iPhoneコントロールセンターの使い方|表示方法・カスタマイズとは

  • 2020年6月12日

iPhoneで使える「コントロールセンター」機能はiPhoneに予め搭載されている機能へクイックアクセスできる便利なものです。

実はこのコントロールセンターはiOSが更新される度に機能の拡充が図られており、最近だとiOS11への移行に伴って機能が大幅に変更されました。

特に注目しておくべきなのは、コントロールセンター内の項目をカスタマイズ出来るようになった点でしょう。

ここではそんな新しく追加された機能であるカスタマイズの使い方に加え、コントロールセンターの基本的な使い方や表示方法をご紹介します。

iPhoneを使っている方はもちろん、これからiPhoneへ乗り換えようと考えている方は是非目を通して見て下さい。

トップ画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch のコントロールセンターを使う/カスタマイズする – Apple サポート

コントロールセンターって?


コントロールセンターはロック画面でも使える珍しい機能で、iPhoneに搭載されている様々な機能を使ったり、接続の切替を行ったりすることが可能です。

本来、iPhoneの機能を使うには目当ての機能が含まれるアプリを開かなければいけません。

しかし、コントロールセンターに登録されている機能ならどこからでも瞬時に開くことが出来ます

初期状態でコントロールセンターに追加されている機能は、

  1. 機内モード・Wi-Fiの切替
  2. Bluetoothの切替
  3. モバイルデータ通信のON/OFF
  4. 再生している音楽・動画のコントロール
  5. 画面ロックのON/OFF
  6. ナイトモードの切替
  7. 光量・音量の調整
  8. フラッシュライト
  9. 計算機
  10. カメラ
  11. タイマー
  12. ミラーリングの切替

の12項目となっています。基本的な機能はほぼ揃っているため、カスタマイズすることなくデフォルトで使ってもまったく問題ない、という方も少なくないでしょう。

ただ、せっかく新しくなったコントロールセンターを使うのなら、自分好みにカスタマイズして、より使いやすくしておくことをおすすめします。

コントロールセンターの表示方法


画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch のコントロールセンターを使う/カスタマイズする – Apple サポート

iPhone 8までの表示方法

iPhone 8までのホームボタンが搭載されているiPhoneでコントロールセンターを開く際は、ディスプレイを下から上にスワイプします。

スワイプする際はディスプレイの下半分で行うようにすると良いでしょう。そうすれば誤って他のアプリが開くこともありません。

また、iPhone 8までのiPhoneでもiOSを11に更新すれば、iPhone X以降のモデルと同じくコントロールセンターをカスタマイズすることが可能です。

しかし、出来ることはiPhone X以降のモデルとほとんど同じであるものの、使い勝手だけは少し違うので、その点には注意しておきましょう。

iPhone X以降の表示方法

iPhone X以降ではiPhone 8までのモデルと違い、画面右上をスワイプすることでコントロールセンターを開くことが出来ます。

左上や画面の下部分をスワイプしてもコントロールセンターを開くことが出来ない点はつい忘れてしまいがちなので注意しておきましょう。

コツとしてはノッチの右側をスワイプするようにすると、ミスをすることなくコントロールセンターを開けます。

コントロールセンターの表示方法ト
  • iPhone 8までの表示方法…ディスプレイを下から上にスワイプ
  • iPhone X以降の表示方法…画面右上をスワイプ

コントロールセンターの使い方


画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch のコントロールセンターを使う/カスタマイズする – Apple サポート

通信関連の項目の使い方

コントロールセンターを開くと左上に表示される通信関連の項目では、

  • 機内モードのオン/オフ
  • Wi-Fiのオン/オフ
  • モバイルデータ通信のオン/オフ
  • Bluetoothのオン/オフ
  • インターネット共有のオン/オフ
  • AirDropの設定

という6つの機能を使え、各項目をタップすることで対応する機能のオン/オフを切り替えることが可能です。

ただ、AirDropに関してだけは例外で、タップするとAirDropで受信する範囲の設定を求められます。

また、AirDrop、インターネット共有のボタンはコントロールセンターを開いた状態では表示されません

ボタンを表示させたい時はコントロールセンターを開いた後、通信関連の項目が表示されているグループを長押しします。

音楽/動画コントローラーの使い方


コントロールセンターでは再生中の音楽や動画のコントロールを行うことも可能です。

音楽/動画コントローラーはコントロールセンターの右上にあり、タップすることで再生や一時停止、早送りや巻き戻しを行えます。

ただ、あくまで操作できるのは再生・一時停止・早送り・巻き戻しなどの基本的な機能のみで、10秒早送りというような特殊な機能については再現されていません。

そのため、コントロールセンターに備え付けられている音楽/動画コントローラーはあくまで補助的なものと考えておいた方が良いでしょう。

画面ミラーリングの使い方

画面ミラーリングとはiPhoneで表示している画面を他の機器に出力するための機能です。

コントロールセンターではこの画面ミラーリング機能を瞬時に使えるようになっており、タップすると出力先の候補が表示されます。

画面ミラーリング対応の機器を持っているのなら有用な機能ですが、Apple製品はiPhoneだけしか持っていない方にとっては使うことない機能と言えるでしょう。

光量/音量バーの使い方


コントロールセンターの右中央に位置する光量/音量バーは指でスライドすることで操作します。

光量は物理ボタンが存在しないためにコントロールセンターで操作することが多くなりますが、音量の調節をコントロールセンターで行うことはおすすめしません。

というのも、細かな調整を音量バーで行うのは難しい他、一部の音楽/動画プレイヤーはコントロールセンターを開くと止まってしまうのです。

何度もコントロールセンターを開いたり閉じたりして音量を調節するのは不便なので、音量の調節は物理ボタンにて行った方が良いでしょう。

その他のボタンの使い方

コントロールセンターにはご紹介した機能以外にも様々な機能が存在し、ほとんどの機能はコントロールセンターに表示されるボタンを押すことで使うことが可能です。

後述するカスタマイズ機能を使えば、コントロールセンターに新しい機能を追加することも出来るので、コントロールセンターをより便利にしたい方は試してみて下さい。

コントロールセンターの表示設定を変える


コントロールセンターはデフォルト状態ではロック画面やアプリを開いた状態でも開くことが出来ますが、設定により表示できないようにすることも可能です。

ロック画面でコントロールセンターを開けないようにする際は、

  • 設定を開く
  • FaceID(TouchID)とパスコードをタップ
  • コントロールセンターをオフ

の手順で行えます。注意しておきたいのは、設定から直接コントロールセンターをタップしても表示設定を変えることは出来ないということです。

一方で、アプリを開いた状態ではコントロールセンターが表示されないようにする際は、設定から直接コントロールセンターを開くことで設定を変えることが出来ます。

コントロールセンターのカスタマイズ


コントロールセンターは自分好みにカスタマイズすることが可能で、カスタマイズするとより簡単に様々な機能へアクセスすることが出来るようになります。

ただ、コントロールセンターのカスタマイズは比較的新しい機能であるため、どんなiPhoneでも使用できるというわけではありません。

現状はiOS11、iOS12でのみ使える機能なので、カスタマイズ機能を使いたいのならiOSを11以上にアップデートしましょう。

コントロールセンターに追加できる項目

コントロールセンターに追加できる項目はデフォルトで登録されているものも含めて、

  1. フラッシュライト
  2. タイマー
  3. 計算機
  4. カメラ
  5. QRコードスキャナー
  6. Apple TV Remote
  7. Wallet
  8. アクセシビリティのショートカット
  9. アクセスガイド
  10. アラーム
  11. ストップウォッチ
  12. テキストサイズ
  13. メモ
  14. 運転中の通知停止
  15. 画面収録
  16. 拡大鏡
  17. 聴覚サポート
  18. 低電力モード

の18項目です。追加できる項目はかなり多く、よく使う機能やアプリを登録しておけば、これまで以上に快適に機能・アプリを使うことが出来るようになるでしょう。

しかし、追加できる項目の中には、あまり登録をおすすめ出来ないものも存在します。

特におすすめ出来ないのは「Wallet」で、紛失・盗難時に不正利用される可能性を考えると、コントロールセンターには追加しない方が良いでしょう。

コントロールセンターを使う際の注意点

ワイモバイルの料金まとめ

項目を追加し過ぎない

コントロールセンターに追加できる項目は非常に多いため、ついあれもこれも追加したくなってしまいます。

しかし、あまりに多くの項目を追加してしまうと逆に使いにくさの方が目立ってしまい、本来コントロールセンターが持つ便利さを失ってしまいかねません。

そのため、コントロールセンターに項目を追加する際は、本当に必要な項目なのかどうかをよく吟味するようにしましょう。

利用頻度の少ない機能であれば、あえてコントロールセンターに追加しない方が良いこともあります。

完全にオフに出来ない機能がある

iOS10までのコントロールセンターではWi-FiやBluetoothをオフにすると完全に接続が切断されていました。

しかし、大幅に機能が刷新されたiOS11以降はコンタクトセンターからだとWi-FiやBluetoothを完全にオフにすることが出来なくなっています

そのため、Wi-FiやBluetoothを完全に切断したい場合は、設定からWi-FiやBluetoothの接続切断処理を行わなければいけません。

面倒ではありますが、Bluetoothで接続された機器の誤作動や意図しないWi-Fiへの自動接続を避けたいのなら、設定から操作を行いましょう

コントロールセンターを使う際の注意点
  • 項目を追加し過ぎない
  • iOS11以降はWi-FiやBluetoothを完全にオフにすることができない
  • Wi-FiやBluetoothを完全にオフにしたい場合は設定から処理を行う

使いこなせばiPhoneがもっと便利になる


コントロールセンターはiPhoneを使いこなす上で必ずマスターしておきたい機能のひとつです。

カスタマイズの手間を含めても複雑な機能ではないため、この記事を読むだけですぐに使いこなすことが出来るでしょう。

まだカスタマイズをしたことがないという方は、是非この機会にコントロールセンターを自分用にカスタマイズしてみて下さい。

最適なカスタマイズが出来れば、よりスムーズに様々な機能へアクセス出来るようになるため、iPhoneが更に便利になります。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
empire
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。