Pocket

読了時間:約 2

昨年のiPhoneXに続き、新発表されるiPhone XsiPhone Xs Plus

特にiPhone Xs PlusはiPhoneシリーズ過去最大の画面サイズと有機ELディスプレイの美麗さが重なり最高のiPhoneになるのではと、今から人気が高まっています。

昨年のiPhone Xは10周年記念モデルということもあり、2017年11月の発売当初は人気が殺到して在庫確保が困難でした。今年も人気の色、人気の機種は売り切り必死ですぐには手に入らない可能性もあります。

そこで、今iPhoneXを購入するならどこが一番安いのかドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアで機種変更・MNP(乗り換え)の機種代金を比べ、新形iPhone Xsシリーズをできるだけ安く手にいれる方法を分析したいと思います。

購入を検討している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

そもそも機種変更とMNP(乗り換え)の違いがわからない

機種変更とMNP(乗り換え)の違いは?

機種変更とMNP(乗り換え)の違いを簡単に説明すると、機種変更とは「今現在スマホを契約しているキャリアで、新しいスマホを買う」ということです。たとえば、「今使っているスマホはauで契約していて、iPhoneXもauで買うよ」という方は機種変更に該当します。

それに対して、「今使っているスマホはauで契約しているけど、iPhone Xsはソフトバンクで買うよ」という方や「今使っているガラケーはドコモで契約しているけど、iPhone Xsはauで買うよ」などといった方は機種変更ではなく、MNP(乗り換え)となります。

MNPとは?機種変更との違いやキャリア乗り換えでお得なケースと注意点

MNP(乗り換え)と新規契約の違いは?

MNP(乗り換え)と機種変更の違いについては理解できたかと思います。
しかし、MNP(乗り換え)と新規契約の違いはいかがでしょうか?言葉の違いはわかっていても、契約上の違いは少しわかりにくいかもしれません。

その違いは、「今使っているスマホの電話番号を変えずにiPhone Xsでも引き継ぐか、新しく発行するか」ということです。

間違って新規契約した場合、新しく契約をする扱いとなるため、今まで使っていた電話番号が引き継がれることなく失効してしまいます。電話番号を変えずに継続して使いたい方はMNP(乗り換え)を行いましょう。

店舗で受付をすれば間違いはありませんが、オンラインショップで購入するときは注意が必要です。

ちなみにMNP(乗り換え)をするには、事前に乗り換える前のキャリアでMNP予約番号を発行する必要があります。発行したMNP予約番号は、乗り換え先のキャリアで契約時に必要となるので、事前に確認して発行しておくと手続きがスムーズです。

なお、MNP予約番号には有効期限があるので、期日に余裕を持って手続きしましょう。

ドコモ、au、ソフトバンクでiPhone Xsに機種変更する

ドコモで機種変更してiPhone Xsを購入する

ドコモの機種変更は、「現在使っているスマホ(ガラケー)はドコモと契約している」という方が対象です。

iPhone Xsに機種変更するには、まず登録手数料が掛かります。今使っている携帯端末がスマホかガラケーかによって料金は変わりますが、ドコモショップなどの店舗で手続きする場合は2,000~3,000円(税抜)となります。

ここで料金を抑えたい人はドコモのオンラインショップで手続きをすると、手数料が0~2,000円(税抜)になります。店員と相談しなくても自分で契約するプランなどを決められる方はネットでの手続きが良いでしょう。

知らないと損!ドコモ機種変更にかかる手数料をタダにする方法

現在、ドコモで販売されているiPhone Xの機種代金は、64GBが125,064円(税込)、256GBが143,856円(税込)となっています。かなりの高値ですが、実際にこの価格で購入することはほとんど稀と言っても過言ではありません。

その理由は「月々サポート」という割引キャンペーンにあります。
「月々サポート」は、購入日の翌月を1ヶ月目として最大24か月間、機種ごとに設定した一定額を毎月のご利用料金から割引くサービスです。

契約時に「月々サポート」の対象になれば、機種代金の負担を大幅に減らすことができます。仮に「月々サポート」が適用された場合、iPhoneXの機種代金は64GBなら125,064円→68,040円(税込)に、256GBなら143,856円→86,184円(税込)にまで割引されます。

    その「月々サポート」の適用条件は以下の3点です。

  • 指定の「基本プラン」に加入すること
  • 指定の「パケットパック/シェアオプション/パケット定額サービス」のいずれかに加入すること
  • 過去6ヶ月以内に機種を購入していないこと

これだけの条件なので、iPhone Xsを購入するほとんどの方が適用対象です。
指定の基本プランやパケットパックってなに?」と不安に思うかもしれませんが、ご心配なく。

iPhone Xsの基本プランは、現在「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」「データプラン」の4つのプランがありますが、すべて対象プランとなっていますし、パケットパックは「ベーシックパック」「ウルトラデータパック」と家族で分け合えるベーシック・シェアパックがありますが、こちらもすべて対象のパックプランとなっています。

最後の条件である、「過去6ヶ月以内に機種を購入していないかどうか」だけは注意しておくべきでしょう。

ドコモの月々サポートと端末購入サポートの違いは何?|機種変更とMNP別

auで機種変更してiPhoneXを購入する

auの機種変更は、「現在使っているスマホ(ガラケー)はauと契約している」という方が対象です。

iPhone Xsに機種変更するには、まず最初に機種変更をするための手数料が掛かります。今使っている機種がスマホかガラカケーかによって料金は変わりますが、2,000~3,000円(税抜)となっています。

現在、auで販売されているiPhone Xの機種代金は、64GBが128,160円(税込)、256GBが146,400円(税込)です。

かなりの高値ですが、契約時に「アップロードプログラムEX」あるいは「アップロードプログラムEX(a)」というプログラムに加入することで、機種代金の最大半額まで減額することが可能です。

iPhone Xsは同額程度。iPhone Xs Plusはそれ以上になると想定されます。機種変更時の4年縛りが総務省から警告受けているため、2年間での割引になると思われますが、若干高くなる可能性もあります。

「アップロードプログラムEX」あるいは「アップロードプログラムEX(a)」は名前が似ていて非常にややこしいのですが、プログラム内容もとても似ているので、細かく違いを説明していきます。

    「アップロードプログラムEX」は、

  • プログラム料金として、月額360円(不課税)掛かる
  • 機種代金を48回払いにしなければならない
  • 24ヶ月間利用後、新たに機種変更すると残りの機種代金の支払いが不要となる=機種代金が最大半額になる
    「アップロードプログラムEX(a)」は、

  • プログラム料金は全額割引される(無料)
  • 機種代金を24回払いにしなければならない
  • 12ヶ月間利用後、新たに機種変更すると残りの機種代金の支払いが不要となる=機種代金が最大半額になる

機種代金が最大半額になる仕組みは3番目の項目が関係しています。
ちなみに半額になった場合、iPhone Xの機種代金は64GBが64,080円(税込)256GBが73,200円(税込)となります。

この2つのプログラムは、iPhone X購入後の次の機種変更をするまでの見通しがある人にメリットがあります。たとえば、「いつも1~2年でスマホは買い替える」という人には向いていますが、「毎回スマホは3~4年以上使い続けている」という人は減額分が減ることになるのでメリットがありません。

iPhone Xs / Xs Plusの場合も似た価格帯になると思われます。

ソフトバンクで機種変更してiPhoneXを購入する

ソフトバンクの機種変更は、「現在使っているスマホ(ガラケー)はソフトバンクと契約している」という方が対象です。

iPhone Xsに機種変更するには、まず機種変更をするための手数料が3,000円(税抜)掛かります。残念ながら、ソフトバンクのオンラインショップでも同額です。

現在、ソフトバンクで販売されているiPhone Xの機種代金は、64GBが131,040円(税込)、256GBが149,280円(税込)です。かなりの高値ですが、契約時に「月月割」という割引サービスを利用して機種代金の実質負担額を軽減することができます。

ちなみにiPhone Xで「月月割」を利用する場合、64GBが63,600円(税込)256GBが81,840円(税込)となります。

さらに、「半額サポートfor iPhone」を利用すると、64GBが31,800円(税込)、256GBが40,920円(税込)まで減額できます。ただし、これにはいくつか条件があります。

  • 機種代金の支払いは割賦契約で48回払いする
  • 利用25ヶ月目に新たに機種変更をする
  • 次回機種変更時も同様の割引サービスに加入する
  • 次回機種変更時にiPhoneXはソフトバンクへ返却する

iPhone Xを購入して2年後には機種変更をする人にはメリットがありますが、2年以上続けてiPhone Xを使い続けていく人は減額分が減るため、メリットが少ないサービスとなっています。

iPhone Xsでも似た価格帯が提供される可能性が高いです。ただソフトバンクは非常にiPhoneへの思い入れが強いので、より意欲的な価格を設定して来る可能性は高いです。

ドコモ、au、ソフトバンクにMNP(乗り換え)してiPhone Xsを購入する

ドコモにMNP(乗り換え)してiPhoneXを購入する

MNP(乗り換え)する場合は、事前に現在契約しているキャリアでMNP予約番号を発行する必要があります。この作業をMNP転出と呼びますが、ここで知っているべきことは、MNP転出には手数料が掛かるということです。

手数料は各キャリアで定められているため、それも事前に確認しておきましょう。
ちなみに今現在のMNP転出手数料は、auでは3,000円(税抜)、ソフトバンクでは3,000~5,000円(税抜)となっています。

次にMNP予約番号を発行したら、ドコモで機種の購入と契約手続きを行います。
そこで今度は契約事務手数料として3,000円(税抜)が負担となります。残念ながらオンラインショップでの手続きも同額です。

iPhone Xの機種代金については、64GBが125,064円(税込)、256GBが143,856円(税込)となっていますが、これは「月々サポート」という割引キャンペーンにより64GBは68,040円(税込)256GBは86,184円(税込)に大幅減額できます。

ドコモへMNP|最新iPhoneに乗り換えて得するための最新情報!

auにMNP(乗り換え)してiPhone Xsを購入する

MNP(乗り換え)する場合は、事前に現在契約しているキャリアでMNP予約番号を発行する必要があります。この作業をMNP転出と呼びますが、ここで知っているべきことは、MNP転出には手数料が掛かるということです。

手数料は各キャリアで定められているため、それも事前に確認しておきましょう。
ちなみに今現在のMNP転出手数料は、ドコモでは2,000円(税抜)、ソフトバンクでは3,000~5,000円(税抜)となっています。

MNP予約番号を発行後、auで機種の購入と契約手続きを行います。
そこで今度は契約事務手数料として3,000円(税抜)が負担となります。残念ながらオンラインショップでの手続きも同額です。

iPhoneXの機種代金は、64GBが128,160円(税込)、256GBが146,400円(税込)ですが、契約時に「アップロードプログラムEX」あるいは「アップロードプログラムEX(a)」というプログラムに加入することで、機種代金の最大半額まで減額することが可能でした。

2つのプログラムは名前が似ていて非常にややこしいのですが、プログラム内容もとても似ているので、細かく違いを説明していきます。

    「アップロードプログラムEX」は、

  • プログラム料金として、月額360円(不課税)掛かる
  • 機種代金を48回払いにしなければならない
  • 24ヶ月間利用後、新たに機種変更すると残りの機種代金の支払いが不要となる=機種代金が最大半額になる
    「アップロードプログラムEX(a)」は、

  • プログラム料金は全額割引される(無料)
  • 機種代金を24回払いにしなければならない
  • 12ヶ月間利用後、新たに機種変更すると残りの機種代金の支払いが不要となる=機種代金が最大半額になる

機種代金が最大半額になる仕組みは3番目の項目が関係しています。
ちなみに半額になった場合、iPhoneXの機種代金は64GBが64,080円(税込)256GBが73,200円(税込)となります。ただし一括払いができない点や、2年以上iPhoneXを使い続けると減額分が減ってしまう点には注意してください。

ソフトバンクにMNP(乗り換え)してiPhone Xsを購入する

MNP(乗り換え)する場合は、事前に現在契約しているキャリアでMNP予約番号を発行する必要があります。この作業をMNP転出と呼びますが、ここで知っているべきことは、MNP転出には手数料が掛かるということです。

手数料は各キャリアで定められているため、それも事前に確認しておきましょう。
ちなみに今現在のMNP転出手数料は、ドコモでは2,000円(税抜)、auでは3,000円(税抜)となっています。

次にMNP予約番号を発行したら、ソフトバンクで機種の購入と契約手続きを行います。
そこで今度は契約事務手数料として3,000円(税抜)が負担となります。残念ながらオンラインショップでの手続きも同額です。

iPhoneXの機種代金については、64GBが131,040円(税込)、256GBが149,280円(税込)となっていますが、これは「月月割」という割引サービスを利用して機種代金の実質負担額を軽減することができます。

ちなみにiPhoneXで「月月割」を利用する場合、64GBが54,000円(税込)256GBが72,240円(税込)となります。

さらに、「半額サポートfor iPhone」を利用すると、64GBが27,000円(税込)、256GBが36,120円(税込)まで減額できます。ただし、これにはいくつか条件があります。

  • 機種代金の支払いは割賦契約で48回払いする
  • 利用25ヶ月目に新たに機種変更をする
  • 次回機種変更時も同様の割引サービスに加入する
  • 次回機種変更時にiPhoneXはソフトバンクへ返却する

iPhoneXを購入して2年後には機種変更をする人にはメリットがありますが、2年以上続けてiPhoneXを使い続けていく人は減額分が減るため、メリットが少ないサービスとなっています。

MNP予約番号の取得方法とキャリアを乗り換えにかかる費用

【検証結果】iPhone Xsを安く購入するために最適なのは?


ここまでiPhoneXを最も安く購入する方法について、ドコモ、au、ソフトバンクの各3社から機種変更とMNP(乗り換え)を含め比較してきました。

結果としては前年度のiPhone Xの場合、ソフトバンクにMNP(乗り換え)することが最もiPhoneXを安く購入できるということになりました。

「月月割」+「半額サービスfor iPhoneX」を利用している場合、64GBは27,000円(税込)256GBは36,120円(税込)となりますが、「月月割」だけを利用している場合でも64GBは54,000円(税込)256GBは72,240円(税込)と他の2社と比べて最も安く販売しています。

以上のようにソフトバンクで人気のサイズ、人気のカラーを選ぶのが最も安くiPhone Xs / iPhone Xs Plusを購入できる可能性が高いですね。

特に64GBは他社と比べ機種代金の差が約1万円もあったので、もし検討している方はソフトバンクを選ぶとお得に購入できる可能性が高そうです。

ただし、現在auで契約していてiPhoneXの256GBが欲しい方についてはauで機種変更する方が2,000円ほど安くなっていたので、そちらもご検討ください。

Pocket