読了時間:約 2

2018年の新型iPhoneは、iPhone XS/XS Max/XRの3機種です。これまで旧機種のiPhoneやAndroid機種を使用していた人は、機種変更するにあたってデータを移行しないといけません。

スマホに撮りためてきた写真やビデオ、よく使うアプリのデータなど、消したくない大切なデータは間違いなく新機種に移し替えたいものですよね。

特に、多くの人が頻繁に使用しているアプリといえばLINEです。LINEで友達や家族とトークしたり、LINEの無料通話を利用しているという人も多いことでしょう。そこで、LINEのバックアップを取ってアカウントやデータを新型iPhoneに問題なく移行するための方法について、この記事でご説明していきます。

新型iPhoneにLINEデータを移行する流れ


画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

新型iPhoneを購入して、同時に以前使用していたスマホ端末を下取りに出す人は注意が必要です。なぜなら、LINEのバックアップを取るには元のスマホ端末上で操作しないといけないからです。そのため、下取りに出す前に必ずLINE上でバックアップ設定をしましょう。

また、iPhone→iPhoneとAndroid→iPhoneの乗り換えでも状況は変わってきます。iPhone機種からiPhone機種へのデータ移行は簡単にできますが、Android機種からiPhone機種へは、出来ることとできないことがあります。

まずは新型iPhoneにLINEデータを移行する流れを見てみることにしましょう。

旧端末のLINE上でやること:

  1. メールアドレス・パスワードを登録する
  2. アカウント引継ぎ設定をONにする
  3. トーク履歴をバックアップする(Android→iPhoneは不可)

新型iPhoneのLINE上でやること:

  1. LINEをダウンロード・ログインする
  2. 電話番号認証・2段階認証をする
  3. データの復元

LINEのアカウント・データ移行の流れはこれだけで、特に難しいわけではありませんのでスマホの操作に詳しくない人でも大丈夫です。では、具体的に操作方法を説明していきます。

LINEバックアップ:旧端末でやること

これまで使用していたスマホのLINEで、アカウントやデータ移行の前準備をする必要があります。段階を一つずつ具体的に見てみましょう。

メールアドレス・パスワードを登録する


バックアップするための最初の段階は「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」の登録です。LINEのアカウントを最初に作る際に登録していたのなら、この段階は飛ばして構いません。ただ、電話番号は登録する人がほとんどだと思いますが、メールアドレスとパスワードは最初に設定していない人が多いようです。

そこで、次の手順でメールアドレスとパスワードを登録します。

  • 「友だちリスト」のページ上部に表示される設定(歯車マーク)をタップ
  • 「個人情報」→「アカウント」をタップ

つぎの画像のように、メールアドレスとパスワードの項目が登録完了となっていれば、再度登録する必要はありません。

もし未登録となっていれば、必ず登録しましょう。ここで登録していないと、次の機種のLINEにアカウントデータや友だちリストを引き継げません。

登録するメールアドレスは、キャリアメールではなくPCメール(Yahoo!メールやGmailなど)を使用しましょう。キャリアメールを登録していると、受信設定の関係でメールドレス登録確認のメールが届かないこともあるからです。間違いなくLINEのバックアップを取るためには、PCメールがおすすめです。

メールアドレスを入力してからは次のような流れになります。

  • メールアドレスを入力→「確認」をタップ
  • LINEから送られてくる「メールドレス登録確認メール」を開き4桁の認証番号をチェック
  • LINE画面上で認証番号を入力→「登録する」をタップ

なお、パスワードを以前に登録していたけど忘れてしまった、という場合はどうなるのでしょうか?それでも心配はいりません。「パスワード」の項目をタッチしてスマホのユーザー認証をするだけで、パスワードの再設定ができます。

アカウント引き継ぎ設定をONにする


上記のメールアドレス・パスワード登録画面と同じ画面で「アカウント引継ぎ」という項目があります。それをタップすると「アカウントを引き継ぐ」というボタンが表示されます。それをONにするだけです。

ただし、このアカウント引き継ぎをONにするのは、新型iPhoneを購入する直前にしましょう。LINEの画面に次のような表示があります。

【引き継ぎしない場合は絶対に設定をオンにしないでください。この設定をオンにすると、他のスマートフォンにアカウントを引き継ぐことができるようになります。オンにしてから一定時間が経過するか、引き継ぎが正常に完了すると、設定が自動的にオフになります。】

アカウント引き継ぎをONにするとその間は、メールアドレスとパスワードさえ知っていればどの端末からでもアカウントにアクセスすることができるようになるからです。つまり、もし誰かがあなたのメールアドレスとパスワードを知っていれば、LINE上の個人情報を手に入れることができてしまうということです。

ですので、アカウント引き継ぎをするのは新型iPhoneを手にしてからか、届くことがはっきり分かってからのほうがいいでしょう。

トーク履歴をバックアップする


画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

さて、ここまででLINEのアカウントや友だちリストの移行の前準備はできました。今度は、トーク履歴の移行についてです。これまで友達や彼氏・彼女とトークした内容も全部バックアップしたいという人は多いでしょう。トークには思い出が詰まっていますよね。

ここで一つ注意点ですが、iPhoneからiPhoneに移行する場合はトーク履歴を引き継げるのですが、AndroidからiPhoneには引き継げません。ちなみに、AndroidからAndroidに移行する場合も引き継げます。つまり異なるOSのスマホ間ではトーク履歴は移行できないということです。

とはいっても、方法が全くないわけではありません。その方法については後のほうで説明します。

iPhone → iPhoneにバックアップする方法

  • LINEの設定画面で項目「トーク」→「トークのバックアップ」をタップ
  • iCloudに接続していることを確認して「今すぐバックアップ」をタップ

トークのバックアップをタップした後の画面で、もし「今すぐバックアップ」が表示されていなければ、iCloudに接続されていないということです。その場合は、iPhoneの設定に入りiCloudにサインインしてから、再度LINEの画面に戻ってください。

バックアップが完了すれば、旧端末での準備は万端です。新型iPhoneでLINEのデータ復元に移りましょう。

Android端末からiPhoneに乗り換える場合のトーク履歴の保存方法


これまでAndroid機種を使用していて、新型iPhoneに乗り換えるという人もいることでしょう。iPhoneはAndroidに比べて直感的な操作性が格段に良く、またAppleブランドも魅力的だからです。特に2018年の新型iPhoneシリーズはそれ以前のモデルに比べてもかなりパワーアップしています。

上でも触れたように、異なるOSのスマホ間ではトーク履歴は移行できないのですが、Android端末から新型iPhoneに乗り換える人はLINEのトーク履歴の移行はあきらめないといけないのでしょうか?じつは、LINE上での移行は不可能ですがトーク内容を別の形で保存することは可能です。

その方法は、次のような手順になります。

  1. 履歴を保存したいトークを開き、画面上部の「∧マーク」→「トーク設定」をタップ
  2. 「トーク履歴をバックアップ」→「テキストでバックアップ」をタップ
  3. テキスト形式でバックアップするための共有方法を選択
  4. 共有に使うアプリが立ち上がるので保存する

この方法だと、ひとりひとりのトークを開いて保存するので、沢山の友だちとのトーク履歴を保存するのは大変です。でもこれ以外に方法はないので、頑張って保存しましょう。特に親しい人とのトークにしぼって保存するのもいいかもしれません。

そして、テキスト形式で保存するため当然ながらスタンプや画像などは保存できません。文字オンリーになりますので、割り切ってしまいましょう。

LINEバックアップ:新端末でやること

今度は、新しいiPhoneのLINE上で設定することを説明します。

1 2