iPhoneSE
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

2020年4月24日にiPhone SE(第2世代)が発売されることが発表され世間を賑わせています。

iPhone SEは以前にも発売されたモデルで、コンパクトで高性能なiPhoneとして人気を集め、今でも使っている人は少なくありません。

そこで今回は、iPhone SE(第2世代)を旧モデルのiPhone 7までと比較し、評価レビューをしていきます。

iPhone SE(第2世代)の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、iPhone SE(第2世代)のスペック・機能・価格の評価レビューを見たいという方はこちらの記事をチェックしてください。

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)のスペックをおさらい

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)
まず初めにiPhone SE(第2世代)のスペックや機能面は下記になります。

iPhone SE(第2世代)のスペック・機能・価格
サイズ138.4(高さ)×67.3(幅)×7.3(厚さ)mm
重量148g
ストレージ容量64GB・128GB・256GB
ディスプレイ4.7インチRetina HDディスプレイ
プロセッサA13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
カメラアウトカメラ:12MP広角カメラ
インカメラ:7MPカメラ
耐水性能IEC規格60529にもとづくIP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
価格(税抜)64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:60,800円

iPhone SE(第2世代)の本体サイズは高さ138.4mm・幅67.3mm・厚さ7.3mm・質量148gとなり、サイズと質量とデザインはiPhone 8と同じになっています。もちろん画面サイズ4.7インチでホームボタンもあります。

iPhone SE(第2世代)のサイズと重さはiPhone 8と同じ、ホームボタンも同様にある

iPhone SE(第2世代)は、高性能なプロセッサであるA13 Bionicチップを搭載しています。

そのため、あらゆる動作をスムーズに行えるのが特徴であり大きな魅力です。

最近のiPhoneはデュアルカメラやトリプルカメラが登場していますが、iPhone SE(第2世代)はシングルカメラです。

ただし、広角カメラとなっていますので、美しい写真を簡単に撮影できます。

ディスプレイは4.7インチRetina HDディスプレイを搭載しており、決して大きいわけではありませんが美しい映像を映し出せます。

また、画面の視認性を損なわない耐指紋性撥油コーティングが施されているので、指紋などが付着する皮脂汚れが付きにくいです。

コンパクトなボディで高性能なため、発売を発表されてから一気に話題を集めています。

iPhone SE(第2世代)の発売日と予約開始日はこちらです。

iPhone SE(第2世代)の発売日・予約開始日
  • 発売日:2020年4月24日
  • 予約開始:2020年4月17日
キャリアからの発売日
  • 発売日:2020年5月11日
  • 予約開始:2020年4月20日10時

auオンラインショップがおすすめな理由3つ

  • 分割支払い時の頭金0円
  • 自宅で受け取れる
  • 2,500円(税抜)以上で送料が無料

コロナ対策で店舗での対応は混み合うことが予想されるので、オンラインショップで機種変更をして自宅で受け取ることをおすすめします!

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する

iPhone SE(第2世代)と旧モデルのサイズ・重さ比較

iPhone SE(第2世代)のサイズ・重さと旧モデルを一覧でまとめてみました。

デバイス名サイズ(高さ×幅×厚み)
iPhone SE(第2世代)138.4×67.3×7.3mm
iPhone 11 Pro Max144.0×71.4×8.1mm
iPhone 11 Pro158.0×77.8×8.1mm
iPhone 11150.9×75.7×8.3mm
iPhone XR150.9×75.7×8.3mm
iPhone XS Max157.5×77.4×7.7mm
iPhone XS143.6×70.9×7.7mm
iPhone X143.6×70.9×7.7mm
iPhone 8 Plus158.4×78.1×7.5mm
iPhone 8138.4×67.3×7.3mm
iPhone 7 Plus158.2×77.9×7.3mm
iPhone 7138.3×67.1×7.1mm
iPhone SE123.8×58.6×7.6mm
iPhone 6s Plus158.2×77.9×7.3mm
iPhone 6s138.3×67.1×7.1mm
iPhone 6 Plus158.1×77.8×7.1mm
iPhone 6138.1×67.0×6.9mm
iPhone 5s123.8×58.6×7.6mm
iPhone 5c124.4×59.2×8.97mm
iPhone 5123.8×58.6×7.6mm
iPhone 4s115.2×58.6×9.3mm
iPhone 4115.2×58.6×9.3mm
iPhone 3GS115.5×62.1×12.3mm
iPhone 3G-

表で赤文字にしている前モデルのiPhone SEを想像していた人には少し大きめになっていることが分かります。

しかし、2019年~2020年に入っても人気のあるiPhone 8/7/6とほぼ同じサイズ感なので、しっかり現在の主流に収まっているのがいいですね。

また、2019年発売の純正ナンバリングのiPhone 11と比較すると、差は歴然。全てにおいて縮小されているので持ちやすさは抜群にいいでしょう。

デバイス名重量
iPhone SE(第2世代)148g
iPhone 11 Pro Max188g
iPhone 11 Pro226g
iPhone 11
iPhone XR194g
iPhone XS Max208g
iPhone XS177g
iPhone X174g
iPhone 8 Plus202g
iPhone 8148g
iPhone 7 Plus188g
iPhone 7138g
iPhone SE113g
iPhone 6s Plus192g
iPhone 6s143g
iPhone 6 Plus172g
iPhone 6129g
iPhone 5s112g
iPhone 5c132g
iPhone 5112g
iPhone 4s140g
iPhone 4137g
iPhone 3GS135g
iPhone 3G

重さも最近の機種の中ではかなり軽い部類に入り、老若男女問わず持ちやすい重さいなっています。

iPhone SE(第2世代)のサイズで話したこと同様で、旧iPhone SEと比べてしまうと重く感じてしまうかもしれません。

その差は他のスペックや機能でしっかり補えるのか、しっかり見極めましょう。

次のセクションからは、旧iPhone SEiPhone 8iPhone 7とのサイズ・重量を含む比較を解説していきます。

iPhone SE(第2世代)と旧iPhone SEを比較

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)
iPhone SE(第2世代)と旧iPhone SEの違いを見ていきましょう。まず、両者のスペックや機能の違いは下記です。

項目iPhone SE(第2世代)旧iPhone SE
サイズ
高×幅×厚
138.4×67.3×7.3mm123.8×58.6×7.6mm
重量148g113g
ストレージ64GB/128GB/256GB16GB/32GB/64GB/128GB
ディスプレイ4.7インチRetina HD4.0インチRetina
プロセッサA13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
A9チップ
カメラアウト:12MP広角
イン:7MPカメラ
アウト:12MP
イン:1.2MP
耐水性能IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
非対応

サイズ・重さを比較

iPhone SE(第2世代)と旧iPhone SEのサイズは、全体的な大きさは高さと幅が旧iPhone SEの方が小さいのでコンパクトです。

しかし、厚さはiPhone SE(第2世代)の方が薄いため、スタイリッシュな雰囲気を漂わせています。

また、重さについてはiPhone SE(第2世代)が148gに対して、旧iPhone SEは113gと大幅に軽いです。

ストレージを比較

iPhone SE(第2世代)は64GB・128GB・256GBというラインナップ。

そして、旧iPhone SEは16GB・32GB・64GB・128GBと幅広く揃えています。

しかし、旧iPhone SEのストレージは発売してから1年が経過した際に、32GBと128GBに変更されています。

最大ストレージ容量がiPhone SE(第2世代)は256GBとなりますので、旧iPhone SEよりも多くの写真や動画、音楽を保存可能です。

ディスプレイは大幅に大きさが異なる

iPhone SE(第2世代)のディスプレイは4.7インチのRetina HDディスプレイを搭載しています。

一方で、旧iPhone SEは4.0インチのRetinaディスプレイです。

大きくサイズが異なりますので、動画などを視聴する際は見え方が変わるでしょう。

高精細かつ迫力ある映像を楽しみたい場合は、迷わずiPhone SE(第2世代)を選ぶべきです。

プロセッサはiPhone SE(第2世代)が圧勝

スマートフォンの頭脳といえるプロセッサについては、旧iPhone SEはA9チップに対して、iPhone SE(第2世代)はA13 Bionicチップを搭載しています。

A13 Bionicチップがスマートフォンのなかで最速のチップであり、iPhone11 Proと同じものです。

快適な動作を実現していますので、ビジネスやプライベートなどあらゆるシーンで高いパフォーマンスを発揮します。

カメラ機能を比較

SNSの流行に伴い、スマートフォンを選ぶ際にカメラ機能を意識する人は少なくありません。

iPhone SE(第2世代)と旧iPhone SEは、どちらもシングルカメラとなります。

アウトカメラはそれぞれ1200万画素で同じですが、インカメラはiPhone SE(第2世代)が700万画素に対して、旧iPhone SEは120万画素です。

そのため、自撮りをすることが多い人や、SNSへの写真アップを目的にしている場合は、iPhone SE(第2世代)の方が綺麗に撮影できます。

また、iPhone SE(第2世代)は広角カメラとなりますので、画素数以外でも一枚上手です。

旧iPhone SEは防水機能がない

万が一、水に濡れてしまった場合でも、iPhone SE(第2世代)はIP67等級の耐水性能を備えているため故障しにくいです。

しかし、旧iPhone SEには耐水性能がありません。

水回りでの使用が多い方はiPhone SE(第2世代)へ乗り換えるのがいいでしょう。

iPhone SE(第2世代)とiPhone8を比較

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)
続いて、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の違いについて、比較しながら見ていきましょう。

項目iPhone SE(第2世代)iPhone8
サイズ
高×幅×厚
138.4×67.3×7.3mm138.4×67.3×7.3mm
重量148g148g
ストレージ64GB/128GB/256GB64GB/256GB
ディスプレイ4.7インチRetina HD4.7インチRetina HD
プロセッサA13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
Neural Engineを搭載したA11 Bionicチップ
カメラアウト:12MP広角
イン:7MPカメラ
アウト:12MP広角
イン:7MPカメラ
耐水性能IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)

サイズ・重さを比較

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8のサイズ・重さは同じとなりました。

iPhone SE(第2世代)の噂でもiPhone 8がベースになるといわれていたのでその通りになりました。

2019年頃から大画面が主流のながれから、丁度いいサイズが主流になってきている波にマッチしているのではないでしょうか。

ストレージを比較

iPhone SE(第2世代)は64GB・128GB・256GBで、iPhone 8は64GB・256GBというラインナップです。

ストレージの比較ではiPhone 11でもそうですが、128GBは非常に人気のある容量なのでとても人気がでることが予想されます。

ディスプレイのサイズは同じ

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8のディスプレイは、それぞれ4.7インチと同じ大きさです。

そして、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8ともにRetina HDディスプレイを搭載しているので、とても綺麗な映像を楽しめます。

プロセッサを比較

プロセッサは、iPhone SE(第2世代)には現状スマートフォンのなかで最速を誇るA13 Bionicチップを搭載。

一方で、iPhone 8はA11チップとなりますので、iPhone SE(第2世代)の方が優れています。

操作の快適性を求める場合、圧倒的にiPhone SE(第2世代)の方がサクサクとあらゆる作業ができます。

カメラはiPhone SE(第2世代)の方が優れている

iPhone SE(第2世代)のアウトカメラが1200万画素、インカメラが700万画素に対して、iPhone 8も同一となります。

カメラ性能については価格からすると十分ではありますが、カメラ性能の優れたiPhone 11などと比較してしまうと少し残念な印象を受けます。

iPhone SE(第2世代)とiPhone 7を比較

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

最後に、iPhone SE(第2世代)とiPhone 7の違いについて、機能やスペックを比較していきましょう。

項目iPhone SE(第2世代)iPhone7
サイズ
高×幅×厚
138.4×67.3×7.3mm138.3×67.1×7.1mm
重量148g138g
ストレージ64GB/128GB/256GB32GB/128GB
ディスプレイ4.7インチRetina HD4.7インチRetina HD
プロセッサA13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
Apple A10 Fusionチップ
カメラアウト:12MP広角
イン:7MPカメラ
アウト:12MP広角
インカメラ:7MP
耐水性能IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)

サイズ・重さを比較

上記の表からわかる通り、iPhone SE(第2世代)とiPhone 7のサイズはほぼ同じです。

若干iPhone 7の方が小さく重さも10g程度軽いですが、使い心地の差は感じないレベルでしょう。

ストレージを比較

ストレージはiPhone 7は最大128GBとなりますので、最大256GBとなるiPhone SE(第2世代)の方がより多くのデータを保存できます。

逆に、あまり写真や動画、音楽を保存しないという人は、iPhone 7の32GBで十分かもしれません。

あとは、ストレージ容量によって変動する端末価格でどちらか決めるのもアリではないでしょうか。

ディスプレイは同じ大きさ

iPhone SE(第2世代)とiPhone 7は、どちらも4.7インチRetina HDディスプレイを搭載しています。

そのため、どちらにしても美しい映像で動画を視聴できます。

プロセッサを比較

iPhone 7のプロセッサはApple A10 Fusionチップです。

決して性能が悪い訳ではありませんが、iPhone SE(第2世代)のA13 Bionicチップには劣ります。

カメラ画素数や機能は同じ

iPhone SE(第2世代)とiPhone 7のカメラ画素数は、アウトカメラ1200万画素・インカメラ700万画素と同じです。

大きな違いはありませんが、iPhone SE(第2世代)はポートレートモードを搭載しています。

そのため、ボケ効果や深度コントロールができるのが特徴です。

画素数は同じでも性能は異なりますので、事前に確認しておきましょう。

耐水性能はどちらも同じ

iPhone SE(第2世代)とiPhone 7の耐水性能は、どちらもIP67等級と同じです。

最大水深1メートルに30分間耐えられるレベルなので、水没による故障を防止できます。

iPhone SE(第2世代)のサイズ・重さは人気の丁度いいサイズ

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)は、2020年4月24日に発売されます。

予約注文は4月17日の午後9時にスタートしますが、明確な予約方法は明示されていません。

Appleの公式ホームページにて購入できることから、恐らく予約も可能であると考えられます。

旧iPhoneと比較して、サイズや重さなどはそこまで大きな差はありませんが、プロセッサやカメラなどの機能面に違いがあります

ここで紹介した比較表を、ぜひiPhone SE(第2世代)の購入を検討する際に役立ててください。