キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

機種変更した際に今まで使っていたiPhoneをそのままキャリアの下取りに出すより、高く買い取ってもらえる業者があればお願いしたいところです。

端末利用2年以上の機種変更を検討される方が多いiPhone 6/6s/7ユーザーの方々に、ここではおすすめの買取業者と高価格で売るコツをご紹介します。

iPhoneを高価格で売るには

機種変更した後そのまま売るのはもったいないです。iPhoneをより高く買い取ってもらうためにはいくつかのコツがあります。

綺麗に掃除しておく

毎日使っていたiPhoneであれば、どんなに大切に使っていても汚れます。買取業者の方は細かくチェックしますのでしっかり綺麗に掃除しておきましょう。

ディスプレイは眼鏡拭きなどの柔らかい布で丁寧に拭いていきましょう。

また、パソコンの掃除などにお馴染みのエアダスターで、ライトニングコネクタなど細かい隙間に溜まりがちなホコリを噴出しておくのもおすすめです。

傷が酷ければ修理に出す

本体破損が酷い場合、Appleケアやキャリア独自の保険に加入している方は修理に出しておくのもおすすめです。

本体破損が酷いと買取額が低くなるばかりか、全く買取自体してもらえない可能性もあります。

しかし機種変更した後に修理に出すとなると保険の対象でなくなり、高額修理になる可能性があるため機種変更前に修理に出すのがポイントです。

また、せっかく修理に出しても修理代より買取価格が低い可能性もあるので、修理に出す前に買取業者に見積もりを出してもらいましょう。

初期化し購入時の状態に戻す

高額買取してもらうためのコツと言うよりは当たり前にしておかないといけないポイントですが、本体は買取に出す前に初期化が絶対です。

購入した当時の状態に戻すことで初めて買取査定してもらえます。もし何らかの故障で初期化できない場合は正直に申し出ましょう。

箱や付属品を揃える

iPhone本体がいくら綺麗であっても、箱や付属品が足りないと買取金額はダウンします。

各買取業者がWEBサイトなどで提示している買取目安金額は、基本的に箱や付属品も揃った状態の金額です。

もし一つでも足りないとその分金額が引かれていきますので、足りないものは準備しましょう。

できれば箱は購入時から捨てることなく保管しておくのが好ましいです。他の付属品と違い箱の側面には端末製造番号・IMEIが印字されています。

何も言わなくても査定の際に買取業者の方は、iPhone本体と箱が別物だとすぐ気づきます。

厳しいところだとせっかく用意した箱も最初から足りないものとして、買取価格に響くことがありますので注意が必要です。

SIMロックを解除

SIMロックとは、特定のSIMカードを挿入した場合のみ動作するようにスマートフォンやモバイルルーターなどの通信端末に施された機能の制限のことです。

SIMロックされていると販売元キャリアのSIMだけが利用できる状態で、他社のSIMを挿入しても利用することができません。

特にSIMロックがかかったままでも買取価格が大幅に下がるということはないので、無理にSIMロック解除を行わなくても大丈夫です。

しかしSIMロック解除済端末であれば、買取価格をアップしてもらえる可能性があります。

買取業者によっては買取価格アップキャンペーンなどで、SIMロック解除済端末を求めているところもあります。

キャリアや解除の方法によっては解除手数料が発生する場合もありますが、買取価格がその手数料以上のお店も多いのでぜひトライしてみましょう。

ネットワーク利用制限を確認

そして一番重要なのが「ネットワーク利用制限」の確認です。

ネットワーク利用制限とは通信事業者各社がある一定の条件で通話・通信の利用を制限する仕組みのことです。

例えば、不正契約された端末、本体代金の分割払いが滞っているなどした場合、通信事業者がその該当端末を使えないようにします。

ネットワーク利用制限がかかっているかの表示は下記3つに分かれており、状態を判断することができます。

  1. 【×】端末の本体代金が支払いが滞っている、または不正契約端末であることが発覚しため、通信の制限がかけられ使用できない状態。
  2. 【△】問題なく使用できる状態にあるが端末の本体代金の支払いがまだ完済していないため、今後制限がかかる可能性がある状態。
  3. 【〇】端末の本体代金の支払いも完済しており、通信の制限もない。問題なく使用できる状態。

×表示のネットワーク利用制限のかかった端末ではもちろん使うことができませんので、買取業者も買取をすることができません。

Android端末だと△表示は買取をお断りしている業者は多数いますが、iPhoneの場合は需要が多いため、△表示でも買取OKな業者がほとんどです。

しかし、もちろん〇表示の端末が一番求められていますので、ネットワーク利用制限が〇か△表示かで買取価格は変わります。

ご自身のiPhoneのネットワーク利用制限表示を確認し、本体代金の支払いが残っているようであれば完済しておいた方が良いでしょう。

ネットワーク利用制限確認するために

ネットワーク利用制限の確認方法は契約しているキャリアのネットワーク利用制限確認サイトで、iPhone本体のIMEIを入力するだけなのでとても簡単です。

またIMEIは、端末識別番号とも呼ばれる端末が持つ固有の番号です。IMEIは下記3つの方法で確認することが可能です。

  1. iPhone本体の外箱の側面に印字あり
  2. SIMトレイ(iPhone 6s以降のシリーズのみ印字あり)
  3. 本体の「設定」→「一般」→「情報」の順に進み画面中盤に記載あり

ご自身のiPhoneのIMEIをご存知でない方は早速確認してみましょう。

iPhoneを高価格で売るコツ
  • 綺麗に掃除しておく
  • 傷が酷ければ修理に出す
  • 初期化し購入時の状態に戻す
  • 箱や付属品を揃える
  • SIMロックを解除
  • ネットワーク利用制限を確認

店舗型の買取ショップ

店舗型の買取ショップの中から評判の良い買取業者をピックアップしました。また買取業者・店舗型のメリット・デメリットもご紹介します。

イオシス買取センター

東京秋葉原に数店舗、大阪日本橋や名古屋大須にも店舗があります。秋葉原の店舗はメイン通りに店を構え、買取業者の中でも有名なお店です。

iPhoneであればネットワーク利用制限が△表示のものも買い取ってくれます。

また日本人スタッフが対応してくれること、査定時間が早くすぐに現金化できるのも魅力的です。

チェーン展開している大手の買取業者は買取価格が安く、査定も厳しいところが多い印象が強いです。

しかしイオシスは「けっこう高い」と自負するだけのことはあり、買取価格も平均以上で利用者が多いお店です。

2019年4月現在キャリア販売のiPhone 6 128GBで17,000円、iPhone 6s 128GBで23,000円、iPhone 7 256GBで40,000円です。

イオシス公式サイト:iPhone(アイフォン)買取価格表【イオシス買取】

メリット・デメリット

店舗型の買取業者はのメリットはすぐに査定・現金化できるところです。

もちろん受付時間に限りはありますが、持ち込んだその日のうちに買い取ってもらうことができます。

デメリットとは店舗まで出向かう必要があることです。どんなに買取額目安が高くても、遠方のお店であれば交通費が高くつきます。

また、すぐに査定してもらえるとはいえ、混み合っていれば待ち時間が出ますのである程度時間に余裕をもっていきましょう。

宅配型の買取業者

買取ショップが近くにない、なかなか行く時間がない方におすすめなのが宅配買取です。

アイフォンプラザ

iPhone・iPadなどApple製品専門の宅配買取業者です。査定時にまず最初に送る際の送料着払い対応で負担がありません。

無料宅配キットを利用することができるため、ご自身で段ボールや梱包材を用意する手間もないため、初めて利用する方にも使いやすいのが魅力です。

故障したジャンク品の買取も行っているので、画面が破損している、水没してしまった端末も気軽に査定に出してみましょう。

買取価格目安は公開されていませんので実際査定にしないと言えませんが、高額買取としての評判も高いので一度気軽に査定に出してみてはいかがでしょうか。

メリット・デメリット

宅配買取のメリットは自宅に居ながら買取に出せる点です。わざわざ時間を使って店舗まで行かずに済みます。

査定結果を確認した後で買い取ってもらうかどうかを決めることができ、キャンセルの場合はiPhoneが送り返されてきます。

デメリットは即時現金化できないところです。まず査定してもらうのに業者へiPhoneを送り、結果を確認し了承したうえで買取金額が振り込まれます。

郵送期間も含めるとどんなに査定が早い業者でも数日かかるため、急いで買い取ってほしい時には不向きです。

また郵送時の梱包状態が悪ければ郵送中に破損する可能性もあり、予想していた金額よりも低い結果になることもあります。

フリマアプリ

フリマアプリはどなたでも気軽に利用することができます。価格も自分で決めることができるので査定結果を気にする必要もありません。

メルカリ

CMなどでもお馴染みの「メルカリ」は、出品までの手軽さと利用者が多いため売りやすく、また匿名配送を利用できる点が人気のフリマアプリです。

初めて利用する方にもわかりやすいガイドや、入力しやすいレイアウトも魅力です。

また、購入者と直接現金でやりとりをせず、間にメルカリが入って管理することで金銭トラブルを防ぎ安心して利用することができます。

iPhoneを始めスマートフォンを出品する場合は少し注意事項が多くなりますが、不明点は問い合わせをすれば丁寧に対応してもらえます。

通常の買取業者と違い事実をしっかり明記したうえでの出品であれば、本体の見た目がいかなる状態であっても出品可能です。

中には大きく画面破損しているiPhoneを、ジャンク品と説明し出品している方もいます。

メリット・デメリット

フリマアプリ、他にもオークション形式のものも含め最大のメリットは、価格を自分で決めることができる点です。

多少破損があっても査定されるわけではありませんので、自分の納得いく売りたい価格で出品することができます。

もちろん破損個所があるのに新品ですと偽っての出品はトラブルの元。詐欺まがいだと違反報告される可能性もありますので事実を記載しましょう。

デメリットは明確な買取時期がわからないことと、出品から梱包・発送までを全て自分でやらないといけない点です。

強気な価格で出品したものの、なかなか購入者が現れず数か月経ってしまうなんてこともあります。

もちろん出品してすぐに売れる可能性もありますが、そこから売上金が振り込まれるまで数日かかり、すぐに現金がほしい方には不向きです。

また、出品のために写真を撮ったり本体の状態を事細かに説明を載せたり、発送時に壊れぬよう梱包したりなど全て自分で行う手間があります。

手間のかかる作業が不得意な方にも向いていないでしょう。

買取業者のまとめ
  • 店舗型の買取ショップ「イオシス買取センター」…東京秋葉原に数店舗、大阪日本橋や名古屋大須にも店舗がある。査定時間が早くすぐに現金化できる。買取価格も平均以上で利用者が多い
  • 宅配型の買取ショップ「アイフォンプラザ」…iPhone・iPadなどApple製品専門の宅配買取業者。無料宅配キットを利用することができる。故障したジャンク品の買取も行っている
  • フリマアプリ「メルカリ」…自分の納得いく売りたい価格で出品することができる。出品のために写真を撮ったり本体の状態を事細かに説明を載せたり、梱包したり手間がかかる

買取金額以外の利便性も考慮して検討を

買取金額の高さだけで比較しがちですが、ご自身にとってどの方法が安心して売りやすいか、その他の諸経費が発生しないかも確認しましょう。

買取額の高さゆえに遠方の店舗に交通費をかけて出かけては、収支の差で他の買取業者とお得さが逆転することも。

お持ちのiPhone端末の状態、買取業者に売りに出すまでの流れもしっかり比較して一番良い方法でぜひ売りに出してみてください。