docomo with iPhone スマホの使い方 格安SIM・格安スマホ 機種の評価・レビュー
読了時間:約 3

2018年も例年通り9月に発売された新型iPhone。その一足先の9月1日から、ドコモはdocomo withの対象機種にiPhone 6sを追加しました。

docomo withは、対象機種の使用期間中ずっと月額1,500円の割引を受けられるサービスで、スマートフォンを長く使う方ほど、毎月の利用料金を安く抑えることができます。これまではAndroidスマートフォンのみのラインナップでしたが、今回新たにiPhone 6sが加わったことで、ドコモで契約しているライトユーザーの選択肢も広がりました。

本記事では、iPhoneが加わったことで注目が集まっているdocomo withの概要と、3年前の機種であるiPhone 6sを今使うメリット・デメリットを紹介します。キャリアでiPhoneを安く使いたいという方はぜひ検討してみてください。

トップ画像引用元:iPhone 6s | iPhone | NTTドコモ

docomo withはおトクなのか?


docomo withは2017年6月1日から始まったサービス。対象機種を購入すると、月額1,500円の割引が継続して受けられます。ドコモの端末購入補助にはすでに「月々サポート」と「端末購入サポート」がありますが、docomo withを両サービスと併用することはできません。

最大で24か月間の割引である「月々サポート」と「端末購入サポート」に対して、docomo withは対象機種を使用期間中ずっと1,500円の割引が受けられる点が異なります。iPhone 6sのドコモの販売価格は39,600円(税込42,768円)ですので、29ヵ月使用すると完全に元が取れる計算です(割引総額43,500円)。

以降は1,500円割引分が丸々おトクになりますので、スマートフォンをあまり買い替えることのないライトユーザーほど得するサービスといえます。

docomo with対象機種は?

docomo withの割引を受けるには対象機種を購入する必要があります。これまでのdocomo with対象機種はAndroidのみで、「arrows Be F-04K」、「AQUOS sense SH-01K」、「LG style L-03K」、「ZTE MONO MO-01K」、「らくらくスマートフォン me F-03K」というラインナップ。そこへ9月1日から初のiPhone対象機種となる「iPhone 6s」が加わり、計6機種から選べるようになります。

過去の例でいえば、docomo withの対象機種に加わったことで「AQUOS sense」がヒットを記録しています。同じくシャープが出しているフラグシップモデル「AQUOS R」と並んで売れ行きが好調を維持したことで、2017年のAndroidスマホ販売台数シェア率で国内1位に躍り出ました。

今回はdocomo with初のiPhoneということで、AQUOS senseのように売れ行きが伸びるのか注目が集まっています。

iPhone 6sが購入できるのはドコモか格安SIMだけ


2018年のiPhone XS、XS Max、XRの発表に合わせ、アップルストアではiPhone X、6s、SEの取り扱いが終了しました。au・ソフトバンクでも販売が終了し、2018年9月時点でiPhone 6sはドコモか格安SIMでしか取り扱っていません

ドコモがiPhone 6s 32GBの端末代金は39,600円(税抜き)にしたことで、格安SIMより安く入手可能になりました。以下の表は各社のiPhone 6sの価格をまとめたものです。

iPhone 6s 32GB 128GB
ドコモ 42,768円 / 月額1,782円
BIGLOBEモバイル 56,400円 / 月額2,350円 68,400円 / 月額2,850円
UQモバイル 59,724円 / 月額2,484円(初回:2,592円) 72,684円 / 月額3,024円(初回:3,132円)
Y!mobile 70,524円 / 月額2,916円(頭金:540円) 83,484円 / 月額3,456円(頭金:540円)
mineo 59,400円 / 月額2,475円

※価格は税込み

docomo with+iPhone 6sで利用料金も格安SIM並み


では実際のところdocomo withでiPhone 6sをいくらで使えるでしょうか? 機種代金を含むドコモでの利用料金を計算してみます。

ドコモの料金プランは「プラン料金+パケットパック+spモード料(300円)+機種代金+各種割引」という構成です。docomo withはライトユーザー向けですので、ここでは家族間無料通話のみの「シンプルプラン」と、従量制プランの「ベーシックパック」の組み合わせを採用します。利用料金は以下の通りです。

  • シンプルプラン/980円+ベーシックパック/2,900円+spモード利用料/300円+機種代金1,782円+docomo with/-1,500円=4,462円

ドコモ歴が長いユーザーであれば、さらに「ずっとドコモ割」の割引が効きますのでさらに安くなります。注目すべきは機種代金の支払いが終わる3年目以降の料金で、毎月2,680円の利用料金でiPhoneを使用することが可能。キャリアでこの料金はかなりおトク感が強いです。

さらに以下の表はiPhone 6sを取り扱う格安SIMと利用料金を比較したものです。

■iPhone 6s利用料金比較
ドコモ シンプルプラン/980円+ベーシックパック/2,900円+spモード利用料/300円+機種代金1,782円+docomo with/-1,500円=4,462円
BIGLOBEモバイル スマホまる得S+プラン/2,430円+機種代金/2,350円+端末値引き特典/-1,050円=3,730円 2年目以降:4,780円
UQモバイル おしゃべりプランS/2,138円+機種代金/2,484円+マンスリー割/-864円=3,758円 2年目以降:4,838円
Y!mobile スマホプランS/3,218円+機種代金/2,916円+月額割引/-1,296円+ワンキュッパ割/-1,080円=3,758円 2年目以降:4,838円

格安SIMと比べても差額は1,000円未満、2年目以降は月額利用料金でもdocomo withの方がおトクという計算になりました。通信環境や実店舗数など、総合的なサービス面ではドコモに軍配が上がりますので、今iPhone 6sを利用したいなら、料金とサービスの両方の面を考えてもドコモがおすすめです。

iPhone 6sを使うメリット


画像引用元:iPhone 6s – 技術仕様

ここからは、iPhone 6sを使うメリット・デメリットを紹介していきます。まずはメリットからです。

iOS 12にも対応

iPhoneシリーズが長く使える理由のひとつがiOSです。毎年新型iPhoneが発売されるなか、旧iPhoneも少なくとも3年以上はiOSのバージョンアップに対応してくれます。

2018年秋に配信されたiOS 12の対象機種で一番古いのは2013年モデルのiPhone 5s。アプリケーションの起動をはじめとする処理速度が向上などは、旧iPhoneでもその恩恵を受けることができます。

iPhone 6sからみて、iPhone 5sは2世代前の機種になりますので、単純計算ではiPhone 6sもあと2回、2020年のアップデートまでは対象機種となる可能性が高いです。となると、その次のiOSアップデートの2021年秋までは現役機種といえるのではないでしょうか。

スペック面は普段使いには十分


2015年に発売された機種のiPhone 6sですが、普段使いには十分なスペックが備わっています。iPhone 6以前はメモリ(RAM)が1GBであったこともあり、重い処理中などにフリーズする場面も見られましたが、iPhone 6sでは2GBまで拡張され、日常の使用で不便を感じることはほぼなくなりました。

SNS、LINE、電話、ネット検索といった機能が主な使い道というライトユーザーはiPhone 6sのスペックでも事足りてしまうことが多いのではないでしょうか。具体的なiPhone 6sのスペックについては以下の通りです。比較対象として仕様の近いiPhone 8のスペックも掲載しておきます。

iPhone 6s iPhone 8
OS iOS 12対応
CPU A9チップ A11チップ
サイズ(高さ/幅/厚さ) 138.3/67.1/7.1 mm 138.4/67.3/7.3 mm
重さ 143g 148g
メモリ(RAM) 2GB
データ容量 16GB/32GB/64GB/128GB 64GB/256GB
ディスプレイ 4.7インチ(IPS液晶)
解像度 1,334×750
メインカメラ 1,200万画素カメラ (F値2.2) 1,200万画素カメラ (F値1.8)
連続通話時間 最大14時間 最大14時間
インターネット利用時間 最大10時間 最大12時間
Bluetooth 4.2 5.0
生体認証 Touch ID(指紋認証)
Apple Pay ウェブ上・アプリ内のみ
3D Touch
防水・防塵性能 × IP67等級(最大水深1メートルで30分間)
カラー ローズゴールド/ゴールド/シルバー/スペースグレイ ゴールド/シルバー/スペースグレイ

ディスプレイ性能も優秀

ディスプレイはHD画質のIPS液晶を採用したRetina HDディスプレイが搭載されています。有機ELを搭載したiPhone X、XS、XS Maxの方が圧倒的に綺麗なことは間違いないですが、それ以外の機種は同じIPS液晶。画質もHD(1,334×750)なのでスペック上はiPhone 8のディスプレイと同等です。

近年では、スマートフォンのディスプレイも、配信されるコンテンツも高画質化が図られる一方で、スマホの画面サイズではなかなか数値通りのスペックアップを体感しづらいという面もあります。iPhone 6sのディスプレイで十分満足という方は多いはずです。

サイズ感が近いのはiPhone 7・8とほぼ同じ


画像引用元:iPhone 8 | iPhone | NTTドコモ

サイズはiPhone 7やiPhone 8とほぼ同じ。2018年モデルからはiPhone XS/XS Max/XRのいずれもベゼルレスなデザインになりサイズも変わりましたが、iPhone 6sは従来のiPhoneでお馴染みのサイズです。大型化が著しいハイエンドスマホですが、iPhone 6sは片手でも扱いやすいサイズ感になっています。

イヤホンジャックが搭載

iPhoneからイヤホンジャックが無くなったのはiPhone 7からです。そのため、iPhone 6sにはイヤホンジャックが搭載されています。iPhone 7以降の機種で、普段有線のイヤホンを使っていた方は、iPhoneのLightning端子に変換するか、Bluetoothのワイヤレスイヤホンを使うしかありません。

アップルのAirPodsやそのほかワイヤレスイヤホンを買うとなると、端末代金以外の出費が増えます。その点、iPhone 6sは普段使っているイヤホンをそのまま使えますので、あまりスマホにお金をかけたくない方にもiPhone 6sはおすすめです。

iPhone 6sを使うデメリット


次にiPhone 6sを使うデメリットです。初めから高負荷な使い方をするとわかっている方は、あまりiPhone 6sに向いていないかもしれません。

Apple Payが一部しか使えない

あらかじめクレジットカードをアプリから登録しておくと、iPhoneをかざすだけで電子マネー決済が利用できるApple Payは便利な機能です。対応している電子マネーも「ID(アイディ)、QUICPay(クイックペイ)、Suica(スイカ)」と、交通機関から日々の買い物まで活躍する場面は多いです。

ですが、日本の非接触型ICカードの通信に使われているFeliCaがiPhoneに搭載されたのは、2016年モデルのiPhone 7から。iPhone 6sで利用できるApple Payは、FeliCaを使用しないネット上とアプリ上の買い物に限られます。

この点は、前の機種でおサイフケータイやApple Payを使っていた方にはデメリット。電子マネー機能付きのクレジットカードを使うなど、代わりになる方法を探す必要があります。

スペックを要求するアプリは厳しい


画像引用元:iPhone 8 | iPhone | NTTドコモ

iPhone 6sは日常的な使用には問題ないスペックが備わっていますが、スマホの高性能化が進む一方で、アプリやゲームなども高負荷な処理を必要とするものが増えてきました。とくに3DCGを使うゲームや、動画編集系のアプリなどはiPhone 6sでは厳しい部分があります。

休憩時間や通勤通学時間にスマホでゲームをしたいという方は、ストレスを感じる場面が出てくるかもしれません。

カメラ性能が落ちる

スペックがある程度横ばいになった現在、ハイエンドスマートフォンはカメラ性能で競っています。2018年の新型iPhoneで言えば、背景をぼかすポートレートモードがシングルカメラでも使えるようになり、スペックアップに伴う新機能「スマートHDR」で写真の処理が精巧になりました。

レンズの明るさで見ても、iPhone 7以降のF値1.8に対し、iPhone 6sはF値2.2と大幅に劣っています(数値が小さい方が明るいレンズ)。iPhone 6sで綺麗な夜景を撮影するのは困難です。

機能面ではやはり対応していないものもあり


Apple Payをはじめ、スペックではなく機能の部分では非対応なものも多いです。最新モデルのiPhone XS/XS Max/XRには生体認証としてFace ID(顔認証)が搭載されていますが、iPhone 6sは指紋認証のTouch ID。端末には防水防塵機能が備わっておらず、ワイヤレス充電にも非対応と、最新モデルと比べるとやはり機能面で見劣りします。

スペック十分なiPhone 6sを使うならドコモがおすすめ


docomo withの対象機種に加わったことで再び注目が集まるiPhone 6s。スペックやディスプレイなどの性能は今の機種と近い完成度の高いiPhoneなので、普段使いであまり差が出る場面の少ないライトユーザーにはおすすめのiPhoneです。

ドコモのほかには格安SIM数社がiPhone 6sを取り扱っていますが、利用料金で比較しても大きな差はなく、2年目以降はdocomo withの方が安く使える計算になります。機種代金の支払いが終わる3年目以降は2,680円でiPhoneを使うことができます。通信環境などのサービス面を鑑みてもドコモで使うのがベストです。

Pocket