読了時間:約 2

お風呂でリラックスしながらスマホを弄りたい、という方にとって自分の使っているスマホの防水機能は非常に気になるところでしょう。

特に防水機能にあまり優れないと言われるiPhoneシリーズの端末を使っているのなら防水機能はしっかり把握しておきたいところです。

今回はそんなiPhoneシリーズの中でも実用的な防水機能を持つとされるiPhone 8の防水機能について解説していきます。

iPhone 8をお風呂で使っても良いのか分からないという方、本当に防水機能を信頼しても良いのか悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

iPhone 8の防水機能はどのくらい?

iPhone 8の防水/防塵機能はIP67等級

長らく実用的な防水機能や防塵機能を持っていなかったiPhoneシリーズですが、iPhone 8はかなり高い防水/防塵機能を持っています。

具体的にはスマホの防水/防塵能力の指標を表す際によく用いられるIP規格にて、防塵性は最高ランクの6、防水性は最高ランクのひとつ下の7を獲得するほどです。

特に防塵機能に関しては「粉塵が内部に侵食しない」というレベルで、例え砂浜に落として埋まってしまっても砂粒が基盤にまで入り込むことはありません。

多くの方が重要視する防水機能に関してもほぼ最高の性能を持っているだけあり実用性が高く、水深1mまでであれば30分間の水没にも耐えられます

完全防水とまでは言えないものの、これだけの防水性能があればそうそうのことでは浸水が原因で故障してしまうことは無いでしょう。

かなり高レベルな防水機能を持つが…

IP67の防水/防塵機能があれば防水ケースなど必要無いように思えますが、だからと言って何の対策もせずにお風呂に持ち込むのはおすすめしません

というのも、iPhone 8の保証としてポピュラーであるAppleCare + for iPhoneには水没・浸水による故障が保証範囲に含まれていないのです。

水没・浸水による故障が保証対象外ということはつまり、故障したら高額なiPhone 8を買い直さなければならないということに繋がります。

保証外扱いで修理をしてもらうことも可能ですが、3万円以上の出費を覚悟しなければいけません。

少しの手間、出費を惜しんで故障に泣かされるくらいなら、予め対策をしておいた方が良いでしょう。

お風呂で使うなら防水ケースがおすすめ


iPhone 8の防水機能は前述のようにかなり高いものの、水没・浸水による故障が保証されていないことを考えるとお風呂に持って入るのは気が引けます。

そこで役に立つのが防水ケースです。防水ケースを着けておけば、ケースを着けていない状態で濡らしてしまった場合に比べて格段に浸水リスクを下げることが出来ます。

濡れることの多い環境でiPhoneを使うことが多い、お風呂でもiPhoneを使いたいのなら防水ケースは必須と言っても過言ではありません。

入浴時のみケースを着け替えるのもアリ

常時防水ケースを着けているのはイヤ、普段はお気に入りのスマホケースを着けたい、と考えているのなら入浴時のみケースを着け替えるというのもおすすめです。

この方法なら普段はお気に入りのスマホケースを着けつつ、入浴時はしっかりと浸水を防ぐことが出来ます。

着け替えるのは多少面倒ではありますが、少しの手間で水没・浸水によるiPhoneの故障を防げるというのは非常に心強いです。

防水ケースを使うメリット/デメリット

格安スマホの大容量プラン、どのくらいの容量の契約を選べばいいの?

防水ケースを使うメリット

ほぼ完璧に浸水を防げる


iPhone 8が元々持っている防水機能と防水ケースによる耐水性が組み合わされば、かなり高い防水機能を実現することが可能です。

特に完全密着構造のIP8規格の防水ケースを着けると、ほぼ完璧に浸水を防ぐことが出来ます。

少なくともお風呂に数秒落としたくらいで浸水することは無く、長時間水没したとしても問題なく使える可能性が高いです。

お風呂でも浸水のリスクを晒すことなく思いっきりiPhone 8を使いたい方にとって、浸水リスクを限りなくゼロに出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。

ケースを着けることで持ちやすくなる

背面ガラスを採用したとはいえ、iPhone 8は従来のiPhoneと同じく持ちやすいデザインとは言い難く、手のひらから滑り落ちてしまうことが多々あります。

特に水滴が付いたり、表面が湿ってしまったりすることの多いお風呂では誤って落としてしまうことが多くなるため注意しなければいけません。

そこで役に立つのが防水ケースで、防水ケースはその性質上分厚いデザインのものが多いため、手にフィットしやすくなっています

しっかりと持てるため、そもそもお風呂に落としてしまうリスクが低くなり、落としても防水仕様で安心というのは防水ケースを使う理由として充分なものでしょう。

防水ケースを使うデメリット

ゴツいデザインのものが多い

防水ケースは防塵機能を併せ持つものが多く、ディスプレイまで覆ってしまうためにゴツいデザインになってしまいがちです。

タフな見た目が好みの方であればこの点は問題ないかもしれませんが、スマホケースに可愛さやスタイリッシュさを求める方にとってはデメリットになってしまうでしょう。

ただ、前述のように防水ケースはお風呂に入る時だけ使う、というように使い分けをすればデザインで悩むこともありません。

操作性が変わってしまう


そもそもスマホケースを着けていない、普段はスリムなデザインのケースを使っている、という方の場合、操作性の変化に戸惑ってしまうこともあります。

特に防水ケースは画面を覆ってしまうためにタッチ感度が悪くなってしまいがちで、iPhoneのスムーズなタッチ感度に慣れた方はストレスを感じやすいです。

この点に関しては解決策が無いため、人によっては防水ケースの装着を躊躇してしまう原因となるでしょう。

ただ、水没・浸水によってiPhone 8を買い直さなければならなくなるリスクを考えると、多少の操作性を犠牲にしてでも防水ケースを着けることをおすすめします。

iPhone 8の防水機能のまとめ
  • iPhone 8の防塵性は最高ランクの6。例え砂浜に落として埋まってしまっても砂粒が基盤にまで入り込むことはない
  • 防水性は最高ランクのひとつ下の7。水深1mまでであれば30分間の水没にも耐えられる
  • 高い防水/防塵機能をもっているが、水没・浸水による故障が保証されていないためお風呂に持って行く場合は防水ケースを使用した方が安心

次のページでは、iPhone 8におすすめの防水ケースをご紹介します。

1 2