iOS14の不具合とアップデートをおすすめしない理由と新機能まとめ

iPhoneでiOS14へアップデートすると不具合が起こる可能性があるので、注意点をまとめました。またiOS14で利用できるようになった新機能についても解説しています。自身のiPhoneで不具合が起こらないか確認してから新機能を楽しみましょう。

  • 2020年9月25日
iOS14

日本時間9月17日に公開されたiOS14は待望のウィジェットカスタマイズなど魅力的な機能が多く追加されています。

ただし、すでにアップデートを行ったユーザーを中心にいくつかの不具合も報告されているようです。

ここでは現時点で確認されているiOS14の不具合とアップデートをおすすめしない理由を解説しています。

iOS14へのアップデートがこれからという方は、是非確認しておいてください。

■新型「iPhone12 mini」の最新情報!

iPhone12mini/iPhone12ProMaxの発売日と予約方法・在庫確認する方法はこちらから確認できます。

iOS14に不具合はある?

iOS14
iOS 14 – Apple(日本)

2019年のiOS13のころはモバイルデータ通信で「圏外」になるなど致命的な不具合があったことを考えると、iOSは順調な滑り出しとなっています。

ただし、現時点で「デフォルトアプリ変更」に関する比較的大きなバグが発見されていますし、利用しているアプリによってはうまく動作しない可能性もあります。

iOS14で確認されている不具合

iOS14不具合情報
  • 「デフォルトアプリ変更」に関する不具合
  • iPhone 7のカメラやライトがうまく起動しない
  • ショートカットアプリでAirplay2が起動しない(Siriから)
  • ウィジェットが断続的に更新されなくなる
  • 時計アプリの時刻表示がずれる など

既にiOS14をお手持ちのiPhoneにインストールしたユーザーを中心に、いくつかの不具合が報告されているようです。

例えばiOS14ではデフォルトでインストールされているメールやブラウザーを変更できますが、端末を再起動すると元に戻ってしまうというもの。

また、iPhone 7にiOS14をインストールすると撮影ができない・ライトが点かないなどの不具合も報告されています。

この他「Siriからの操作でショートカットアプリを使うとAirplay2が起動しない」など軽微な不具合は多数あります。

端末が動作しなくなるほどの大きなバグはまだ無いようですが、ユーザーによっては見逃せないポイントとなるでしょう。

アプリは一部機能が制限される可能性も

iOS14についてのお知らせなどをチェックする方法
  • アプリ内のお知らせ情報から
  • アプリの公式HPから

現在利用しているアプリによっては、iOS14にアップデートする事で何らかの不具合が発生する可能性もあるでしょう。

特に注意したいのは利用している方も多いキャッシュレス決済サービスや銀行の残高確認アプリ、ゲームなどです。

利用者の多いアプリに関しては不具合修正もスムーズですが、一応アップデート前に確認しておく事をおすすめします。

iOS14へのアップデートをおすすめしない理由3つ

アップデートをおすすめしない理由
  • 端末・アプリに不具合が出る
  • 普段使いには困らない
  • セキュリティも問題なし

iOS14では様々な新機能を利用する事ができます。

ホーム画面のウィジェットを自由自在にカスタマイズできる点をはじめ、全体的に便利な機能が多く搭載されているのも魅力的。

iOSのアップデートは「これまでできなかった事」が出来るようになるのが魅力ですが、以前のOSでも普段使いに困るような事はありません。

軽微な不具合の修正・セキュリティアップデートに関しては定期的に更新されますので、今すぐiOS14にしなくてはと慌てる事もないでしょう。

それよりも普段使っているiPhoneに不具合が出る事の方がデメリットとしては大きいと言えます。

不具合は今後Appleによって順次修正されていくはずですので、ある程度環境が整ってからアップデートを行うのをおすすめします。

iOS14の新機能・対象機種

iOS 14 - Apple
iOS 14 – Apple

リリース直後という事もあり不具合の報告はありますが、その点を差し置いてもiOS14が魅力的なOSである事は間違いありません。

最後にiOS14の新機能や対応機種をご紹介します。

iOS14の新機能

iOS14の主要新機能
ウィジェット・ウィジェットを再設計
・自由にカスタマイズできる
メッセージ・チャットの使いやすさ向上
・リスト上部にピン固定などができる
マップ・位置情報精密化
・自転車や電気自動車のマップも見れる
翻訳・会話モードも簡単に起動可
・オフラインでも利用できる
Siri・新しいコンパクトなデザインを採用
ホーム・HomeKit対応アクセサリの活用がさらに便利に
safari・パフォーマンス、セキュリティ向上
車のキーとCarPlay・iPhoneで車のキー解除、エンジンもかけられる
AirPods・サラウンドサウンドなど新たな機能を追加
App Clip・App Storeのアプリ利便性向上
プライバシー・マイクやカメラのインジケータ表示など、プライバシー性向上

iOS14で利用できる機能は特に注目されているウィジェットに関するものを含めて多数あります。

すべてではありませんが、iOS14のトップページで紹介されている主要な機能を一覧にまとめてみました。

アップデートされるたびにより便利に使いやすくなっていくのはiOSの魅力の一つとなっています。

iOS14の対象機種

iOS14の対応iPhone
2020年4月発売iPhone SE(第2世代)
2019年9月発売iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
2018年9月~10月発売iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
2017年11月発売iPhone X
2017年9月発売iPhone 8
iPhone 8 Plus
2016年9月発売iPhone 7
iPhone 7 Plus
2016年3月発売iPhone SE(第1世代)
2015年9月発売iPhone 6s
iPhone 6s Plus

iOS14のアップデートに対応するiPhoneは全15機種。これ以外にiPod Touch(第7世代)にも対応しています。

2015年に発売されたiPhone 6s/6 Plusまで対応しているのは驚きです。

ただし古いiPhoneの場合、新しいOSで紹介されているすべての機能が使えない可能性もあります。(例:iPhone 8以降対応の背面アップ機能など)

iOS14のアップデートは慎重に

iOS14は2015年発売のiPhone 6sシリーズまでを対象としており、様々な便利機能を追加できるのが魅力的です。

しかし、本文中でご紹介したように軽微な不具合は多数報告されているようです。

iOSはもちろん、AndroidでもOSリリース直後は不具合やバグが見つかるものですが、それらの不具合は順次修正されていきます。

iPhoneを安心して使っていくためにも、OSリリースからある程度期間を空けてからアップデートを行うのが良いのではないでしょうか。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
mikeneko
mikeneko
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが2年ほど前に格安SIMを使い始めました。 機種情報はもちろん、料金プランなどお得な情報をわかりやすくご紹介していきます。