読了時間:約 2

2018年も例年通り9月に発売された新型iPhone。その一足先の9月1日から、ドコモはdocomo withの対象機種にiPhone 6sを追加しました。

docomo withは、対象機種の使用期間中ずっと月額1,500円の割引を受けられるサービスで、スマートフォンを長く使う方ほど、毎月の利用料金を安く抑えることができます。これまではAndroidスマートフォンのみのラインナップでしたが、今回新たにiPhone 6sが加わったことで、ドコモで契約しているライトユーザーの選択肢も広がりました。

本記事では、iPhoneが加わったことで注目が集まっているdocomo withの概要と、3年前の機種であるiPhone 6sを今使うメリット・デメリットを紹介します。キャリアでiPhoneを安く使いたいという方はぜひ検討してみてください。

トップ画像引用元:iPhone 6s | iPhone | NTTドコモ

docomo withはおトクなのか?


docomo withは2017年6月1日から始まったサービス。対象機種を購入すると、月額1,500円の割引が継続して受けられます。ドコモの端末購入補助にはすでに「月々サポート」と「端末購入サポート」がありますが、docomo withを両サービスと併用することはできません。

最大で24か月間の割引である「月々サポート」と「端末購入サポート」に対して、docomo withは対象機種を使用期間中ずっと1,500円の割引が受けられる点が異なります。iPhone 6sのドコモの販売価格は39,600円(税込42,768円)ですので、29ヵ月使用すると完全に元が取れる計算です(割引総額43,500円)。

以降は1,500円割引分が丸々おトクになりますので、スマートフォンをあまり買い替えることのないライトユーザーほど得するサービスといえます。

docomo with対象機種は?

docomo withの割引を受けるには対象機種を購入する必要があります。これまでのdocomo with対象機種はAndroidのみで、「arrows Be F-04K」、「AQUOS sense SH-01K」、「LG style L-03K」、「ZTE MONO MO-01K」、「らくらくスマートフォン me F-03K」というラインナップ。そこへ9月1日から初のiPhone対象機種となる「iPhone 6s」が加わり、計6機種から選べるようになります。

過去の例でいえば、docomo withの対象機種に加わったことで「AQUOS sense」がヒットを記録しています。同じくシャープが出しているフラグシップモデル「AQUOS R」と並んで売れ行きが好調を維持したことで、2017年のAndroidスマホ販売台数シェア率で国内1位に躍り出ました。

今回はdocomo with初のiPhoneということで、AQUOS senseのように売れ行きが伸びるのか注目が集まっています。

iPhone 6sが購入できるのはドコモか格安SIMだけ


2018年のiPhone XS、XS Max、XRの発表に合わせ、アップルストアではiPhone X、6s、SEの取り扱いが終了しました。au・ソフトバンクでも販売が終了し、2018年9月時点でiPhone 6sはドコモか格安SIMでしか取り扱っていません

ドコモがiPhone 6s 32GBの端末代金は39,600円(税抜き)にしたことで、格安SIMより安く入手可能になりました。以下の表は各社のiPhone 6sの価格をまとめたものです。

iPhone 6s 32GB 128GB
ドコモ 42,768円 / 月額1,782円
BIGLOBEモバイル 56,400円 / 月額2,350円 68,400円 / 月額2,850円
UQモバイル 59,724円 / 月額2,484円(初回:2,592円) 72,684円 / 月額3,024円(初回:3,132円)
Y!mobile 70,524円 / 月額2,916円(頭金:540円) 83,484円 / 月額3,456円(頭金:540円)
mineo 59,400円 / 月額2,475円

※価格は税込み

docomo with+iPhone 6sで利用料金も格安SIM並み


では実際のところdocomo withでiPhone 6sをいくらで使えるでしょうか? 機種代金を含むドコモでの利用料金を計算してみます。

ドコモの料金プランは「プラン料金+パケットパック+spモード料(300円)+機種代金+各種割引」という構成です。docomo withはライトユーザー向けですので、ここでは家族間無料通話のみの「シンプルプラン」と、従量制プランの「ベーシックパック」の組み合わせを採用します。利用料金は以下の通りです。

  • シンプルプラン/980円+ベーシックパック/2,900円+spモード利用料/300円+機種代金1,782円+docomo with/-1,500円=4,462円

ドコモ歴が長いユーザーであれば、さらに「ずっとドコモ割」の割引が効きますのでさらに安くなります。注目すべきは機種代金の支払いが終わる3年目以降の料金で、毎月2,680円の利用料金でiPhoneを使用することが可能。キャリアでこの料金はかなりおトク感が強いです。

さらに以下の表はiPhone 6sを取り扱う格安SIMと利用料金を比較したものです。

■iPhone 6s利用料金比較
ドコモ シンプルプラン/980円+ベーシックパック/2,900円+spモード利用料/300円+機種代金1,782円+docomo with/-1,500円=4,462円
BIGLOBEモバイル スマホまる得S+プラン/2,430円+機種代金/2,350円+端末値引き特典/-1,050円=3,730円 2年目以降:4,780円
UQモバイル おしゃべりプランS/2,138円+機種代金/2,484円+マンスリー割/-864円=3,758円 2年目以降:4,838円
Y!mobile スマホプランS/3,218円+機種代金/2,916円+月額割引/-1,296円+ワンキュッパ割/-1,080円=3,758円 2年目以降:4,838円

格安SIMと比べても差額は1,000円未満、2年目以降は月額利用料金でもdocomo withの方がおトクという計算になりました。通信環境や実店舗数など、総合的なサービス面ではドコモに軍配が上がりますので、今iPhone 6sを利用したいなら、料金とサービスの両方の面を考えてもドコモがおすすめです。

iPhone 6sを使うメリット


画像引用元:iPhone 6s – 技術仕様

ここからは、iPhone 6sを使うメリット・デメリットを紹介していきます。まずはメリットからです。

iOS 12にも対応

iPhoneシリーズが長く使える理由のひとつがiOSです。毎年新型iPhoneが発売されるなか、旧iPhoneも少なくとも3年以上はiOSのバージョンアップに対応してくれます。

1 2