iPhone MNP スマホの使い方 機種変更
Pocket

読了時間:約 2

スマホ乗り換え時に必須なのが旧端末から新端末へのデータ移行です。最近は写真や連絡先だけでなく音楽・アプリ情報など、移行するデータは以前に比べて膨大な量になりつつあります。

データ移行をスムーズに行うための前準備とデータ移行方法、iOS11から追加された「クイックスタート」もあわせて詳しくご紹介します。

Androidスマホのデータ移行方法は別記事で紹介していますのでそちらをご覧ください。

iPhoneでのデータ移行方法は大きくわけて3パターン

これまでの「iCloudによるデータ移行」と「iTunesによるデータ移行」に加えて、iOS 11から「クイックスタート」という新機能が追加され、初期設定の入力を簡略化することが可能になりました。

iCloudによるデータ移行はインターネット上のクラウドを利用し、iPhone本体で行います。PCが無くてもWi-Fi環境であれば簡単にデータ移行が完了しますが、容量に制限があり5GBを超える場合は容量をアップグレード(有料)する必要があります。

iTunesによるデータ移行はiPhoneとPCをUSBケーブルで繋いで行います。容量に制限が無いので音楽データなどが多い方におすすめですが、iTunesのダウンロードされたPCが無いと行うことができません。

クイックスタートは旧・新の2台のiPhoneを近づけるだけで旧端末の設定を新端末に引継ぎ、初期設定の入力を簡略化する機能です。名前から全てのデータ移行ができると思いがちですが、初期設定の一部のデータをコピーして設定を簡単にするだけでその他のデータ移行は行えません。

しかし、もともとiCloudやiTunesに定期的にバックアップをとっている方にとっては、クイックスタート設定完了後にそのままバックアップを復元する作業に入れるので、これまでよりも簡単にデータ移行が可能になっています。

主なデータ移行方法の特徴をよく理解し、自分に合った方法でデータ移行を行うようにしましょう。

スマホ乗り換え時のデータ移行 前準備【iPhone編】

スマホ乗り換え時のデータ移行を簡単に行うためには、事前の準備が重要になってきます。前もって必要な情報を準備したりデータをバージョンアップしておくことで、問題なくスムーズにデータ移行を行うことができます。

Apple ID・パスワードを確認しておく


画像引用元:https://support.apple.com/ja-jp/ht201487

まず、データ移行の前準備として必須なのはApple IDとパスワードです。Apple IDは通常はご自分のメールアドレスですが、たくさんのメールアドレスを利用している場合はどのアドレスだったかわからなくなる場合もあるでしょう。

iPhoneでiTunes StoreやApp Store、iCloudにサインインしている場合はiPhone本体から確認することができますので、データ移行を行う前に必ず確認をしておきましょう。

iTunes Store・App Storeの場合
ホーム画面の「設定」⇒「iTunes Store と App Store」⇒Apple ID (メールアドレス)

iCloudの場合
ホーム画面の「設定」⇒「iCloud」⇒Apple ID (メールアドレス)

どうしても思い出せない場合はApple IDのアカウントページを使って検索することが可能です。

もしクイックスタートを利用する場合はサインインした状態であればApple IDは入力せずにそのまま引き継ぐことができますが、パスワードは入力が必要になります。

Apple IDのパスワードを忘れてしまった場合はAppleサポートからリセットすることができます。

iPhoneのパスコードを確認しておく

Apple IDやパスワードと同じく、iPhoneのパスコードも重要です。いつもはロック解除にTouch ID(指紋認証)などを利用していてまったくパスコードを覚えていないという方もいるかもしれません。

パスコードを忘れてしまうと、端末の電源を入れる時や再起動時、ソフトウェアのアップデートをする時などに操作ができなくなってしまいます。

もし忘れてしまっている場合は端末を初期化してパスコードを消去し、iTunesなどからバックアップを復元するとパスコードを再設定することが可能です。

引き継ぎが必要なアプリの設定をしておこう

アプリやゲームの中には機種変更時に特別なデータ移行の手続きを必要とするものがあります。

例えばLINEを利用している場合は事前にメールアドレスの登録や履歴のバックアップを行い、引継ぎ設定をしなければ新端末でログインすることができずにデータが消失してしまいかねません。

スマホのデータ移行を行う前に、利用しているアプリ等の説明を良く読んでデータ引継ぎも忘れずに行っておきましょう。

個別に引継ぎが必要なもの

  • LINE
  • ゲームデータ
  • Apple Payのデータ(Suica・クレジットカード)など

電池残量に注意

データ移行を行う前に事前に充電をしておくか、充電しながら作業を行うようにしましょう。データ量によっては復元完了するまでに時間がかかることがあります。途中で充電が切れてしまうことが無いように注意しましょう。

iTunesの自動同期をオフにする

iTunesでデータ移行を行う場合、PCの設定で自動同期が有効になっていると接続と同時に自動的にiTunesの同期が開始されます。データが消えたり重複する可能性がありますので、iPhoneとPCを接続する前に自動同期の設定が解除されているかを確認しましょう。

iTunesの自動同期をオフにする方法
「iTunes」⇒「環境設定」⇒「デバイス」のページで「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない。」にチェックを入れる

「iPhoneを探す」をオフにする

「iPhoneを探す」機能はiPhoneを紛失したり盗難にあった場合に必要な機能ですが、iPhoneを復元する際に「iPhoneを探す」をオフにしていない場合はアクティベーションロック機能が働き復元を行うことができません(iOS7 以降)。

データ移行を行う場合は忘れずに事前に「iPhoneを探す」をオフにしておきましょう。

「iPhoneを探す」をオフにする方法
ホーム画面「設定」⇒「Apple ID、iCloud、~」⇒「iCloud」⇒「iPhone を探す」をオフにする

iOS、iTunesを最新バージョンにしておく

1 2