読了時間:約 2

2018年モデルとして新しく発売されたiPhoneシリーズのiPhone XRとiPhone XSは全体的にスペックアップされた内容や、カメラ機能、ディスプレイなど表立った変化に目が行きがちですが、今回この2つのモデルに対して大きく変わった仕様があります。

それがeSIMを用いたDSDSが搭載された点です。

”DSDS”と”eSIM”について、ワードだけ聞くとあまりピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここではそんな新しく追加された機能”DSDS”と”eSIM”についてどう使うと便利な機能なのか、また使ううえでどのようなキャリアを選べばお得になるのかヒントをまとめました。

”DSDS”とはどんな機能なのか

”DSDS”とは「Dual SIM Dual Standby(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」の頭文字を合わせたもので、2枚のSIMを挿入して同時に使用することができる機能ことを言います。

1台のスマホに対して2枚のSIMを挿入することができるので、2つの通信事業者と契約を行うことが可能です。

では、2枚のSIMを挿入することでどんなことが可能になるのか、デメリットはないのか下記項目で掘り下げていきます。

DSDSでできること、メリット

今までもデュアルSIM対応の端末はありましたが、シングルスタンバイタイプのものだと2枚挿入できても待ち受けはどちらか1枚のみで、利用用途に合わせて自分でSIMの切り替え操作をする必要がありました。

しかしDSDSであれば、2枚のSIMを同時に挿入できるのはもちろんのこと、2枚のSIMカードで同時に待ち受けも可能です。切り替え操作が簡単な点は非常に便利なポイントと言えます。

また仕事用とプライベート用で電話番号を1つの端末で2つ使い分けることができたり、通話とデータ通信を別々の会社で契約して持つことも可能になります。

1枚はキャリアSIMで2枚目は格安SIMでと2枚のSIMカードをうまく組み合わせて使い分け、毎月支払う月額料金を上手く押さえるこができるのです。

DSDSが使えることでメリットを感じる最大のポイントではないでしょうか。

デメリットはあるのか

DSDSが搭載されていることで特別デメリットを体感することはないでしょう。

しかしDSDSが搭載されたことによってiPhone XS、iPhone XRの購入を検討している方で、通話と通信を2枚のSIMを使い分け同時使用を予定している方は認識を改めねばなりません。

2枚同時に待ち受けができるとは言え、実は2枚同時に使用することはできません。DSDSはあくまでも”デュアルSIMデュアルスタンバイ”の意味なので2枚同時に待ち受けが可能なだけなんです。

どういうことかと言うと、例えば1枚目のSIMで通話しながら2枚目のSIMの方で通信を行うことはできません。通話中にネットで調べたいことがあっても1枚目のSIMの契約で通話と通信を行うことになります。

せっかく1枚目のSIMで通話をメインに、2枚目のSIMでデータ通信量を安くするために格安SIMでと契約していても、同時使用をする場合は1枚のSIMで通話料もデータ通信量も発生してしまうため、同時使用が多い方は今一度しっかり考え直した方がよいでしょう。

日本は”eSIM”対応

日本国内で購入できるiPhone XS、iPhone XRでDSDSを使用する場合、対応しているSIMは”eSIM”というものになります。eSIMは「embedded Subscriber Identity Module」の略称で、ここ数年の間に登場したばかりのSIMの新しい次世代規格です。

挿し込み型のSIMと異なりeSIMは埋め込み型のSIMです。最初から端末に埋め込まれているものになります。日本国内ですとまだ対応している端末は少なく、最近だとApple Watch Series 3がeSIM対応端末としてリリースされたのが記憶に新しいところでしょうか。

今回発売されたiPhone XS、iPhone XRはこのeSIMとカード型SIM(nanoSIM)の2枚が利用できる状態というわけです。

eSIMのメリット、デメリット

eSIMの大きな特徴は埋め込み型である点と利用者自身がSIMに書き込まれている携帯電話の情報を簡単に書き換えることができる点です。

利用者自身で書き換えが行えることで予想されるメリットは以下になります。

  1. 海外旅行の際に現地SIMの購入、差し替えが不要になる
  2. 機種変更に伴うSIMの書き換えでショップに行く必要がなくなる

利用者自身でSIMの情報書き換えができるので、海外旅行先で現地SIMを購入して挿し替えるなどの設定が要らず現地のキャリアの通信切り替え利用することが可能になります。(この場合eSIM対応のキャリアに限ります。)

機種変更も現状はSIMサイズが変わったり、SIMの情報書き換えが必要な場合基本的にはショップなどの店頭での手続きが必要です。

しかしeSIMが主流となれば今後ショップなど来店せず書き換えが可能となります。

カード型SIMは情報の上書きができないため機種変更の際にSIMの書き換えを行うとその度に使い捨てるかたちでしたが、eSIMは何度も書き換えが可能なのでSIMを使い捨てることもなくなるでしょう。

eSIMの情報の書き換えやキャリア切り替えが簡単にできるというメリットは、今後の通信業界の流れを大きく変えていくものと言えます。しかし日本国内では大手3キャリアからの囲い込みが激しいのが現状です。

キャリアの切り替えが今よりも簡単に行える以上、大手3キャリアでそうやすやすとeSIM対応の端末が一挙にリリースされるとは考えにくく普及に時間がかかる可能性があります。

また、日本国内販売のiPhone XS、iPhone XRもeSIM対応とはいえ2018年10月現在ではeSIMの情報書き換えを行うことはできません。

eSIMのメリットに飛びつき購入してもすぐには利用できませんので注意しましょう。

Appleの発表では年内にはソフトウェアのアップデートでeSIMを活用できるようになるようです。ただし各キャリアでどのような対応になるのかはまた別の話です。

各キャリアからの詳細発表も待ちましょう。

そしてeSIMの最大のデメリットが、もし端末本体が故障した場合にeSIMは取り出せないという点です。カード型SIMの場合手元に他の端末があれば差し替えてすぐ代用できますがeSIMはそうはいきません。

今後修理に出す際に各キャリアやメーカーがどのように対応してくれるのか故障・修理の点でも確認した方が良さそうです。

中国本土はnanoSIM×2対応

日本販売モデルがeSIM対応なのに対して、中国本土での販売モデルはnanoSIM×2枚のDSDSとなっています。またさらに中国版と香港版、マカオ版などと対機種が分かれているそうです。(iPhone XSのみ香港版、マカオ版でもeSIM対応)

1 2