9月中に機種変更して最安でiPhone 11を手に入れよう

読了時間:約 2

画像引用元:iPhone 11 │ Apple(日本)

2019年9月11日午前2時に米Appleが開催したスペシャルイベントにて、iPhoneシリーズの最新機種「iPhone 11」が発売されることが発表されました。

メインモデルのiPhone 11とグレードアップモデルのiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxは2019年9月13日(金)に予約開始、9月20日(金)に発売されます。

今回は最新機種iPhone 11と2018年に発売されたiPhone XRを徹底比較していきます。購入を検討している方はぜひ記事を参考にしてみてください。

全キャリア比較!iPhone 11に機種変更で60,000円得する最安購入方法

2019年9月20日にiPhone 11が発売


画像引用元:iPhone 11 │ 仕様 │ Apple(日本)
米Appleが開催したスペシャルイベント「By innovation only」にて、最新機種のiPhone 11がメインモデルの発売が発表されました。

2019年9月20日(金)にグレードアップモデルのiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxと同時に発売されます。

iPhone 11は2017年に発売されたiPhone X(テン)の正式なナンバリング後継機ですが、見た目やカラー展開は2018年発売のiPhone XRを引き継いでいます。

2018年に引き続くカラフルな6色展開と、従来のiPhoneから大きく変化した背面のカメラ部分がiPhoneユーザーの中で話題を呼びました。

同時にiPhone XRの価格値下げが発表


画像引用元:iPhone XRを購入 │ Apple(日本)
米AppleはスペシャルイベントでiPhone 11シリーズを発表すると同時に、これまで発売されたiPhone 8/iPhone XRの値下げを発表しました。

2018年に発売されたiPhone XS/iPhone XS Maxと同時に、高価格であったiPhone XSの廉価版としてiPhone XRが発売されました。

iPhone史上初の6色カラー展開が話題を呼び、若者を中心に2018年モデルのなかでも人気がありました。

Appleの取り扱いとしてiPhone XS/iPhone XS Maxの販売中止となる中、iPhone XRは本体価格を値下げして販売続行という形になりました。

2018年発売モデルのため基本スペックやバッテリーの劣化も全くないため、発売当初よりも更に入手しやすい価格のiPhone XRも再度注目を集めています。

iPhone 11 vs iPhone XR 【スペック編】


まずはiPhone 11とiPhone XRのスペックを徹底比較していきましょう。

iPhone 11iPhone XR

  • 64GB

  • 128GB

  • 256GB


  • 64GB

  • 128GB

ストレージ容量

iPhone 11

iPhone 11のストレージ容量は3モデルです。ユーザーの写真や音楽のダウンロード頻度に合わせて選択できます。

大容量であれば写真やビデオなども大量に保存できますが、近年はGoogleドライブやパソコン上にデータを移すこともできるので、64GBでも問題はありません。

iPhone XR

iPhone XRの発売当初は64GB・128GB・256GBの3モデルでしたが、256GBのモデルは生産終了となりました。

現在は64GBと128GBの2モデルのみの取り扱いです。

カラー

iPhone 11iPhone XR

  • グリーン

  • パープル

  • イエロー

  • ブラック

  • ホワイト

  • レッド(PRODUCT RED)


  • ブルー

  • コーラル

  • イエロー

  • ブラック

  • ホワイト

  • レッド(PRODUCT RED)

iPhone 11

グリーンとパープルが新たにiPhoneの新色カラーとして登場しました。

グリーン・パープル・イエローのパステルカラーとブラック・ホワイト・レッドの原色カラーの6色から好みに合わせて選ぶことができます。

iPhone XR

2018年発売のiPhone XRからiPhoneシリーズ最多の6色カラー展開が始まりました。ブルー・コーラルは現時点でiPhone XRのみのカラーです。

また、こちらのイエローカラーはiPhone 11のパステルカラーのイエローとは違い原色カラーに近いイエローとなります。


画像引用元:iPhone │ モデルを比較する │ Apple(日本)

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの色まとめ|人気のカラーやおすすめの色

ディスプレイ

iPhone 11・iPhone XR

  • 6.1インチ Liquid Retina HD
  • 1400:1コントラスト比
  • 最大輝度625ニト
  • True Tone

こちらはiPhone 11とiPhone XRとも同じディスプレイを搭載しています。6.1インチであればゲームや映画・Youtubeを見る時に大画面で映像を楽しめます。

画面上の明暗差を表すコントラスト比は1400:1で、色の違いがくっきりと映ります。また、最も明るい指数を表す最大輝度は625ニトです。

スマートフォンを使用している場所の明るさに合わせてホワイトバランスを調整するTrue Toneが採用されているので、瞳に映る自然な色彩を表現します。

サイズ・重量

iPhone 11・iPhone XR

  • 150.9(高さ)×75.7(幅)×8.3(厚さ)mm
  • 194g

サイズ・重量に関してもiPhone 11とiPhone XRは同じ仕様になります。200g近い重量ということもあり、女性が片手で操作し続けるには少々難ありのサイズ感です。

プロセッサ

iPhone 11iPhone XR

  • 第3世代のNeural Engineを搭載したA13 Bionic


  • 第2世代のNeural Engineを搭載したA12 Bionic

iPhone 11

iPhone 11シリーズから新たに搭載されたA13チップはAppleが独自に開発したチップで、現時点でスマートフォン史上最高のSoc性能です。


画像引用元:Apple Special Event │ September 10, 2019 │ YouTube

こちらのチップは、スマートフォンの心臓部分・賢さを表すCPU性能、映像やゲームのモーションがスムーズであるかを表すGPU性能の2つが大きく関係します。

A12 Bionicチップと比べ、CPUの高性能処理用が20%の高速化・30%の消費電力削減、高効率処理用が20%の高速化・40%の消費電力削減に成功しました。

消費電力の削減に成功したためバッテリーの劣化もA12 Bionic使用時と比べ改善されました。バッテリーの寿命も伸びています。

また、進化したNeural Engineというマシンラーニングを搭載しているため、高い学習能力により高画質な写真を撮影し高解像度で提供することを可能にしています。

iPhone XR

iPhone XRに搭載されたCPUチップはiPhone 11のA13チップの前身となるA12チップです。

A12チップはCPU性能において他のAndroidスマートフォンよりも優れていることがテスト結果から分かっています。

A12チップも搭載されて間もないチップのため現時点では基本スペックにおいて劣ることがなく、バッテリーの劣化の影響も少ないです。

バッテリー

iPhone 11iPhone XR

  • iPhone XRより最大1時間長い駆動時間

  • ビデオ再生(ワイヤレス):最大17時間

  • オーディオ再生(ワイヤレス):最大65時間


  • iPhone 8 Plusより最大1.5時間長い駆動時間

  • ビデオ再生(ワイヤレス):最大16時間

  • オーディオ再生(ワイヤレス):最大65時間

iPhone 11

iPhone 11のバッテリーはCPU性能の向上によって、iPhone XRより最大1時間長い駆動時間を確保することに成功しました。

外出が多い方や充電できる環境にいない中でスマートフォンをよく使用するという方にとって、バッテリーの持ちが長くなることはとても重要な要素になります。

iPhone XR

iPhone XRのバッテリーはiPhone 8 Plusよりも最大1.5時間長い駆動時間を確保できます。

iPhone 11との差はバッテリー駆動時間1時間だけなので、あまり大きな差はありません。

次のページでは、iPhone 11 vs iPhone XR 【機能編】をご紹介します。

iPhone 11を買うなら店舗とオンラインどっちが得?価格ランキング
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2