MNPなら最新iPhoneをお得購入できる!?3キャリア乗り換えキャンペーン比較

  • 2020年6月12日

毎年進化を続けるAppleのiPhoneシリーズはスペックの向上に比例して価格も高くなっています。

最新iPhone発売と同時に、MNP(他社への乗り換え)を利用してお得にしたいと考えている方も多い事でしょう。

ここでは発表が近づいている最新iPhoneの情報と各キャリアのMNPキャンペーンを比較・ご紹介しています。

iPhone 11の評価レビュー|買う理由と買わない理由

最新iPhoneはまもなく発売?

今年も最新iPhoneが発表されるAppleのスペシャルイベントの開催日が近づいて来ました。

既にAppleはスペシャルイベントの開催日を9月10日(日本時間9月11日)に決定しており報道関係者に招待状が送られているようです。

最新iPhoneの発表が近づくにつれ、スペックやデザインに関する幅広いリークが出回っています。

まずは最新iPhoneの名称やスペックをはじめ、最も気になるポイントである価格の情報をチェックしてみましょう。

最新iPhoneはiPhone XIが濃厚

2018年発売のiPhone XR/XS/XS MAXの3機種は、前モデル「iPhone X(10)」を受け継ぐ名称となっていました。

最新iPhoneの名称は海外メディアを中心に幅広い予想がされているようですが、その中でも特に多いのが「iPhone XI(11)」です。

この名称を基本として、2018年と同じようにMAXやRがつく3モデル展開になると考えられています。

サイズや重量感が大きく変わるような事はないようですが、CPUは前モデルから更に進化した「A13」チップを搭載するはずです。

また、上位モデルにはハイスペック機に相応しいトリプルカメラが搭載されるとの予想もあり、特にカメラ性能は注目を集めています。

最新iPhoneの名称/有力候補

  • iPhone XI(iPhone XSの後継機)
  • iPhone XI MAX(iPhone XS MAXの後継機)
  • iPhone XIR(iPhone XRの後継機)

機種代金は高額になる?

iPhone XR/XS/XS MAXの3機種は圧倒的なスペックとともに10万円近い価格設定も話題となりました。

手を出しづらい価格から購入を見送ったユーザーも多かったでしょうが、2019年登場の最新iPhoneも特に安くなるという事は無いようです。

2018年はAppleのSIMフリー版でもiPhone XR/64GBで91,584円となっていましたが、キャリア版は更に高い価格設定がなされています。

発売後約1年経過した現在ではキャリアで端末価格の割引を行いだしましたが最新iPhoneがすぐに安くなるという事はまず考えられません。

少しでもお得に最新iPhoneを購入したいなら、MNPをはじめとしたキャンペーンを積極的に活用する必要性があるでしょう。

iPhone XRの現金販売価格

 2018年10月(税込)2019年9月(税込)
SIMフリー91,584円91,584円
ドコモ98,496円93,312円(端末購入割引の期間中)
au98,400円98,400円
ソフトバンク106,560円106,560円

MNP(My Number Portability)の現状は?

現在使っている電話番号を変えずにキャリアを変えられるMNP(My Number Portability)は、特段の事情が無い限り今や乗り換えの必須事項となりました。

MNPを利用してのキャリア移動は専用のキャンペーンが設けられている事が多く、新規契約・機種変更に比べてお得になっている事が多いものです。

MNPのキャンペーンは減少傾向にある

数年前は大手キャリアによるMNPのキャンペーンが盛んに行われており、実質0円でスマホを入手する事も可能でした。

しかしあまりにもMNPのキャンペーン競争が過熱したため、総務省は「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を打ち出しました。

これにより端末代金実質0円は事実上不可能となりましたし、各キャリアのMNP関連キャンペーンはここ数年で大幅に減少したのです。

更に2019年中には新たな施策が実施予定

MNPのキャンペーンが少なくなっている事に加え、更に2019年10月には総務省による新たな施策が実施される予定です。

この施策「改正電気通信事業法」はモバイル市場を活性化するために打ち出されたもので、スマホユーザーにとって見逃せない内容が盛り込まれています。

例えば定期契約の解約金の上限が1,000円になりますので、これまで以上に他キャリアや格安SIMへの乗り換えが行いやすくなります。

しかし同時に端末の割引上限は2万円までになってしまいますので、高額な端末などは購入しにくくなってしまいます。

通信料を安くしようとする動きがあるため月額料金にそれほど大きな差は生まれないでしょうが、MNPでお得になるという事は少なくなるのではないでしょうか。

改正電気通信事業法の案

  • 定期契約の解約金の上限が1,000円
  • 定期契約の有無による月額料金の差額は170円
  • 端末の割引上限は2万円
auのiPhone半額は9月まで!2019年新型に間に合う?法改正で変わる事

ドコモ・au・ソフトバンクのMNPキャンペーン比較

ここまででご紹介した通り、大手キャリアのMNP(のりかえ)キャンペーンは年々減少傾向にあるようです。

しかしキャリアによってはまだ利用できるMNP専用キャンペーンが残っていますし、移行後の割引で通信料をお得にする事も可能です。

ここではドコモ・au・ソフトバンクのMNPキャンペーンをチェックしてみましょう。

ドコモのMNPキャンペーン


画像引用元:スマホのりかえサポート | キャンペーン | NTTドコモ

ドコモで提供されているMNPのキャンペーンには、期間・用途限定で10,260円分のdポイントが還元される「スマホのりかえサポート」があります。

ただしこちらはMNP時にドコモ光またはdカード GOLDの申込みが必要なため、利用できる方は限られるかもしれません。

9月17日まではオンラインショップでdポイントがプレゼントされるキャンペーンも実施されていますが、こちらも抽選となるため確実にお得にできるとは言えません。

そもそも現在のドコモは端末の割引を重視する傾向にあるため、MNP専用のキャンペーンはほとんど存在しないのです。

旧機種のiPhoneなどは定期的に値下げが行われていますので、2018年発売のiPhone XRなどを狙っている方はMNPする価値があるのではないでしょうか。

ドコモ/MNP時に利用できる主要キャンペーン

キャンペーン内容注意点
スマホのりかえサポートMNP時に10,260円分のdポイントを還元・ドコモ光またはdカード GOLDの申込み
・他社携帯電話の解約証明書が必要
SPECIAL CAMPAIGN(ドコモ賞)ドコモオンラインショップで機種を購入すると10人に1人3,000ポイントプレゼント9月17日までの期間限定
ギガホ割ギガホに申し込む事で1,000円×6か月割引9月30日までの期間限定
みんなドコモ割「ファミリー割引」内の回線に応じて月額料金を最大1,000円割引家族での契約が必要
2020年ドコモのキャンペーンを機種変更・新規・MNP別にまとめてご紹介

auのMNPキャンペーン


画像引用元:ご契約前のau ID登録(無料)で10,000円キャッシュバック | au

auは新規契約・MNPで10,000円分のキャッシュバッククーポンがもらえるキャンペーンを実施しています。

こちらは通信料の支払いにも使える「au WALLET」の残高へチャージされますので、実質的なMNPキャッシュバックとして考える事ができます。

ただし規制が厳しくなっているためか本キャンペーンは9月16日で終了となっており、クーポンの利用期限も9月30日と短めです。

このキャンペーンを中心に、auではオンラインショップ利用者向けのキャンペーンや対象機種の購入サポートなどを提供しています。

機種代金がお得になる「au購入サポート」に新しいiPhoneが加えられるかはまだ分かりませんが、MNP向けのキャンペーンは3キャリアの中でも豊富ではないでしょうか。

au/MNP時に利用できる主要キャンペーン

キャンペーン内容注意点
今ならauの乗り換えがおトク!auの新規契約・MNPで10,000円分のキャッシュバッククーポンプレゼント・9月16日までの期間限定
・契約前のau ID登録(無料)が必要
オンライン購入限定キャンペーン① 対象機種購入で機種代金から3,240円割引
② 対象機種購入で99人に1人9,999円キャッシュバック
・MNPは9月29日23:59まで
・自宅受取りを選択する必要がある
iPhone MNP au購入サポートMNPで対象プランに加入すると最大32,400円割引対象機種はiPhone 7(32GB/128GB)とiPhone 8&8 Plus(全容量)のみ
家族割プラス対象プランに加入している家族の人数分最大1,000円割引家族での契約が必要
auのキャンペーン2020年最新|機種変更・新規・MNPまとめ

ソフトバンクのMNPキャンペーン


画像引用元:ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクで提供されているMNP向けのキャンペーンは、通信料から24,000円が割り引かれる「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」があります。

ただし名称を見て分かる通り、こちらは現在ワイモバイルを利用している方専用のキャンペーンとなっています。

他のキャンペーンでは「ウルトラギガモンスター+」に加入する事で割引を受けられる「機種購入サポート」や「iPhone XR ハッピーキャンペーン」などがあります。

最新iPhoneがこれらのキャンペーンの対象となればMNPがかなりお得になるかもしれません。

3キャリアの中でソフトバンクのMNPキャンペーンは少な目ですが、ドコモ&auに対抗するために今後なんらかの対応策を打ち出してくるかもしれません。

ソフトバンク/MNP時に利用できる主要キャンペーン

キャンペーン内容注意点
ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム事務手数料+通信料で最大39,500円割引ワイモバイルの対象機種からソフトバンクへのMNPが必要
機種購入サポート対象機種を購入し「ウルトラギガモンスター+」に加入で機種代金から10,800円割引12ヵ月以内に解除すると別途5,000円が必要
iPhone XR ハッピーキャンペーンiPhone XRを2年契約/2年契約(フリープラン)などで加入すると10,800円割引対象機種はiPhone XRのみ
みんな家族割+ウルトラギガモンスター/ウルトラギガモンスター+の家族加入人数に応じて最大2,000円割引家族での契約が必要
ソフトバンクオンラインショップの新規・MNPで使えるキャンペーン|2020年2月
ドコモ・au・ソフトバンクのMNPキャンペーン比較
  • 「MNP向けのキャンペーン」として考えると、 3キャリアの中で最もお得に最新iPhoneを購入できるのはau
  • au…新規契約・MNPで10,000円分のキャッシュバッククーポンがもらえるキャンペーンを実施
  • ドコモ…MNP専用のキャンペーンはほとんど存在しない。ドコモ光またはdカード GOLDの申込みをすればMNP時に10,260円分のdポイントを還元
  • ソフトバンク…ワイモバイルの対象機種からのMNPに限り、事務手数料+通信料で最大39,500円割引

MNPキャンペーン以外でお得にする方法は?

「MNP向けのキャンペーン」として考えると、3キャリアの中で最もお得に最新iPhoneを購入できるのはauではないでしょうか。

「今ならauの乗り換えがおトク!」を利用すれば10,000円のキャッシュバックが受けられますし、auは発売当時よりiPhoneの価格を安く抑えています。

また、「オンライン購入限定キャンペーン」の対象機種に最新iPhoneが含まれれば、更にお得にできるのではないでしょうか。

半額キャンペーンや下取りプログラム


画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ドコモ・au・ソフトバンクには、端末を分割払いで購入する際に使える半額キャンペーンが提供されています。

ドコモは「スマホおかえしプログラム」、auとソフトバンクは「半額サポート」や「アップグレードプログラム」が機種代金を半額にできるものです。

これらのキャンペーンを利用した場合、ハッピープライスキャンペーンが提供されているソフトバンクの機種代金が最安となります。

最終的にキャリアへ端末を返却しなくてはなりませんが、2年周期で最新iPhoneを購入したいなら利用する価値は十分にあるでしょう。

ただしauのアップグレードプログラムEX/(a)などは9月中に終了する予定ですし、今後最新iPhoneがこれらのキャンペーンの対象機種になるかはまだわかりません。

この他旧機種を買取り独自のポイントで還元する下取りプログラム(キャンペーン)も各キャリアで利用できます。

既に使わなくなった機種があるなら、最新iPhone購入と同時に下取りプログラムを活用してみてはいかがでしょう。

3キャリアの半額キャンペーン/ iPhone XR/64GB

 キャンペーンiPhone XR/64GBの価格(税込)
ドコモスマホおかえしプログラム
(36回割賦払い)
62,208円
auアップグレードプログラムEX(48回割賦払い)
アップグレードプログラムEX(a) (24回割賦払い)
58,560円(9,360円はプログラム料)
49,200円(プログラム料割引中)
ソフトバンク半額サポート
(48回割賦払い)
53,280円(ハッピープライスキャンペーンを利用で47,880円)

最新iPhone発売後は新たなキャンペーンが登場する可能性あり

キャリアのMNPキャンペーンは年々少なくなっており、2019年現在で利用できるものはほとんどありません。

キャンペーンこそ少ないですが2019年9月までであれば3キャリアの中でauが最もMNPに適しているのではないでしょうか。

大手キャリアはキャンペーンをはじめ、プランや通信料を定期的に刷新しています。

今後も新たなキャンペーンが登場すると思われますので、MNP予定の方は各キャリアのHPを逐一チェックするようにした方が良いでしょう。

MNPと同時に各キャリアの現状料金プランも確認しておきたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

携帯解約違約金1000円はいつから?現状の料金プランで最安キャリアを確認
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ