iPhone iPhone X 最新 iPhone予約
読了時間:約 3

新型iPhoneが発表される2018年9月12日もいよいよ近づいてきました。iPhone好きなAppleユーザーは、予約開始日まで居ても立っても居られないのではないでしょうか。2018年発表される予定のiPhoneは3機種と予想されており、名称は今だに正式発表されていませんが大方の予想ではiPhone XS/XS Max/9と推測されています。

特に上位機種であるiPhone XSとiPhone XS Maxは、Appleの最先端技術が余すところなく詰め込まれているため、Appleファンとしてはその全貌が大変気になるところですよね。

そこで新型iPhone発売直前企画として、iPhone XS/iPhone XS Maxのどちらが買いなのか、最新の噂に基づいて推測してみました。気になる機種に目星を付けて、確実に予約しましょう。

まず、iPhone全3機種について現時点でリークされている情報をまとめてみました。

新型iPhoneを確実に予約購入するならオンラインショップ!
ソフトバンクで新型iPhoneを予約購入するならソフトバンクオンラインショップが最速な理由と方法
ドコモで新型iPhoneを予約購入するならドコモオンラインショップが最速な理由と方法
auで新型iPhoneを予約購入するならauオンラインショップが最速な理由と方法

ミドルクラス「iPhone 」の魅力


画像引用元:iPhone 7 | iPhone | NTTドコモ

発表される予定の全3機種のうち価格が一番安い機種が「iPhone 」という名称になる見込みです。推定価格は700~749ドル(税抜価格77,000~83,000円)とされており、コストパフォーマンスが高い機種になりそうです。もちろん安いといってもAppleブランドの高級感が落ちるわけではなく、バランスの取れたスペックになるでしょう。

iPhone が特に目を引くのは、そのカラー展開です。なんと5色からチョイスできるようになるようです。予測されているカラーラインナップは、グレー・ホワイト・レッド・ブルー・オレンジとされています。iPhoneならではの優雅さに加えて個性を主張する端末になりそうですね。

ちなみに、アメリカ・ニューヨーク拠点の証券会社モルガンスタンレーのアナリストによると、iPhone 9は液晶ディスプレイのバックライトが外部に漏れるという課題の解決が遅れたため、出荷が9月よりも遅れて10月以降になるとレポートされています。

iPhone 狙いの人は、まずは落ち着いてiPhone XS/XS Maxの動向に目を向けるのもいいでしょう。

ハイクラス「iPhone XS/XS Max」の共通の魅力


画像引用元:Apple(日本)

上位機種の「iPhone XS」「iPhone XS Max」にはどのような共通した魅力があるのでしょうか?

上位機種の端末価格の予想はいくら?

まず気になる金額ですが、iPhone XSが899ドル(税抜99,000円)、iPhone XS Maxが999ドル(税抜109,900円)になると予想されています。最上位機種のiPhone XS Maxが2017年発売のiPhone Xと同価格になるというのは、ユーザーにとって嬉しいニュースといえるでしょう。

上位機種のカラー展開は?


画像引用元:iPhone 8 – Apple(日本)

次にカラーですが、去年のiPhone Xはシルバーとスペースグレイの2色展開でした。今年のiPhone XS/XS Maxはその2色に加えてゴージャスなゴールドが新色として登場すると予測されています。これは、予約開始日にはゴールドに人気が集中しそうな予感がプンプンしますね。

確実な予約を目指す人は、新色のゴールド以外の色を選択するほうがいいかもしれません。「あくまでゴールド狙い!」という勝負師の人は、なるべく予約の可能性を高めるために準備を万端に整えておきましょう。

上位機種はスタイラスペンに対応する?


画像引用元:Apple Pencil – Apple(日本)

噂されている別の注目点は、上位2機種はApple Pencil(iPen)に対応するのでは、というものです。iPhone XS/XS Maxは安価な液晶ディスプレイではなく高価な有機ELディスプレイを搭載します。そのため、低価格モデルのiPhone との差別化を図るためにスタイラスペンに対応させるというのです。

現実化するかはまだ予想でしかありませんが、もしiPhoneがApple Pencilに対応するようになれば、iPhone活用の幅が広がることは間違いありません。

大容量512GBストレージモデルが登場?


これまでのiPhoneシリーズでは、内蔵ストレージは最大で256GBでした。しかし2018年発売予定のiPhone XS/XS Maxには、定番の64GB/256GBモデルに加えて512GBの大容量モデルが登場する可能性が高くなっています。内蔵メモリに入らないデータはiCloudにアップすればいいとはいえ、やはりストレージが大きいのは魅力です。

もちろん、512GBモデルは金額的にiPhone史上過去最高の価格になりそうですが、iPhoneシリーズの真の頂点に立つ機種であることを考えると、Apple愛好家の所有欲をくすぐりそうですね。

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)搭載?


SIMフリーのandroid機種では搭載されることも増えてきたDSDSですが、iPhoneシリーズではこれまで実現していません。DSDSは、SIMカードを同時に2枚挿すことができて、どちらも同時に使用することができるという機能です。

海外に行くことが多い人であれば国内用と海外用のSIM2枚挿しができます。そうでなくても、通話用のSIMと通信用のSIMの使い分けや、仕事用とプライベート用のSIMを1台のiPhoneで運用できるなど、DSDSは一度使ってみるとかなり便利なことに気づくはずですよ。新型iPhoneに搭載が実現することを願いましょう。

iPhone XR / XS 搭載のDSDS/eSIMとは?使い方・お得なキャリアの選び方

iPhone XSとiPhone XS Maxを比較してみた


2018年9月12日に発表され、9月14日に予約開始される見込みのiPhone XS/iPhone XS Maxですが、両機種は上でも取り上げたように性能・機能は共通する部分が多いです。ただ、予想価格には100ドルほどの金額差があります。金額分の違いは一体どこにあるのでしょうか?両機種で異なる項目の比較をしてみましょう。

       iPhone XS     iPhone XS Max
最低端末価格(110円/ドル) 899$(税込107,000円) 999$(税込119,000円)
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
高さ 143.6mm 157.53mm
70.9mm 77.44mm
厚み 7.7mm 7.85mm
解像度 2436×1125 2688×1242
ランドスケープ機能 なし あり

※上記の情報はリーク情報や推測に基づいているため公式発表とは異なる可能性があります。

では、上記の比較表を元に両機種を比較検討してみましょう。

iPhone XS Maxはタブレット並みの大画面


端末価格が100ドルほど安いiPhone XSは画面サイズが5.8インチ、それに対してiPhone XS Maxは6.5インチになります。これはどれほどの差なのでしょうか?画面サイズをインチで表す場合、画面の対角線の長さのことをいいます。1インチは2.54センチメートルですから、それぞれの機種の対角線の長さは次のようになります。

iPhone XS・・・・・・14.73cm
iPhone XS Max・・・16.51cm

こうして見ると、対角線にして2cm弱もiPhone XS Maxが大きいことが分かります。ディスプレイが6.5インチというのは、一般的なタブレット端末の一番小さいサイズである7インチに非常に近く、iPhone XS Maxはスマホの範ちゅうを超えてタブレット的な使い方もできるといえます。

たとえば、映画や動画の視聴が大画面のため迫力がぐんと増します。新型iPhoneはすべてノッチ(画面上部の切り欠き)があり、画面が端末表面を占める占有率もおそらく90%を軽く上回るでしょう。そうなると画面への没入感も高まり、映画やyoutubeなどの動画に没頭できるようになるわけです。

また、Safariでネットサーフィンする時には、スマホサイズの画面ではなくデスクトップ用サイトを表示させても全く違和感なく見ることができます。画面サイズが大きいとそれだけ視覚に入ってくる情報量も増えるんです。

iPhone XS Maxは大画面でも片手で持ちやすい

タブレットに近い大画面というと、片手で持ちづらいのでは?と心配になるかもしれません。特に女性や手が大きくないユーザーは気になるはずです。iPhone XS Maxは男性や手が大きい人向けの端末なのでしょうか?

上の比較表をよく見て頂ければ分かりますが、iPhone XS MaxはiPhone XSに対して縦に14mmほど長い(高い)形状になっています。横幅は6mm程度しか変わらず、端末の厚みもほぼ同等のため、片手での持ちやすさはiPhone XSと殆ど変わりません。

iPhone XS Maxの幅77.44mmというのは、iPhone 7 Plus(画面5.5インチ)の幅77.9mmとほぼ同サイズです。持ちやすさはそのままに、画面サイズが1インチも大きくなっているのはiPhone XS Maxの大きなメリットといえるでしょう。iPhone XS Maxは大画面とはいえ、誰でも片手で扱うことのできるサイズなんです。

iPhone XS Maxはランドスケープモード搭載?


ハイエンドモデルのiPhone XS Maxには、ランドスケープモードが搭載されるらしいという情報もあります。ランドスケープモードとは、端末を横向きにした時に画面が2分割され、より見やすくなる機能のことです。

iPadを使用しているAppleユーザーならおなじみのランドスケープモード、カレンダーや連絡先の管理がよりし易くなります。そしてメール作成時にも、大画面のiPhone XS Maxならキーボード打ちがかなりしやすくなるのは間違いありません。

ランドスケープモードが搭載されるのであれば、iPhone XS Maxはかなり“買い”になってきます。

いかがでしょうか?iPhone XSとiPhone XS Max、価格差は100ドル(約11,000円)ですが、その性能差は100ドルを超える価値がありそうですね。

iPhone XSが買いな人とは


2018年全3モデルの中間に位置するiPhone XSが買いな人とは、どんなタイプでしょうか?

①端末のコンパクトさにこだわる人
iPhoneはここ数年の間、大画面化の流れにあります。そんな流れに対して違和感を覚えるAppleユーザーがいることも事実でしょう。画面が4インチと小型サイズのiPhone SEがいまだに根強い人気を誇っているのも、大画面を望むユーザーばかりではないことを示しています。

そんなコンパクトなiPhoneに愛着を覚えるAppleユーザーであれば、5.8インチのiPhone XSのほうがおすすめです。iPhone XSはサイズは2017年モデルのiPhone Xを踏襲しており、スペック的にはパワーアップするのに価格はiPhone Xよりも下がる見込みですので、間違いなく高い人気が出るはずです。

②iPadとiPhoneを使い分けている人
タブレットのiPadとスマホのiPhoneを使い分けているAppleユーザーは、あえてiPhone XS Maxを購入する必要はないでしょう。映画の視聴などはiPadですればいい話ですし、iPhoneはあくまで携帯電話として便利に利用できればいいわけですから。

iPhone XS Maxが買いな人とは


全3機種の中でも最上位、ハイエンドモデルであるiPhone XS Maxを買うのがおすすめな人はどんなタイプでしょうか?

iPhone1つで全てをオールマイティーにこなしたい人
iPhone XS Maxは上でも触れたとおり、ハイスペックに加えて6.5インチというタブレット並みの大画面を誇ります。高負荷のゲーム、高画質の動画、スケジュール管理にネットサーフィン、マップ機能など、全てのアクションをiPhone1つでオールマイティーにこなしたいユーザーは、iPhone XS Maxで決まりです。

iPhoneを予約するならオンラインショップが確実


2017年発売のiPhone Xよりもさらに注目されている2018年9月発売予定の最新iPhoneですが、予約開始日に予約が取れないと次の入荷は数か月遅れになる可能性があります。そのため、予約開始日に確実に予約を取るのが非常に大事です。

新型iPhoneの正式発表日は9月12日(水)、予約開始日は9月14日(金)になりますが、その日はドコモ・au・ソフトバンクの各店舗は予約のための長い列ができると予想されます。しかも予約開始日が金曜日ということもあり、仕事や用事などでショップに行けない人は沢山いるのではないでしょうか?

ところが、時間を取れない人でもiPhoneを予約できる方法があります。それが各キャリアの公式オンラインショップです。iPhone予約開始日時になると、各公式オンラインショップ上に最新iPhoneの予約・購入画面が表示されるようになります。そこから予約手続きをすると、最短で2~3分で予約が完了してしまうんです。

もちろん、オンラインショップでiPhoneを予約しようとするライバルは沢山いることでしょう。そこで、予約できる可能性をなるべく高めるためにできることがあります。ここで幾つかご紹介してみます。

  1. 手持ちのスマホでオンラインショップのiPhone購入ページをブックマークする
  2. 機種・カラー・ストレージ・契約内容などはあらかじめ決めておく
  3. 9月14日(金)16:00前にiPhone購入ページを高速リロードする

予約開始後に情報がアップされるiPhone購入ページを、いつも持ち歩いているスマホにブックマークしておくことで、予約開始当日に慌てなくて済みます。ブックマークページをすぐに開ける状態にスタンバイしておきましょう。

予約手続きに入った時に時間を無駄にかけてしまうことがないように、前もって選択事項は心の中で決定しておきましょう。機種に関することだけでなく、プランなどについてもあらかじめ考えておくとなおいいでしょう。

これまでのiPhone予約開始日の前例によれば、予約開始時間は16:00になると予想されます。ですので、その時間帯はどこにいようと何とかして最低でも10分程度時間を作りましょう。そして、16:00前にiPhone購入ページを更新し続けます。最新iPhone予約画面が表示されるまでリロードを続けましょう。

これらの秘策を実行すれば、予約開始日に予約できる可能性は大きく高まります。最新のiPhoneを最速で手に入れるためにも、ぜひオンラインショップでの予約手続きに挑戦してみてください。

Pocket