iPhone スマホの使い方 スマホの故障・修理・保証
Pocket

読了時間:約 3

iPhoneの充電をしようとケーブルを挿してみたけど、いっこうに充電が始まらない、または右上のパーセンテージが増えていかない

実はこの「iPhone充電ができない」現象は、iPhoneを利用している人たちにとっては意外とあるあるなんです。

そこでiPhoneの充電ができないときの原因と対処法、また万が一修理に出したときいくらくらいの費用がかかるのか、徹底解説したいと思います!

新しいiPhoneの電源・充電など初期不良の対応|液晶不具合・SIMを認識しない等

「iPhoneの充電ができない」とは?


まずiPhoneの充電ができないとはどんな症状なのでしょうか?具体的にまとめてみました。

充電が始まらない


充電が開始されると、通常は「ポン」と短めの通知音がなったり、マナーモードに設定している場合はブーブーッと振動したり、必ず「充電が開始になったよ」と知らせるためのアクションがあります。

しかしこれらが何もないときは当然ですが充電がされていません。

また、充電ができていれば、通常は画面右上の電池残量表示の横に雷マークがつきます。通知や振動もなく、雷マークもついていなければ、なんらかの原因で充電ができていないです。

電池残量表示のパーセンテージが増えていない


ケーブルを挿したときにアクションがあり、さらに電池残量表示の横に雷マークが出ているにも関わらず、パーセンテージが増えないというときも要注意です。

この場合、充電が正しくできていないか、なんらかの不具合がおきていて電池残量がパーセンテージに反映していない可能性があります。

なかなか電源が入らない


充電が間に合わず、電源が落ちてしまったあと、しばらくしてから充電を開始するとこのような症状がおこることがあります。

通常、電池切れで電源が落ちたあと、すぐ充電すると5~10分ほどで自動的に電源が入ります。しかし充電が正しくされていないときは30分~1時間充電をしても電源が入らないことがあります。

これは「過放電」と言って、電池残量を0%の状態のまま放置した状態のことを言います。

「過放電」はバッテリーの寿命にも関わるあまりよくない状態なので、すぐに対処法を試しましょう。

充電が途中で止まってしまう


最初は充電がちゃんと始まるのに、しばらくして電池残量表示を見ると、まったく充電がすすんでいなかった…ということがあります。

これは、充電が途中で止まってしまった可能性があります。この場合、不具合やソフトウェアの故障というよりも、充電ケーブルやアダプタが故障していたり、差込口にゴミが溜まっていたりするときに起こるようです。

iPhoneが充電できない7つの原因


次にiPhoneが充電できないときの原因について解説していきたいと思います。

その1:一時的な不具合


充電ができないときの一番多い理由が「一時的な不具合」です。iPhoneを落としてしまった、内部でSIMカードの接触不良が起きていた、ログが溜まっていてiPhone自体の操作に支障がでていた…など。

不具合を起こす要因は様々ありますが、一時的に起きているだけなので、きちんと対処法を試せば自分でも直すことが可能です。

その2:ケーブル・アダプタの故障


これも意外と見落としがちですが、ケーブルやアダプタの方が壊れているという可能性があります。

ケーブルをよく観察してみてください。ケーブルの根元の部分がぶよぶよと波打っていたりしませんか?

また外側の白いカバーが破けて、中の配線が見えたりしていませんか?このような場合は、知らず知らずのうちに中で断線しているかもしれません。

ケーブルの中で断線した状態で使用し続けるのは大変危険です。

使用中に感電したり、最悪断線した部分から発火したりする恐れがあります。

また、セロハンテープなどで補強して使用し続けている人を見かけますが、補強になっていないどころか前述した危険性を助長しかねないため絶対に真似してはいけません。

また、ケーブルだけでなく、アダプタもまれに故障することがあります。充電できない原因がケーブルにありそうな場合は、ケーブルだけでなくアダプタも一緒に交換することをおすすめします。

その3:Apple純正のケーブルでない


iOS7以降から、Apple純正のケーブルでなければ充電ができないようになりました。それを受けて、電気屋さんや各キャリアのショップでは純正のケーブルを取り扱いするところ増えてきましたが、いまだ、コンビニや100円ショップで販売されているものの中には純正かどうか怪しいものもあります。

iPhoneを購入したときについてきた純正のケーブル・アダプタ以外のものを使用する際には、充電ができなくなる可能性もあることを覚えておきましょう。

その4:iPhoneのケーブル差込口にゴミが溜まっている


長年同じiPhoneを利用していたり、よく服のポケットにしまったりしていると、ケーブルの差込口にゴミが溜まっている場合があります。

ゴミが溜まっていても充電がまったくできなかったり、充電が途切れ途切れでしかできなかったりするので、一度、差込口に細いピンなどを挿して掃除してみましょう。意外とごっそり溜まっているかもしれません。

その5:バッテリーの容量が減ってきている


iPhoneなどに搭載されているリチウムバッテリーは無限ではありません。

何度も充電しているうちにだんだんと容量が減っていき、充電の減りが早くなっていきます。iPhoneの使い方や充電の仕方などでも変わってきますが、リチウムバッテリーの寿命はだいたい1~2年と言われています。

バッテリーの容量が減ってきている場合は、充電の減りが早い・電池残量の表示が30~10%以上あるにも関わらずいきなり電源が落ちる・充電が早く終わるなど、今までよりも不便に感じることが多くなるようです。

このような症状が出始めると、バッテリーの劣化がかなり進んでいる状態なので、最悪の場合、ある日突然電源がつかなくなるなんてこともありえます。バッテリーの交換をしたり、思い切って買い替えたりすることおすすめします。

その6:ソフトウェアの故障


充電ができない原因として、ソフトウェアに異常をきたしている場合も考えられます。アップデートをしたときにエラーが出てしまったり、うまくインストールができなかったりすると、ソフトウェアが故障してしまいます。

そのときに出る症状の一つとして、充電ができなくなることがあるようです。

その7:iPhone自体の故障


最終的な充電ができない原因として、iPhone自体の故障があります。この場合はもはや自分だけで解決することは難しいです。

Appleや修理取り扱い店へ修理にだしましょう。

iPhoneが充電できないときの7つの対処法


「充電ができない!」という場面に遭遇しても、すぐに「故障だ!」と決めつけるのは早いです。

実はこれからご紹介する対処法を試すと、充電ができない症状の6割くらいは自分で直すことが可能です。まずは落ち着いて、以下の対処法を試してみましょう。

対処法①電源を再起動・強制再起動する


まず、一時的な不具合なのかどうかを見極めましょう。見極めるにはiPhoneの電源を一度落としてみると分かりやすいです。電源を再起動して充電できたら、一時的な不具合だったことが分かります。

電源の切り方には2種類あります。

スリープボタンの長押しで電源を落とす通常の方法と、フリーズしたときなどに効果がある強制的に電源を落とす「強制再起動」です。

不具合が起きている場合は通常の方法だと効き目がない場合もあるので、思い切って強制再起動を試してみましょう。

強制再起動の方法はiPhoneのモデルで変わってきます。モデルごとの強制再起動の方法は以下の通りになっています。

    iPhone 8/iPhone 8 Plus

  1. 音量上げるボタンを押す
  2. 1 2