読了時間:約 2

なんだか最近iPhoneの充電の持ちが悪いみたい…と気になりはじめているなら、そろそろバッテリー交換が必要です。

iPhoneのバッテリー交換は自分でできないので、修理に出さなければなりません。

この記事では、iPhoneのバッテリー交換で気になる費用やどんな業者がおすすめなのかについて解説しています。

iPhoneのバッテリー交換・基本のキ

iPhoneのバッテリー交換は自分でできない


画像引用元:Contact Apple Support

iPhoneのバッテリー交換で基本のキといえることは、「iPhonのバッテリー交換は自分でできない」ということです。

以前はスマートフォンの裏側からカバーを開けて簡単にバッテリーを交換できていましたが、iPhoneの場合だと自分ではまずできないでしょう。

バッテリー交換はお店でやってもらうしかありませんが、iPhoneを分解して行うことになるため修理扱いとなります。

iPhoneのバッテリー交換はキャリアでもできない

これまでAndroidを愛用していた方の場合、愛機のトラブルは購入店であるキャリアや携帯ショップに持ち込めば解決してもらえたはずです。

ところがiPhoneに関しては、ごく一部のキャリア店舗でしか受け付けてもらえません。

つまり、基本的にキャリアや携帯ショップはiPhoneを販売しているだけで、修理に関しては「Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダへどうぞ」と案内されています

iPhoneのバッテリー交換はどこでできるの?


画像引用元:ストア一覧 – Apple Store – Apple(日本)

「Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダへどうぞ」といわれても、近くに店舗がない場合はどうすればよいのでしょうか。

国内のApple Storeは、東京に4店舗、名古屋・大阪・京都・福岡に各1店舗の計8店舗しかありません。

Apple 正規サービスプロバイダとしては「ビックカメラ」と「カメラのキタムラ」がありますが、どこの店舗でも受け付けているというわけではなく、都市部に集中しています。

とはいえ、いずれもApple の専門研修を受けた技術者によるApple 純正部品を使用しての作業となるため、品質については信頼できます。

また店舗やバッテリーの在庫状況によっては、その日の内にバッテリー交換をしてもらえることもあるので、iPhoneなしでは生活できないという方でも大丈夫です。

なお、持ち込み修理でいきなり店舗を訪れても受け付けてもらえず、あらかじめAppleのwebサイトから予約する必要があります

店舗に行けない人はどうするの?


画像引用元:Contact Apple Support

自宅や職場の近くにApple StoreもApple正規サービスプロバイダもない人の場合は、「持ち込み修理」以外に「配送修理」が用意されています。

「配送修理」は、Apple 指定の配送業者が集荷に来てApple リペアセンターへ配送してくれるというシステムです。

「持ち込み修理」「配送修理」ともに、Appleのwebサイトから事前に申し込みを行う必要があります。「修理サービスを申し込む」をタップするとトピックを選択できるようになります。

「配送修理」オプションを選択して手配するか、電話のオプションを選択して Apple サポートに連絡して手続きしてください。

なお予約の際にはApple ID とパスワードが必要となるので、連絡する前に確認しておきましょう。

バッテリーの交換をさぼっていたらどうなる?

劣化バッテリーを使い続けるとクラッシュするかも

iPhoneのバッテリー交換は手続きが面倒そうだし、まだ使えないこともないし、行けるところまで行ってみようか…と、劣化したバッテリーを交換せずに使い続けることはやめてください。

バッテリーが劣化するとバッテリー内で発熱するようになり、その結果バッテリー内部にガスが発生して端末本体が膨らんでしまうことがあるからです。

バッテリーにはリチウムイオンが使われていますが、リチウムガスは発火しやすい性質をもっています。

端末が壊れるだけではすまないかも

数年前に起きた某社のスマホ発火・爆発事件からも分かるように、バッテリーの不具合は大変危険です。

本体が破損するだけではすまず、大怪我をすることにもなりかねません。万一端末本体が異常に発熱していたり、膨らんでいたりしたら直ちに使用を中止してください。

なお、本体の膨張にまでいたらなくても、バッテリーの発熱によって基盤がダメージを受けて故障したり、バッテリーを交換しても電源が入らなくなったりして使用不能になることもあります。

面倒でも、バッテリーの交換は適切なタイミングで行ってください。

iPhoneのバッテリーで交換の目安


画像引用元:iPhone のバッテリーとパフォーマンス – Apple サポート

iPhoneのバッテリーは500回の充電で劣化してしまうため、だいたい2年くらいが交換の目安となっています。

バッテリーが劣化してくると、充電してもすぐに残量が減ってしまったり、パフォーマンスが低下したりといった「自覚症状」が現れてくるので、早めにバッテリー交換を検討していただければと思います。

なお、iPhoneの「設定」アプリからでバッテリーの状態を確認することもできます。「バッテリーの状態」画面の最大容量が80%を切れば、そろそろ交換のしどきです。

iPhoneのバッテリー交換の基本
  • iPhoneのバッテリーは500回の充電で劣化、だいたい2年くらいが交換の目安
  • iPhoneのバッテリー交換は自分でできない
  • iPhoneのバッテリー交換はキャリアでもできない
  • 持ち込みならApple StoreまたはApple正規サービスプロバイダへ
    配送修理も行なっている
  • 「持ち込み修理」「配送修理」ともに、Appleのwebサイトから事前に申し込みを行う必要がある

次のページでは、iPhoneのバッテリー交換で修理費用についてご紹介します。

1 2