iPhoneSE
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

毎年、Appleから発売される新型iPhone。スマートフォンをお持ちの方なら、新型iPhoneのリリース情報については知っておきたいところ。

昨年2019年には、iPhone 11/11 Proが発売となりました。今年2020年では、新型iPhoneとして「iPhone 12」が発売されると噂されています。

本記事では、2020年秋に発売されると噂されているiPhone 12の発売日やスペック情報について、予想し発表します。

iPhone 12を購入検討中の方や、新型iPhoneと既存モデルを比較したい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてくださいね。

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

2020年に発売の新型iPhone 12はいつ?発売日と価格

iPhone
画像引用元:photo AC

まずは、2020年に発売予定のiPhone 12の特徴やモデル、価格、発売時期について噂を元に予想してお伝えします。

iPhone 12は全機種5G対応

2020年3月より、ドコモ・au・ソフトバンクより新たな通信規格「5G」が開始されました。現在も利用されている「LTE(4G)」から「5G」へ徐々に移行される予定です。

iPhone 12は、全機種が5G対応となっているため、大容量の通信をスムーズに行うことが可能です。

また、複数の端末で同時にインターネットに接続することや、場所や時間帯によって接続不良が起こりにくいことが魅力。

iPhone 5に近い大幅なデザイン変更

iPhone 12は、iPhoneシリーズの中で最も多い4機種。

  • iPhone 12:5.4インチ
  • iPhone 12 Max:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ

最も小さいサイズはiPhone 12の5.4インチ、最も大きいサイズはiPhone 12 Proの6.7インチとの見通しです。

また、iPhone 12はiPhone 5に近いデザインに変更されると言われています。

iPhone 5のイメージ

かっちりとした角や、厚みのある本体が特徴的。そのため、スリムな本体やディスプレイの大きさによって、操作がしづらいと感じていた人にとっては朗報ではないでしょうか。

iPhone 12の価格は7万円〜

これまでにApple製品の最新情報や動向を発信してきたYoutube配信者「Jon Prosser」によると、iPhone 12は約7万円から販売されると言われています。

最も安い価格は69,500円(iPhone 12/128GB)、最も高い価格は140,000円(iPhone 12 Pro Max/512GB)の予想です。

機種容量ドル価格円価格
iPhone12128GB649ドル69,500円
256GB749ドル約80,100円
iPhone12 Max128GB749ドル約80,100円
256GB849ドル約90,800円
iPhone12 Pro128GB
256GB
512GB
999ドル〜1,299ドル約106,900円〜140,000円
iPhone12 Pro Max

iPhone 12の発売日はコロナの影響で遅れる?

毎年Apple社によって発表される、iPhone最新シリーズのリリース情報。例年、春(3〜4月頃)と秋(9月頃)にリリースイベントが行われているため、2020年も9月頃に発売開始されると予測されます。

しかし、コロナウイルスの影響により、2020年の新型iPhone(iPhone 12)の発表が遅れる見込みに。

2020年3月以降、コロナウイルス感染者が増加しており、2020年6月現在では全国で緊急事態宣言が解除されたものの、依然として大規模なイベント開催は難しい状況です。

2020年発売予定iPhone 12のサイズ・スペックは?

iPhone
画像引用元:photo AC

続いて、2020年発売予定のiPhone 12のスペックについて予測していきます。

サイズは5.4・6.1・6.7インチに展開される噂

iPhone 12シリーズのサイズ
  • iPhone 12:5.4インチ
  • iPhone 12 Max:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ

iPhone 12のサイズは、最小5.4インチ(iPhone 12)、最大6.7インチと予想されています。ちなみに、前モデルのiPhone 11シリーズでは6.1インチが最小サイズのため、より小さくなったといえます。

角ばったスクエアフォルムのデザインになる噂

iPhone 12のデザイン
  • iPhone 5に近い角ばったスクエアフォルムへ
  • Proモデルでは新色ネイビーブルー登場

iPhone 12は、2012年9月に発売されたiPhone 5に近いデザインへ大幅変更される説が唱えられています。

2017年に発売されたiPhone Xが登場してから、手に馴染む丸みを帯びたラウンドフォルムが継続されていました。しかし、今回のiPhone 12では、以前主流だったスクエアフォルムになると予想されています。

また、iPhone 11のProモデルで取り入れられたカラーのミッドナイトグリーンが廃止され、新色のネイビーブルーが登場する見込みです。

プロセッサにはA14 Bionicを採用する噂

iPhone 12のプロセッサ
  • A14 Bionic+Neural Engine
  • RAM:通常モデル4GB、Proモデル6GB

iPhone 12では、A14 Bionic+Neural Engineが搭載される予想です。

前モデルのiPhone 11では、A13 Bionicが搭載されていました。A14 Bionicでは、A13 Bionicと比較すると、7mmプロセスから5mmプロセスに進化しており、発熱・バッテリー持ちの改善、高速処理性能の向上が期待されます。

また、iPhone 12のRAMは4GB、ProシリーズのRAMは6GBです。iPhone 11シリーズでは、全ての機種においてRAMが4GB。そのため、iPhone 12 Proシリーズは、前作のiPhone 11よりもスムーズに動作作業を行うことができるといえます。

ディスプレイはフルHD+10ビットカラーの噂

iPhone 12のディスプレイ
  • iPhone 12/Max/Pro/Pro Maxの4モデル展開
  • 全て有機ELディスプレイ
  • 全てフルHD(1,920×1,080ピクセル)以上
  • 10ビットカラーを採用
  • リフレッシュレートの高速化
  • ノッチの小型化

iPhone 12のディスプレイとして、5.4インチ(iPhone 12)・6.1インチ(iPhone 12 Max/Pro)・6.7インチ(iPhone 12 Pro Max)の全4種類のモデルが挙げられます。

これらには、全て有機ELディスプレイが採用され、フルHD(1,920×1,080ピクセル)になる見込みです。

また、iPhone 12では10ビットカラーでの表現が可能に。そのため、約10億色で表現された鮮明で美しい映像を堪能することができます。

さらに、リフレッシュレートの高速化によって、より滑らかな体験を楽しむことも可能です。

カメラにLiDARスキャナが搭載される噂

iPhone 12のカメラ
  • 1,200万画素
  • 通常:デュアルカメラ(広角、超広角)
  • Pro:トリプルカメラ(広角、超広角、望遠)
  • LiDARスキャナ搭載
  • マクロ撮影モード
  • 新たなナイトモード
  • 3倍光学ズーム、最大30倍デジタルズーム

iPhone 12ではデュアルカメラ(広角、超広角)、iPhone 12 Proではトリプルカメラ(広角、超広角、望遠)が搭載される可能性が高いです。

今回新たに登場するiPhone 12のカメラに関して、特筆すべきポイントは大きく3つ。

1つ目は、LiDARスキャナが搭載されること。

LiDARスキャナが搭載されることで、被写体に対して光の反射が届くまでの時間を継続し、より正確な深度情報を取得することが可能に。

2つ目は、マクロ撮影モードの登場。

被写体に2.2cmまで近づくことができるため、さまざまな表現方法を取り入れることができそうです。

3つ目は、3倍光学ズーム、最大30倍デジタルズームが可能であること。

前モデルのiPhone 11では、2倍光学ズーム、最大10倍デジタルズームだったため、かなり進化していることが見受けられます。

認証方法としてFace IDとToucu IDが進化する噂

iPhone 12の認証方法
  • Face IDは継続
  • 指紋認証(Touch)が一部リニューアルして復活

iPhone8以前ではホームボタンによる指紋認証(Touch ID)が主流であり、iPhone X以降はFace IDが主流となりました。

iPhone 12では、現在も継続されているFace IDの進化が期待されています。現在のFace IDのデメリットとして挙げられている、顔認証の範囲の狭さが改善され、デスクなどにスマートフォンを置いたままでもロック解除ができるという説もあるようです。

また、加えてディスプレイ内蔵型のTouch IDの進化も予想されています。iPhone8以前に採用されていたホームボタンが復活する見込みは薄いですが、ディスプレイのどこからでもTouch IDで認証が可能になる開発を進めているようです。

充電方法はLightningもしくはワイヤレス充電という噂

iPhone12の充電方法
  • Lightningでの充電
  • ワイヤレス充電機での充電

iPhone 12の充電方法として、Lightningとワイヤレス充電の2つの方法が考えられています。

これまで通りLightningを使用した充電方法と、ワイヤレス充電機を使用した充電方法が予測されており、噂に上がっていたType-Cでの充電方法の見込みは薄いようです。

iPhone 12のスペックまとめ
  • 5.4・6.1・6.7インチの全4種類の機種展開
  • 角ばったスクエアフォルム
  • A14 Bionic+ProモデルはRAM6GBに進化
  • 10ビットカラーやリフレッシュレートの高速化
  • Face ID・Touch IDがリニューアル

2020年秋発売予定のiPhone 12に期待しよう!

2020年の秋モデルとして「iPhone 12」が発売されることが期待されています。前モデルのiPhone 11よりも価格が安く、ディスプレイやプロセッサ、カメラなど進化した点も複数あるため、手に取りやすい機種と言えるでしょう。

現在iPhoneを利用しており、2020年に機種変更を検討している人は、iPhone 12を期待してもいいかもしれません。今後のiPhoneに関するリリース情報も見逃さないよう、チェックしていきましょう。