読了時間:約 2

2019年3月現在でも相変わらずの人気を誇るiPhone 8/Plusですが、カラーバリエーションではどの色が人気か気になる方は多いと思います。

後発で出たレッドはスペシャル製品として高い知名度があり、iPhone 8/Plusの中でもやはり一番の人気です。

iPhone 8/Plusとカラバリごとの特徴を説明します。

iPhone 8/Plusについて


まずはiPhone 8/Plusの特徴について説明します。

iPhone 8/Plusの特徴

iPhone 8 iPhone 8 Plus
OS iOS 11
CPU A11 Bionic
RAM 2GB 3GB
ストレージ 64GB / 256GB
ディスプレイ 4.7inc Retina HDディスプレイ IPS液晶 5.5inc Retina HDディスプレイ IPS液晶
SIM nano
生体認証 Touch ID
カメラ アウト1,200万画素 イン700万画素 アウト1,200万画素×2 イン700万画素
バッテリー 1,821mAh 2,675mAh
サイズ 138.4(H)×67.3(W)×7.3(D)mm 158.4(H)×78.1(W)×7.5(D)mm
重量 148g 202g
カラー シルバー・ゴールド・スペースグレイ・レッド
その他 防水/防塵(IP67)、Apple Pay

iPhone 8/Plusは、2019年3月現在、2世代前のiPhoneとなりますが、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアではiPhone 8 64GBが今だに売り上げランキング首位を獲得しています。

日本での発売時期は2017年9月末であり、1年半前の端末であるにも関わらずの人気です。

上記のスペックのiPhone8は、現在でも十分使える性能を誇り、また、2世代前のiPhoneということで価格も安くなっているため、オススメの高コスパ機種となっているからです。

携帯端末はiPhoneがよく、Face IDや有機ELに強いこだわりがなくコスパを求める方、あるいは逆に生体認証は指紋認証がいいという方にとってはiPhone 8/Plusがベストの選択肢となります。

iPhone 8とiPhone 8 Plus の違い

iPhone 8とiPhone 8 Plusの基本性能は、iPhone 8 Plusが上です。

よりハイスペックな機種を選びたい方はiPhone 8 Plusを選択することをおすすめします。

一方で、片手での操作を前提とするのならiPhone 8がおすすめです。

iPhone 8とiPhone 8 Plusの主要な違いは下記の4点です。

  1. サイズ
  2. バッテリー容量
  3. RAM容量
  4. カメラ性能

サイズ

サイズについては、一番はっきりとした違いです。

画面サイズだけをとっても、iPhone 8は4.7インチ、iPhone 8 Plusは5.5インチです。

なお、画面は両方ともRetina HDのIPS液晶ですが、解像度異なります。

iPhone 8が1,334 × 750(326ppi)に対して、iPhone 8 Plusは1,920 × 1,080(401ppi)とiPhone 8 Plusの方が大画面にして高解像度となっています。

よくゲームをする方、大画面で見やすさを重視する方はiPhone 8 Plusをおすすめします。

バッテリー容量

表示画面が大きいということはそれだけ電力も消費します。

また、サイズが大きければバッテリー収納スペースも増えるので、当然iPhone 8 Plusの方が搭載するバッテリー容量も大きくなります。

RAM容量

CUPは同じくA11 Bionicを搭載していますが、その作業領域を司るRAMはiPhone 8が2GB、iPhone 8 Plusが3GBと異なります。

より快適な処理を期待するのならiPhone 8 Plusの方がおすすめです。

カメラ

カメラについては、搭載数と性能で差が生じています。

iPhone 8はアウトカメラは1,200万画素のシングルですが、iPhone 8 Plusは1,200万画素の広角カメラと望遠カメラのデュアルカメラを搭載しています。

よって、iPhone 8 Plusは光学ズームにもポートレートモードにも対応しますが、iPhone 8は両方ともに非対応です。

カメラ性能を重視する方にはiPhone 8 Plusをおすすめします。

iPhone 8/Plusの入手先

2019年3月現在、iPhone 8/Plusの購入先は下記の4つが考えられます。

  1. ドコモ・au・ソフトバンクの大手3大キャリアから購入する
  2. Apple Storeから購入する
  3. 中古スマホ販売ショップから購入する
  4. その他から購入する

ドコモ・au・ソフトバンクから購入する

ドコモ・au・ソフトバンクから購入する方法は、iPhone 8/Plusに限らず、現在最も一般的なiPhoneの入手方法です。

ただし、現在3社ともに、、オンラインショップではiPhone 8 64GB以外の在庫がないばかりか、「販売終了」となっています。

店頭によっては在庫がある可能性もありますが、あまり期待はできません。

しかし、今後オンラインショップでの在庫が復活する可能性も残されています。

現にiPhone 8 64GBは、2018年末には各キャリアのオンラインショップでも在庫切れの状態でしたが、2019年初頭には在庫が復活しています。

Apple Storeから購入する

キャリアからの購入が難しい場合、Apple StoreからSIMフリー版のiPhone 8/Plusを購入する方法が一番堅実なiPhone 8/Plusの入手法となります。

ただし、SIMフリー版であることと、キャリアで2年契約で購入する場合に比べてサポート料金が適用されないことにより、購入金額は高めとなります。

中古スマホ販売ショップから購入する

iPhone 8/Plusを中古スマホ販売ショップから購入する場合、一番豊富な機種選択が可能と思われます。

キャリアで販売終了となったiPhone 8 256GBおよびiPhone 8 Plusも中古ショップでなら在庫が見つかるからです。

また、後述しますが、iPhone 8/Plusのレッド:(PRODUCT) RED Special Editionは、2019年3月現在、Apple Storeでも取り扱いがない販売終了モデルです。

しかし、中古ショップでならiPhone 8/Plusのレッドも手に入れることが可能です。

その他

格安SIM会社のmineoでもiPhone 8/Plusを取り扱っています。

ただし、2019年3月現在、iPhone 8/Plusの全機種在庫切れの状態となっています。

今後在庫が復活することがあり、また、mineoでの格安SIM運用を検討されているのであれば、mineoからiPhone 8/Plusの端末を購入することも可能です。

次のページでは、iPhone 8/Plusの人気色についてご紹介します。

1 2