買う?買わない?新型iPhone発売でiPhoneXRとiPhoneXSの値下げはあるか

  • 2020年6月12日
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

毎年Appleから発表されているiPhoneのシリーズ。2018年はiPhone XS/XS Max/XRが発表されましたね。その性能はApple史上最高の性能と言われています。

2019年今年も新型iPhoneが発表間近とされていますが、気になるのはその性能とiPhone XS/XS Max/XRが値下げされないのか?というところです。

今回は、気になる新型iPhoneの発売で現在も人気のiPhone XS/XS Max/XRの値下げの可能性はあるか?について考察していきたいと思います。

ソフトバンク新型iPhone発売でiPhoneXS/iPhoneXRの値下げの可能性を考察

2019年9月に新型iPhone発売予定


昨年にiPhone XS/XS Max/XRの発表がされてから1年が経ちました。今年2019年も、新たに新型iPhoneが発売予定とされています。

新型iPhoneは以下の3機種が発売予定です。

  • iPhone XI:XSの後継機
  • iPhone XI Max:XS Maxの後継機
  • iPhone XIR:XRの後継機

それぞれ2018年モデルの3機種の後継機として登場します。そのため、気になる基本性能やカメラ性能には大きな変化がないと予想されています。

一時期噂になっていた、「折り畳めるスマートフォンタイプ」の発売は今回は見送りという形ではないでしょうか。

また、人気のiPhone SEの後継機が発売されるのでは?という予想もありましたが、こちらも発表までは真相はわからないです。

iPhone予約はネットが楽ちん!自宅受取や携帯ショップ、家電量販で購入可能

大きな変更点はトリプルレンズカメラ

2019年発売予定のiPhone XI/XI Max/XIRからの大きな変更点はトリプルレンズカメラです。その名の通り、レンズが3つあるカメラが搭載されます。

2018年モデルのiPhone XS/XS Max/XRはデュアルカメラで2つレンズがついていましたが、トリプルレンズはiPhone史上最多の数になります。

3つのレンズということで、その分背面のカメラレンズ部分は面積が増え存在感が増します。また、カバーやケースもこれまでのシリーズのものは使用できません。

発表時期や発売時期を予想

それでは気になる発表・発売時期を予想していきましょう。過去にAppleから発表・発売された日程の傾向は以下の通りです。

 発表日発売日
iPhone XS/XS Max(2018)9月12日(水)9月21日(金)
iPhone 8/8 Plus(2017)9月12日(火)9月22日(金)
iPhone 7/7 Plus(2016)9月7日(水)9月16日(金)
iPhone 6S/6S Plus(2015)9月9日(水)9月25日(金)

近年の傾向では、9月の2週目の火曜・水曜日に発表され、3週目の金曜日に発売されるというパターンになっているようです。

今年2019年の9月の第2週は9月8日〜9月14日で、火曜日は9月10日、水曜日は9月11日となります。9月11日はアメリカの9.11テロに重なるので、9月10日が有力です。

今年2019年の9月の第3週の金曜日は9月20日なので、今年の新型iPhoneの発表日9月10日発売日9月20日と予想されています!

iPhoneXのSとRの意味は?2019年iPhoneはどのアルファベットか予想

iPhone XR/XSを値下げ価格でGET


気になるのは、新型iPhoneの登場でiPhone XS/XS Max/XRが値下げされるのかどうかというところですよね。

まずは気になる値下げ価格の前に、iPhone XS/XS Max/XRのスペックや特長について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

まずは、3機種のスペック比較が以下の通りです。

名称iPhone Xs MaxiPhone XsiPhone XR
ディスプレイサイズ6.5インチ有機EL5.8インチ有機EL6.1インチ液晶
カラー3色(サプライズカラーにゴールド)3色(サプライズカラーにゴールド)6色
RAM(ベンチマークテスト結果より)4G4G3G
プロセッサA12 BionicA12 BionicA12 Bionic
容量64G・256G・512G64G・256G・512G64G・128G・256G
SIMスロットデュアル(nanoSIM+eSIM)デュアル(nanoSIM+eSIM)デュアル(nanoSIM+eSIM)
Face ID○(Touch IDは廃止)○(Touch IDは廃止)○(Touch IDは廃止)
公式サイトリンクiPhone Xs MaxiPhone XsiPhone XR

iPhone XRはiPhone史上最多の6色カラー展開となっています。

iPhone XR/XSの特長

iPhone XS/XS Max/XRからは新たにFace ID(顔認証)制度が採用され、従来の指紋認証は廃止となりました。

また、ワイヤレス充電が可能でQi搭載の充電パッドに載せるだけでiPhoneの充電が可能になります。

スタイリッシュな見た目に

見た目の大きさやサイズ感に関しては、5.8インチのiPhone XSは2017年発売のiPhone Xの本体サイズ・ディスプレイサイズと変わりません。

一方のiPhone XS MaxはiPhoneシリーズ史上最大6.5インチで、XSより幅が約7mm、高さが約13mm、重さが約34g大きくなりました。

しかし、狭額縁設計によりiPhone 8Plus/7 Plus/6s Plusのサイズ感よりもコンパクトな見た目になっています。厚さはXSと変わらないスマートな設計です。

iPhone XRは5.8インチのXSと最大6.5インチのXS Maxの中間に位置する、6.1インチのディスプレイサイズです。

iPhone 8Plus/7 Plus/6s Plusを使用したことがあり、手持ち感になれている方はXS Maxのほうがコンパクト設計なのでおすすめです。

iPhone Xを使用したことがあり、手持ち感に慣れている方はサイズ感の変わらないXSまたは少し大きくなったXRをおすすめします。

XSとXS Maxは背面がステンレスに変更となり、iPhone本体がよりスタイリッシュな洗練されたイメージになりました。

更にXSとXS Maxのディスプレイはより鮮明な映像や画像を映し出してくれる有機ELディスプレイを採用しているので、ディスプレイの画面の写りがとてもきれいです。

基本性能の特化

iPhone XS/XS Max/XRの3機種すべてのCPUがiPhoneシリーズ史上最高性能のA12にランクアップしました。CPUはiPhoneの賢さを表しています。

メモリ(RAM)はiPhone XS/XS MaxはiPhone史上最高の4GBの容量を搭載しています。RAMの容量が大きいほど、iPhoneの処理をする容量が大きいことになります。

iPhone XS/XS Maxは防塵・防水性能がIP68となり、水深2mの深さにiPhoneを30分間浸けていても問題ないと言われる性能にアップしました。

カメラ性能がパワーアップ

iPhone Xとカメラ性能に変化はありませんが、CPUのパワーアップによってより高画質に進歩しています。

また新たに「ボケ効果と深度コントロール」が使えるポートレートモードスマートHDRが搭載されたことで、一眼レフカメラのような程よいボケ感のある写真が撮れます。

Apple・各キャリアの現在の販売価格

それではAppleと各3キャリアでの現在の販売価格を確認していきましょう。なお、オンラインサイトで確認できる価格のため店舗ごとに異なる可能性があります。

機種GB数AppledocomoSoftbankau
iPhone XS64GB121,824円128,304円136,800円128,640円
256GB140,184円147,744円155,040円146,880円
512GB165,024円153,576円155,040円171,840円
iPhone XS Max64GB134,784円141,912円149,760円141,600円
256GB153,144円161,352円168,000円159,840円
512GB177,984円167,184円168,000円184,800円
iPhone XR64GB91,584円99,144円106,560円98,400円
128GB98,064円104,976円112,800円104,880円
256GB109,944円116,640円124,800円116,640円

ソフトバンクはiPhone XS/XS Maxの512GBは256GBと同じ価格まで大幅の値下げがされています。

また、3キャリアは2年の使用で返却することで実質負担額が半額ほど安くなるプログラムを各種用意しているため、更におトクに購入できます。

新型iPhone発売で値下げはあるか?比較してみた


それでは実際に、iPhone XS/XS Max/XRが新型iPhoneの発売で値下げされるのかを検証してみましょう。

今回はまだ発売前ということで値下げはされていないので、2018年にiPhone XS/XS Maxが発表・発売されたあとのiPhone Xの価格を比較してみました。

auの場合

au値下げ前値下げ後(2018.9)値下げ幅
iPhone X(64GB)64,080円64,080円0円
iPhone X(256GB)73,200円73,200円0円

auはiPhone XS/XS Maxの発売直後の本体価格の値下げは実施しませんでしたが、割引サポートとして「iPhoneおトク割」を実施しました。

特定の料金プランに加入してiPhone Xを購入すると、10,800円の割引がされるキャンペーンでした(現在は実施されていません)。

そのため、直接的な値下げは実施されませんでしたが間接的におトクなキャンペーンがiPhone X対象に実施され、10,800円安くなりました。

docomoの場合

docomo値下げ前値下げ後(2018.9)値下げ幅
iPhone X(64GB)68,040円62,856円5,184円
iPhone X(256GB)86,184円81,000円5,184円

docomoはiPhone XS/XS Maxの発売直後に、本体価格から5,184円の値下げを実施しました。

更にdocomo公式オンラインショップ限定で購入をすると更にプラスで5,184円の割引が実施されたので、最大で10,368円安くなりました。

softbankの場合

Softbank値下げ前値下げ後(2018.9)値下げ幅
iPhone X(64GB)54,000円54,720円-720円
iPhone X(256GB)72,240円63,840円8.400円

ソフトバンクは2018年9月6日から新しい料金プランに移行された関係で、機種代金の計算方法に違いがあり値下げ幅がなくなりました。

しかし料金プラン自体が安くなったため、料金プラン込みの金額で考えるとiPhone X(64GB)でも十分に値下げされた価格になりました。

256GBは本体価格から8,400円の値下げが実施されていて、キャリアの中でも一番大きな値下げ幅となっています。

旧型iPhone2018年の値下げ例
  • auの場合…直接的な値下げは実施されなかったが、iPhone X対象を対象に「iPhoneおトク割」が実施され10,800円安くなった
  • docomoの場合…iPhone XS/XS Maxの発売直後に、本体価格から5,184円の値下げ。ドコモオンラインショップで購入をすると更にプラスで5,184円の割引を実施
  • softbanの場合…機種代金は下がっていないが、料金プラン込みの金額で考えると8,400円の値下げとなった
au新型iPhone発売でiPhoneXS/iPhone XRの値下げの可能性を考察

新型iPhone発売で値下げの可能性大


新型iPhoneの発売で値下げがされる可能性はかなり大きいことがわかりました。

docomo、ソフトバンクでは直接的な本体価格の値下げを約1万円ほど実施されていました。また、auは間接的な値下げを約1万円ほど実施されていました。

値下げ価格は発売元により異なる

値下げ価格は発売ごとのキャリアにより異なります。

また、MNP・機種変更などの契約により実質負担金も異なり、キャンペーンや特典を適用させると更におトクに値下げさせることが可能です。

現在お使いのキャリアで機種変更したい場合は機種変更向けのキャンペーンを探し、MNPをしたい場合は他キャリアのMNP向けのキャンペーンを探しましょう。

2年の期間限定利用で実質負担金が更におトクに

また、26ヶ月目以降に契約したiPhoneを返却して新たに機種変更するというプログラムが各キャリアで用意されています。

  • au:アップグレートプログラムEX 48回払い契約で26ヶ月目以降に機種変更で残額支払い不要
  • docomo:スマホおかえしプログラム 36回払い契約で25ヶ月目以降にスマホ返却で残額支払い不要
  • Softbank:機種変更先取りプログラム 最短1年で機種変更で最大7ヶ月分支払い不要

実質負担金が本体価格より大幅に値下げされて、更におトクにiPhone XS/XS Max/XRを利用することができます。

ただし、それぞれ利用条件やシチュエーションにより値下げ価格は異なりますので、各キャリアで確認してみてください。

新型iPhoneの発売で旧型iPhoneが値下げされる可能性は非常に高い

新型iPhoneの発売でiPhone XS/XS Max/XRが値下げされる可能性は非常に高いということがわかりました。

基本性能やカメラ性能に大きな変更はないということなので、おトクに購入できるようになったiPhone XS/XS Max/XRをGETしてみてはいかがでしょうか。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
oohhalun
oohhalun
現役大学生・春からは社会人1年生。在学中は3大キャリアで携帯販売イベントスタッフのアルバイトを経験。 趣味はスポーツ観戦や映画鑑賞、配信サービスのおかげで充実した毎日を送っています。