iPhone 7など高スペック&格安機種に変更ならMNPが得!

  • 2021年1月17日
iPhoneの操作

最新のiPhone 8が販売されたことで、iPhone 6S / iPhone SE / iPhone 7の市場価格が安くなりました。

まさに今が中古の売り時でもあり、新品の買い時でもあります。

例えば、一括購入で、iPhone7(32GB)が総額10,368円・24回分割で月額432円(ドコモオンラインショップ 2018/3調べ)と、発売当時の数万円と比較したら、たった1年でここまで安くなるのかと言えるほど驚きの価格です。

iPhone8はいわば過去の型番表現でいけばiPhone 7S相当ですから、iPhone7と比較してもほとんど差がありません。

利便性で言えばワイヤレス充電ぐらいでしょうか?

ディスプレイもiPhone7とiPhone8は4.7インチ。画質も一緒。

唯一、違うところは、iPhone8には「True Toneディスプレイ(周辺の環境光に合わせて輝度が変わる)」が採用されているくらいです。

目には優しいかもしれませんが、決して必須という訳ではありません。

またiPhone7に採用されたA10チップは当時からPCすら超えていると評判のスペックですから、iPhoneのみならず他のAndroidと比較してもトップクラスは維持しています。

もし安く機種変更したい。でも妥協したくない!というならiPhone 7はおすすめです。

最新のiPhoneもMNPだとお得に購入できる!?
携帯乗り換えのMNPだと、通常の機種変更よりも特典が手厚くなる傾向にあります。オンラインショップ限定のキャッシュバックやキャリア公式のMNPキャンペーンを賢く利用すれば、値段が高い最新iPhoneをぐっと安く購入することができます。
詳しくは最新iPhoneへMNPで得する方法|3大キャリアを徹底比較

ドコモ iPhone 7の評価レビュー|型落ちのメリット・デメリット

iPhone 7 に機種変更するときのポイント


iPhone7のカラーは「ローズゴールド」「ゴールド」「シルバー」「ブラック」「ジェットブラック」が販売されています。期間限定の「レッド」もありましたが、こちらはすでに販売を終了しています。

(* どうしても「レッド」をという場合、電気店や中古ショップで購入できますがプレミアがついていて簡単に買える価格ではありません。)

特に深と艶のある高級感あふれた「ジェットブラック」が人気。ただし、指紋もつきやすいので扱いにはご注意を。

容量は32GB 128GB 256GBモデル。Apple PayのFeliCa対応・防水・防滴により非常に人気となったiPhone7です。進化が実感できる機種となっています。

しかし、いざiPhone7に機種変更したいと思っても、ショップに行くのは面倒と感じている方も多いのではないでしょうか。

ドコモ、au、ソフトバンクに共通して言えることですが、とにかく制約が多いのがショップの機種変更です。

  • 待ち時間が多い
  • 1年前の機種で在庫が無かった
  • ショップによって売っている値段が違う
  • 最安値で買いたいけど買い方がわからない

など、過去の経験から不安や不満も多く、躊躇してしまう方も多くいます。ましてやMNP(キャリア乗り換え)でiPhone 7など勇気がいります。

今回はそうして不安や不満を解消し、もっともお得に機種変更できる方法を紹介します。

機種変更・乗り換え(MNP)には必ず実行すべき3つのポイントがあります。

その3つのポイントとはー

  • 今持っている携帯(スマホ)が何年使っているのかを確認する。
  • 自分にとって最も安い変更方法を知る。
  • 最大3万円お得になる乗り換え(MNP)方法を確認する。

上記の方法を実践すれば、最大3万円もお得にiPhone7に機種変更可能になります。

ドコモ iPhone 8の評価レビュー|型落ちのメリット・デメリット

iPhone7をお得に入手するならキャリアのオンラインショップがおすすめ


いわゆるドコモショップかauショップと言われている店舗型の携帯ショップは「頭金」「事務手数料」を取られたり、しらずに有料コンテンツに加入したりと、余分にかかる費用があり、損をしたという方も多いでしょう。

ましてや今回のように1~2万円代の機種に変更するのに、その倍以上の金額の支払い契約となってしまったのでは意味がありません。

こうした間違いを避けるためにも、必ず以下を行ってください。

キャリアを変更すると違約金がかかるかどうかを確認

違約金が発生しない月に乗り換え(MNP)するとさらに得」にもあるとおり、キャリアを変更するタイミングを外すと違約金が発生します。

他のキャリアも選べる状況と、今のキャリアのまま機種変更するのではお得度が全く違います。

他のキャリアも選べる状況で機種変更を検討するとー

  • 乗り換え(MNP)と告げることで引き止めポイントがもらえる可能性がある。
  • 自分にとって最も安いコースに変更できる。
  • 乗り換え(MNP)が優遇されるキャンペーンが多い。
  • ソフトバンクにキャリア移動なら最大3万円のキャッシュバック。

など、お得な選択肢が増えます。
なので、「違約金がかからない月に機種変更を検討するのが最大で得できる」ことになります。

店舗ではなくオンラインショップで価格を確認

店舗での変更は賢明ではありません。特に、ある程度使っているユーザーにとって店舗でわかる発見はわずかです。

それに公式でも小さくしか載ってないような注意書きは、店舗側も口にしません。ユーザーのデメリットが記載されているからです。

聞かなければ答えてくれないのなら、少しの時間をかけても、このサイトのような解説を読んだ方が確実にお得に変更できます。

なので最低でも、公式オンラインショップを利用することを推奨します。さらにお得にしたいならMNPを推奨します。

ではオンラインでMNP、機種変更できるショップを見ていきましょう。

サイト名 MNP先 推定割引 評判・評価 ポイント
おとくケータイ ソフトバンク ★★★☆☆ ★★★★☆
  • 乗り換えなら一番おすすめ
  • キャッシュバック最高額を保証
  • 店舗運営費を抑えた分、キャッシュバック金額が大きい
  • 有料コンテンツの強制が無い
スマホ乗り換え.com ソフトバンク ★★★☆☆ ★★★★☆
  • 乗り換えならおすすめの一つ
  • 独自の割引額を提示して、金額面以外のサポートも厚い
  • 有料コンテンツの強制が無い
おトクのりかえドットコム ソフトバンク ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
  • 価格交渉可能
  • 有料コンテンツの強制が無い
  • 有名ショップ窓口
ドコモオンラインショップ ドコモ ★☆☆☆☆ ★★★★★
  • 機種が豊富で一括値引きが手厚い
  • 有料コンテンツの強制が無い
  • 最短15分で機種変更可能
auオンラインショップ au ★☆☆☆☆ ★★★★★
  • 料金プランが安い
  • 有料コンテンツの強制が無い
  • 最短15分で機種変更可能
ソフトバンクオンラインショップ ソフトバンク ★☆☆☆☆ ★★★★★
  • iPhoneの価格が最安値
  • ユニークなお得サービスが多い
  • 最短15分で機種変更可能

iPhone7に機種変更するもっともお得な方法はキャッシュバックがある、「おとくケータイ.net」「スマホ乗り換え.com」「SMARTPHONE STORE」「おトクのりかえドットコム」ですが、これだとソフトバンクの方はお得にできません。

そうした場合は「ドコモオンラインショップ」か「auオンラインショップ」でMNPの特典を受けるのが最も得となります。

各社MNP用の価格設定があるので、通常の機種変更より安く済む場合が多いです。

オンラインショップには、多くのメリットがありますので詳しく解説していきます。

オンラインショップを選択すべき6つの理由

(1)24時間いつでも在庫が確認できる

iPhone7のような1年前の機種を手に入れるためには、事前に在庫を確認しておく必要があります。特に色や容量にこだわるならなおさらです。

しかし、在庫を店舗に問い合わせるのは大変です。しかも営業時間内に。このような時は「公式オンラインショップ|ドコモ(link)|ソフトバンク(link)|au(link)」を利用しましょう。

各オンラインショップを見れば営業時間にとらわれることなく、24時間いつでも都合の良いタイミングで確認できます。

仕事や学校が忙しい方はもちろんですが、ショップが遠くてなかなか足を運ぶことができないという方にもオンラインショップがお勧めです。

(2)店頭での待ち時間がない

「機種変更の手続きのために店舗に行ったところ待ち時間2時間と言われた。」

店舗で優先的に案内される「来店予約」しとけばよかった!? いえいえ間違いです。

最初からオンラインショップで機種変更すればよかったのです。

特に週末は平日に比較するとお客さんの人数も大変多く、「来店予約」が取りにくく、待ち時間も長くなる傾向があります。特にスマホデビューが多い春先は混み合う傾向にあります。

その点、オンラインショップなら、いつでも待ち時間なく短時間で手続きを終了することができます。

(3)予約してから入荷までが早い

iPhone7のような1年前の機種に限らず、最新の機種であっても品薄であれば、オンラインショップの方が確実に手にはいります。

なぜなら、オンラインショップは店舗ごとの区分けで在庫を争うのではなく、オンラインショップという日本全国をカバーする在庫を共有するからです。

対して、全国にある携帯電話ショップの方は店舗あたりの確保可能な在庫が限定されます。

場合によっては1度の入荷台数が数台なんてこともあり、このようなショップで予約をしたとしても自分の番まで回ってくるまでには相当な時間がかかることも珍しくはありません。

新機種を一刻も早く手にしたいという方にもオンラインショップはお勧めです。

(4)iPhone7の端末を取りに行く必要がない

オンラインショップの場合、注文した商品は自宅まで宅配で届けられますのでiPhone7を取りに行く必要がありません。

また、予約商品の場合には、初期の在庫に当たった場合には発売日当日に到着するように発送されるため、いち早く受け取ることができます。

ショップに足を運ぶ時間が確保できないという方や、予約商品を発売日当日に受け取りたいという方にもオンライショップはお勧めとなります。

(5)日本全国、どこでも送料無料で受け取ることが出来る

オンラインショップでスマホを注文する場合、日本全国送料が無料になります。また代金引換も手数料無料です。

ドコモオンラインショップ 2,500円(税抜)以上のお買い上げで無料
ソフトバンクオンラインショップ モバイル機器は日本全国無料
auオンラインショップ モバイル機器は日本全国無料

電車などの公共機関を利用して機種変更のためにショップに出向くことを考えると、交通費もかからない分お得です。

(6)その他

その他、下記のメリットがあります。

  • ドコモポイント(ドコモ)、auWallet(au)、Tポイント(ソフトバンク)が使える
  • 各社オンラインショップ限定のグッズがもらえる
  • 商品の品質、お客さま情報の管理方法、購入後のサポートも当然受けられる

2. 最大3万円得する「MNP引き止めポイント」をもらおう


参考:オススメ!iPhone 8 / Xに機種変更するお得な方法と手順・時期

ドコモショップやソフトバンクショップなどでは、「乗り換え(MNP)する人に引き止めポイント」とよばれるものを提供する場合があるようです。(絶対ではありません)

これを手に入れれば、最大2~3万円のポイントを獲得することも可能です。(絶対もらえる保証はありません。)

「乗り換え(MNP)する人に引き止めポイント」とは、簡単にいうと以下の通りです。

他社にMNP(乗り換えること)するとソフトバンクのオペレーターに伝えることで、ソフトバンク以外への乗り換えを思いとどまってもらうために発行してくれる「機種変更に使える割引ポイント」のこと

もちろん、全ての場合で「MNP引き止めポイント」がもらえるわけではありませんが、以下の方法であれば高確率でもらえますので、ぜひ実践してみてください。

MNP引き止めポイントを発行してもらう手順

  1. まずは携帯会社に電話をかける
  2. 「MNP予約番号」を取得したいという旨を伝える

1. まずは携帯会社に電話をかける

「MNP予約番号」を取得したいという体裁で、いまお使いの携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)に電話をします。

ドコモ(受付時間:9:00〜20:00)
  • 携帯からの場合:151へ電話
  • 一般電話からの場合:0120-800-000へ電話
au(受付時間:9:00〜20:00)
  • 一般電話/携帯電話共通: 0077-75470へ電話
ソフトバンク(受付時間:9:00〜20:00)
  • 携帯電話からの場合: *5533へ電話
  • 一般電話からの場合: 0800-100-5533へ電話

「MNP予約番号」を取得したいという旨を伝える

まず、「乗り換え(MNP)する人に引き止めポイント」をズバリ聞くのはやめましょう。ポイント欲しさに電話をしても、それらは与えてくれません。各携帯会社の切り札なので、簡単には発行されません。

本当は引き止めポイントが欲しいのだろうという気持ちが伝わってしまうと、オペレーターの人も「MNP引き止めポイント」を発行してくれない可能性が高まってしまいます。

「MNP予約番号の発行をお願いします」とだけ、シンプルに伝えましょう。(※「MNP予約番号」とは、乗り換えに必要なIDのこと)

その時に乗り換え理由を聞かれます。返答としては「他社への乗り換えであれば、キャッシュバックが出るみたいなので迷っている」という現状の迷いを伝えることです。

「絶対に乗り換えをするぞ」という固い気持ちではなく、発行したら思いとどまってくれるかもという話し方が重要です。

使えるフレーズ例
  • MNP予約番号の発行をお願いします
  • au(ドコモ、ソフトバンク)のiPhone X・iPhone8に乗り換えようと考えています
  • 乗り換えると3万円くらい安くなるとネットで見ました

注:ここでもし「MNP引き止めポイント」がもらえず、すんなり「MNP予約番号」を発行されてしまっても、特に費用はかかりません。

また、MNPの意思がないなら、そのまま放置しても大丈夫です。期限は自動的に切れます。

ドコモでMNP引き止めポイントを貰う方法
ソフトバンクでMNP引き止めポイントを貰う方法
auでMNP引き止めポイントを貰う方法

オンラインショップで機種変更の流れ

公式オンラインショップでの機種変更の流れを知ることはとても重要です。

MNPでキャッシュバックを受け取る時も、本来の価格とパッケージをしっていれば、他社経由で申し込む時も余分な経費が必要無くなります。

ドコモオンラインショップの例

まずは料金の確認をしてみましょう。iPhoneの料金シミュレーションが可能です。

以下のような感じでどうすれば月額が抑えられるのか、いろいろ試してみることができます。

ソフトオンラインショップの例

ソフトバンクの場合は料金シミュレーターより購入するを途中まで進めて、個人情報入力手前で辞めるのが一番正確な情報を出せます。

・iPhone 7のページを開きます。
https://www.softbank.jp/mobile/iphone/iphone-7/
・購入するボタンを押すとプラン設計が始まります。
・個人情報を入れない限り購入することはできないのでご安心を。
(*すでにソフトバンクユーザーでログイン済みの場合は、ログアウトを必ずしてください。)

auオンラインショップの例

auの場合はiPhone7が「在庫なし」のため購入ができませんでした。auは古い機種が品薄なことも少なくありません。まずは在庫を確認しましょう。

その上で、iPhone料金プランシミュレーターを使います。

auはiPhone料金プランシミュレーターだと、すごく安く感じますが、1GBのピタッとプランの価格でかつ、1年間限定の-1000円がついた価格です。実際には+4,000円でドコモ・ソフトバンクと横並びなので注意です。

3. iPhone7に機種変更するか決定する

手続き
iPhone7は、本体価格でいうと8万円以上しますが、今となっては旧機種です。本当にiPhone7でいいのか以下の3つのポイントから考えると後悔ないでしょう。

スペックを確認しよう

iPhone7を、前作のiPhone 6s、最新のiPhone 8と比較しました。太字の部分が大きく変わったところです。

iPhone 6s iPhone 7 iPhone 8
ディスプレイ 4.7インチ
Retina HDディスプレイ
4.7インチ
Retina HDディスプレイ
4.7インチ
Retina HDディスプレイ
カメラ 12MP 12MP 12MP
手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
カメラズーム 最大5倍のデジタルズーム 光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム 光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(30fps) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
フロントカメラ FaceTime HDカメラ FaceTime HDカメラ FaceTime HDカメラ
生体認証 Touch ID Touch ID Touch ID
チップ A9チップ A10 Fusionチップ A11 Bionicチップ
ワイヤレス充電 × × ワイヤレス充電対応
容量 32GB
128GB
32GB
128GB
64GB
256GB
Retina HDディスプレイ Retina HDディスプレイ Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi 1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi 1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
1,400:1コントラスト比(標準) 1,400:1コントラスト比(標準) 1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneフラッシュ クアッドLED True Toneフラッシュ クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
重量 143 g 138 g 148 g
防沫性能、耐水性能、防塵性能
電源とバッテリー 連続通話時間最大14時間/高速充電対応 連続通話時間(ワイヤレス):
最大14時間/高速充電対応
連続通話時間(ワイヤレス):
最大14時間/高速充電対応

比較しても大きな変化が無いように見えるiPhone6SとiPhone7/iPhone8です。

特に大半の改良点がiPhone7で導入済みなのでiPhone 8との比較をしても、その差を見つけるのが難しいでしょう。

日本を意識したiPhone7の機能

日本のスマホにもはや欠くことができないのが防水・防塵とおサイフケータイ機能ですね。

いずれもiPhone 7では完全装備されたため、文句無しの仕上がりです。機能的に不満に感じる点はほぼ解消されたと思います。

iPhone7の防水・防塵機能がどのようなものかというとIP-67という規格になっています。

このIP-67とは防塵機能では粉塵が本体内部に侵入しないレベルとなっており、防水機能では水深1mに30分程度浸しても本体内部に水が侵入しない構造であるというものになります。

台所周りで多少の水がかかる程度では全く問題がありませんし、お風呂の湯船に落としてしまったとしても問題がないレベルということになります。

本体価格は納得のいくものか

下記は、iPhone7(32GB)の機種変更時の本体価格ですが、新機種の発売に伴い発売当初に比較すると本体価格が引き下げられています。

本来の本体価格は、8万円近くと高額ですが、毎月の割引額が適応されることで実際に支払う金額はもっと安い金額になります。

具体的な各携帯会社の本体価格は以下の通りとなります。ただし、一括の場合は負担額が一時的に大きく、戻ってくる金額も大きいという

ドコモ au ソフトバンク
本体価格 82,296円 79,200円 88,080円
機種変更(月々割適用後) 432円×24ヶ月(10,368円) 562円×24ヶ月(13,500円) 450円×24ヵ月(10,800円)

ドコモがもっとも安く次いでソフトバンク、auになっています。いずれも1万円台と破格の価格。ただし学割との併用不可の場合もあるのでご注意を。

機種変更時とMNP時の本体価格と比較するとソフトバンクがもっとも開きが多く1万円程度も安くなります。auの場合には5千円程度の開きとなっていますが、ドコモの場合には同額となっています。

更に乗り換え(MNP)の場合には、以下のような特典も同時に受けることができます。

  • 各携帯会社から月々の通信料の割引
  • 携帯販売店からのキャッシュバック

より詳しくMNPについて知りたい方は、(参考記事抽出)をご覧ください。

誰よりお得にiPhone7に機種変更するには


ここまでお得にiPhone7に機種変更するための3ステップを紹介してきましたがいかがでしょうか。

機種変更の手続きをするショップの選択肢として各携帯会社の専売店の他にオンラインショップという選択肢があることがわかりました。

オンラインショップを選択することにより、金額だけではなく手続きにかかる時間や労力を大幅に削減することができます。

iPhone 7のように前の世代を購入する場合、キャッシュバックや特典、ポイントバックなどで逆ザヤ、つまりキャリア側が赤字になるようなすごい設定になります。

ただし、それがiPhone7で適用されるかはよく確認してください。

各携帯会社の機種変更の金額と乗り換え(MNP)の金額を比較してみて乗り換え(MNP)の方がお得になるようなら思い切って乗り換えによる購入を検討してみるのも良いでしょう。

iPhone7に機種変更するなら、

  • 乗り換え(MNP)をして「おとくケータイ」を利用することがもっともお得です。
  • どうしても今のキャリアのまま機種変更するなら ⇒『ソフトバンクオンラインショップ・ドコモオンラインショップ・auオンラインショップ』が現時点でのベストな選択でしょう。

乗り換え(MNP)を決断したならMNP予約の段階で「MNP引き止めポイント」を獲得できる場合もあります。

もし「MNP引き止めポイント」を獲得できたならその段階で再度、携帯会社を変えずに機種変更の場合と乗り換え(MNP)の場合でどちらがお得になるのかを再検討しても良いでしょう。

10分程度の電話で、最大3万円もお得になるのでやらない手はありません。ぜひお試しください。

iPhoneに関連するオススメ記事もチェック!

最新のiPhoneは値段が高い!でもどうしても欲しいという方のために、どこが一番安くお得に変えるか携帯キャリアや販売ショップ別に比較しています。
最新iPhoneはどこが1番安い?機種変更とMNP(乗り換え)で比較

毎年9月になると新型のiPhoneが発売して大注目を浴びます。そんな中、旧モデルは値下げ始めたりしており、実はお得に高スペックスマホを購入できるチャンスがあります。
買う?買わない?新型iPhoneの発売でiPhone 8とiPhone Xの値下げはあるか

iPhoneの最新モデルについてのリーク情報や噂などを紹介しています。
(噂)2018年発売のiPhone最新モデルに実装されそうな新機能とは?


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
スマホのススメ編集部
スマホやケータイの最新情報や、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルに関する総合情報メディア「スマホのススメ」の制作を監修。スマホのレビューやドコモのお得クレジットカードdカード GOLDについても解説しています。スマホ関連の「分かりづらい内容を分かりやすく」することを目標に、誰でも簡単にお得にできるようにユーザー目線で記事を配信しています。