iPhoneのサイズを比較|画面と本体の大きさを一覧で確認

iPhoneの画面サイズと本体サイズを比較して、実際の大きさが分かりやすい様に解説していきます。最新のiPhone13から旧機種のiPhone12・iPhone11など、未だに人気のあるシリーズのサイズ感も比較していきます。iPhoneをサイズで選んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2022年8月15日
iPhoneのサイズを比較|画面と本体の大きさを一覧で確認

Appleから発売されるiPhoneシリーズは、毎年発売のモデルによってサイズが変わります。

また、ディスプレイの画面サイズも年々パターンが変わっていて、どれを選ぶべきか分かりづらいです。

今回はこれまで発売されたiPhoneシリーズのサイズについて、それぞれ比較していきます。

auは人気新機種がお得!
機種1位2位3位4位
本体iPhone SE3iPhone SE3AQUOS wishAQUOS wisharrows Wearrows We FCG01AQUOS sense6AQUOS sense6 SHG05
価格34,615円~22,001円~21,068円~32,430円~
特徴コスパの良さが魅力
Apple最新スマホ
飽きずに長く使える
カジュアルスマホ
初心者でも使いやすい
シンプルなスマホ
初心者でも使いやすい
バランススマホ
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

iPhoneの画面サイズを比較

iPhoneの画面サイズを比較
iPhoneの画面サイズを比較

まずはディスプレイの大きさに関わる画面サイズを比較してみました。

これまで発売されてきたモデルは、最小3.5インチから最大6.7インチでした。

画面サイズモデル
6.7インチiPhone 13 Pro Max(第15世代)
iPhone 12 Pro Max(第14世代)
6.5インチiPhone 11 Pro Max(第13世代)
iPhone XS Max(第12世代)
6.1インチiPhone 13 Pro(第15世代)
iPhone 13(第15世代)
iPhone 12 Pro(第14世代)
iPhone 12(第14世代)
iPhone 11(第13世代)
iPhone XR(第12世代)
5.8インチiPhone 11 Pro(第13世代)
iPhone XS(第12世代)
iPhone X(第11世代)
5.5インチiPhone 8 Plus(第11世代)
iPhone 7 Plus(第10世代)
iPhone 6s Plus(第9世代)
iPhone 6 Plus(第8世代)
5.4インチiPhone 13 mini(第15世代)
iPhone 12 mini(第14世代)
4.7インチiPhone SE(第3世代) (第15世代)
iPhone SE(第2世代) (第13世代)
iPhone 8(第11世代)
iPhone 7(第10世代)
iPhone 6s(第9世代)
iPhone 6(第8世代)
4インチiPhone SE(-)
iPhone 5s(第7世代)
iPhone 5c(第7世代)
iPhone 5(第6世代)
3.5インチiPhone 4S(第5世代)
iPhone 4(第4世代)
iPhone 3GS(第3世代)
iPhone 3G(第2世代)

6.7インチまでサイズが大きくなったのは第14世代のiPhone 12 Pro Maxと第15世代のiPhone 13 Pro Maxです。

2020年~2021年発売のモデルで、近年のスマホで主流の大きいディスプレイを搭載しています。

しかし名前にもあるとおり、Pro Maxシリーズのため通常よりも料金が高いハイスペック仕様といえます。

iPhone 13シリーズのスタンダードモデルであるiPhone 13は6.1インチです。

スタンダードとはいえ、6.1インチも十分大画面と言える大きさになっています。

迫力のある映像やゲームを楽しみたい方は、5.5インチ以上の大画面サイズのモデルがおすすめです。

iPhoneの本体サイズを比較

iPhoneの本体サイズを比較
iPhoneの本体サイズを比較

続いては過去モデルの本体サイズや重量を確認してみましょう。

本体サイズは高さと幅、厚さの3種類を一覧にしていますが、どれも操作感で検討が必要な要素です。

また、サイズが同じモデルでもバッテリーや素材の違いで重量が異なるケースもあります。

モデル本体サイズ(高さ×幅×厚さ)mm重量 g
iPhone 13 Pro Max160.8×78.1×7.65238
iPhone 12 Pro Max160.8×78.1×7.4226
iPhone 8 Plus158.4×78.1×7.5202
iPhone 7 Plus158.2×77.9×6.3188
iPhone6s Plus158.2×77.9×7.3192
iPhone 11 Pro Max158.0×77.8×8.1226
iPhone XS Max157.5×77.4×7.7208
iPhone 11150.9×75.7×8.3194
iPhone XR150.9×75.7×8.3194
iPhone 13 Pro146.7×71.5×7.65203
iPhone 13146.7×71.5×7.65173
iPhone 12 Pro146.7×71.5×7.4187
iPhone 12146.7×71.5×7.4162
iPhone 11 Pro144.0×71.4×8.1188
iPhone XS143.6×70.9×7.7177
iPhone X143.6×70.9×7.7174
iPhone SE(第3世代)138.4×67.3×7.3144
iPhone SE(第2世代)138.4×67.3×7.3148
iPhone 8138.4×67.3×7.3148
iPhone 7138.3×67.1×7.1138
iPhone6s138.3×67.1×7.1143
iPhone6138.1×67.0×6.9129
iPhone 13 mini131.5×64.2×7.65140
iPhone 12 mini131.5×64.2×7.4133
iPhone 5c124.4×59.2×8.97132
iPhone SE123.8×58.6×7.6113
iPhone 5s
iPhone 5
123.8×58.6×7.6112

最も発売が新しいiPhone SE(第3世代)は、コンパクトサイズが売りのSEシリーズ最新作です。

詳細については別途解説しますが、誰でも片手で操作しやすくポケットに収めやすいサイズが人気です。

iPhone SE(第3世代)以外にも、iPhone 13 miniとiPhone 12 miniは厚みがありながらも更にサイズが小さいです。

軽量化もできているので、iPhoneの最新スペックを使いやすいサイズ感で使えるiPhone 13 miniはおすすめです。

さきほど画面サイズが最大6.7インチと紹介したiPhone 12 Pro MaxやiPhone 13 Pro Maxはやはり本体サイズも大きいです。

iPhone 13 Pro Maxは前作のiPhone 12 Pro Maxより厚みもあり、重量も約12g増えるとデカさがスケールアップしています。

スタンダードモデルの場合、iPhone 11を除き、翌年にサイズや重さが大幅に変わることは少ないです。

とはいえiPhone X以降と以前を比べると、スタンダードモデルでも重さやサイズは変化してきています。

近年の画面サイズアップやバッテリーサイズアップなど、スペックの向上には避けられないです。

最新スペックでもコンパクトサイズのモデルは販売されているので、希望の方を選んでみましょう。

iPhone13シリーズのサイズを比較

iPhone13シリーズのサイズを比較
iPhone13シリーズのサイズを比較

ここまで過去モデルのiPhoneシリーズのサイズについてざっくり紹介しました。

ここからは、実際に購入する機会が多いであろうiPhone13シリーズを始め、詳細のサイズを確認してみましょう。

まずはシリーズの発売が最も新しいiPhone13シリーズです。

13シリーズiPhone 13 miniiPhone 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
本体
(高さ×幅×厚さ)mm
131.5×64.2×7.65146.7×71.5×7.65146.7×71.5×7.65160.8×78.1×7.65
画面サイズ5.46.16.16.7
画面構成比1084x23401170x25321170x25321284x2778
重量 g140173203238
発売年2021

2021年に発売されたこのシリーズでは4つのモデルがあります。

コンパクトサイズで使えるminiとスタンダードモデル、スペックが変わるProとPro Maxです。

iPhone 13 miniは5.4インチと画面は最小サイズながら、この大きさでも十分コンテンツは楽しめます。

厚みは他モデルと同じ7.65mmで、グリップ感を優先したデザインにしています。

一方最大サイズ6.7インチのiPhone 13 Pro Maxは238gと重量感がある大きさになっています。

もちろん映像やゲームの迫力は十分ですが、日常での使いやすさを考えるとサイズが懸念になるでしょう。

iPhone 13とiPhone 13 Proは画面サイズや本体サイズは同じですが、重量が約30gも違います。

これはスペックをPro仕様にするためカメラやバッテリーなどが大きくなった結果の増量と推察されます。

いずれのモデルもCPUチップなど基本スペックは同じなので、用途に合わせたモデルを選んでみてください。

iPhone12シリーズのサイズを比較

iPhone12シリーズのサイズを比較
iPhone12シリーズのサイズを比較

iPhone12シリーズは2020年に発売され、iPhone13シリーズ同様4モデルのラインナップです。

12シリーズiPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
本体
(高さ×幅×厚さ)mm
131.5×64.2×7.4146.7×71.5×7.4146.7×71.5×7.4160.8×78.1×7.4
画面サイズ5.46.16.16.7
画面構成比1084x23401170x25321170x25321284x2778
重量 g133162187226
発売年2020

サイズ感もコンパクトのmini、スタンダードとPro、そして大きいPro Maxが用意されています。

厚みは7.4mmで統一されていますが、手の持ちやすさに関わる幅サイズは64.2から78.1と振れ幅が大きいです。

78.1mmまでいくと片手での長時間操作はなかなか困難なので、仕事中や移動中にサッと使用するには不向きです。

iPhone 12 Pro Maxは唯一200gを悠々とオーバーした大きさになります。

Pro仕様でカメラ機能も楽しみつつ、コンテンツを最大限の画面サイズで楽しみたい方に向いているモデルでしょう。

iPhone11シリーズのサイズを比較

iPhone11シリーズのサイズを比較
iPhone11シリーズのサイズを比較

続いて紹介するiPhone11シリーズは2019年発売の、miniを除いた3モデルラインナップです。

11シリーズiPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
本体
(高さ×幅×厚さ)mm
150.9×75.7×8.3144.0×71.4×8.1158.0×77.8×8.1
画面サイズ6.15.86.5
画面構成比828x17921125x24361242x2688
重量 g194188226
発売年2019

先ほども紹介しましたが、iPhone 11シリーズは従来の流れを止め、どのモデルも急にサイズが変わりました。

厚みも8.1から8.3と大きく、最小サイズのiPhone 11 ProでもiPhone 12/13スタンダードと遜色ないサイズ感です。

iPhone 11 Proがスタンダードよりも画面サイズや本体サイズが小さいという従来の流れでは珍しい特徴があります。

というのもProはiPhone11シリーズから始まり、Pro Maxと大きさを比較する形で小さい仕様になりました。

後年のiPhone 12 ProやiPhone 13 Proはスタンダードモデルとサイズは同じコンセプトに変わっています。

iPhone 11はスタンダードモデルながら厚みや重さもしっくり来ます

そのため中古品でiPhone 11を購入したい場合は、日常使いには不向きなことを予め知っておきましょう。

iPhoneXシリーズのサイズを比較

iPhoneXシリーズのサイズを比較
iPhoneXシリーズのサイズを比較

続いて2017-2018年にかけて発売されたiPhone Xシリーズです。

iPhone Xは名前の通りシリーズ10作目ということもあり、1年後にスタンダードから派生したモデルが誕生しました。

かつて5作目のiPhone 5sやiPhone 5cがあったように、Xシリーズも特別なiPhone XRやiPhone XSがあります。

スタンダードモデルのiPhone Xと、仕様の異なる3モデルが追加された全4モデルのラインナップです。

XシリーズiPhone XiPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
本体
(高さ×幅×厚さ)mm
143.6×70.9×7.7150.9×75.7×8.3143.6×70.9×7.7157.5×77.4×7.7
画面サイズ5.86.15.86.5
画面構成比1125x2436828x17921125x24361242×2688
重量 g174177194208
発売年20172018

スタンダードモデルのiPhone Xは前シリーズから画面サイズが0.3インチ大きくなった5.8インチを採用しています。

これと翌年発売されたiPhone XSは5.8インチにサイズも同じで、普段使いでも問題ないサイズ感です。

一方のiPhone XRは後のiPhone 11スタンダードサイズとなったサイズを採用しています。

他モデルに比べ厚みも8.3mmとグリップ感のあるデザインになっています。

しかしiPhone 11と比べ重量は約177gと、そこまで重さはありません。

後年のiPhone 12やiPhone 13のスタンダードモデルと比べても軽量感のあるモデルです。

また、このシリーズから実現したディスプレイが大きいiPhone XS Maxもあります。

こちらは6.5インチと従来の画面サイズを大幅に超え、サイズ感も文句なしのスペックになっています。

シリーズの基本スペックは揃えながら機能やサイズがアップしたMaxシリーズは今後も踏襲される人気モデルです。

iPhoneSEシリーズのサイズを比較

iPhoneSEシリーズのサイズを比較
iPhoneSEシリーズのサイズを比較

最後に紹介するのは、今なおユーザーの人気が高く最新作も発売されたiPhone SEシリーズです。

コンパクトサイズとTouch IDが使えることから、2016年の無印以降数年置きにシリーズから発売されています。

SEシリーズiPhone SEiPhone SE(第2世代)iPhone SE(第3世代)
本体
(高さ×幅×厚さ)mm
123.8×58.6×7.6138.4×67.3×7.3138.4×67.3×7.3
画面サイズ44.74.7
画面構成比640x1136750x1334750x1334
重量 g113148144
発売年201620202022

無印のiPhone SEは4インチとかなり小さい画面サイズになっています。

しかし2020年に発売された第2世代では4.7インチと申し分ないサイズに変更。

一方で他サイズや重量も大きくなっていますが、近年の他シリーズに比べると片手操作がかなり楽です。

胸ポケットにも収めやすいので仕事用でも使いやすいところがポイントです。

また、2022年に発売されて新しい第3世代は、第2世代で好評だったサイズ感を踏襲しています。

むしろ約4gの軽量化にも成功していて、やはり使い勝手の良さから人気は今も続いています。

Touch IDを使いながら最新スペックを楽しめる貴重なモデルでもあります。

他シリーズとは少し異なる特徴のあるSEシリーズですが、今後も人気は継続して最新作が発売されるでしょう。

その場合も大幅なサイズアップはないはずです。

コンパクトサイズ希望のユーザーにとって嬉しいシリーズでしょう。

iPhoneシリーズのサイズをおさらいしておこう

iPhone 13とiPhone 13 Proの違いを比較
iphone13のサイズ

今年もiPhoneの最新シリーズ発売が待ち遠しい季節になってきました。

今のうちに、これまで発売されてきたモデルのサイズの変遷を抑えておきましょう

近年は画面サイズのアップやカメラ・スペックの向上に伴い、サイズや重量も大きくなっています。

しかしコンパクトサイズのminiモデルやSEシリーズも発売されているので、用途に合わせて選択できます。

これを機にシリーズのサイズをおさらいして、自分好みのサイズがないか探してみてください。


※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
Sakura_Ooh
大手3キャリアでのイベントスタッフの経験を活かし、料金プランの選び方やおすすめスマホをどんどん紹介していきます。家やジムでも常に映画やドラマを見ていて、1日たりともスマホが手放せません。愛用スマホはiPhone12です。