読了時間:約 1 minute

iPhoneのバイブレーションは細かく発動条件を設定することが可能です。

バイブレーションのパターンも標準で8パターンあり、その他にもカスタムして自分の好みのパターンを作成できます。

「ファントム・バイブレーション」などに悩まされ、通知もないのにスマホを見てしまうような方には、きちんと認識しやすいオリジナルのカスタムパターンの登録をおすすめします。

iPhoneのバイブレーションは、使いこなせれば便利な反面、設定が少し面倒なため、意外と利用されている方は少ないように思われます。

本記事ではiPhoneでバイブレーションの設定を行う方法を詳しく説明します。

今までiPhoneのバイブレーションを活用されていなかったという方も、これを機会に是非バイブレーションを利用してみては如何でしょうか。

また、バイブレーションが鳴らない場合の原因と解決方法バイブレーションが弱いと感じた時の対処法もあわせてお伝えします。

iPhoneのバイブレーションの設定について


iPhoneでバイブレーション機能を利用するためには、下記の手順が必要となります。

  1. バイブレーション機能を有効にする
  2. バイブレーションの発動条件を設定する

それぞれの設定手順を説明します。

iPhoneでバイブレーションを有効にする

iPhoneでバイブレーションを利用するためには、まずはバイブレーション機能を有効にしなければいけません。

バイブレーションの設定をしても、上手く鳴らない場合は、まずこのバイブレーションが無効になっていないか確認して下さい。

  1. [設定] > [一般] > [アクセシビリティ]をタップ
  2. [バイブレーション] > スイッチをオン(緑)
POINT

バイブレーションがオフ(白)になっていると、地震や津波の緊急速報を含めて、iPhoneのすべてのバイブレーション通知がオフになります。

バイブレーションの発動条件の設定

iPhoneは条件ごとにバイブレーションを鳴らす設定を行うことができます。

大まかに分けると、下記の2条件でバイブレーションの発動条件を設定できます。

  1. サイレントスイッチのオンオフを条件とする
  2. 項目ごと個別で発動条件を設定する

サイレントスイッチをバイブレーション発動の条件とする設定

サイレントスイッチのオン・オフをバイブレーションの発動条件とする場合は、下記の2点の項目によって設定します。

  1. 着信スイッチ選択時(サイレントスイッチがオフの場合)
  2. サイレントスイッチ選択時(サイレントスイッチがオンの場合)

サイレントスイッチがオフである着信モードの時にバイブレーションを鳴らしたい場合は、[着信スイッチ選択時]をオンにします。

それとは逆に、サイレントスイッチがオンであるサイレントモードの時にバイブレーションを鳴らしたい場合は、[サイレントスイッチ選択時]をオンにします。

着信モード、サイレントモードどちらであっても、常に通知でバイブレーションを鳴らしたければ両方ともオンにすることで設定可能です。

サイレントスイッチを選択する場面は、バスや電車といった公共交通機関や図書館など、大きな音を鳴らしてはならない場所が想定されます。

バイブレーションの音が大きく響くので遠慮したい場合は、[サイレントスイッチ選択時]でオフに、iPhoneのバイブの振動くらいは許容できそうな場合はオンすることをオススメします。

なお、iPhoneのサイレントスイッチは、iPhone本体横にあります。

「着信/サイレントスイッチ」でオレンジ色が見えていればサイレントモード(サイレントスイッチオン)、オレンジ色が見えていなければ着信モード(サイレントスイッチオフ)となります。

サイレントスイッチオン・オフをバイブレーション発動の条件とする設定手順
  1. [設定] > [サウンド]あるいは[サウンドと聴覚]をタップ
  2. バイブレーションの項目でサイレントスイッチでの発動条件をオン(緑)・オフ(白)で切り替え
    [着信スイッチ選択時]
    [サイレントスイッチ選択時]

バイブレーション発動の個別設定

iPhoneでは、そのほかにも項目ごと個別にバイブレーションの有無やパターンを設定できます。

個別設定できる項目は基本は下記の7点です。

  • メッセージ
  • 新着留守番電話
  • 新着メール
  • メール送信
  • カレンダーの通知
  • リマインダーの通知
  • AirDrop

その他にも、アプリ毎にバイブレーションを設定できる場合があります。

個別にバイブレーション設定が可能な代表的なアプリとしては、TwitterやFacebookなどのSNSアプリです。

バイブレーションのパターンは、「標準」のものから、あるいは自分で作る「カスタム」仕様のものまで利用することができます。

標準のバイブレーションパターンは下記の8点です。

  • S.O.S
  • アクセント
  • クイック
  • スタッカート
  • ラピッド
  • 警告
  • 交響曲
  • 1 2