iPhoneの電源が入らない時の原因と対処法

読了時間:約 2

iPhoneを利用していて、急に電源が入らなくなった事はありませんか?

電源が入らないとまったくiPhoneが使えず生活に支障が出ます。また、中のデータはどうなっているのか気になりますよね。

iPhoneの電源が入らない時の原因と対処法について、修理前に確認すべき設定もあわせて詳しくご紹介します。

iPhoneのバッテリー交換はどこで?おすすめショップ3選とかかる費用

iPhoneの電源が入らない時は落ち着いて症状を確かめよう

iPhoneの電源が入らない時は落ち着いて症状を確かめよう
画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch の電源が入らない場合やフリーズする場合 – Apple サポート

もしあなたがiPhoneで作業しようとして、電源を入れてもまったく動かずに真っ黒な画面のままだったらどうするでしょう?

焦っていろんなボタンを押してみたり、どうにか電源を入れようと必死になるかもしれません。

iPhoneをうっかり落とすなど原因となりそうな事に心当たりがあればまだ対策できそうですが、それまでは普通に動いていた場合はかなり焦るでしょう。

もし急にあなたのiPhoneの電源が入らなくなっても、原因と対処法を確認して落ち着いて対処すれば、修理に出さずに解消できるかもしれません。

iPhoneの電源が入らない主な原因は「充電ができていない」「iPhone本体の問題」「バッテリーの問題」

iPhoneの電源が入らない主な原因は「充電ができていない」「iPhone本体の問題」「バッテリーの問題」

iPhoneの電源が入らない原因は大きくわけて「充電ができていない」「iPhone本体の問題」「バッテリーの問題」の3つです。

「充電ができていない」は、iPhoneではなく電源アダプタやUSBケーブル、ワイヤレス充電用の機器などに不具合があって充電切れになっているという事です。

iPhoneには問題ない場合が多いので、充電ができれば解決するでしょう。

「iPhone本体の問題」は、ソフトウェアの不具合とディスプレイや基盤などiPhone本体の故障があります。

ソフトウェアの不具合であればiPhoneを強制的に再起動させることで不具合が解消することもありますが、本体の故障の場合は修理になる可能性が高いです。

「バッテリーの問題」は、消耗品であるバッテリーが劣化して起こる不具合です。

バッテリーは毎日の充電や利用の際にも少しずつ劣化が進んでいきます。iPhoneの修理の中で最も多い故障の原因といっていいでしょう。

この場合はバッテリーを新しいものに交換すれば不具合は解消されるでしょう。

iPhoneの電源が入らない時にまず確認すること

iPhoneの電源が入らない時にまず確認すること

それぞれの原因がわかったところで、あなたのiPhoneの電源が入らない原因はどれに当たるのかをひとつずつ確認しながら調べてみましょう。

  1. 電源が入らなくなったiPhoneを充電してみる
  2. 画面は真っ暗でも、警告音や音声、振動はしないかをチェックする
  3. iPhoneをiTunesに接続してみる

まずはiPhoneを修理に出す前に自分でできる対処法から充電に関するものを確認し対処しましょう。

充電してから電源を入れなおしてホーム画面が表示される場合は「充電ができていなかった」ということです。

画面は真っ暗でもボタンを押すと警告音や音声、振動が確認できる場合は、ブラックアウトという現象が起こっています。

ブラックアウトが起こる原因もいくつかありますが、ソフトウェアが原因の場合も多いです。とりあえず修理に出す前に自分で強制再起動を行ってみましょう。

再起動しても不具合が改善しない場合はディスプレイのケーブルの断線など修理が必要になる可能性が高いです。

Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダへ修理を依頼しましょう。

もし1時間以上充電しても反応せず、音も鳴らない場合はバッテリーが劣化しているのが原因かもしれません。

また、電源が入らず真っ暗の画面のiPhoneでもiTunesに接続するとアップデートやデータのバックアップが可能な場合もあるので試してみましょう。

iPhoneの電源が入らない主な原因
  • 充電ができていない
  • iPhone本体の問題
  • バッテリーの問題
iPhone修理工房の評判まとめ|料金や店舗、他業者との比較とは

iPhoneを修理に出す前に自分でできる対処法

iPhoneを電源に接続して充電してみる

iPhoneを電源に接続して充電してみる
画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch が充電されない場合 – Apple サポート

もしひっそりと充電切れを起こしていたら、起動することはできません。iPhoneに付属していた 電源アダプタとUSBケーブルで充電してみましょう。

  1. iPhoneに付属していた 電源アダプタとUSBケーブルで充電できるかを試す。
  2. 電源アダプタやUSBケーブルに断線などの損傷がないかを確認する。
  3. 電源コンセント、電源アダプタ、USBケーブルがしっかり接続されているか確認する。
  4. 別の電源コンセントでも充電できないか確認する。
  5. 充電ポートにほこりやゴミが付いていないか確認し、綺麗に掃除する。
  6. 他の電源アダプタとUSBケーブルで充電できるかを試す。

正常な電源アダプタやUSB ケーブルで直接充電すると、通常であれば数分後に充電画面が表示されます。

1時間以上充電しても充電画面が表示されない場合や、「電源に接続してください」という画面が表示される場合は、充電器等が故障している可能性があります。

また、利用している機器がApple純正の電源アダプタとUSBケーブルでない場合も充電できない現象が起こることがあります。

確認する場合は必ずiPhoneに付属していたApple純正の電源アダプタとUSBケーブルを利用して確認しましょう。

別の電源アダプタとUSBケーブルで充電しても充電されない場合は、バッテリーの劣化で電源が入らないのかもしれません。

一応強制再起動など他の対処法も試したうえで、改善されない場合はバッテリー交換を検討しましょう。

次のページでは、強制的に再起動する方法、バックアップなどについてご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2