iPhone SE(第2世代)とiPhone 11を徹底比較|スペック・機能・価格

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11を比較してどちらを買うべきか解説していきます。スペック・機能・価格にはどのくら違うのかを見ていき、コスパが優れているのはどちらか選んでいきます。迷っている方はぜひ参考にしてください。

  • 2020年4月20日
新型iPhoneSE
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11のスペック・機能・価格を比較してどちらを買うべきか解説していきます。

iPhone SE(第2世代)は2020年4月24日に発売・4月17日に予約開始と発表されました。

Apple公式ホームページでは、スペックや機能などが公開されており、旧モデルのiPhone SEも人気を博したこともあり話題です。

今回は、ミドルスペックのiPhone SE(第2世代)とハイスペックモデルのiPhone 11どれだけ性能に差があるのか、注目のポイントです。

比較結果から、どっちを買うべきか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11を比較|スペック

iPhone比較
画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11のスペックを比較していきましょう。

下記がスペックと機能面を比較した表です。

項目iPhone SE(第2世代)iPhone 11
サイズ
高×幅×厚
138.4×67.3×7.3mm150.9×75.7×8.3mm
重量148g194g
ストレージ64GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB
ディスプレイ4.7インチRetina HD6.1インチLiquid Retina HD
プロセッサA13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
A13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
カメラアウト:12MP広角
イン:7MP
アウト:デュアル12MP(広角・超広角)
イン:12MPTrue Depth
耐水性能IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
IP68等級
(最大水深2メートルで最大30分間)

サイズはiPhone SE(第2世代)の方がコンパクト

上記の表からわかる通り、iPhone SE(第2世代)とiPhone 11のサイズを比較すると、iPhone SE(第2世代)の方がコンパクトなことがわかります。

iPhone 11で決して持ちにくいという口コミは多くないのですが、手の小さい人では片手ですべての操作をするのは難しいです。

その点iPhone SE(第2世代)は片手での操作は簡単になるでしょう。

また、重さについても50g弱の違いがありますので、女性にとっては大きさ的にiPhone SE(第2世代)の方が操作しやすいのではないでしょうか。

ストレージ容量について

写真や動画、あるいは音楽などをどれだけ保存できるかはストレージ容量にかかっています。

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11のストレージ容量は、それぞれ64GB・128GB・256GBと同じです。

iPhone 11でもそうですが、128GBが一番人気な容量なので早めに予約・購入をすることをおすすめします。

ディスプレイはiPhone 11の方が大きく視認性が高い

動画を視聴する、ゲームをプレイするなどの際に、大きな画面にこだわる人は多いです。

iPhone SE(第2世代)は4.7インチのRetina HDディスプレイを搭載しており、鮮やかに映し出します。

iPhone 11は6.1インチLiquid Retina HDディスプレイを搭載しており、現実の世界に近い色を表現するのが特徴です。

画面サイズが異なりますので、迫力ある映像等を楽しむには、iPhone 11の方が適しているのではないでしょうか。

プロセッサはどちらも素晴らしいチップを搭載

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11には、A13 Bionicチップ(第3世代のNeural Engine)が搭載されています。

これは非常に高性能なチップであり、スマートフォンのなかで最速です。

そのため、さまざまな操作をスムーズに実行できますので、使い勝手は抜群。

最新のゲームで遊んだりビジネスに活用したりなど、幅広いシーンで素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。

デザイン

スマートフォン選びで、おしゃれさを意識する人からするとデザインも見逃せないポイントです。

iPhone SE(第2世代)はシングルカメラなのに対して、iPhone 11はデュアルカメラなので、背面は少しデザインに違いがあります。

しかし、どちらも基本的にはシンプルな見た目をしており、スタイリッシュな印象です。

カラー展開については下記となっています。

iPhone SE(第2世代)のカラー展開
  • ブラック
  • ホワイト
  • (PRODUCT)RED

定番のブラックとホワイトに加えて、ポップな雰囲気の(PRODUCT)REDがあります。

そして、iPhone 11のカラー展開は下記です。

iPhone 11のカラー展開
  • パープル
  • イエロー
  • グリーン
  • ブラック
  • ホワイト
  • (PRODUCT)RED

iPhone SE(第2世代)に比べて、iPhone 11の方がカラー展開は豊富になります。

定番カラー以外を選びたい場合は、iPhone 11の方が選択肢は広いです。

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11を比較|機能

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11の性能を比較していきましょう。

カメラについて

SNSなどへの投稿が流行していることから、スマートフォンのカメラ性能は非常に重要です。

まず、iPhone SE(第2世代)はシングルカメラであり、1200万画素の広角カメラを搭載しています。

一方で、iPhone 11は1200万画素デュアルカメラを採用しており、広角と超広角カメラを搭載しています。

iPhone 11の超広角カメラは、今までよりも4倍広いシーンを捉えられるため、簡単に素晴らしい景色や集合写真の撮影をすることが可能です。

インカメラについてはiPhone SE(第2世代)は700万画素ですが、iPhone 11は1200万画素を誇ります。

そして、大きな違いとしてはナイトモードが挙げられます。

これはiPhone 11に搭載されている機能で、明るさが足りない場所でも美しく写真を撮ることが可能です。

ナイトモードは自動的にオンとなりますので、わざわざ設定する必要もありません。

どちらもポートレートモードにより、深度コントロールやボケ効果を写真に施せますが、全体的なカメラ性能はiPhone 11の方が優れているでしょう。

セキュア認証について

セキュア認証については、iPhone SE(第2世代)はホームボタンが採用されているため、Touch IDによりロック解除等を行います。

iPhone 11はFace IDとなりますので、TrueDepthカメラによる顔認識でロック解除等ができます。

好みにはなりますが、最近はFace IDが主流になりつつあったことから、ホームボタン好きにiPhone SE(第2世代)はおすすめです。

耐水性能

水回りでの使用が多い人や、万が一の水没に備えて耐水性能を意識する人も多いでしょう。

iPhone SE(第2世代)は、IEC規格60529にもとづくIP67等級の耐水性能を誇ります。

これは、最大水深1メートルに最大30分間耐えられるという意味です。

一方で、iPhone 11の場合はIEC規格60529にもとづくIP68等級となり、最大水深2メートルで最大30分間耐えられます。

比較するとiPhone 11の方が耐水性能に優れていますが、どちらも普段使いをする分には問題ないレベルといえます。

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11を比較|価格

iPhone 11
画像引用元:iPhone 11を購入 – Apple(日本)

まずは、iPhone SE(第2世代)とiPhone 11の価格を比較していきます。

項目iPhone SE(第2世代)iPhone 11
64GB44,800円(税別)74,800円(税別)
128GB49,800円(税別)79,800円(税別)
256GB60,800円(税別)90,800円(税別)
ドコモ iPhone SE(第2世代)の価格
容量本体価格(税込)スマホおかえしプログラム(税込)
64GB57,024円38,016円
128GB62,568円41,712円
256GB75,240円50,160円
au iPhone SE(第2世代)の価格
容量本体価格(税込)かえトクプログラム
64GB55,270円28,750円
128GB61,250円31,970円
256GB75,215円39,215円
ソフトバンク iPhone SE(第2世代)の価格
容量本体価格(税込)トクするサポート+(特典A)(税込)
64GB57,600円28,800円
128GB64,080円32,040円
256GB78,480円39,240円

価格については、iPhone SE(第2世代)とiPhone 11ともに、ストレージ容量によって3万円ずつ違います。

iPhone 11は性能やスペックに対して、非常にコストパフォーマンスに優れた機種といえますが、iPhone SE(第2世代)はさらにお手頃です。

最近のiPhoneは10万円近く、もしくはそれ以上することが珍しくなかったので、iPhone SE(第2世代)の価格は非常に魅力的といえるでしょう。

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11どっちを買うべき?

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

ここまで、価格・スペック・性能などを比較してきましたが、iPhone SE(第2世代)とiPhone 11は、どっちを買うべきなのでしょうか。

iPhone SE(第2世代)を選ぶポイント
  • 軽くて持ちやすい
  • 指紋認証が戻ってきた
  • CPUがiPhone 11と同じなのに安い
iPhone 11を選ぶポイント
  • カメラ性能・機能は断トツ
  • 顔認証も人気
  • 大きくて綺麗なディスプレイ

スペック面では、プロセッサ、ストレージ共に同じで、どちらも最先端、かつ人気の容量で満足度が高いでしょう。

しかし、ディスプレイサイズはiPhone SE(第2世代)が4.7インチ・iPhone 11が6.1インチと大きく違うので、大画面で動画やゲームを楽しみたい方はiPhone 11がおすすめです。

また、カメラ性能もiPhone 11の方が超広角カメラや、ナイトモードの搭載により優れています。

ですが、ここで重要になるのは端末価格です。

冒頭でも説明した通り、iPhone SE(第2世代)よりもiPhone 11の方が各ストレージ容量に対して3万円高くなっています。

そのため、iPhone 11ほど多機能・高性能は求めていない人は、iPhone SE(第2世代)が丁度いいコスパといえるでしょう。

結論、人により好みは異なりますので一概にはいえませんが、コストパフォーマンスを重視するのであればiPhone SE(第2世代)がおすすめです。

価格は高くても、より優れたパフォーマンスを意識して選ぶのであればiPhone 11を購入してみてください。

歴代のiPhoneシリーズとiPhone SE(第2世代)のサイズ・重さを比較したい方は、こちらの記事もどうぞ。

iPhone SE(第2世代)はiPhone 11の良いとこどり

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11を比較した結果、スペックや性能はiPhone 11の方が優れています。

しかし、価格面では圧倒的にiPhone SE(第2世代)の方が安いのでお得です。

自分が求めている性能やスペックによって、どちらを買うべきか判断する方法をおすすめします。

高性能であっても機能を持て余すようであれば、ぜひiPhone SE(第2世代)の購入を検討してみてはいかがでしょうか。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費10,000円(税別)ポイント還元率1~10%
ポイント名dポイント保険国内・海外あり
ETC年会費無料審査最短5分で審査完了
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
アバター
記助
IT・転職・ライフハック・Wi-Fi・回線・FX・不動産・投資・金融・トレーニング・家電製品など、さまざまなジャンルにおいて、計5年半から6年ほど記事執筆に携わっております。 記事を閲覧される皆さまにとって、喜ばれる記事を執筆することは勿論のこと、プラスアルファの要素を少しでも多く盛り込んでいけるよう励んでまいります。