読了時間:約 3


iPhone Xが発売してから半年が立ちましたが、その最大の特徴のひとつであるFace ID(顔認証)に今も疑問や不安を抱いている方も多いと聞きます。

このページでは、そんなiPhone Xについて、Face ID(顔認証)のセキュリティを中心に考察・説明をしていきます。

iPhoneデビューや機種変の際の参考になれば幸いです。

iPhone Xで何が変わった?


iPhone Xは日本時間11月3日に販売されたiPhoneシリーズの最新作(執筆時点)で、外見に大きな変化があったことから高い注目を集めました。

歴代iPhoneに付いてきたホームボタンを廃止し、正面のほとんどがディスプレイで覆われているという大胆なモデルチェンジを果たしたのです。これによって、本体サイズが143.6mm×70.9mmなのに対して、ディスプレイは5.8インチという大画面を実現しました。

同時期に発売されたiPhone8 Plusが158.4 mm×78.1 mmでディズプレイサイズが5.5インチなことを考えると、iPhone Xがいかにコンパクトかつ大画面なのか実感できますね。

機種 ディスプレイ 高さ 重量
iPhoneX 5.8インチ

143.6mm

70.9mm

174g

iPhone8 4.7インチ

138.4mm

67.8mm

148g

iPhone8 Plus 5.5インチ

158.4mm

78.1mm

202g

画面は大きくなっただけではなく性能面も大幅に向上しました。ディスプレイには「Super Retina HDディスプレイ」というOLED(有機EL)パネルのものが採用され、解像度は2436×1125ピクセル(458ppi)を誇ります。これによって従来のものより一層の鮮やかさや視野角を実現しました。

iPhone Xの弱点? Touch ID(指紋認証)がない!


大きな進化を遂げたといえるiPhone Xですが、実は購入を躊躇しているiPhoneユーザーも少なくないといいます。

その原因としてよく挙げられるのが、iPhone5sから続いてきたTouch ID(指紋認証)が廃止されてしまったことです。Touch ID(指紋認証)とは、ホームボタンに指を当てて自分の指紋を読み取らせることで、簡単にロック解除などを可能とするものです。

Touch ID(指紋認証)は本当に手軽で便利です。いちいちパスコードを入力する煩わしさから開放され、今ではTouch ID(指紋認証)のない操作は考えられなくなってしまったユーザーが少なくありません。

しかしiPhone XはこのTouch ID(指紋認証)を廃止してしまいました。ホームボタンを廃止したのですから仕方ないのでしょうね。

Face ID(顔認証)はTouch ID(指紋認証)の代わりとなるか?


Touch ID(指紋認証)が廃止された代わりに、iPhone XにはFace ID(顔認証)という新しい機能が付きました。持ち主の指紋ではなく、顔を認識することでロック解除等を行えるというものです。

ただこのFace ID(顔認証)、まだまだiPhoneユーザーに完全に受け入れられているわけではありません。なんとなくTouch ID(指紋認証)より面倒くさそうだと感じるユーザーが多いのです。

確かにTouch ID(指紋認証)ならiPhoneを見ずとも素早く作動させられますし、暗闇の中でも問題ありません。

一方、Face ID(顔認証)は夜道や暗い部屋では作動しないことがどうしてもあります。また、iPhoneと顔を向かい合わせなければ作動しないというのも、若干ですが煩わしさを感じます。

Touch ID(指紋認証)が素晴らしすぎるために、Face ID(顔認証)は便利さより不便さの方に目が向いてしまうのは致し方ないのかもしれませんね。

Face ID(顔認証)のセキュリティは大丈夫なの?


ここまでTouch ID(指紋認証)の素晴らしさを再認識する内容となってしまいましたが、そうはいってもやはりiPhone Xの魅力は大きいです。

Touch ID(指紋認証)がなくてもiPhone Xを使いたいユーザーはたくさんいますし、Apple Storeなどで実機を触ってみたら多くの人がそう感じるのではないでしょうか。

Face ID(顔認証)もTouch ID(指紋認証)と比べて不便な点もあるだけで、わざわざ比較をしなければ十分に便利なものです。認証スピートも実は驚くほど早いですし、Touch ID(指紋認証)よりも使いやすいという意見もあります。

最初は戸惑っても1ヶ月もしないうちに慣れてしまうユーザーがほとんどではないのでしょうか。

ただ、実際に使うとなると便利か否かだけでなく、もうひとつ気になる点が出てきます。それはずばり、セキュリティ面です。

Face ID(顔認証)はどこまで正しく持ち主か否かを判断してくれるのか。顔の似ている兄弟や他人のそら似、写真等など、持ち主以外でも解除できてしまうことはないのか。また、持ち主の顔であっても、寝ているときに他人に勝手に解除されないかも心配です。

そうなってしまっては大変です。メールや写真といったプライベートなことはもちろん、クレジット情報や仕事の極秘事項のような絶対に漏れてはいけないものまであっさりと漏れてしまうことになりかねません。

果たして、Face ID(顔認証)のセキュリティはどうなっているのか。まだ慣れない技術だけに非常に気になるところです。

公式では安全を強調

Apple Storeの公式サイトには、

「写真やマスクを使ったなりすましから守れるように設計しました。あなたのFace IDの情報はSecure Enclaveによって暗号化されて保護されます。データがデバイスを離れたり、iCloudやそのほかの場所にバックアップされることはないので、あなたのプライバシーはしっかりと守られます。」

セキュリティの高さが強調されています。
引用:iPhone X – Apple(日本)

Appleは十分に安全性を考慮して開発したようですね。

とはいえAppleも完全無欠とは限りません。実はすでに、Face ID(顔認証)を騙して突破してしまった事例が各地で報告されているのです。

本人の顔を模したマスクで解除!?

ベトナムのセキュリティ会社Bkavが行った実験によりますと、本人の顔データを元に3Dプリンタを使って作られたマスクで、Face ID(顔認証)を騙すことに成功したようです。

こちらが実際の動画です。

公式ではマスクによる成りすましも防げるとのことだったのですが、防ぎきれなかったわけです。

ただ、これだけでFace ID(顔認証)のセキュリティを脆弱とするのは早計です。なぜなら、そのマスクは制作に5日も要した、あまりに精巧なものだからです。

それは、本人の多大な協力があった初めて作成できたものだといいます。

さらにいえば、マスクを作成したのはセキュリティの専門家たちです。裏を返せばセキュリティを突破する知識にも精通するプロです。

そういった集団がFace ID(顔認証)を騙すため大掛かりな実験を行っても5日もかかったというのは、かえってFace ID(顔認証)の強固さを物語っているといえるかもしれません。

悪事を目的として、本人に気づかれずに精巧なマスクを作成することは、事実上不可能ですね。

ベトナムのセキュリティ会社Bkavの実験については、以下の記事により詳細が書かれています。参考元としてリンクを張りますので、興味のある方は目を通して見て下さい。

参考:「ニセの顔」でiPhone XのFace ID陥落。ただし本人を精巧に模した力作マスク使用、製作日数5日 – Engadget 日本版

双子のケース


マスクでの突破は現実的ではないことがわかりました。それでは、人工のマスクではなく、双子のような元々そっくりな場合はどうなるのでしょうか。

Appleは、他人がiPhone Xに顔を向けてFace ID(顔認証)のロックを解除してしまう確率は100万分の1に過ぎないといいます。ただしこれは無作為に選ばれた人物が解除できる可能性であり、一卵性双生児のように顔が瓜二つの場合は、やはりそういうわけにはいかないようです。

1 2