くカバーしています。

データ容量無制限のベーシックプランが最安となりますが、最大通信速度が200kbpsと大幅に制限されますので、実際はその他のプランがメインになります。

通信速度200kbpsというのは一般的に速度制限時相当の通信速度ですので、不便を感じる場面が多いです(ドコモの速度制限時128kbps)。

POINT

データSIMの組み合わせプランについては、いずれも最低利用期間がありませんので(キャンペーン利用時に設定されている場合あり)、タブレット+格安SIMをお試しで使ってみるのにもおすすめです。

BIGLOBEモバイル:動画や音楽を使い放題のエンタメフリーオプションが魅力


画像引用元:【公式】格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはインターネットプロバイダとしても知られているBIGLOBEが運営する格安SIM。

データSIMであれば月額900円から利用できるリーズナブルなプラン料金と、YouTubeやAbemaTVなど特定のアプリでのデータ通信が毎月のデータ容量にカウントされない「エンタメフリーオプション」が魅力です。

月額480円でエンタメフリーオプションを追加すると、以下の対象アプリが使い放題になります。

対象となるアプリ YouTube / YouTube Kids / YouTube Music / AbemaTV / Google Play Music / radiko.jp / Spotify / AWA / U-NEXT / Amazon Music / Apple Music

YouTubeやAbemaTV、U-NEXTといった動画系のアプリはスマホよりも大画面なタブレット向けといえます。

普段よく使うアプリが対象アプリに入っている方は、BIGLOBEモバイルでのタブレット運用がおすすめです。

BIGLOBEモバイルが取り扱っているタブレット端末

BIGLOBEモバイルが取り扱っているタブレット端末はHuawei MediaPad M3 Liteのみ。

ラインナップとしては弱いですが、MediaPad M3 Liteは多くの格安SIMが取り扱っているバランスの良い8インチタブレットで、普段使いに困ることはまずないでしょう。

機種 端末価格 月額利用料金
(3GBプラン利用時)
特徴
Huawei MedeaPad M3 Lite 1,240円 / 24ヵ月
(一括29,760円)
2,140円 / 月 高精細ディスプレイ搭載。スペックのバランスの良い8インチモデル

2019年2月時点では、端末値引き特典が適用されて月額1,090円でお得に購入できます。

エンタメフリーオプションを利用したい方は、そこに月額480円が加算された額が月額利用料金になります。

BIGLOBEモバイルのデータSIMプラン


BIGLOBEモバイルのデータSIMプランはデータ容量ごとに5種類に分けられています。

プラン名 データ容量 月額料金 備考
3ギガプラン 3GB 900円 / 月
6ギガプラン 6GB 1,450円 / 月
12ギガプラン 12GB 2,700円 / 月
20ギガプラン 20GB 4,500円 / 月
30ギガプラン 30GB 6,750円 / 月

最安プランはデータ容量3GBが月額900円。BIGLOBEモバイルはマルチキャリア対応の格安SIMですが、データSIMプランはドコモ回線を利用したタイプDのみとなります。

通信速度は利用者数などによって上下しますので今後はわかりませんが、現時点ではBIGLOBEモバイルはタイプDよりもタイプAの方が通信速度が速いケースが多いので、今後タイプAも選べるようになることを期待したいです。

次ページでは、タブレットでも安定した高速通信が可能なY!mobileをご紹介します。

1 2