読了時間:約 2

9月13日にAppleよりiPhoneファンにとって待ちに待った2018年モデルの発表がされました。最新機種は「iPhone X」の後継機である「iPhone XS」、大型ディスプレイを搭載した「iPhone XS Max」さらに廉価版の「iPhone XR」の3機種です。

高性能を競い合うスマホ業界の中で人気が常に高く、値段もトップレベルのiPhoneシリーズは今回も高額モデルのラインナップとなっています。

現在ドコモを利用しているユーザーや、他キャリアからドコモへのりかえ(MNP)を検討している携帯電話利用者、さらにドコモで新規(追加)契約を考えている方にとって、2018年発売の新型iPhoneをドコモで購入するメリット・デメリットについて見ていきます。

トップ画像引用元:iPhone XS | iPhone | NTTドコモ

2018年新型iPhoneの価格

画像引用元:iPhone XS | iPhone | NTTドコモ

Appleのスペシャルイベントにより、新型iPhoneの特徴が明らかになりました。「iPhone XS」「iPhone XS Max」では「iPhone X」を基本とした機能のスペックアップが図られています。

プロセッサに「A12 Bionic」チップを採用し、パフォーマンスが向上しています。フレームには航空機材のアルミ製フレームを採用している点も目を引く特徴です。

「iPhone XR」は廉価版として機能を抑えていますが、同じくオールスクリーンディスプレイを採用し、さらにカラーは6色が用意され、魅力的なモデルとなっています。

それぞれドコモの販売価格について、下記にまとめました。

【iPhone XS】
・64GBモデル  128,952円
・256GBモデル 147,096円
・512GBモデル 171,720円

【iPhone XS Max】
・64GBモデル  141,912円
・256GBモデル 160,056円
・512GBモデル 184,680円

【iPhone XR】
・64GBモデル  98,496円
・128GBモデル 104,976円
・256GBモデル 116,640円

iPhone XRは廉価版モデルとして他2機種よりも価格を抑えてはいますが、それでもAndroidスマホの高額機種と肩を並べる価格となっています。

日本での「iPhone XS」「iPhone XS Max」2機種の予約開始は9月14日の16時01分から始まり、発売は9月21日。「iPhone XR」は10月19日予約開始で発売は10月26日からと予定されています。

ドコモの長期利用者へ向けた特典

画像引用元:ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント | 料金・割引 | NTTドコモ

現在キャリアの乗り換え(MNP)が注目され、格安スマホ事業者(MVNO)の登場によりドコモを含めた大手キャリアから離れる利用者が増えています。

そのため大手キャリアでは新規利用者の獲得とライバル事業者からの乗り換え利用者の獲得といった2つのチャネルによる利用者増加を狙った特典や割引が存在します。

長年1つのキャリアを利用しているユーザーにとっては、キャリアへの貢献度が高いのだからそれ以外のユーザーとの差別化をして欲しいと考えてもおかしくはありません。ドコモでは長く利用しているユーザーへの特典もしっかりと用意されています。

長期利用者が受けられる「ずっとドコモ割プラス」「更新ありがとうポイント」の2つの特典についてご紹介していきます。

ずっとドコモ割プラス

ドコモ利用年数に応じてパケットパック料金から割引、もしくはdポイントの進呈を受けられる特典です。1ポイント=1円で使用できるdポイントでの受け取りを選んだ場合、料金割引よりも1.2倍増しとなりお得です。

dポイント加盟店やネットショッピングでのd払い、毎月のケータイ料金でも使用できるため、20%増しはとてもお得となります。

毎月受け取れるdポイント数、また割引額については、「dポイントクラブ」の会員ステージにより異なります。会員ステージは上位であるほど高いdポイントなどによる還元が受けられます。

ステージによって受け取れる毎月のdポイント数と割引額はドコモの公式サイトによると、家族で複数回線契約し、データパックを親回線と子回線で分け合うシェアパックの契約の場合とひとりで1回線の契約の場合で受け取れるポイント数や割引額に違いがあります。

画像引用元:dポイントクラブのステージとは|d POINT CLUB

家族で分け合うシェアパック契約の場合

ドコモでは家族でドコモのスマホやガラケーを契約している場合に、親回線1台のデータパック利用量を複数の子回線と分け合うことで支払い料金をトータル的に安くすることができる契約方法があります。

親回線のドコモ利用年数に応じて親回線のデータパック利用額から会員ステージに応じた割引が受けられます。

データパックは段階制の料金プランである「ベーシックシェアパック」の場合、月の利用量が5GB未満(6,500円)から30GB未満(15,000円)までの4段階に設定されています。

定額の料金プランは30GB、50GB、100GBと3つに別れ、それぞれ「ウルトラシェアパック30」(13,500円)、「ウルトラシェアパック50」(16,000円)、「ウルトラシェアパック100」(25,000円)となります。

それぞれの料金プランにおける特典は以下の通りです。

【dポイント進呈】

画像引用元:ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント | 料金・割引 | NTTドコモ

【料金割引】

画像引用元:ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント | 料金・割引 | NTTドコモ

ひとり(単独)での契約の場合

1回線のみの利用の場合にもデータパックの料金プランには段階制の「ベーシックパック」と定額制の「ウルトラデータパック」の2つの料金プランが用意されています。

「ベーシックパック」では1GB未満(2,900円)から20GB未満(7,000円)まで4段階、定額制の「ウルトラデータパック」では20GBまで利用できる「ウルトラデータLパック」(6,000円)と30GBまでの「ウルトラデータLLパック」(8,000円)の2つのプランがあります。

各料金プランのステージごとの特典は下記の通りとなります。

【dポイント進呈】

画像引用元:ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント | 料金・割引 | NTTドコモ

【料金割引】

画像引用元:ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント | 料金・割引 | NTTドコモ

更新ありがとうポイント

「更新ありがとうポイント」サービスは「ずっとドコモ割コース」の更新の度にdポイントが3,000ポイント進呈されるサービスです。

「ずっとドコモ割コース」は「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」「データプラン」の2年定期契約を選択することで受けることのできるサービスとなります。

つまり、2年契約を更新することで次の更新の際に特典が得られますので、2年契約を更新せずに基本料が高くなる変わりに2年縛りがない「フリーコース」を選択した場合には適用されません。

1 2