読了時間:約 2

2016年に発売されたiPhone 7 Plusは、大画面が特徴のiPhone。

Apple PayやTouch IDに対応している使いやすいモデルで、現在ではキャリア版もSIMフリー版も値下げが進み、購入しやすくなっています。

本記事では、そんなiPhone 7 Plusユーザーに向けて、2019年おすすめのケース・カバーを紹介します。

iPhone 7 Plus用のケース・カバーを探している方は参考にしてみてください。

トップ画像引用元:iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する – Apple(日本)

iPhone 7のおすすめケース・カバーランキング【2019年】

iPhone 7 Plus用ケース・カバーの種類

iPhone専用のケース・カバーは主に「シンプルケース」「バンパーケース」「手帳型ケース」の3種類が販売されています。

それぞれのケース・カバーのメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

ケース・カバーの種類 メリット・デメリット
シンプルケース 〇側面と背面を保護できる
〇価格・デザインともに選択肢が豊富
△液晶の保護は別途対策が必要
△熱がこもりやすい
バンパーケース 〇iPhoneのデザインをそのまま楽しめる
〇熱がこもりにくい
△側面以外の保護が手薄
手帳型ケース 〇液晶も保護できる
〇カードホルダーなどが備わっており機能性が高い
△サイズ・重量が大きいものが多い
△他に比べて比較的高価なものが多い

iPhoneでは、本体のデザイン性を生かしつつ、保護性能も高められるシンプルケースが定番。

側面を中心に保護するバンパーケースは若干ラインナップが少なくなっています。

ケース・カバーはiPhone 8 Plusと兼用可


iPhone 7 PlusとiPhone 8 Plusのサイズを比較すると以下の通りです。

  • 【iPhone 7 Plus】高さ:158.2mm 幅:77.9mm 厚さ:7.3mm
  • 【iPhone 8 Plus】高さ:158.4mm 幅:78.1mm 厚さ:7.5mm

両機種のサイズ差は0.1~0.2mmなので、兼用のケースを購入しても問題ありません

iPhone 8 / 8 Plus / 7サイズまとめ|大きさ・重さの違いを比較

iPhone 7 Plus用おすすめケース・カバー6選


ここからは、iPhone 7 Plus用のおすすめケース・カバーを紹介します。

商品名の後に【】でケースのタイプも記載していますので、お目当てのタイプがある方は参考にしてください。

なお、価格については2019年4月時点のAmazon、Apple公式サイトの価格を参照にしています。追記がなければ価格は税込み価格です。

Apple iPhone 8 Plus / 7 Plus シリコーンケース【シンプルケース】


画像引用元:iPhone 8 Plus / 7 Plusシリコーンケース – ホワイト – Apple(日本)

高品質なケースを求めるなら、Appleから2種類の純正ケースが販売されています。

シリコーンケースは内側がマイクロファイバー、外側がシリコーンで作られたシンプルケース。

価格は4,500円(税別)と若干値が張りますが、さらさらとした手触りの良さと、滑りにくいホールド感は純正ケースならでは。一度使ったらクセになる使い心地です。

デザインはシンプルながら統一感があり、iPhone本体との相性も抜群。背面にはアップルのロゴが刻印されています。

カラーはホワイト、ブラック、ブルーコバルト、ダークオリーブなど全12色。

Apple iPhone 8 Plus / 7 Plus レザーケース【シンプルケース】


画像引用元:iPhone 8 Plus / 7 Plusレザーケース – トープ – Apple(日本)

Apple純正ケースのもう1種類はレザーケース。背面のAppleロゴやシンプルなデザインはシリコーンケースと共通しています。

内側はマイクロファイバー製で本体をしっかりと保護。外側は特殊ななめし加工を施したヨーロピアンレザーを採用しています。

価格は5,800円(税別)とシリコーンケースよりも高いですが、その分見た目と手触りに高級感があります。

カラーはブラック、サドルブラウン、ミッドナイトブルーなど全12色。

次のページも引き続き、iPhone 7 Plusのケース・カバーをご紹介します。

今だからこそiPhone 6S / 7 / 8 / Xが買いな理由とオススメキャリア
1 2