iPhone 13とiPhone 13 Proの違い10個を比較|どっちが買い?

iPhone13とiPhone13 Proで違いを比較して、どちらを買うべきか解説していきます。カメラの性能が大きく違うことから、重さなどのスペックにも違いが出ています。価格は例年通りの差ですが、コスパはどちらがいいのでしょうか。iPhone13とiPhone13 Proで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2022年8月2日
iPhone13とiPhone13 Proの違いを比較

iPhone 13シリーズは2021年に発売された最新シリーズです。

シリーズの中でもスタンダードモデルのiPhone13とプロモデルのiPhone13 Proは違いがあります。

今回はiPhone13とiPhone13 Proを徹底比較して、どちらを買うべきか解説していきます。

iPhone14の予約方法まとめ【ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイル/Apple Store】
auは人気新機種がお得!
機種1位2位3位4位
本体iPhone SE3iPhone SE3AQUOS wishAQUOS wisharrows Wearrows We FCG01AQUOS sense6AQUOS sense6 SHG05
価格34,615円~22,001円~21,068円~32,430円~
特徴コスパの良さが魅力
Apple最新スマホ
飽きずに長く使える
カジュアルスマホ
初心者でも使いやすい
シンプルなスマホ
初心者でも使いやすい
バランススマホ
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

iPhone 13とiPhone 13 Proの違い10個

iPhone13とiPhone13 Proの違いを比較
iPhone 13とiPhone 13 Proは大きく分けて10個の違いがあります。

iPhone 13とiPhone 13 Proの違い

今回は特に違いのある項目について比較して解説していきます。

重量

重量を比較
  • iPhone 13:173 g
  • iPhone 13 Pro:203g

iPhone13とiPhone13 Proでは、サイズに違いはありませんが重量に差があります。

これは素材の違いによるものです。

iPhone13はアルミニウムで、iPhone13 Proはステンレススチール採用、これにより若干重量が重くなっています。

見た目は高級感のあるデザインになっているので、重量を取るか高級感を取るかで選択してもいいでしょう。

ストレージの最大容量

ストレージを比較
  • iPhone 13:128GB/256GB/512GB
  • iPhone 13 Pro:128GB/256GB/512GB/1TB

iPhone13シリーズでは、従来の64GBモデルが廃止となり、新たに512GBが追加されました。

さらにiPhone13 Proでは1TBの容量が追加されています。

近年の画質向上の影響により、写真や動画のデータ容量も大きくなっています。

たくさんの思い出や記録を残すために、大容量の512GBだけでなく1TBが必要となる場面も増えてくるでしょう。

メモリ容量

iphone13 Pro
iPhone 13とiPhone 13 Proの違い
メモリ容量を比較
  • iPhone 13:4GB
  • iPhone 13 Pro:6GB

メモリ容量はアプリの処理能力などに影響しますが、いずれのモデルも申し分ない容量です。

RAMの容量は大きければ大きいほど良いという訳ではありませんが、小さすぎても良くありません。

容量が小さいとiPhoneが処理作業を行う際のスペースが足りず、カクつきや不具合が起きる可能性もあります。

複数アプリを切り替えたり、重たいゲームをサクサク操作させたい時は6GBのiPhone 13 Proがおすすめです。

ディスプレイ性能

ディスプレイを比較
  • iPhone 13:Super Retina XDRディスプレイ/最大輝度800ニト(標準)
  • iPhone 13 Pro:ProMotion搭載Super RetinaXDRディスプレイ/リフレッシュレート最大120Hz/最大輝度1,000ニト(標準)

iPhone13とiPhone13 Proでは、ディスプレイ性能にも差があります。

iPhone13 Proでは120Hzのリフレッシュレートで動き、画面を動かしたときの滑らかさが格段に進化しました。

60Hzと120Hzではディスプレイの見え方がかなり違うため、この点だけでiPhone13 Proを選択する理由になるでしょう。

また、最大輝度も標準で1,000ニト搭載のiPhone13 Proであれば、画面が更に明るくなります。

暗い映像やゲームもより細部まで確認しやすくなるので、これまでと違う体験を味わえます。

デザイン

iPhone 13とiPhone 13 Proの違いを比較
iPhone 13とiPhone 13 Proの違い
デザインを比較
  • iPhone 13:航空宇宙産業レベルのアルミニウム
  • iPhone 13 Pro:医療に使われるレベルのステンレススチール

iPhone 13ではこれまでと同様アルミニウム素材を使っていますが、iPhone13 Proではステンレススチールを採用。

背面デザインがより高級感のある艶やかな仕上がりになったので、ケースなしでも使いたくなります。

カラーバリエーションも大人っぽい印象を与えるカラーリングなので、シンプルかつ高級感を演出してくれます。

カメラレンズ・撮影モード

iPhone13 Proの実機
iPhone 13とiPhone 13 Proの違い
カメラを比較
  • iPhone 13:デュアルカメラ(12MPの広角・超広角)
  • iPhone 13 Pro:トリプルカメラ(12MPの望遠・広角・超広角)

iPhone13超広角と広角のデュアルカメラですが、iPhone13 Proになるとさらに望遠カメラが追加されます。

さらにiPhone13 Proにはマクロモードが追加され、花や虫など細かな特徴まで綺麗に映し出します。

マクロモードは写真・ビデオの両方に対応していて、資料の細かな部分も確認したい際にも有効活用できます。

望遠カメラレンズとマクロモードで、遠近のいずれもはっきりと映し出せるカメラ撮影を楽しめます。

iPhone 13とiPhone 13 Proを一覧で比較

iPhone13シリーズ
iPhone 13とiPhone 13 Proを比較

ここからはiPhone 13とiPhone 13 Proについて、全項目を一覧で比較してみます。

違いがある部分についてはiPhone 13 Proの項目を赤字にして抽出しています。

価格を比較

iPhone 13とiPhone13 Proの価格を比較
比較項目iPhone 13iPhone 13 Pro
販売価格(Apple)117,800円(128GB)
132,800円(256GB)
162,800円(512GB)
144,800円(128GB)
159,800円(256GB)
189,800円(512GB)
219,800円(1TB)

スペックを比較

iPhone 13とiPhone13 Proのスペックを比較
比較項目iPhone 13iPhone 13 Pro
サイズ71.5×146.7×7.65mm71.5×146.7×7.65mm
重量173 g 203g
ストレージ
(ROM)
128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB/1TB
メモリ
(RAM)
4GB6GB
ディスプレイ6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
-
最大輝度800ニト(標準)
6.1インチ
ProMotion搭載Super RetinaXDRディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
最大輝度1,000ニト(標準)
CPUA15 BionicチップA15 Bionicチップ
カラー

デザイン
グリーン
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
ProductRED

航空宇宙産業レベルのアルミニウム
アルパイングリーン
グラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー

医療に使われるレベルのステンレススチール
バッテリービデオ再生:最大19時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大15時間
オーディオ再生:最大75時間
ビデオ再生:最大22時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大75時間

機能を比較

iPhone 13とiPhone13 Proの機能を比較
比較項目iPhone 13iPhone 13 Pro
アウトカメラデュアル12MP:超広角、広角Pro 12MP:望遠、広角、超広角カメラ
インカメラ12MP12MP
カメラ機能ナイトモード
Deep Fusion
-
センサーシフト光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームアウト/最大5倍のデジタルズーム
True Toneフラッシュとスローシンクロ
-
ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
-
ナイトモード
Deep Fusion
Apple ProRAW
センサーシフト光学式手ぶれ補正
3倍の光学ズームイン/2倍の光学ズームアウト/6倍の光学ズームレンジ/最大15倍のデジタルズーム
True Toneフラッシュとスローシンクロ
ナイトモードのポートレート
ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
マクロ写真撮影
ビデオ撮影Dolby Vision対応HDRビデオ撮影
4Kビデオ撮影
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影
4Kビデオ撮影
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
マクロビデオ撮影
セキュア認証FaceIDFaceID
通信規格5G対応5G対応
耐水性能IP68等級IP68等級
高速充電
ワイヤレス充電
同梱品USB-C - LightningケーブルUSB-C - Lightningケーブル

先ほど紹介していなかった価格帯やカラーの違いも分かりますね。

価格帯については、同じ128GBモデルでも約2~3万円ほど販売価格が異なります。

いずれもPro仕様で搭載されている機能やスペックによる価格差と伺うことができます。

また、カラーについては大きくラインナップが異なります。

iPhone 13はティーン向けのパステルカラーもありますが、iPhone 13 Proはシンプルな大人向けカラーが中心。

新色で追加されたグリーンもアルパイングリーンとより深みのある色味になっています。

それ以外にバッテリー持続時間など微妙な差はあるものの、総じて違いは見られません。

iPhone 13 Pro Maxと比較して何か違いはある?

もうひとつのシリーズモデル、iPhone 13 Pro Maxは名前の通りサイズが違います。

項目iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
販売価格
(Apple)
144,800円(128GB)
159,800円(256GB)
189,800円(512GB)
219,800円(1TB)
159,800円(128GB)
174,800円(256GB)
204,800円(512GB)
234,800円(1TB)
サイズ71.5×146.7×7.65mm78.1×160.8×7.65mm
重量203g238 g
ディスプレイ6.1インチ
ProMotion搭載Super RetinaXDRディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
最大輝度1,000ニト(標準)
6.7インチ
ProMotion搭載Super RetinaXDRディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
最大輝度1,000ニト(標準)
カラー

デザイン
アルパイングリーン
グラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー

医療に使われるレベルのステンレススチール
アルパイングリーン
グラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー

医療に使われるレベルのステンレススチール
バッテリービデオ再生:最大22時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
ビデオ再生:最大28時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大25時間
オーディオ再生:最大95時間

Pro仕様の内容はiPhone 13 Proと変わりませんが、ディスプレイサイズとバッテリーサイズが変わりました。

ディスプレイは更に6.7インチと大きく、バッテリー持続時間も数~数十時間増えています。

これらのサイズが大きくなった影響により、重量も238gと35g増えているのが特徴です。

しかし、その他のスペックやカメラ機能などについてはiPhone 13 Proと違いありません。

ただ、もちろんサイズが変わった分販売価格も1~2万程度iPhone 13 Pro Maxで高くなっています

大きな迫力のあるディスプレイを使いたいという方はiPhone 13 Pro Maxがおすすめです。

そうでない方でPro仕様を使いたい場合は、iPhone 13 Proで十分と言えるでしょう。

iPhone 13がおすすめな人

iPhone13 mini
iPhone 13がおすすめな人

ここまで、iPhone 13とiPhone 13 Proについて比較してみました。

一体どちらのモデルがおすすめなんでしょう?

それぞれのモデルについて、おすすめしたい人の特徴をまとめてみました。

iPhone 13がおすすめな人
  • 価格と性能のバランスがいい
  • 望遠カメラはあまり使わない
  • 大きさと持ちやすさを両立したい

iPhone13はiPhone12から目新しい進化はないものの、CPUの処理速度が約20%向上など堅実な進化を遂げています。

またiPhone13 Proと同じCPUを搭載しているため、上位機種と同様の軽快な動作は行えるのも魅力です。

十分満足できる性能に対する価格帯の設定もバランスがいいため、コスパ重視の方におすすめです。

大きさや重量もiPhone 13の方が小さいため、ディスプレイは大きいながらも持ちやすい点が魅力的です。

また、望遠カメラやマクロモードが必要ない場合はiPhone 13で十分といえるでしょう。

iPhone 13 Proがおすすめな人

iPhone13 Pro
iPhone 13 Proがおすすめな人

続いてはiPhone 13 Proがおすすめな人の特徴です。

iPhone 13 Proがおすすめな人
  • ゲームプレイ時など滑らかな操作感が欲しい
  • 望遠カメラやマクロ撮影を活用したい
  • 高級感のあるデザイン・カラーを重視

iPhone 13 ProがiPhone 13と大きく異なるのは、ディスプレイ性能とカメラ機能・カラーリングです。

特にディスプレイに関しては60Hzと120Hzで比べてみると、画面の滑らかさが大きく異なります。

これはゲームプレイ時に特に役立つので、オンラインプレイの操作がより光るサポートにもつながります。

iPhoneのカメラ機能を思う存分楽しみたいと言う方にも、望遠カメラやマクロモードがおすすめです。

iPhone 13では味わえない機能なので、カメラ重視の方はiPhone 13 Proを思う存分活用できるでしょう。

カラーリングに関しても、iPhone 13 Proの方がより大人っぽい深みのある色味を採用しています。

ケースを使わずシンプルに使いたい方にとってはiPhone 13 Proは魅力的なカラーリングといえます。

iPhone13 Proの方がより高級感のある仕上がりなので、デザインでiPhone13 Proを選ぶのもありでしょう。

iPhone 13とiPhone 13 Proの違いは全部で10個!

iPhone13シリーズ
iPhone 13とiPhone 13 Proを比較

今回はiPhone 13シリーズのうち、スタンダードモデルとプロモデルの2つについて比較してみました。

違い総まとめ(iPhone 13 Pro目線)
  • 価格帯:約2~3万円ほど高い
  • 重量:約30g重い
  • ストレージの最大容量:1TBあり
  • メモリ容量:6GB搭載
  • ディスプレイ性能:最大120Hzのリフレッシュレート/最大輝度1,000ニト(標準)
  • カラーバリエーション:大人っぽさを演出するカラー
  • デザイン:ステンレススチール採用
  • バッテリー持続時間:数~数十時間長い
  • カメラレンズ:望遠カメラレンズを搭載
  • 撮影モード:マクロモードあり

やはりiPhone 13 Proの方がスペックや機能も異なり、より使いやすさや楽しませる内容になっています。

もちろんその分価格帯も上がるので、どちらを選ぶかはコスパ重視・活用性重視のいずれかになるでしょう。

いずれにしても基本スペックはどちらも高いので、好みのモデルを見つけてみてくださいね。


※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
Sakura_Ooh
大手3キャリアでのイベントスタッフの経験を活かし、料金プランの選び方やおすすめスマホをどんどん紹介していきます。家やジムでも常に映画やドラマを見ていて、1日たりともスマホが手放せません。愛用スマホはiPhone12です。