iPhoneのバックアップ

読了時間:約 3

現在利用しているiPhoneが壊れたり紛失してしまった時のために、定期的にバックアップをとっておけば大切なデータを復元することができるので安心です。

パソコンを利用した「iTunes」とクラウドを利用した「iCloud」の2種類のバックアップや復元の手順と、エラーになる原因や対策方法も含めて詳しくご紹介します。

iPhoneのバックアップ|復元には「iTunes」と「iCloud」の2種類ある

バックアップ
画像引用元:iOS デバイスのバックアップについて – Apple サポート

日々増えて行く写真や動画、大事な連絡先やメールなど、無くなってしまうと困る情報がiPhoneの中にはたくさん保存されています。

急なアクシデントに備えて定期的にiPhoneのバックアップをとっておけば、データを復元することができて安心です。

iPhoneのデータのバックアップ方法は主にパソコンを利用した「iTunes」とクラウドを利用した「iCloud」の2種類があります。

iPhoneのデータの2種類バックアップ方法
  • パソコンを利用した「iTunes」…データを保存しておけるパソコンが必要
  • クラウドを利用した「iCloud」…Wi-Fi環境さえあれば外でもバックアップ可能

「iTunes」と「iCloud」それぞれでバックアップする際の違い

iCloud
画像引用元:iCloud Drive を設定する – Apple サポート

「iTunes」と「iCloud」にはそれぞれに特徴があります。

「iTunes」はデータを保存しておけるパソコンが必要になるので、基本的にパソコンのある場所でしか利用することができません。

しかしクラウド上にデータを保存する「iCloud」は、安定して通信できるWi-Fi環境さえあれば外でもバックアップをとることが可能です。

 iTunesiCloud
保存場所パソコン内部クラウド上
データ容量パソコンの空き容量に
左右される
最大2TB
(5GBは無料)
保存形式標準は暗号化しない
(手動で暗号化も可能)
常に暗号化
必要なものパソコンWi-Fi環境

それぞれにバックアップ対象外となるデータもあるので、バックアップできる対象データかをチェックしてから利用しましょう。

バックアップ対象外となるデータ
iCloud・iCloud にすでに保存されているデータ
(連絡先、カレンダー、メモ、iCloud 写真、iMessage、ボイスメモ、
テキスト (SMS) およびマルチメディア (MMS) メッセージ、ヘルスケアデータなど)*
・ほかのクラウドサービス (Gmail、Exchange メールなど) で保管されているデータ
・Apple メールのデータ
・Apple Pay の情報と設定内容
・Touch ID の設定内容
・iCloud ミュージックライブラリおよび App Store のコンテンツ
(すでに購入済みのコンテンツは、iTunes Store、App Store、ブックストアで
取り扱い継続中であれば、タップして再ダウンロードできます。)

※「iCloud にメッセージを保管」や iOS 12 以降のヘルスケアデータ、
またはボイスメモを使っている場合、コンテンツは自動的に iCloud に保管されます。
iCloud 写真を有効にしている場合も、コンテンツが自動的に iCloud に保管されます。
iTunes・iTunes Store および App Store から入手したコンテンツ、
 または Apple Books に直接ダウンロードした PDF
・iTunes から同期したコンテンツ
  (読み込んだ MP3 や CD、ビデオ、ブック、写真など)
・iCloud にすでに保存されているデータ
  (iCloud 写真、iMessage、テキスト (SMS)
  およびマルチメディア (MMS) メッセージなど)
・Face ID や Touch ID の設定
・Apple Pay の情報と設定内容
・Apple メールのデータ
・アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ
(これらのコンテンツをバックアップするには、
 iTunes でバックアップを暗号化する必要があります。)

バックアップ前の事前準備をしておこう

【iTunes】iTunesは最新版を利用しよう

最新版iTunes
画像引用元:最新バージョンの iTunes にアップデートする – Apple サポート

古いバージョンを利用している場合は最新版のiTunesにアップデートしておきましょう。

iOS 12のiPhoneの場合
WindwosiTunes 12.9(Windows 7以降)
macOSiTunes 12.8(macOS X 10.10.5以降)が必要

【iTunes】パソコン内の容量不足に注意

容量不足

パソコン内の保存容量が不足している場合は、古いiTunesバックアップデータを削除することで保存容量を確保できます。

今まで複数回バックアップしている方は、古いバックアップデータが残っている場合があるので確認しましょう。

【iCloud】iCloudのストレージ容量不足に注意

iCloud

iCloudの場合はストレージ容量が5GBまで無料で利用することができます。

iCloudのストレージプランと料金
5GBまで無料
50 GB130円/月
200 GB400円/月
2 TB1,300円/月

データ量が多い場合は有料で追加をするか、パソコンでバックアップをとる方法(iTunes)に変更しましょう。

【iCloud】Wi-Fi環境はデータ量に注意

Wi-Fi環境

iCloudバックアップ時にWi-Fi接続する際は、データ量の制限がないかをチェックしましょう。

もし制限があるWi-Fi環境を利用する場合はすぐに速度制限にかかることがあります。固定回線のWi-Fiを利用できる環境からバックアップを行いましょう。

また、モバイルデータ通信でのインターネット接続ではバックアップから復元できません

次のページでは、バックアップと復元の手順をご紹介します。

1 2