iPhone XR iPhone Xs iPhone Xs Max ソフトバンクオンラインショップ 最新 iPhone予約
Pocket

読了時間:約 3

2018年9月12日、Appleは新型iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR 3機種を正式に発表しました。Appleストアから直接購入できるのはSIMフリー版iPhoneになりますし、キャリアで購入する場合に得られる割引やサービスなどがないため、キャリアで購入するほうがお得になるといえます。

ここで気になるのは、ドコモ・ソフトバンク・auのうちどのキャリアが新型iPhoneを購入する際に一番お得か、ということです。この記事では、新型iPhoneへ機種変更する場合のお得度をキャリア別に考察してみます。

新型iPhoneを確実に予約購入するならオンラインショップ!
ソフトバンクで新型iPhoneを予約購入するならソフトバンクオンラインショップが最速な理由と方法
ドコモで新型iPhoneを予約購入するならドコモオンラインショップが最速な理由と方法
auで新型iPhoneを予約購入するならauオンラインショップが最速な理由と方法

2018年発売・新型iPhoneはiPhone Xと比べてここが凄い


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

2017年のiPhone Xよりもさらに注目されている2018年のiPhoneですが、どこがどのようにiPhone Xよりも凄いのでしょうか?iPhone Xよりも大幅に優れている性能を見てみましょう。

上位クラスiPhone XS/iPhone XS Maxのスペック


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone Xの正式な後継機がiPhone XS(テンエス)です。そしてiPhone XSの大画面モデルがiPhone XS Max(テンエスマックス)です。これら2018年の新型iPhoneが去年のiPhone Xからパワーアップするのは、主に次の点になります。

  1. CPUは新A12プロセッサ搭載
  2. 新しい高品位ステンレススチールフレーム
  3. サプライズ!ボディカラーにゴールドが追加
  4. ポートレートのぼかし機能が強化
  5. DSDS(SIM2枚同時使用)搭載
  6. 最新のLTEに対応
  7. 512GBストレージモデル登場

これらの変更点だけでもすごいバージョンアップですが、他にも数々のマイナーチェンジが施されています。では、具体的に上記の注目点を考えてみましょう。

新A12プロセッサ搭載で処理速度向上、バッテリー消費電力セーブが実現


画像引用元:iPhone XS – A12 Bionic – Apple(日本)

iPhone XのCPUはそれ以前のモデルiPhone 8/8 Plusと同じA11プロセッサを搭載していました。しかし2018年の新型iPhoneはApple最新チップA12 Bionicを搭載しています。A12チップは目覚ましい進歩を遂げており、A11に比べて処理速度最大15%向上、グラフィックス性能はなんと最大50%アップ、にもかかわらず消費電力は50%少なくなりました。

A12 Bionicチップの高速処理能力と知能により、多彩なカメラ機能も重い3Dゲームもサクサクこなせます。

新しい高品位ステンレススチールフレーム


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

新しいiPhoneのフレームに用いられている特別加工ステンレススチールは、医療器具に使用されているものと同じ高級グレードのもの。新iPhoneを手に取った瞬間に違いが分かる高品位フレームです。またディスプレイには、スマートフォンの中でも最高強度を誇るガラスを使用しています。

iPhone XSとiPhone XS Maxの強靭なフレームボディは防塵性能にも優れ、また水深2mで最大30分間耐えられるだけの耐水性能を誇ります。

サプライズ!ボディカラーにゴールドが追加


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone Xではシルバーとスペースグレーの2色のみでした。しかしiPhone XS/iPhone XS Maxにはその2色に加えてゴールドが追加されました。強度の面でも美しさの面でも最高レベルのフレームに、洗練されたゴールドカラーが素晴らしく映えます。

ゴールドの新iPhoneはゴージャス感たっぷりですから、特に大人の女性にとってステータスが上がるアイテムとなることでしょう。

ポートレートのぼかし機能が強化


画像引用元:iPhone XS – カメラ – Apple(日本)

iPhone XS/XS Maxは、カメラ性能も飛躍的に上昇しています。特にポートレート(人物写真)加工が秀逸で、人物の背景をぼかす機能がより精巧になりました。背景を好きなようにぼかすことができる被写界深度調整機能、いわゆる深度コントロールが備わったため、撮影後にポートレート写真をプロ級に仕上げることができます。

DSDS(SIM2枚同時使用)搭載で使い勝手が向上


iPhoneシリーズではこれまで実現しなかったDSDSですが、2018年発売のiPhoneでついに実現しました。DSDSがあると、仕事用とプライベート用でSIMを使い分けたり、通話専用SIMと通信専用SIMという使い方などが可能になります。

ただし日本で発売されるiPhoneのDSDS機能は、1枚目がnano-SIMで2枚目はe-SIMです。e-SIMとは端末埋め込み型のSIMで、自分で入れ替えることはできません。e-SIMは一番最新のSIMであるため、今後サービスが普及してくればさらに便利に使えるようになるでしょう。

iPhone XR / XS 搭載のDSDS/eSIMとは?使い方・お得なキャリアの選び方

最新のLTEに対応


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

2018年版iPhoneは最新のギガビット級LTE「4G LTE-Advanced」に対応しているため、データ容量が重いファイルでも圧倒的なスピードでダウンロードできます。もうこれまでのようにダウンロードを待つ間にイライラすることはありません。

512GB大容量モデルが登場


これまでのiPhoneシリーズで最大ストレージは256GBでした。しかし2018年新型iPhoneの上位機種は512GBモデルが登場しました。端末内蔵ストレージが足りなくなるとiCloudに保存していたユーザーは多いと思いますが、512GBモデルだとどんなメリットがあるのでしょうか?

512GBもストレージがあれば、動画や音楽などデータサイズの大きいファイルをwi-fi環境でダウンロードして、好きな時に好きな所でインターネット接続しないで再生して楽しむことができるようになります。そうしてデータ通信を節約することができ、ひいてはデータ通信プランをより安いプランに切り替えることができるかもしれません。

新型iPhoneを機種変更するならどのキャリアが一番お得なのか


爆発的な人気が出そうな2018年新型iPhoneシリーズですが、どこで購入すれば一番お得なのかは誰もが気になるところでしょう。iPhone XS/XS Maxの発売後にもっと明らかになるはずですが、今から各キャリアのオンラインショップで仮のシミュレーションをして、お得度を比較してみることにしましょう。

iPhone X(256GB、シルバー)各キャリアで同等のプラン条件の下に機種変更すると、端末価格と月額総額がどのようになるのかをシミュレーションしてみます。そこから、新型iPhoneの機種変更時にどのキャリアが一番お得かが見えてくるはずです。

各キャリアでのiPhone機種変更の金額


画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム

1 2