読了時間:約 3

日本時間2019年9月11日午前2時に開かれた米Appleのスペシャルイベント「By innovation only」にて、2019年モデルのiPhone 11が発表されました。

また、iPhone 11の機能を更に向上させたiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxも同時に発表され、トリプルカメラレンズが大きな話題を呼びました。

今回は今回発表されたiPhone11/iPhone 11 Proを徹底比較して、おすすめの機種はどちらか?について、理由と一緒に紹介していきます。

2019年iPhone 11速報!発売日/価格/スペック/カラー全情報まとめ
画像引用元:Apple Special Event │ September 10, 2019 │ YouTube

2019年モデル「iPhone 11/iPhone 11 Pro」を発表


画像引用元:Apple Special Event │ September 10, 2019 │ YouTube

米カリフォルニアの「Apple Park」施設内にあるスティーブ・ジョブズ・シアターにてAppleのスペシャルイベントが開催されました。

今年は新たにApple TV+の登場など、サービス面にも力を入れていたAppleですが、イベントの最後に紹介されたのはファン待望のiPhone最新機種です。

iPhoneシリーズの最新作として以下の3機種が発売されました。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

iPhone 11はナンバリングの正式後継機として登場し、iPhone 11 Pro/Maxは更にその機能を向上させたアップグレートバージョンとして登場しました。

新たなカラー展開や背面のメインカメラ部分のデザインが大きく変化し注目を集めています。

予約開始日・発売日

気になる日本の予約開始日・発売日を見ていきましょう。米Appleの発表によると、予約開始は9月13日(金)21:00からとなります。

夜間に予約がスタートするため、各キャリアやAppleのオンラインストアから予約をしましょう。実店舗の予約は9月14日の開店時間からとなります。

発売日は9月20日(金)です。発売日に購入しようとしても初回の在庫は既に予約分で売り切れている可能性も高いので、発売日に欲しい方は予約をしましょう

まとめ
  • iPhone 11シリーズの3機種が発売
  • 予約開始日は9月13日(金)21:00(オンライン)
  • 発売日は9月20日(金)

既に予約をお考えの方、いち早く予約をしたい方は、是非こちらの記事も参考にしてみてください。

新型iPhone予約比較|2019年発売のiPhoneはどのキャリアが一番得するか?

iPhone 11 vs iPhone 11 Pro おすすめは?

新しいiPhone 11シリーズについての情報を知ると気になるのは、「どちらがおすすめの機種なのか?」ということですよね。

それぞれの機種によってAppleのセールスポイントや特徴も異なるため、何を基準に決めていけばいいのか分かりにくいです。

機種変更やMNPなどで新しいiPhoneに変えてみたい!という方は、この記事を参考にどちらのモデルを購入するか検討してみてください。

iPhone XRからグレードアップしたiPhone 11

iPhone 11は正式なナンバリング後継機として登場しました。ナンバリングとしては、2017年発売のiPhone X(テン)に継ぐ形になります。

2018年に発売されたiPhone XS/XS Max/XRの3機種は、iPhone XS/XS Maxをメインモデルとして、iPhone XRは廉価版として登場しました。

今年発売のiPhone 11/11 Pro/11 Pro MaxはiPhone 11が最安値となりましたが、廉価版という形ではなくメインモデルとなりました。

メインモデルということで、iPhone 11基本スペックもiPhone XRからグレードアップした形になりました。

iPhone史上初、Macbook Proから受け継がれたiPhone 11 Pro

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、ナンバリングのメインモデルであるiPhone 11のグレードアップverとして登場しました。

名称にはiPhone史上初の、Macbook Proから受け継いだ「Pro」が含まれており、Appleファンの大きな話題を呼びました。

Macbook Proで感じる映像美や処理性能がスマートフォンでも体感できます。

またファンの注目を浴びたのは背面に取り付けられたトリプルカメラレンズですね。

後ほど詳しく解説していきますが、トリプルカメラレンズを搭載したiPhoneのデザインは今後新しいiPhoneとしてAppleのアイコンとなるでしょう。

iPhoneの魅力について詳しく知りたい方は、是非こちらをチェックしてください。

iPhone 11 vs iPhone 11 Pro 【スペック編】


画像引用元:Apple Special Event │ September 10, 2019 │ YouTube

それでは早速、iPhone 11とiPhone 11 Proを徹底比較してみましょう。まずはスペック編としてサイズや基本性能などを比較してみました。

なお、iPhone 11 Pro Maxは、バッテリー持続時間以外の基本性能においてiPhone 11 Proと大きな変化がないので、今回は比較対象外とします。

ストレージ容量

iPhone 11 64GB 128GB 256GB
iPhone 11 Pro 64GB 256GB 512GB

ストレージ容量はiPhone 11 Proが大容量の512GBを搭載しました。写真や動画などのデータも容量を気にせずに保存することができます。

カラー

iPhone 11

  • パープル
  • イエロー
  • グリーン
  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド

iPhone 11 Pro

  • ミッドナイトグリーン
  • シルバー
  • スペースグレイ
  • ゴールド

カラーは大きく異なります。従来のiPhoneカラーであるスペースグレイ・シルバーを搭載したのはiPhone 11 Proとなりました。

2018年に新たに登場したゴールドに加え、新色のミッドナイトグリーンが追加された4色展開となりました。

落ち着いた印象を与える深緑のミッドナイトグリーンは大人の男性をターゲットにしたカラーとなりそうです。

2018年に発売されたiPhone XRで初めて登場したカラフルカラー展開がそのままiPhone 11に継続され、新色も含め6色展開となりました。

原色カラーのブラック・ホワイト・レッドにパステルカラーのパープル・イエロー・グリーンと3色ずつターゲットの好みに合わせたカラーです。

サイズ・重量

高さ 厚さ 重さ
iPhone 11 150.9 75.7 8.3 194g
iPhone 11 Pro 144.0 71.4 8.1 188g

サイズはiPhone 11 Proのほうがコンパクトな設計となり、重さもProの方が軽量化しました。

iPhone 11のサイズと194gの重さは、2018年にその大きさで話題となったiPhone XSシリーズの廉価版iPhone XRと全く同じです。

200g近い重さということもあり、片手でラクに操作するのは少々困難というところでしょう。

ディスプレイ

インチ数種類

iPhone 11 6.1インチ Liquid Retina HDディスプレイ
iPhone 11 Pro 5.8インチ Super Retina XDRディスプレイ

iPhone 11のディスプレイはインチ数・搭載ディスプレイ共にiPhone XRと同じ仕様になりました。

画質のなかで、明暗のメリハリをつけるコントラスト比は1,400:1、明るさを表現する最大輝度は625ニトです。

一方のiPhone 11 Proは5.8インチとインチ数は縮小しながらも、iPhone史上最高精度のSuper Retina XDRディスプレイを新たに搭載しました。

iPhoneの有機ELディスプレイの中でも最も明るく、コントラスト比は2,000,000:1、最大輝度は800ニトとiPhone 11の液晶ディスプレイと大きく差をつけました。

映像のなかの暗い部分と明るい部分をしっかりと表現してくれる新しいディスプレイは、Macbook Proに搭載されるPro Display XDRの仕様と似ています。

臨場感のあるくっきりと表現された映像美を楽しみたい方は、Super Retina XDRを体感してみてください。

ボディ

iPhone 11 ガラス アルミニウム
iPhone 11 Pro テクスチャードマットガラス ステンレススチール

iPhone 11はiPhone XRと同じガラス・アルミニウムを使用したボディです。

iPhone 11 Proは昨年iPhone XSに搭載された洗練されたイメージのステンレススチールに加え、新たにテクスチャードマットガラスを採用しました。

これにより洗練されたスタイリッシュなボディを実現しつつも、ガラスよりも割れる恐れを軽減した、より強化されたボディに進化しました。

プロセッサ

iPhone 11 第3世代のNeural Engineを搭載したA13 Bionicチップ
iPhone 11 Pro 第3世代のNeural Engineを搭載したA13 Bionicチップ

プロセッサに関しては2機種とも同じA13チップを採用しています。こちらのチップは昨年のiPhone XSシリーズに搭載されたA12チップの進化版です。

既に他社Android製品に搭載されているCPUチップから群を抜いてCPU性能・GPU性能が優れていたA12チップでしたが、A13チップは性能が更に向上しています。

高性能処理用CPUが20%高速化・30%消費電力削減など、全体のプロセッサが20%高速化して15〜40%消費電力の削減に成功しています。

これによりiPhoneの学習能力が更に向上して、AIの動作やカメラ画質の処理、アプリの動作感などが更に向上して更に洗練されたiPhoneへと進化しています。

また、消費電力が削減されたことによりバッテリーの寿命も伸び、これまでの機種に比べ長く使用できることが可能になりました。

バッテリー

iPhone 11 iPhone XRより最大1時間長い
iPhone 11 Pro iPhone XSより最大4時間長い
iPhone 11 Pro Max iPhone XS Maxより最大5時間長い

バッテリー駆動時間はそれぞれ前作から1〜5時間長くなりました。オーディオの連続再生時間では、iPhone 11/Proは65時間・Pro Maxは80時間です。

バッテリー駆動時間はプロセッサの向上により成功しました。

次のページでは、iPhone 11 vs iPhone 11 Pro 【機能編】をご紹介します。

iPhone 11/11 Proに機種変更するべき?メリット・デメリットと最適時期
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2