iPhone 12の価格を比較!1番安いのはドコモ・au・ソフトバンクのどれか

iPhone12の価格をドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアで比較しています。前モデルと比較してiPhone12のキャリア価格はどうなるのでしょうか?キャリアそれぞれでキャンペーン適用後の価格もご紹介しますので、iPhone12の価格が気になる方はぜひチェックしてみてください。

  • 2020年10月20日
iPhoneシリーズの価格比較
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

ドコモ・au・ソフトバンクで契約している方はiPhone12がどのキャリアが一番安いのか気になることでしょう。

2020年も例年通り発表された、新型iPhoneである「iPhone12」のキャリア価格はどうなるのでしょうか。

iphone12の価格を比較

機種容量ドコモauソフトバンク
iPhone12 mini64GB未公開
128GB未公開
256GB未公開
iPhone1264GB67,584円
(101,376円)
55,430円
(103,430円)
55,440円
(110,880円)
128GB72,864円
(109,296円)
57,500円
(128,260円)
58,320円
(116,640円)
256GB82,368円
(123,552円)
65,435円
(122,435円)
65,520円
(131,040円)
iPhone12 Pro128GB86,064円
(129,096円)
67,735円
(127,495円)
68,760円
(137,520円)
256GB95,040円
(142,560円)
74,750円
(140,750円)
75,960円
(151,920円)
512GB112,992円
(169,488円)
89,930円
(168,170円)
90,000円
(180,000円)
iPhone12 Pro max128GB未公開
256GB未公開
512GB未公開

今回はドコモ・au・ソフトバンクのiPhone12の価格を比較していきます。

通常価格だけでなくキャンペーン適用後の価格も比較しているので参考にしてください。

iPhone12の各キャリア価格まとめ
  • 割引額の大きいキャンペーンは端末返却プログラムと下取りプログラムである!
  • 端末返却プログラムはauとソフトバンクが安い!
  • 下取りプログラムはドコモが一番安い!
■2020年の新型「iPhone12」の最新情報!

iPhone12の発売日と予約方法・在庫確認をして最安購入する方法はこちらから確認できます。

iPhone 12の価格をキャリア比較

iPhone12のカラーバリエーション
iPhone 12の価格をキャリア比較

iPhone12の種類と発表された価格は以下の通りです。

iPhone12シリーズ
  • iPhone 12 mini:74,800円~
  • iPhone 12:85,800円~
  • iPhone 12 Pro:106,800円~
  • iPhone 12 Pro Max:117,800円~

ここではAppleの価格を基準にドコモ・au・ソフトバンクのiPhone12の販売価格を比較していきます。

Apple、各キャリアのiPhone12の通常価格は以下になります。iPhone12 mini/Pro Maxはキャリアの価格がまだ発表されていません。

※価格は全てキャリアの本体代分割キャンペーン適用時の価格となります。

iPhone12の価格を比較

容量64GB128GB256GB
ドコモ
(販売価格)
67,584円
(101,376円)
72,864円
(109,296円)
82,368円
(123,552円)
au
(販売価格)
55,430円
(103,430円)
57,500円
(128,260円)
65,435円
(122,435円)
ソフトバンク
(販売価格)
55,440円
(110,880円)
58,320円
(116,640円)
65,520円
(131,040円)
Apple85,800円90,800円101,800円

iPhone12 Proの価格を比較

容量128GB256GB512GB
ドコモ
(販売価格)
86,064円
(129,096円)
95,040円
(142,560円)
112,992円
(169,488円)
au
(販売価格)
67,735円
(127,495円)
74,750円
(140,750円)
89,930円
(168,170円)
ソフトバンク
(販売価格)
68,760円
(137,520円)
75,960円
(151,920円)
90,000円
(180,000円)
Apple106,800円117,800円139,800円

各キャリアのiPhone12の価格は電波やメールの使用料も含まれているのでAppleより高くなっています。

現時点でのiPhone12の通常価格は、わずかにauが安くなりそうです。

しかし表はキャンペーン適用後の価格になるので、実質的な価格については個人差があるでしょう。

iPhone12を安く購入するためにはキャンペーン適用後の価格を確認する必要があるので注意が必要です。

▲目次に戻る

ドコモのキャンペーン適用時の価格

iPhone12に適用されるドコモの主なキャンペーンは以下になります。

キャンペーン割引額
スマホおかえしプログラム分割支払金(最大12回分)の支払いが不要
下取りプログラム最大62,600円(税込)割引
5G WELCOME割5,500円〜22,000円(税込)割引

続いて上記キャンペーン適用時のドコモのiPhone12の販売価格は以下になります。

キャンペーンキャンペーン
適用内容
キャンペーン
適用後価格
スマホおかえしプログラムiPhone12を25ヵ月目におかえし
67,584円
(101,376円÷36回×24回)
下取りプログラムiPhone XS Maxの良品場合
39,376円
(101,376円-62,000円)
5G WELCOME割契約変更(Xi→5G)の場合
95,876円
(101,376円-5,500円)

結論から言うとドコモのキャンペーンでは最高価格の機種を下取りプログラム適用時が最も安くiPhone12を購入することができます。

しかし下取りプログラムは機種代を支払い終わっていない場合、残価を継続して支払わなくてはいけないので注意が必要です。

また各キャンペーンは適用条件や特徴も違うので必ず確認するようにしましょう。

ドコモでiPhone12に機種変更する場合に適用されるキャンペーンを詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラム
概要対象機種でプログラムを利用すると
分割支払金(最大12回分)の支払いが不要となる
条件①対象機種を36回分割払いで購入
かつプログラムに加入
②プログラム加入後にドコモにスマホを返却する
対象機種・iPhone:24機種(容量違い含む)
・Android:16機種
※ドコモHP掲載分
注意点・dポイントクラブもしくは
ドコモビジネスプレミアクラブ会員に加入していること
・「ご購入における不備・不正が無い」などの
条件を満たす必要がある
・対象機種に故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れが無い
などの査定基準を満たす必要がある
・査定条件を満たしておらず、かつプログラムを利用したい場合は別途20,000円の支払いが必要

スマホおかえしプログラムは36回分割払いで購入した機種をドコモに返却すると、最大12回の分割支払金が不要となります。

2年(24ヶ月)で返す場合、分割24回分の代金支払いだけで済むので、端末を3分の2の価格で購入できます。

2年ごとに機種変更を考えている方におすすめなプログラムになっています。

しかしiPhoneは1年ごとに新機種が発売されているので常に新機種が欲しい方には向かないかもしれません。

またプログラムは機種購入時に加入する必要があり、途中加入ができないので注意してください。

下取りプログラム

下取りプログラム
下取りプログラム
下取りプログラム(ドコモオンラインショップ)
概要現在利用している機種をドコモへ下取り申込みする事でdポイントを進呈
進呈ポイント・対象機種下取り額・下取りポイントおよび対象機種は約1か月毎に変更・更新
申込後の流れ①機種購入時に下取りプログラム申し込み
②申し込みから1週間~10日程度で「本人限定郵便受取到着のお知らせ」が送付
③送付キット受け取り(契約住所または郵便局)
④必要事項を記入し送付キットを返送
⑤不備がなければdポイントを進呈
購入対象機種ドコモで販売されているスマホ全機種
主な適用条件・ 携帯電話機などの購入時に、下取りの申込みをすること
・ dポイントクラブに加入していること
※法人名義は下取りプログラム利用不可
※新規契約、のりかえ(MNP)はau/SoftBankのスマホも対象
注意点など・端末に不備があった場合などは返送される
・ドコモショップ(店頭)で申し込む場合は機種購入時に使えるdポイントを進呈

下取りプログラムはスマホ購入時に古い機種を下取りしてもらうプログラムです。

ドコモオンラインショップを利用する場合はdポイントの付与となるので注意してください。

2020年10月時点ではiPhone XS Maxが最大割引額の62,600円(税込)になっていますが、iPhone12の発売で下取り価格が変更される可能性が高いので公式ページを確認しましょう。

5G WELCOME割

docomo 5GWELCOMEwari
5G WELCOME割
5G WELCOME割(税込)※ドコモオンラインショップ
概要5G対応機種購入で機種代金を5,500円割引、または20,000ポイント進呈
キャンペーン期間2020年3月25日(水曜)~
※機種の販売開始時期により異なる
対象手続き:新規契約、のりかえ(MNP)進呈ポイント:20,000ポイント
対象機種:
・AQUOS R5G SH-51A
・Galaxy S20 5G SC-51A
・Xperia 1 II SO-51A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・arrows 5G F-51A
・LG V60 ThinQ 5G L-51A
※ドコモショップ(店頭)は22,000円割引
対象手続き:契約変更
(FOMA→5G)
(Xi→5G)
割引額:5,500円
対象機種:
・AQUOS R5G SH-51A
・Galaxy S20 5G SC-51A
・Xperia 1 II SO-51A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・arrows 5G F-51A
・LG V60 ThinQ 5G L-51A
※ドコモショップ(店頭)も5,500円割引
注意点など・ポイント進呈時期は利用開始(開通)の翌々月
・ポイント還元時にdポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブ会員であることが必要
・進呈するポイントは「dポイント(期間・用途限定)/ドコモポイント」

5G WELCOME割の適用機種は現状でAndroidのみになっていますが、iPhone12も5Gに対応すると予想されるのでキャンペーンが適応される可能性が高いです。

キャンペーン単体では割引額が低くなっていますが、他キャンペーンと併用することもできるので、キャンペーン適用条件を確認しておきましょう。

また割引額は契約変更の場合では55,00円ですが、MNPの場合だと22,000円になるので、キャリアの乗り換えを考えている方は参考にしてください。

ドコモ公式オンラインショップで新型iPhone12の最新情報をチェック!

>ドコモ公式オンラインショップを見る

▲目次に戻る

auのキャンペーン適用時の価格

iPhone12に適用されるauの主なキャンペーンは以下になります。

キャンペーン割引額
かえトクプログラム13カ月目~25カ月目までにプログラムを利用すれば25ヶ月目の支払いが不要となる
下取りプログラム最大58,300円(税込み)割引
3Gとりかえ割最大38,500円(税込み)割引

続いて上記キャンペーン適用時のauのiPhone12の価格は以下になります。

キャンペーンキャンペーン
適用内容
キャンペーン
適用後価格
かえトクプログラムiPhone12を25ヵ月目に返却55,430円
(2,410円×23回)
下取りプログラムiPhone XS Maxの良品場合45,130円
(103,430円-58,300円)
3Gとりかえ割iPhone11シリーズと同額で計算した場合81,430円
(103,430円-22,000円)

ドコモ同様に下取りプログラムでiPhone XS Maxの良品を下取りにだした場合が最も安くなります。

ドコモとの違いauのキャンペーンは併用ができないものが多いためか、割引額が平均して高くなっています。

auでiPhone12に機種変更する場合に適用されるキャンペーンを詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

かえトクプログラム

かえトクプログラム
かえトクプログラム
かえトクプログラム 詳細
概要・予め買取価格を設定しておいて
2年後となる25回目にプログラムを
利用すれば残りの支払いが不要
・25カ月目に新しい機種へ買い替えしない
場合は、最終回支払分を再度24回に分割
・13カ月目~なら機種変更が可能だが、
24ヶ月目までは支払いが続く
適用条件①対象機種を12カ月以上利用後、
auのスマートフォン・ケータイ・タブレット
・ルーターのいずれかを購入すること
②本プログラムで購入した機種をauが回収する
プログラム料無料
プログラム
加入時
・対象機種を本プログラムでご購入する
※加入は購入と同時の場合のみ可能
プログラム
利用時
・新しい機種へ買い替えと同時に
プログラムの特典を利用し、
プログラム加入機種を回収する
・回収はau取扱店に限る
一部店舗、au Online Shopでは取扱いできない
注意点・故障している場合は故障時利用料
22,000円(不課税)が必要

かえトクプログラムは端末購入後13カ月目~25カ月目までにauのスマートフォン、ケータイなどへの買い替えかつ、プログラムで購入した機種をauが回収した場合に適用されます。

過去の新型iPhoneもプログラムが適用されているのでiPhone12も適用される可能性が高いと言えるでしょう。

しかし次回の機種変更もauで行うことが条件となっているため、プログラムを利用し続ける限り乗り換えなどは難しくなります。

下取りプログラム

auの下取りプログラム
下取りプログラム
au 下取りプログラム詳細
概要・対象機種を下取りに出して
機種変更すると、割引または
後日Pontaポイント付与
適用条件・下取り対象機種からの機種変更で
iPhone、auスマートフォン、
auケータイもしくはauタブレットを購入
下取り申込方法・auショップ・その他のau取扱店で申し込む
・以下①~③の場合、後日Pontaポイント
での下取りとなります。

①auショップで機種変更し、郵送による
後日下取り受け付け
②au Online Shop
※au Online Shopの場合は郵送か
auショップでの下取りを受け付けてもらえる
※機種変更の翌月末までに手続きが必要
③Apple Store
※Apple Store で機種変更の場合も
郵送またはauショップにて下取りを受け付けてもらえる
注意点など・一部取り扱いできないauショップがある
・3カ月(91日目)以上利用の機種が対象
・au Online Shopの場合は、下取り
対象機種や進呈するポイントは機種変更
の注文が完了しauにて審査後、登録完了時点での条件が適用される

auの下取りプログラムも現状ではiPhone XS Maxが下取り金額が最も高く、最大58,300円(税込み)割引になっています。

auの下取りプログラムもドコモ同様にiPhone12の発売で下取り価格が大きく変更される可能性があります。

下取りプログラムの利用を考えている場合はau公式ページで下取り価格を確認するようにしましょう。

3Gとりかえ割

3Gとりかえ割(スマホ)
3Gとりかえ割
3Gとりかえ割(スマホ) 詳細
概要・auまたは他社の3Gサービスから乗りかえて
対象のauスマホを購入すると、機種代金から
最大38,500円(税込)割引
※対象機種によって割引額は異なります
適用条件①②を同時に満たす方
①・3Gサービスのauスマホ、ケータイ
・auスマホ(VoLTE非対応機種)(注2)
・他社3Gサービス(ケータイ・スマホ)
・PHSサービス
を利用中
②対象のauスマホ(4G LTE・5G)を購入
注意点・au Online Shopでは、他社からの
のりかえの場合は割引対象外
・auのぷりペイドサービス利用中の方が、
au Online Shopで機種変更(購入)された場合は対象外
・au Online Shopでご購入の場合一部条件が異なる

3Gとりかえ割(スマホ)は、3Gから対象スマホに変更すれば機種代金が最大38,500円割引になるお得なキャンペーンです。

最大割引額はiPhone7 32GBに機種変更か乗り換えの場合になります。

機種によっては全ての容量に対応していないので、キャンペーンを利用する場合はキャンペーン対象機種であるかの確認が必要になります。

iPhone11も適用機種であることからiPhone12も適用される可能性が高いですが、割引額は20,000円前後になると予想されます。

また3Gとりかえ割は他のキャンペーンとの併用ができないので注意しましょう。

au公式サイトでiPhone12の最新情報を今すぐチェック!

>au公式オンラインショップで確認する

▲目次に戻る

ソフトバンクのキャンペーン適用時の価格

iPhone12に適用されるソフトバンクの主なキャンペーンは以下になります。

キャンペーン割引額
トクするサポート+分割支払金(最大24回分)の支払いが不要
下取りプログラム最大40,800円相当のPayPayボーナスまたは40,320円の機種代値引き
【オンライン限定】
web割
オンラインショップで他社からの乗り換えで端末代21,800円を割引

続いて上記キャンペーン適用時のソフトバンクのiPhone12の価格は以下になります。

キャンペーンキャンペーン適用内容キャンペーン適用後価格
トクするサポート+iPhone12を25ヵ月目におかえし55,440円
(110,880円÷48回×24回)
下取りプログラムiPhone XS Maxの良品を下取りに出した場合70,080円
(110,880円-40,800円)
【オンライン限定】
web割
オンラインショップで他社からの乗り換え89,080円
(110,880円-21,800円)

ソフトバンクはドコモ・auと違い、下取りプログラムの価格ではなく端末返却プログラムであるトクするサポート+適用後の価格が最も安くなります。

またトクするサポート+はオンライン限定のWeb割との併用も可能なので、オンラインで他社から乗りかえをするのであればさらにiPhone12を安く購入できます。

ソフトバンクでiPhone12に機種変更する場合に適用されるキャンペーンを詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

トクするサポート+

トクするサポート+
トクするサポート+
トクするサポート+ 詳細
概要・対象機種でプログラムを利用すると
分割支払金(最大24回分)の支払いが不要となる
適用条件・対象機種を48回割賦で購入する
・トクするサポート+に加入
・25ヶ月目にスマホを回収してもらう
注意点・旧機種が査定条件を満たさなかった場合
回収に加えて最大22,000円(不課税)の支払いが必要

トクするサポート+はドコモ・auの端末返却プログラムと比べ割引額が最も高く、最大24回分の支払いが不要になり実質端末代が半額になります。

ドコモ・au同様にガラス・筐体が破損、故障している等の場合は別途22,000円の支払いが必要になるので注意をしてください。

下取りプログラム

下取りプログラム(機種変更)
下取りプログラム
下取りプログラム 詳細
概要機種変更・のりかえの際、現在利用の機種を
ソフトバンクで下取りすることで
対象機種に応じて「PayPayボーナス」
(法人の場合はTポイント)を付与するキャンペーン
適用条件・指定機種を購入する
・PayPayボーナス特典を選択した場合
PayPayアカウントの登録をしてる
・製造番号(IMEIなど)が確認でき
メーカーの保証対象外ではない
注意点・電源が入らない、初期化されていない場合は下取りされない
・破損品に該当しないかの確認が必要

ソフトバンクの下取りプログラムはドコモ・auに比べ下取り価格が安くなっています。

またソフトバンクの下取りプログラムはオンラインショップの場合、直接機種が割引されるのではなく、PayPayボーナスでの支払いになります。

機種代の割引を選択したい場合は古物営業の許可を受けている店舗で指定機種の購入と同時に下取りの必要があるので注意してください。

ドコモ・au同様にiPhone12の発売で下取り価格が変更される可能性が高いので、下取りプログラムの利用を考えるのであれば公式ページで確認をすようにしましょう。

【オンライン限定】web割

ソフトバンク キャンペーン
【オンライン限定】web割
【オンライン限定】web割 詳細
概要・対象機種に他社からのりかえすると端末代が最大21,600円割引される
・事務手数料が0円
適用条件・ソフトバンクオンラインショップで取り扱いのあるiPhone / Google Pixel / スマートフォンが対象
・「基本プラン(音声)」および「データプランメリハリ」(対象料金サービス)に加入
・対象機種の購入時に「自宅受け取り」を選択
注意点・ソフトバンク電話店で購入する場合
一括販売はweb割の対象外となる

【オンライン限定】web割は他社からののりかえかつオンラインショップでの端末購入で機種代金が21,600円割引になるキャンペーンです。

【オンライン限定】web割はトクするサポート+との併用が可能なのでさらにお得にiPhone12を購入することができます。

しかし特定プランへの加入や自宅受け取りなど条件があるので注意をしてください。

ソフトバンク公式でiPhone12の発売情報をいますぐ確認!

>ソフトバンク公式オンラインショップ

▲目次に戻る

実質負担の価格で1番安いのは?

ここまでドコモ・au・ソフトバンクのキャンペーン適用後のiPhone12の価格をみてきました。

最後にキャンペーン適用後のiPhone12の価格がどのキャリアが最も安いのか確認してみましょう。

端末返却プログラムはauとソフトバンクが安い

ソフトバンク公式サイト
ソフトバンク

ドコモ・au・ソフトバンクの端末返却プログラムでのiPhone12の価格は以下になります。

キャリア端末返却プログラム
ドコモ67,584円
au55,430円
ソフトバンク55,440円

表からわかるように3キャリアではauとソフトバンクの価格が安く、auが55,430円、ソフトバンクが55,440円となっています。

最も価格が高いのはドコモの67,584円になり、auと比べると10,000円以上高くなります。

またソフトバンクは他キャリアからののりかえで端末をオンライン購入するとさらに21,800円安くなります。

下取りプログラムはドコモが安い

docomo Online Shop
ドコモオンラインショップ

ドコモ・au・ソフトバンクの下取りプログラムでのiPhone12の価格は以下になります。

キャリア下取りプログラム
ドコモ39,376円
au45,130円
ソフトバンク70,080円
下取りプログラムでは端末返却プログラムと逆にドコモが39,376円と一番安く、ソフトバンクが70,080円と一番高くなっています。

ドコモは他キャリアに比べ下取り価格が高いので、現在使っている端末を下取りにだしてiPhone12の購入を考えている方はドコモでの購入をおすすめします。

▲目次に戻る

キャンペーンを利用してiPhone 12をお得に手に入れよう!

iPhone12の各キャリア価格まとめ
  • 割引額の大きいキャンペーンは端末返却プログラムと下取りプログラムである!
  • 端末返却プログラムはauとソフトバンクが安い!
  • 下取りプログラムはドコモが一番安い!

今回はドコモ・au・ソフトバンクでどのキャリアがiPhone12を一番安く購入できるかを検証してきました。

iPhone12をお得に購入するには各キャンペーンの特徴を理解して上手に利用することが必須になります。

現状ではiPhone12に適用される可能性があるキャンペーンは多くはありませんが、今後各キャリアでキャンペーンが増える可能性もあります。

各キャリアの動向をなるべく確認して利用できるキャンペーンがあれば使うようにしましょう。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ