iPhone12を予約して発売日に受け取る!準備とトラブル時の対処法

2020年10月発売予定の新型のiPhone 12を予約する方法を解説します。またドコモ・au・ソフトバンクで予約して発売日当日に手に入れるコツもご紹介していきます。今回はiPhone 12の在庫を確認する方法も書いているので、最速で最安購入したい方は是非チェックしてみてください。

  • 2020年9月28日
Apple
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

2020年10月に新型のiPhone 12がドコモ・au・ソフトバンクから発売される予定です。

iPhone 12は人気になると予想されるため、キャリアでの予約や在庫確認、最速で購入する方法が気になります。

そこで今回は2020年新型のiPhone 12をドコモ・au・ソフトバンクで購入する際に、気になる予約方法や在庫確認方法をチェックします。

また、発売されたら最速で最安購入したい!という方向けに、iPhone 12をお得に購入する方法についても紹介していくので、是非参考にしてみて下さい!

iPhone 12の発売日・予約開始日

iPhone12
iPhone 12の発売日・予約開始日
iPhone 12の発売日・予約開始予想
  • 発表日:2020年10月23日
  • 予約開始日:2020年10月16日

Appleの新型iPhoneは基本的に毎年9月に発表・発売となっています。しかし2020年の新型iPhoneは2019年の時より数週間遅れての登場となるとの事。

これはAppleのCFO(最高財務責任者)による決算会議での発言が元になっており、噂などではなく確かな事実です。

正確なiPhone12の発売日などは当然まだわかりませんが、「昨年より数週間遅れ」という点から考えるとおそらく10月中旬~下旬ごろの予約・発売となるはずです。

また、2020年のiPhoneは5G対応モデルの登場も予想されていますので、2018年のiPhone Xs/Xs MaxとXRのように発売日が性能別に分けられる可能性もあるでしょう。

いずれにせよ新型iPhone12の予約は必ず混み合うので、事前に予約手順と最新情報のチェックをしておきましょう。

▲目次に戻る

iPhone 12の価格

iPhone SE(第2世代)価格
iPhone12の価格
機種容量ドル価格円価格
iPhone12 mini128GB649ドル69,500円
256GB749ドル約80,100円
iPhone12128GB749ドル約80,100円
256GB849ドル約90,800円
iPhone12 Pro128GB
256GB
512GB
999ドル〜1,299ドル約106,900円〜140,000円
iPhone12 Pro Max

現在はiPhone12の発売情報が正式に発表されていないため、こちらでご案内するのは予想した情報です。ご了承ください。

iPhone12の価格は、約7万円と予想されています。この予想は、これまでにApple製品の動向や最新情報を発信してきた配信者「Jon Prosser」によるものです。

iPhone12モデルの中で、最も安い価格は約69,500円(iPhone12/128GB)、最も高い価格は、約140,000円(iPhone12 Pro Max/512GB)という予想です。

ちなみに、現在発売されている最新モデルのiPhone SE(第2世代)の最安価格は49,280円(64GB)。

iPhone12モデルの最安価格と比べると約2倍となっていますが、最小容量も64GB(iPhone SE(第2世代))と128GB(iPhone12)であり2倍の差があるため、おおよそ同じくらいの本体価格と考えてよいでしょう。

iPhone 12のスペック

iPhone12のスペック
iPhone 12のスペック

iPhone 12の予約方法を確認するまえに、スペックをおさらいしておきましょう。

現時点では予想での解説となりますが、iPhone12のリーク情報は多いため有力なスペック情報も多く含まれているでしょう。

スペック・機能

モデル名iPhone 12
メモリ4GB
ストレージ容量128GB
256GB
カラーライトブルー
パープル
ライトオレンジ
ディスプレイ5.4インチ
サイズW64.0mm×H131.0mm×D8.6mm
重量194g
プロセッサA14 Bionic
バッテリー2,227mAh
アウトカメラ64MP
デュアル標準カメラ
インカメラ12MP
ビデオ撮影4K/1080p HD/720p HD
セキュア認証顔認証
耐水性能IP68
高速充電
ワイヤレス充電

続いて、iPhone12のスペック・機能についてご紹介します。

サイズ

iPhone 12の画面サイズ
iPhone12のサイズ

ネットで流出しているケースメーカーからの画像により、iPhone 12のサイズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチと予想されています。

  • iPhone 12 mini:5.4インチ
  • iPhone 12:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ

5.4インチのiPhone 12はiPhone SE(第2世代)より小さく、片手で操作できるサイズでなので小型のiPhoneを待ち望んでいた方にはおすすめです。

デザイン

デザインは、サイズ感とフラットデザインから、iPhone 5のようなデザインになると言われています。

iPhone 12に先行して発表されたiPad AirのデザインがそのままiPhone 12にも適用される可能性が高いです。

iPad Air
iPad Air

5G対応

大手3キャリアから提供されている5Gへの対応は、iPhone 12でも全モデル対応するという予想が有力のようです。

もう少し細かく予想すると、iPhone 12と12 Maxはサブ6、iPhone 12 Proと12 Pro Maxはミリ波+サブ6ではないかということです。(名称は全て仮)

CPU

また、プロバイダとして新たに「A14 Bionic」「Neural Engine」が搭載されると予想されています。

これまでのiPhoneに搭載されているプロバイダは「A13 Bionic」が最新モデルであったため、バッテリーの持ちが良くなったり、情報処理能力が高くなったりすることが期待されます。

バッテリー

海外のメディアサイト「MySmartPrice」によると、iPhone12のバッテリーは、以下のように予測されています。

  • iPhone12 mini:2,227mAh
  • iPhone12:2,775mAh
  • iPhone12 Pro:2,775mAh
  • iPhone12 Pro Max:3,687mAh

ちなみに、iPhone11のバッテリー容量は3,110mAh程度とされています。

若干バッテリーが少なくなりそうではありますが、プロセッサの向上により省エネルギーでの稼働も期待されているので、デメリットと言い切るのは難しいでしょう。

顔・指紋認証

Face IDでの認証はもちろん、Touch IDがディスプレイ内臓型として実装されることも予想されます。

また2020年の新型iPad Airでは電源ボタンに指紋認証が実装されたため、iPhone 12の指紋認証が実装される可能性が高くなっています。

マスクなどで顔認証が難しい時期だからこそ、実装されたら非常におすすめのポイントになるでしょう。

カラー

iPhone12のカラー
iPhone12のカラー

カラーは通常モデルがこれまで同様のカラフルなバリエーションで、Pro モデルには新色のネイビーブルーが投入される見込みです。

こちらもデザイン同様に新作のiPad Airと同一のカラーとなるでしょう。

カメラ

iPhone 12のカメラに関する情報は多いので、まとめて予想をご紹介します。

  • iPhone12ではデュアルカメラ
    (広角、超広角)
  • iPhone12 Proではトリプルカメラ
    (広角、超広角、望遠)
  • LiDARスキャナが搭載
    深度情報が強化されFaceIDなどの制度が向上
  • マクロ撮影モードの登場
    被写体に2.2cmまで近づくことができ撮影のバリエーションが増える
  • 手ブレ補正機能が向上

iPhone 11と同様に1,200万画素ではあるものの、機能が進化しより便利にクリエイティブになることが予想されます。

▲目次に戻る

オンライン予約のメリット・デメリット

iphone12の予約はオンラインが有名ですが、初めて予約する方やネットに慣れていない方にはデメリットもあります。

メリット3つ

オンライン予約のメリット
  • 店舗よりも早く予約が開始できる
  • 頭金なしにできる
  • 店舗と自宅どちらでも受け取れる
店舗よりも早く予約が開始できる

Appleから発表があったのち直ぐにオンライン予約が開始されるため、店舗よりも早く予約ができます。

iPhone 12を発売日当日に、店舗で並ばずに購入したい方にはおすすめです。24時間いつでも予約ができるので非常に便利です。

頭金なしにできる

iPhone 12をドコモ・au・ソフトバンクでオンライン予約する場合、端末購入時に分割支払いをすることで頭金を0円にすることができます。

店舗で予約購入をする際は最大2万円程度の頭金を取られることもあるので、費用を抑えたい方はオンライン予約が必須といえるでしょう。

店舗と自宅どちらでも受け取れる

オンライン予約をした場合の受け取り方法は、店舗と自宅で選ぶことができます。

店舗で受け取るさいも待ち時間が比較的すくなくすむのでおすすめです。

デメリット3つ

オンライン予約のデメリット
  • 自分で設定をする必要がある
  • 予約購入時に店員に相談できない
  • 一部店舗でのみのプラン申し込みもある
自分で設定をする必要がある

iPhone 12を予約購入したのち自宅に届いた場合、自分で設定をすることになります。

今まで店舗で店員さんに設定してもらっていた方は少し手間取るかもしれないので注意が必要です。

そんな方は、iPhoneの初期設定を自分でする方法も是非チェックしてみてください。

予約購入時に店員に相談できない

普段スマホの機種変更はショップの店員さんに相談しながらという方は、オンラインでのiPhone予約がハードルが高く感じるかもしれません。

ただし予約自体は非常にカンタンにできてしまうので、iPhone 12が届くまでに料金プランなどを決めましょう。

一部店舗でのみのプラン申し込みも

家族ブランなど、提出が必要な書類があるサービスやプランは店頭でのみとなります。

予約購入時にいっしょに申し込めないので注意してください。

iPhone12の予約購入方法・準備すること

店頭とオンラインでiPhoneの予約購入方法は異なります。

基本的な予約から購入までの流れはこちらの画像のようになります。機種変更・新規・乗り換え(MNP)のどれでも完了まで30分もかからないでしょう。

予約から購入までの流れ
予約から購入までの流れ

以下からは店頭・オンラインそれぞれのiPhoneの予約購入方法と準備することも確認していきましょう。

店頭で予約する

ドコモ インターネットで予約
iPhoneの店頭予約方法

店頭での予約は簡単ですが、準備する書類はオンラインに比べて多くなっています。

必要なもの・準備すること

店頭で予約するのに必要なものは本人確認書類のみです。スマホは高額商品ですので、最近はどこのお店でも本人確認書類の提示を求められることが多いです。

iPhoneが入荷し購入するとなったら、下記を準備して店頭に向かいましょう。

  1. 本人確認書類
  2. 現在利用中の端末
  3. MNP予約番号
  4. クレジットカード・キャッシュカード

手続きの際に必ず本人確認書類が必要です。また、機種変更・MNPのりかえのどちらの場合も、現在利用中の端末は持っていきましょう。

その場で下取りに出す予定であれば、事前にデータのバックアップもしておきましょう。

MNPのりかえの方は「MNP予約番号」の取得、店頭で毎月の支払い先の設定も行うのでクレジットカードかキャッシュカードも忘れずにお持ちください。

ちなみに、キャリアショップやApple Storeは事前にお近くの店舗を来店予約する事で待ち時間の短縮を行う事が可能ですので是非活用してみましょう。

予約購入方法

店頭予約のメリットでご紹介しましたが、特に面倒な手続きは不要。お店の方に予約したい「iPhoneの名称」「カラー」「容量」をお伝えするだけです。

機種変更であれば、現在の契約電話番号を伝えて、本人確認書類を提示しましょう。

予約の控えの書面をもらって完了です。後は入荷連絡を待つのみです。入荷したら、手続きに必要なものを持って店頭に向かいましょう。

オンラインショップで予約する

ドコモオンラインショップ 予約
iPhoneのオンライン予約方法

オンラインショップでの予約は書類等が少なくて済む反面、自身で行う手続きは多くなっています。

必要なもの・準備すること

iPhone購入後の開通手続きなどを除けば、「オンラインでの予約」までなら特に本人確認書類は不要です。

予約をするうえで必要なものは下記2点のみです。

  1. オンラインショップのログインID・PW
  2. 入荷連絡を受けるメールアドレス

オンラインショップによっては新規・MNPのりかえの方はログインID・PWが不要で、直接配送先や契約者情報などの入力をする場合があります。

機種変更の場合は、現在の契約と予約を紐づける必要があるので、必ずID・PWのログインを求められます。

オンラインショップのアカウントをまだ登録していない、という方は事前に登録しておきましょう。

また、入荷連絡を受けるためのメールアドレスも必要です。

迷惑メール設定を行っている方は、入荷連絡のメールを受けられるように設定の変更も忘れず行いましょう。

予約購入方法

キャリアのオンラインショップで予約する場合の手順は以下です。

  1. iPhoneの商品予約ページにアクセス
  2. 機種や手続き内容の選択
  3. キャリアアカウントでログイン
  4. 契約者名など必要事項を入力
  5. 申し込み内容を確認し予約完了

ドコモ・ソフトバンク・auの3キャリアとも基本の流れは一緒です。

「本申し込みのお知らせ」という入荷連絡のメールが届いたら、記載のURLからアクセスし、プランの選択など契約内容を選択・確認します。

配送先・機種代金の支払い方法なども選択し、商品の到着を待ちます。

商品が到着しましたら、同封されている開通処理のマニュアルに沿って設定を行ってください。

▲目次に戻る

予約トラブルの対処法

iPhoneの予約の準備を万端にいていても、トラブルが発生しうまく予約できないなんて可能性もあります。

万が一のトラブルに備え対処法も確認しておきましょう。

予約ページにアクセスできない

オンライン予約の場合、予約開始直後は予約ページにアクセスが集中します。

そのためiPhoneの予約ページがなかなか表示されずアクセスできない状況が続く可能性があります。

この場合は以下のような対応を行いましょう。

予約ページにアクセスできない時の対処
  • ブラウザの画面更新を繰り返し行う
  • 少し時間を置く
  • 別の予約サイトに切り替える
  • 店頭予約に切り替える

予約ページにアクセスできないのは、同じくiPhone予約希望者のアクセスが集中しているからです。

画面更新や少し時間を置けばすんなり予約ページにアクセスできる可能性が高いので、焦らず待つのも手でしょう。

ただし、予約が予想以上に殺到している場合、少し時間を置いたことで発売日当日に手に入れられない可能性もあります。

この場合、あくまでも予約できればいいとこだわりがない方なら予約するサイトを変えたり思い切って店頭予約に切り替えるという方法もあります。

iPhoneの予約ができない

iPhoneの予約に出遅れても、予約受付自体はiPhoneの発売日前日まで受付けています。

もし予約ができなかったとしても、人気のカラー・容量でなければ当日発売分で購入できる可能性があります。

予約に間に合わなかった方は、まず発売日当日にお近くのキャリアショップや家電量販店などに問い合わせてみましょう。

キャリアのオンラインショップでも予約なしで購入できる可能性もあるので、チェックしたうえで希望のモデルの在庫がなければ改めて予約しましょう。

▲目次に戻る

在庫確認方法

Apple Store
iPhone 12の在庫確認方法
iPhone 12の在庫確認方法
  • 各キャリアショップに問い合わせる
  • 各キャリアのオンラインショップをチェックする

iPhoneは容量・カラーによっては発売直後、すぐに在庫が無くなってしまう可能性が高いです。その場合、次回入荷まで数週間から数ヶ月待たざるを得ないことも。

ここでは、気になるiPhone 12の在庫確認方法について紹介します。

各ショップに問い合わせる

キャリアショップやApple Store(実店舗)で購入したいのであれば、希望するショップに問い合わせるのが一番早いです。

わざわざ出向いても混雑している可能性が高いので、電話で問い合わせるのが一番でしょう。

iPhone 12の発売後に自分が欲しいカラーと容量を電話で問い合わせてみましょう。

お近くのショップはドコモ・au・ソフトバンクやAppleのHPからも検索する事ができます。

各キャリアのオンラインショップをチェックする

各キャリアにはオンラインショップがありますが、オンラインショップで購入したい場合の在庫確認方法を見てみましょう。

オンラインショップでは、欲しい容量とカラーを指定したページに在庫の有無を掲載していることが多いです。

「在庫あり」となっていれば在庫が確実にあるため、購入して直ぐに発送される可能性が高いでしょう。

「在庫なし」の場合は入荷されるまで購入できませんが、入荷予定が決まっている場合は予約しておく事も可能です。

iPhone 12の最安購入方法

iPhone 12が発売されたら、最安で購入したい!という方もいますよね。

SIMフリー版はApple Storeで安価にGETすることができますが、キャリアにはお得なキャンペーンやプログラムが用意されているのを忘れてはなりません。

ドコモの最安購入方法

スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラムのポイント
  • 端末代金の最大3分の1が支払い不要になる
  • 36回分割払いで利用可能

ドコモには「スマホおかえしプログラム」があります。

従来のiPhoneシリーズは発売と同時にこのプログラムの対象になることが多いため、iPhone 12もスマホおかえしプログラムの対象になるでしょう。

スマホおかえしプログラムを利用して対象機種を36回払いで契約し、24ヶ月目以降にドコモに返却する事で残りの分割分の支払いが免除となります。

もしも24ヶ月目に機種を返却すると、残り12回分の支払いをしなくても良いということです。

もちろんiPhone 12が気に入ったという方は、プログラムを利用せずにそのまま機種を使い続けるという選択肢もあります。

ドコモの機種変更をお得にする方法とキャンペーンまとめはこちらで確認ができます。

>ドコモ公式オンラインショップを見る

auの最安購入方法

かえトクプログラム
かえトクプログラム
かえトクプログラムのポイント
  • 「残価設定型」の割引プログラム
  • 基本は24回分割払い

auの「かえトクプログラム」は24回払いで対象機種を購入・最終的に返却すると、25ヶ月目の支払いが免除される仕組みになっています。

25ヶ月目のみ対象機種の買い取り金額を設定しておき、残額を23分割させることで通常の24回払いよりも月々の支払いを安くすることが可能。

さらに25ヶ月目に機種を買い替えてiPhone 12など購入したスマホを返却すれば、25ヶ月目に設定された買い取り金額は免除されるんです。

そのまま25ヶ月目以降もiPhoneを使いたい場合は、25ヶ月目の支払い金額を更に24分割して、計48回払いにすることも可能ですよ。

最終支払い分(残価)の金額は機種によって異なるため、申し込み前にしっかり確認しておくようにしましょう。

auの機種変更をお得にする方法とキャンペーンまとめはこちらで確認ができます。

>au公式オンラインショップを見る

ソフトバンクの最安購入方法

トクするサポート+
トクするサポート+
トクするサポート+のポイント
  • 端末代金の最大半額が支払い不要になる
  • 基本は48回分割払い

ソフトバンクの「トクするサポート+」は利用者のニーズに合わせて2種類の特典が用意されているのが特徴的。

一つは48回払いで契約し、25ヶ月目にスマホを返却して新しい機種に買い換えると、残りの支払いが免除されるというパターン。

そしてもう一つは、13ヶ月目以降にスマホを返却することで、査定相応額のPayPayボーナスが付与されるというパターンです。

ただし後者の場合、分割支払い金など機種に対して発生する代金は全額支払わなければならないので注意しておきましょう。

確実に毎月の料金を安くしたいという方は、1つ目のパターンがおすすめです。

ソフトバンクの機種変更をお得にする方法とキャンペーンまとめはこちらで確認ができます。

>ソフトバンク公式オンラインショップを見る

iPhone12の予約でよくある質問

初めてiPhoneを予約する方は、売り切れやキャンセルについて不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

iPhone12の予約に関してよくある質問に回答していきます。

iPhone12の発売日・予約開始日はいつ?

  • 予約開始日:2020年10月16日(金)
  • 発売日:2020年10月23日(金)

iPhone12の予約開始日・発売日は上記のように予想されます。
iPhone12は例年よりも発表がおくれており、10月の2週目に発表があることが予想されています。

予約はキャンセルできる?

iPhone12の予約はキャンセル可能です。
ただしキャンセルには予約完了後に表示される予約番号が必要になりますので、必ずメモやスクリーンショットで保存をしておきましょう。

予約なしで当日手に入れられる?

Appleストアで直接購入する方法なら、予約をしなくても当日手に入れることは可能です。
しかし例年長蛇の列になりますので、待ち時間が長いことを承知の上で並びましょう。
またAppleストアではSIMフリーのみの販売となるので、キャリアで契約したい方は別途手続きが必要になります。

予約するのが遅いと発売日に受け取れない?

iPhone 12の発送は予約順におこなわれるため、予約が遅れると当日に受け取れない可能性が高くなります。
また予約開始直後はサイトが混み合うため、できるだけ早めに準備をするようにしましょう。

各キャリアでiPhone 12をGETしよう

今回は2020年新型として発表される可能性が高いiPhone 12について、気になる予約方法などをチェックしてみました。

最安で購入したいという方は、頭金が無料となる各キャリアのオンラインショップから予約・購入をされることをおすすめします。

また、各キャリアではiPhoneの機種代金を安くできる実質負担制度のプログラムも用意されているので、購入する際はぜひ適用させてみて下さいね。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費10,000円(税別)ポイント還元率1~10%
ポイント名dポイント保険国内・海外あり
ETC年会費無料審査最短5分で審査完了
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
oohhalun
oohhalun
現役大学生・春からは社会人1年生。在学中は3大キャリアで携帯販売イベントスタッフのアルバイトを経験。 趣味はスポーツ観戦や映画鑑賞、配信サービスのおかげで充実した毎日を送っています。