iPhoneの壁紙サイズをまとめて比較

読了時間:約 2

自分で撮影した写真を壁紙にしたいけれど、写真が拡大されてしまってうまく表示されなかったりずれてしまうなど、上手に設定できずに困った経験はありませんか?

今回は歴代のiPhoneの壁紙サイズをまとめて比較し、もし設定が上手にできない時の詳しい対処法と合わせて、おすすめのリサイズアプリもご紹介します。

歴代iPhoneの壁紙サイズをまとめて比較してみよう

歴代iPhoneの壁紙サイズ

毎日見るホーム画面やロック画面。いつも目に入る画面だけに、自分好みの壁紙を設定して見るたびに癒されたり元気をもらったりしたいですよね。

自分で撮影した写真を壁紙に設定してみたら、拡大されて大事な部分が切れてしまったり、画像が中央からずれておかしな表示になったことはありませんか?

それは撮影した写真のサイズが利用しているiPhoneの壁紙サイズと合っていなかったからかもしれません。

使っているiPhoneの壁紙サイズとアスペクト比を知ろう

使っているiPhoneの壁紙サイズとアスペクト比を知ろう
画像引用元:AndroidからiPhoneへの乗り換え – Apple(日本)

iPhoneの壁紙は機種によってディスプレイサイズが異なるため、壁紙のサイズにも違いがあります。

特にiPhone X以降の機種ではホームボタンが廃止されたため、壁紙を画面いっぱいに表示できるようになりました。

まずは歴代iPhoneの壁紙サイズとアスペクト比を比較してみましょう。

機種壁紙サイズ(px) アスペクト比
iPhone XS MAX2688 x 12422:1
iPhone XS2436 x 11252:1
iPhone XR1792 x 8282:1
iPhone X2436 x 11252:1
iPhone 8 Plus1920 x 108016:9
iPhone 81334 x 75016:9
iPhone 7 Plus1920 x 108016:9
iPhone 71334 x 75016:9
iPhone 6s Plus1920 x 108016:9
iPhone 6s1334 x 75016:9
iPhone 6 Plus1920 x 108016:9
iPhone 61334 x 75016:9
iPhone 5s1136 x 64016:9
iPhone 5c1136 x 64016:9
iPhone 51136 x 64016:9
iPhone 4s960 x 6403:2
iPhone 4960 x 6403:2

アスペクト比とは、画面の幅と高さの数値比率のことです。

表示させる写真の幅と高さの数値比率であるアスペクト比が利用しているiPhoneと合っていないと、壁紙に設定した時にそのまま表示できず切れてしまいます。

iPhone 4までは「3:2」、iPhone5からiPhone8までが「16:9」、iPhone X以降の機種ではアスペクト比は「2:1」と変化してきています。

もし自分で撮影した写真をそのまま壁紙にしたい場合は、利用しているiPhoneの壁紙サイズとアスペクト比にカメラを設定して写真を撮る必要があるのです。

iPhoneの壁紙を好きな写真に変更する方法【基本】

まずは撮影した写真をiPhoneの壁紙に設定してみましょう。

    iPhone X / XS / XS Maxの壁紙を変更する方法

  1. ホーム画面から「設定」を選択
  2. 「壁紙」を選択
  3. 「壁紙を選択」を選択
  4. ご希望の画像が入っているフォルダーを選択
  5. ご希望の画像を選択
  6. 「設定」を選択
  7. 設定したい画面(ロック中の画面、ホーム画面、両方)を選択し、設定完了
  8. 画像引用元:iPhone の壁紙を変更する – Apple サポート

壁紙の設定が上手にできない時の詳しい対処法

もし壁紙の設定が上手にできていなかった場合は、対処法に沿って設定の変更や写真のリサイズを行いましょう。

主な対処法には「視差効果を減らす」、「スクリーンショットでリサイズする」、「アプリでリサイズする」の3通りがあります。

壁紙の視差効果を減らすかオフにしてみる

もし壁紙サイズとアスペクト比を確認して壁紙を設定しても、やはり拡大して設定される場合は「視差効果」を減らすかオフにしてみましょう。

視差効果(Parallax Effect)とは画面内に奥行きを表現するためにiOS7より導入された機能で、iPhoneを傾けたりすると壁紙も動いたり拡大される動きのことです。

撮影した写真を壁紙に設定する場合は視差効果をオフにすることで静止画として表示することができます。

また、視差効果はアニメーションやエフェクトで動きをつけるためバッテリーの消費が大きく、オフにすることで負担を少なくすることもできるのです。

視差効果を減らす設定は「iPhone全体」と「壁紙のみ」の2つの設定方法があります。

ただしiPhone全体の視差効果をオフにするとスワイプした際などの動きが単調になってしまうため、好みによって使い分けましょう。

iPhone全体の視差効果を減らす方法

    iPhone、iPad、iPod touch で画面の視差効果を減らす

  1. ホーム画面から「設定」を選択
  2. 「一般」を選択
  3. 「アクシビリティ」を選択
  4. 「視差効果を減らす」の設定を切り換える
  5. 画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で画面の視差効果を減らす – Apple サポート

壁紙のみの視差効果を減らす方法

「静止画」・「視差効果」はロック画面とホーム画面で個別に設定可能です。

    iPhone の壁紙を変更する - Apple サポート

  1. ホーム画面から「設定」を選択
  2. 「壁紙」を選択
  3. 「壁紙を選択」をタップ
  4. 壁紙の下に表示される「静止画」というボタンをタップ
  5. ※壁紙のみの視差効果を減らす設定はiPhone全体の視差効果を減らす設定がオフになっている場合のみ設定することができます。
    画像引用元:iPhone の壁紙を変更する – Apple サポート

スクリーンショットを使って壁紙サイズを変える方法

写真や画像が画面サイズに合わない場合も、スクリーンショットを利用すれば壁紙サイズに変更することができます。

スクリーンショットは「写真」アプリ内に保存されます。

    スクリーンショットで撮影して画面サイズに調整する方法

  1. 壁紙にしたい画像を開く
  2. iPhone の右側にあるサイドボタンを長押しする
  3. すぐに左側にある音量を上げるボタンをクリックして、両方のボタンから指を放す
  4. 左下のサムネイルを左にスワイプする
  5. 画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch でスクリーンショットを撮る方法 – Apple サポート

iPhoneに入っている写真アプリで編集する方法

iPhoneにもともと入っている写真アプリを使えば、画像を回転させたりトリミングをしたり、アスペクト比を変更することも可能です。

    写真アプリで編集して壁紙サイズに調整する方法

  1. 「写真アプリ」から壁紙に設定したい画像を開く
  2. 横向きの画像を縦向きに変更する場合は「画像の向きをかえるマーク」をタップして変更する。
  3. トリミングをする場合は「トリミング・回転ボタン」をタップ
  4. アスペクト比を変更する場合は「トリミング・回転ボタン」⇒右下にある「アスペクト比変更ボタン」をタップして変更する。
  5. 最後に右下のチェックマークを選択して、編集した画像を保存。
  6. 画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で写真を撮って編集する – Apple サポート

iPhoneの壁紙サイズのまとめ
  • アスペクト比とは、画面の幅と高さの数値比率のこと
  • iPhone 4までは「3:2」、iPhone5からiPhone8までが「16:9」、iPhone X以降の機種ではアスペクト比は「2:1」
  • 壁紙の設定が上手にできない時は、「視差効果を減らす」、「スクリーンショットでリサイズする」、「アプリでリサイズする」の3通りがある
  • ベゼルレスを採用したことによって、従来のiPhoneよりiPhone X/XSはディスプレイが縦長に見え、iPhone XRはさらに縦長に見える

次のページでは、おすすめのリサイズアプリをご紹介します。

1 2