iPhone XR iPhone Xs iPhone Xs Max ソフトバンクオンラインショップ 最新 iPhone予約
読了時間:約 3

2018年9月12日、Appleは新型iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR 3機種を正式に発表しました。Appleストアから直接購入できるのはSIMフリー版iPhoneになりますし、キャリアで購入する場合に得られる割引やサービスなどがないため、キャリアで購入するほうがお得になるといえます。

ここで気になるのは、ドコモ・ソフトバンク・auのうちどのキャリアが新型iPhoneを購入する際に一番お得か、ということです。この記事では、新型iPhoneへ機種変更する場合のお得度をキャリア別に考察してみます。

新型iPhoneを確実に予約購入するならオンラインショップ!
ソフトバンクで新型iPhoneを予約購入するならソフトバンクオンラインショップが最速な理由と方法
ドコモで新型iPhoneを予約購入するならドコモオンラインショップが最速な理由と方法
auで新型iPhoneを予約購入するならauオンラインショップが最速な理由と方法

2018年発売・新型iPhoneはiPhone Xと比べてここが凄い


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

2017年のiPhone Xよりもさらに注目されている2018年のiPhoneですが、どこがどのようにiPhone Xよりも凄いのでしょうか?iPhone Xよりも大幅に優れている性能を見てみましょう。

上位クラスiPhone XS/iPhone XS Maxのスペック


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone Xの正式な後継機がiPhone XS(テンエス)です。そしてiPhone XSの大画面モデルがiPhone XS Max(テンエスマックス)です。これら2018年の新型iPhoneが去年のiPhone Xからパワーアップするのは、主に次の点になります。

  1. CPUは新A12プロセッサ搭載
  2. 新しい高品位ステンレススチールフレーム
  3. サプライズ!ボディカラーにゴールドが追加
  4. ポートレートのぼかし機能が強化
  5. DSDS(SIM2枚同時使用)搭載
  6. 最新のLTEに対応
  7. 512GBストレージモデル登場

これらの変更点だけでもすごいバージョンアップですが、他にも数々のマイナーチェンジが施されています。では、具体的に上記の注目点を考えてみましょう。

新A12プロセッサ搭載で処理速度向上、バッテリー消費電力セーブが実現


画像引用元:iPhone XS – A12 Bionic – Apple(日本)

iPhone XのCPUはそれ以前のモデルiPhone 8/8 Plusと同じA11プロセッサを搭載していました。しかし2018年の新型iPhoneはApple最新チップA12 Bionicを搭載しています。A12チップは目覚ましい進歩を遂げており、A11に比べて処理速度最大15%向上、グラフィックス性能はなんと最大50%アップ、にもかかわらず消費電力は50%少なくなりました。

A12 Bionicチップの高速処理能力と知能により、多彩なカメラ機能も重い3Dゲームもサクサクこなせます。

新しい高品位ステンレススチールフレーム


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

新しいiPhoneのフレームに用いられている特別加工ステンレススチールは、医療器具に使用されているものと同じ高級グレードのもの。新iPhoneを手に取った瞬間に違いが分かる高品位フレームです。またディスプレイには、スマートフォンの中でも最高強度を誇るガラスを使用しています。

iPhone XSとiPhone XS Maxの強靭なフレームボディは防塵性能にも優れ、また水深2mで最大30分間耐えられるだけの耐水性能を誇ります。

サプライズ!ボディカラーにゴールドが追加


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone Xではシルバーとスペースグレーの2色のみでした。しかしiPhone XS/iPhone XS Maxにはその2色に加えてゴールドが追加されました。強度の面でも美しさの面でも最高レベルのフレームに、洗練されたゴールドカラーが素晴らしく映えます。

ゴールドの新iPhoneはゴージャス感たっぷりですから、特に大人の女性にとってステータスが上がるアイテムとなることでしょう。

ポートレートのぼかし機能が強化


画像引用元:iPhone XS – カメラ – Apple(日本)

iPhone XS/XS Maxは、カメラ性能も飛躍的に上昇しています。特にポートレート(人物写真)加工が秀逸で、人物の背景をぼかす機能がより精巧になりました。背景を好きなようにぼかすことができる被写界深度調整機能、いわゆる深度コントロールが備わったため、撮影後にポートレート写真をプロ級に仕上げることができます。

DSDS(SIM2枚同時使用)搭載で使い勝手が向上


iPhoneシリーズではこれまで実現しなかったDSDSですが、2018年発売のiPhoneでついに実現しました。DSDSがあると、仕事用とプライベート用でSIMを使い分けたり、通話専用SIMと通信専用SIMという使い方などが可能になります。

ただし日本で発売されるiPhoneのDSDS機能は、1枚目がnano-SIMで2枚目はe-SIMです。e-SIMとは端末埋め込み型のSIMで、自分で入れ替えることはできません。e-SIMは一番最新のSIMであるため、今後サービスが普及してくればさらに便利に使えるようになるでしょう。

iPhone XR / XS 搭載のDSDS/eSIMとは?使い方・お得なキャリアの選び方

最新のLTEに対応


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

2018年版iPhoneは最新のギガビット級LTE「4G LTE-Advanced」に対応しているため、データ容量が重いファイルでも圧倒的なスピードでダウンロードできます。もうこれまでのようにダウンロードを待つ間にイライラすることはありません。

512GB大容量モデルが登場


これまでのiPhoneシリーズで最大ストレージは256GBでした。しかし2018年新型iPhoneの上位機種は512GBモデルが登場しました。端末内蔵ストレージが足りなくなるとiCloudに保存していたユーザーは多いと思いますが、512GBモデルだとどんなメリットがあるのでしょうか?

512GBもストレージがあれば、動画や音楽などデータサイズの大きいファイルをwi-fi環境でダウンロードして、好きな時に好きな所でインターネット接続しないで再生して楽しむことができるようになります。そうしてデータ通信を節約することができ、ひいてはデータ通信プランをより安いプランに切り替えることができるかもしれません。

新型iPhoneを機種変更するならどのキャリアが一番お得なのか


爆発的な人気が出そうな2018年新型iPhoneシリーズですが、どこで購入すれば一番お得なのかは誰もが気になるところでしょう。iPhone XS/XS Maxの発売後にもっと明らかになるはずですが、今から各キャリアのオンラインショップで仮のシミュレーションをして、お得度を比較してみることにしましょう。

iPhone X(256GB、シルバー)各キャリアで同等のプラン条件の下に機種変更すると、端末価格と月額総額がどのようになるのかをシミュレーションしてみます。そこから、新型iPhoneの機種変更時にどのキャリアが一番お得かが見えてくるはずです。

各キャリアでのiPhone機種変更の金額


画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム

まず最初に、ドコモオンラインショップでiPhone Xを機種変更すると、機種代金はどれ位になるのでしょうか?

なお、以下に示すキャリア別の価格表は純粋にiPhone端末価格のみを表示しており、プラン料金などを含む月額料金ではありません。

          ドコモオンラインショップで機種変更(iPhone X 256GB シルバー)
機種代金 一括払い 143,856円
分割払い(24回) 月額5,994円
月々サポート 月額-2,403円
実質負担金 月額3,591円(総額86,184円)
下取りプログラムでの最大ポイント 最大33,000ポイント

次にソフトバンクのオンラインショップでの金額を見てみましょう。

画像引用元:機種から料金プランを調べる | モバイル | ソフトバンク

        ソフトバンクオンラインショップで機種変更(iPhone X 256GB シルバー)
機種代金 一括払い 149,280円
分割払い(24回) 月額6,220円
分割払い(48回) 月額3,110円
月月割(24回払い時) -2,810円
月月割(48回払い時) -1,405円
実質負担金(24回払い時) 月額3,410円(総額81,840円)
実質負担金(48回払い時) 月額1,705円(総額81,840円)
下取りプログラムでの最大下取り金額 最大40,800円

最後にauオンラインショップでの価格を確認してみましょう。

画像引用元:iPhone X シルバー 256GB 通販 | au オンラインショップ

          auオンラインショップで機種変更(iPhone X 256GB シルバー)
機種代金 一括払い 146,400円
分割払い(24回) 月額6,100円
毎月割 -2,670円
実質負担金 月額3,430円(総額82,320円)
下取りプログラムでの最大下取り金額 最大40,500円

結論:3大キャリアの中でソフトバンクが一番iPhone端末価格が安い


上記の表で3つのキャリアを比較してみると、24回払いの実質負担金は各キャリアで次のようになります。

ドコモ・・・・・・月額3,591円(総額86,184円)
ソフトバンク・・・月額3,410円(総額81,840円)
au・・・・・・・・月額3,430円(総額82,320円)

ソフトバンクとauは僅差ですが、ソフトバンクが実質負担金は一番安いという結果になりました。これはiPhone Xでのシミュレーションですが、新型iPhoneの発売後にもおそらくソフトバンクのお得度が一番大きいと予測できます。

旧型iPhoneを下取りするとどのキャリアが一番高く買い取ってくれるか

ソフトバンク・au・ドコモではそれぞれ下取りプログラムがあります。機種変更時にこれまで使っていたスマホを下取りに出して買い取ってもらい、その金額分を新たな機種購入代金に充てることができるのですごく助かります。

iPhoneの下取り価格は、どのキャリアが一番高い値段をつけてくれるのでしょうか?これもキャリアごとに見てみましょう。ちなみにiPhone機種はストレージ容量が異なっても下取り価格は全て同じです。

ドコモのiPhone下取り価格(2018年9月1日時点、税込み価格)
※ドコモは下取りするとdポイントとして還元されます。

下取り対象iPhone機種 ドコモ下取り価格
良品 画面割れ
iPhone 7 Plus 33,000円 9,900円
iPhone 7 26,000円 7,800円
iPhone 6s Plus 18,000円 5,400円
iPhone 6s 10,000円 3,000円
iPhone 6 Plus 10,000円 3,000円
iPhone 6 5,000円 1,500円
iPhone 5s 2,000円 600円
iPhone 5c 2,000円 600円
iPhone SE 9,000円 2,700円

ドコモオンラインショップで機種変更|下取りプログラムの手続き方法

ソフトバンクのiPhone下取り価格(2018年9月1日時点、税込み価格)

下取り対象iPhone機種 ソフトバンク下取り価格
良品 破損品
iPhone 7 Plus 40,800円(1,700円×24回) 12,240円(510円×24回)
iPhone 7 31,200円(1,300円×24回) 9,360円(390円×24回)
iPhone 6s Plus 24,000円(1,000円×24回) 7,200円(300円×24回)
iPhone 6s 17,280円(720円×24回) 5,400円(225円×24回)
iPhone 6 Plus 17,280円(720円×24回) 5,400円(225円×24回)
iPhone 6 11,400円(475円×24回) 3,360円(140円×24回)
iPhone 5s 4,800円(200円×24回) 1,440円(60円×24回)
iPhone 5c 4,800円(200円×24回) 1,440円(60円×24回)
iPhone SE 14,400円(600円×24回) 4,320円(180円×24回)
iPhone 4s/4/3GS/3G 2,400円(100円×24回) 720円(30円×24回)

ソフトバンクの機種変更で「下取りプログラム」が使えない?そのワケ

auのiPhone下取り価格(2018年9月1日時点、税込み価格)
※auは下取り金額はWALLETポイントとして還元されます。

下取り対象iPhone機種 au下取り価格
良品 画面割れ
iPhone 7 Plus 40,500円 11,880円
iPhone 7 31,320円 9,180円
iPhone 6s Plus 19,440円 5,940円
iPhone 6s 14,040円 4,320円
iPhone 6 Plus 12,960円 3,780円
iPhone 6 8,640円 2,700円
iPhone 5s 4,320円 1,080円
iPhone 5c 4,320円 1,080円
iPhone SE 10,800円 3,240円
iPhone 4s 2,160円 540円

iPhone下取りもソフトバンクが一番高く買い取ってくれる

上記の表で赤色になっている金額が3キャリア中で一番高い下取り価格ですが、ソフトバンクが圧勝していることがよく分かりますね。ソフトバンクは他のキャリアと比べてiPhoneを重要視する姿勢がより強く見えます。

iPhone機種変更時の実質負担金が一番安く、旧型iPhone機種の下取り金額は一番高く値付けしてくれるソフトバンク。新型iPhoneを購入するならソフトバンクが一番お得ということができるでしょう。

新型iPhoneに機種変更するなら予約が肝心


2018年9月12日に公式発表された新型iPhoneシリーズは、iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの3機種です。

iPhone Xよりも人気が出ることが確実視されているこれらの新型iPhoneを確実に最速で手に入れるためには、予約が絶対に必要です。なぜなら、予約した順番でiPhoneを購入する権利が得られるからです。入荷数を上回る予約があった場合、それ以上の予約は一時ストップされ再入荷を待たなければいけなくなります。

再入荷してからまた予約ということになると、実際にiPhoneを手にするのは数か月先ということにもなりかねません。ですので、予約が開始されてからなるべく早く予約することが重要になってきます。ここで、新iPhone各機種の予約開始日をもう一度確認しておきましょう。

iPhone XS/iPhone XS Max/Watch Series 49/14(金)16:01予約開始、9/21(金)発売・発送
iPhone XR10/19(金) 16:01

新型iPhone予約はソフトバンクオンラインショップがおすすめ


画像引用元:ソフトバンク

街のソフトバンクショップは、iPhone予約開始後にはかなり混雑することでしょう。忙しくてなかなか時間が取れない人は、ソフトバンクショップでiPhoneを予約購入するために何時間も割くことはできないかもしれません。そんな人には、ソフトバンクオンラインショップで予約するのがおすすめです。

ソフトバンクのオンラインショップで予約するメリットとは一体何でしょうか?

①いつでもどこでも簡単予約
何といっても家や職場にいながらパソコンやスマホを使って、たったの数分で簡単に予約ができてしまうのがオンラインショップの大きなメリットです。予約のために店舗で何時間も待つ必要はないんです。

②無駄なオプション加入をしなくていい
ソフトバンクショップでは、機種変更などの手続きの際に有料オプション加入を薦められることがあります。自分にとって意味のあるオプションであればいいですが、そんなに活用することもなさそうなオプションに月額数百円、年間で数千円も支払うのはもったいないですよね。

でもその場では断り切れなかったり、よく考える時間がなくて加入してしまったりすることもあり得ます。一方、ソフトバンクオンラインショップで予約手続きすると、オプションを選択する画面が出るものの相手は人でなく画面ですから、断れないなんてことはありません。冷静な判断を下せるというわけです。

③商品を自宅や指定住所に届けてもらえる
ソフトバンクオンラインショップでスマホを予約・購入すると、送料無料で指定住所に発送してくれます。店舗に取りに行く必要はありません。時間指定も可能なので、自分が確実に受け取れる時間帯に設定すれば大丈夫です。

iPhoneの購入費用がお得になり、手持ちのiPhone機種を一番高く下取りしてくれるソフトバンク。新型iPhoneを予約するならソフトバンクオンラインショップが本当におすすめです!

次のステップ

ソフトバンクの機種変更はオンラインショップで手続きがオススメ

ソフトバンクオンラインショップで手続きの手順を詳しく紹介しています。実店舗で契約するよりもオンラインショップがお得な理由があります。

Pocket