au iPhone XR iPhone Xs iPhone Xs Max 最新 iPhone予約
読了時間:約 3

Appleの2018年新型iPhoneも全貌が明らかになりました。新型iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRを購入するにあたって、au・ドコモ・ソフトバンクの各ユーザーはキャリアそのままで機種変更するか、それともこの際に他社にMNPで乗り換えるか考えどころかもしれません。

この記事では、auで新型iPhoneを購入するメリットとデメリット、そしてどんなお得な特典の恩恵を受けられるのかをご紹介します。auユーザーもそうでない人も、auのお得度を知っておくのは参考になると思いますよ。

2018年発売の新型iPhoneはここが違う


画像引用元:iPhone – Apple(日本)

2017年発売されたiPhone Xは、iPhoneシリーズで初めて有機ELディスプレイを搭載したモデルとして注目を集めました。ただし販売価格もiPhone史上最高額だったこともあり、思ったほど売れ行きは良くありませんでした。

2018年の新型iPhone XSはiPhone Xの後継機ですが、ただのマイナーチェンジモデルではありません。なぜならスペックの面でかなりの進化が見られるからです。iPhone XとiPhone XSのスペックを比較してみましょう。

  iPhone X(2017年モデル) iPhone XS(2018年モデル)
最低端末価格 128,160円~ 128,640円~
チップ(CPU) A11 A12
画面サイズ 5.8インチ 5.8インチ
ディスプレイ 有機EL(OLED) 有機EL(OLED)
解像度 2436×1125 2436×1125
Face ID あり あり
DSDS なし あり
RAM(メモリ) 3GB 4GB
ROM(ストレージ) 64/256/GB 64/256/512GB
カラー シルバー/スペースグレー ゴールド/シルバー/スペースグレー

iPhone XSは最新チップA12 Bionicを搭載して処理能力がアップ


画像引用元:iPhone XS – A12 Bionic – Apple(日本)

iPhoneで重いゲームアプリをサクサク快適に遊ぶため、また超高精細な動画をなめらかに表示するためにも、一番重要なのはチップ(中央演算処理装置)です。iPhone XまではA11を搭載していたのですが、iPhone XSはAppleの最新チップA12 Bionicを搭載されました。

A12はA11に比べて処理速度が最大15%向上したにもかかわらず、消費電力は逆に最大50%も減っています。ということは、バッテリーの持ちもさらに良くなるわけです。

iPhone XSはRAMが3GB→4GBにアップ


スマホの能力はチップだけで決まるわけではありません。RAM(メモリ)の容量も大事です。

分かりやすくすると、メモリは机の広さに例えることができます。机が広ければ広いほど色んな作業を同時にすることができるのと同じように、メモリ容量が大きければ大きいほど複数の処理やアプリの動作などがスムーズになるわけです。

iPhone XSはメモリ容量がiPhone Xよりも1GB増えて4GBになるので、色んなアプリを同時に立ち上げても快適な動作が見込めます。

iPhone XSはDSDSに対応している


SIM2枚挿し、つまりDSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)ですが、iPhoneシリーズではこれまで実現していませんでした。2018年のiPhoneから実現するらしいという噂がありましたが、実際についにDSDSに対応することになりました。

DSDS機能があると、たとえば以前であれば仕事用とプライベート用として携帯2台持ちしていた人が、スマホ1台で2回線を同時に利用できるわけです。また、通常SIMとプリペイドSIMを用途によって使い分けたり、国内用と海外用とで使い分けるという方法もできます。

DSDSが搭載されたことで、iPhoneの活用の幅がさらに拡がりますね。ただし、新型iPhoneのDSDS機能はSIM2枚挿しができるわけではありません。1枚はnanoSIMですが、もう1枚はeSIMといって端末内蔵型のSIMになります。

そして新型iPhone発表時点(2018年9月)では、残念なことに国内のキャリアはeSIMに対応していません。世界的にはeSIMがメジャーになりだしているので、これから日本でも普及することを期待したいところですね。

iPhone XR / XS 搭載のDSDS/eSIMとは?使い方・お得なキャリアの選び方

iPhone XSには512GBストレージモデルが登場する


これまでのiPhoneではROM(記憶容量)の最大は256GBでした。しかしiPhone XSではその2倍の512GBモデルが登場しました。

512GBものストレージがあればwifi環境で好きな音楽や動画をバンバン貯めて、外出先でインターネットを使わずに楽しむということも可能になります。もちろん端末価格は高くなりますが、その分をデータ通信プランを安めにすることで節約するというのもありではないでしょうか。

iPhone XSには新色ゴールドが追加される


画像引用元:iPhone XS – 仕様 – Apple(日本)

iPhone Xはシルバーとスペースグレーの2色だけだったため、ちょっと物足りないと感じた人もいたかもしれません。iPhone XSでは新色のゴールドが追加されてお洒落感がぐっと増したので、特に女性Appleファンのハートをつかみそうですね。

iPhone XSはスペックは上昇して価格は据え置き


iPhone XSはiPhone Xに比べてスペックが軒並み上昇しているにも関わらず、価格は999ドルと据え置きされました。大画面モデルのiPhone XS MaxはXSよりも100ドルつまり11,000円高い価格となりました。

iPhone Xはかなりの割高感がありましたが、新型のiPhone XSとXS Maxは端末価格を納得させるスペックになっているといえるでしょう。

iPhone XRとiPhone XS Max

上位機種であるiPhone XSとその大画面モデルiPhone XS Maxは2018年9月21日に発売開始されました。ミドルモデルのiPhone XRは2018年10月19日に予約が開始される予定です。

iPhone XS Maxは6.5インチ大画面のオールインワンモデル


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone XS Maxは、iPhoneシリーズ史上最大6.5インチの画面を備えています。その大画面のおかげで、映画や動画ストリーミングなどを大画面の大迫力で楽しむことができます。

画面が大きいので端末を片手で持ちづらいのでは?と心配する必要はありません。実際、iPhone XS Maxの端末サイズは画面5.5インチのiPhone 8 Plusとほぼ同じです。端末サイズはそのままに画面が1インチも大きくなったわけです。

iPhone XSとiPhone XS Maxのサイズをみてみましょう。

  iPhone XS iPhone XS Max
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
高さ 143.6mm 157.5mm
70.9mm 77.4mm
薄さ 7.7mm 7.7mm
解像度 2436×1125 2688×1242

iPhone XS MaxはiPhone XSに対して縦に14mm長くなります。持ちやすさに関係するのは横幅ですが、わずか6mmしか違わないので片手で持ちにくいということはなさそうです。それに加えて薄さは全く同じなので、iPhone XS Maxは大画面のわりに持ちやすい機種になると予想できます。

iPhone XRは個性と価格が魅力的な機種


画像引用元:iPhone XR – Apple(日本)

上位2機種は有機ディスプレイを搭載しますが、ミドルモデルのiPhone XRは従来の液晶ディスプレイ搭載で価格を抑えた機種になっています。気になる価格は749ドル、日本円で約84,600円(税抜)~となっています。

価格は安くても基本的なスペックは妥協しておらず、チップは最新のA12を搭載しています。そして特筆すべきなのはその個性的なカラーラインナップです。iPhone XRは次の6色が選べるようになります。

  • ホワイト
  • ブラック
  • レッド
  • ブルー
  • コーラル(オレンジ色)
  • イエロー

これまでのiPhoneでは考えられなかったブルーやコーラル、イエローといった斬新なカラーが登場するとあって、人気もかなり出ることでしょう。オレンジ色や黄色のiPhoneを持っていると人目を引きそうですよね。

auで新型iPhoneを購入するメリットとは


画像引用元:スペック・性能・機能比較 | iPhone | au

新型iPhoneを購入するのに、どこのキャリアを選ぶかはかなり重要なテーマです。基本的には、現在利用しているキャリア内で機種変更という形で新型iPhoneを購入する人が多いことでしょう。でも、他のキャリアに乗り換える(MNP)ことでもっと大きなメリットが得られることもあります。

では、auで新型iPhoneを購入するとどんなメリットがあるのでしょうか?みてみましょう。

旧型iPhone下取りで機種代金から最大63,720円割引される


画像引用元:iPhone | 下取りプログラム | au

新型iPhoneを購入するとなると、端末価格として9~15万円程度かかります。少ない出費ではありませんから、少しでも割引になるとありがたいですよね。そこで、これまで使用していたスマホを下取りに出すのがおすすめです。auなら下取り金額が最大63,720円(iPhone Xの場合)にもなり、新型iPhone購入費から割り引くことができます。

たとえばiPhone XRの端末代金が税込98,000円だとすると、下取り金額63,720円を引いて34,280円まで割引になります。24回分割で毎月1,428円ですから負担もずいぶん軽くなりますね。

auの、iPhone機種ごとの下取り金額を下記の表で確認してみましょう。なお、下取り金額はWALLETポイントとして還元されます。

auのiPhone下取り価格(2018年9月21日時点)

下取り対象iPhone機種 au下取り価格
通常品 画面割れ品
iPhone X 63,720円 19,440円
iPhone 8 Plus 39,960円 11,880円
iPhone 8 33,480円 10,260円
iPhone 7 Plus 23,760円 7,560円
iPhone 7 23,760円 7,560円
iPhone 6s Plus 14,040円 4,320円
iPhone 6s 14,040円 4,320円
iPhone 6 Plus 11,880円 3,780円
iPhone 6 8,640円 2,700円
iPhone SE 7,560円 2,160円
iPhone 5s 2,700円 540円
iPhone 5c 2,700円 540円
iPhone 5 2,700円 540円
iPhone 4s 2,160円 540円

android機種の下取り価格については、auのホームページをご確認ください。

auは「スマホ応援割」で1年間毎月1,000円引きになる


画像引用元:スマホ応援割 | キャンペーン | au

auで機種変更または他社からの乗り換え時には、1年間利用料金から月々1,000円割引になる「スマホ応援割」があります。総額12,000円割引と考えると、少なくない割引額ではないでしょうか。

なお、スマホ応援割が適用されるためには、ピタットプランまたはフラットプランに加入する必要があります。

auで最新iPhone購入時の月額料金の目安とプラン・オプションの選び方

Netflixパックプランは新型iPhone XS/XS Maxにピッタリ

auの「auフラットプラン25 Netflixパック」は、新型iPhoneの上位機種に特にピッタリのプランといえます。

このプランは、話題の映画やドラマ、TV番組などが見放題のNetflixが無料で見れるというメリットがあります。そして、非常に美しい映像が再生できる有機ディスプレイ搭載のiPhoneなら、Netflixをとことん楽しめます。このプランの特徴は次のようになります。

データ容量・・・25GB
プラン料金(国内通話5分以内無料)・・・月額5,500円~(2年目以降6,500円~)
プラン料金(国内通話完全無料)・・・月額6,500円~(2年目以降7,500円~)

Netflixベーシックプラン(通常864円)、auビデオパス見放題(通常606円)の計1,470円が込みの金額と考えると、月額5,500円~というのはお得ですね。

auで新型iPhoneを購入するデメリット

auで新型iPhoneを購入するにあたってデメリットはあるのでしょうか?実際のところ、特に目立つデメリットはありません。

強いて挙げるとすれば、auのデータ通信プランは最大でも30GBということでしょう。映画などのデータ量の多い通信をしていると30GBを超えることもあるかもしれません。

また、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+は50GBですから、それと比べるとauの最大データ容量は少し物足りない気もします。しかし、wi-fiとうまく併用することでデータ通信を節約することは十分可能になります。

auで新型iPhone購入時の特典

auで新型iPhoneを購入するとどんな特典があるのでしょうか?

「iPhone交換プログラム」で最大71,720円割引される


画像引用元:iPhone交換プログラム | au

auの「iPhone交換プログラム」とは、現在iPhoneを利用している人が、対象機器を購入すると割引が適用されるプログラムのことです。iPhone交換プログラムを具体的にいうと、次の3つの特典から成っています。

  1. 特典1・・・iPhone機種の下取りで最大63,720円
  2. 特典2・・・乗り換え/機種変更で5,000円
  3. 特典3・・・乗り換え及びSIMロック解除&「iPhoneを探す」設定OFFで3,000円

この特典を適用すると、auユーザーの機種変更なら最大68,720円、他社ユーザーがauに乗り換えで最大71,720円が割引になります。これで新型iPhoneの購入費をかなり節約できるでしょう。

「auデビュープログラム」でさらに10,000円引き


画像引用元:キャンペーン・割引特典 | iPhone | au

他社ユーザーがauにMNPで乗り換えると、10,000円のキャッシュバックを受けることができます。条件としては、auピタットプラン/フラットプランと2年契約に加入すること、そしてMNPと同時にau WALLETカードに申し込むことです。

購入の対象機種が限られており、2018年9月時点ではiPhone Xのみが対象となっていますが、新型iPhoneも発売後に対象になる可能性があります。

auで新型iPhoneを購入するならiPhoneユーザーがお得


auで新型iPhoneを購入する際のメリットや特典を見てきましたが、一番お得なのはiPhoneユーザーで間違いありません。何と言っても、iPhone交換プログラムで最大71,720円割引されるというのは大きいです。

ということで、これまでもiPhoneを利用してきたAppleファンの人はぜひauで新型iPhoneの購入を検討してみてください。

機種変更のタイミング|新型iPhoneに機種変更するべき?メリット・デメリット

Pocket