読了時間:約 2

高性能のiPhoneですが、契約のデータ通信量上限を超えてしまうと通信速度が極端に遅くなり、使い物にならなくなってしまいます。

そこで、月額使用料を抑えながらデータ通信量を確保したいという方におすすめしたいのが、どこでも使えるポケットWi-Fi。

ここからは、iPhoneと一緒に使いたいポケットWi-Fiをご紹介します。

モバイルデータ通信とは?iPhoneの基礎知識とオフにして得する裏技

iPhoneのデータ通信量はWi-Fiで節約

契約しているデータ通信量によっては、月末に通信制限が掛かってしまい、動画などが止まってしまったりとなにかと不便です。

しかたなく割高なデータチャージを利用したり、データプランをアップグレードしたりしますが、それでは月額使用料金が高額になってしまいます。

そのため、データをたくさん消費するアプリのアップデートや大容量ファイルのダウンロードなどは、Wi-Fiを使ってデータ残量をやりくりしているという方が多いはずです。

でもフリーWi-Fiは信頼できない

フリーWi-Fiとは、コンビニやカフェのほか公共の場で誰でも無料で利用できるWi-Fiスポットで、データ通信量を節約できる強い味方といえます。

けれども電波が混み合っていることが多く、通信の安定性はイマイチです。

さらにセキュリティにも不安があるため、正直いってフリーWi-Fiは信頼しきれません。そこでおすすめしたいのが、ポケットWi-Fiです。

ポケットWi-Fiとは?

ポケットWi-Fiとは、モバイルWi-Fiルーターのことです。

「モバイルWi-Fi」「モバイルルーター」とも呼ばれているもので、無線のインターネットを受信したポケットWi-Fiから、無線でiPhoneにデータをつなぐという仕組みになっています。

これさえあればいつでもどこでもWi-Fi接続が可能で、データ通信量を気にすることなくiPhoneを使うことができるのです。

もちろんiPhoneだけでなく、iPadやゲーム機、パソコンにも接続OK。パスワードを入力して使用するため、セキュリティも万全です。

ポケットWi-Fiは固定回線不要

自宅のWi-Fiは無線で利用していますが、もとは固定回線です。固定回線では、ネット回線とプロバイダの両方と契約する必要があります。

けれどもモバイル回線を利用するポケットWi-Fiでは、そもそも固定回線は不要です。つまり、ポケットWi-Fiの提供業者と契約するだけでOKで、工事も必要ありません。

ポケットWi-Fiはもともとワイモバイルの商品名


画像引用元:おトクに機種変更するならワイモバイルスマートフォン | Y!mobile

ポケットWi-Fiは、もともとワイモバイルが提供しているモバイルWi-Fiの商品名「Pocket WiFi」からきています。

現在多くの会社が販売しているポケットWi-Fiですが、ワイモバイルの前身であるイーモバイルが先駆けて発売していた関係で、ポケットWi-Fiの名前が有名になっていきました。

つまりポケットWi-Fiは、商品名が一般名詞化したセロテープやポストイットと同じような立ち位置のものとなります。

「WiMAX」や「どこでもWiFi」もポケットWi-Fi


画像引用元:【公式】GMO とくとくBB|UQ WiMAX(ワイマックス)が月額2,170円(税抜)〜

ポケットWi-Fiは多くの会社が販売していますが、使用しているWi-Fiの回線は大きく分けて以下の2パターンです。

  • LTE回線
  • WiMAX回線

LTE回線は、キャリアが提供しているモバイル機器専用の通信回路のことです。つまりドコモ・au・ソフトバンクや格安SIM(MVNO)が使用している回線を指しています。

「WiMAX」の回線は、auの関連会社であるUQコミュニケーションズが提供しているものです。キャリアとは別の独自回線ですが、auのau4GLTEも使用できます。

「どこでもWiFi(正式名称・どんなときもWiFi)」はクラウドSIMによってキャリアの3回線を通信環境に合わせて最適な回線を自動で選択してくれます。

「クラウドSIM」とは、SIMカードを通信端末ではなくクラウドサーバーで管理する通信技術で、SIMカードに制限されることなく通信回線を切り替えることができるのです。

ワイモバイルのエリア範囲って?スマホ・ポケットWi-Fiの対応エリア

次のページでは、「iPhoneと一緒に選びたいモバイルWi-Fiとは?」をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2