読了時間:約 2

2016年10月25日から日本でのサービスが開始されたApple Payですが、iOS12になってからはさらにお買い物をするときの決済が便利になっています。

iPhoneユーザーであればすでに利用しているという方もいれば、使い方がわからないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、iOS12でApple Payの設定方法と使い方のポイント、Apple Payを利用するならダウンロードすべきおすすめのアプリをご紹介していきます。

交通機関やお買い物に使えるApple Pay

Apple Payは現金を使うことなく、iPhoneまたはAppleWatchをかざすだけで簡単に決済ができるサービスです。自動販売機やコンビニエンスストアでのお買い物や、電車やバスなどの運賃を払うときに使えるので、お財布がなくても決済が可能となっています。

Apple Payでは幅広いクレジットカードにも対応しているので、今お使いのクレジットカードを登録するだけで簡単に利用することができるので、サービスに対応したクレジットカードをわざわざ発行する必要もありません。また、誰でも手軽に使える電子マネーにも対応しています。

通勤や通学で交通機関を利用している方、コンビニエンスストアやドラッグストアなどで電子マネーを使っている方にもおすすめのサービスです。利用することでクレジットカードや電子マネーのポイントを貯めることができるので、毎日の暮らしに役立つ便利なサービスとなっています。

Apple Payを利用する5つのメリット

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payを利用することで得られるメリットは5つあります。どのようなメリットがあるのか、ひとつずつご紹介していきます。

電車やバスなどをスムーズに利用できる

毎日の通勤・通学で電車やバスなどの交通機関を利用する場合、改札の前で何分間も待たされたり、バスから降りるときに小銭を用意し忘れたりといった事は誰しもが一度は経験をしています。

Apple Payを利用すれば、改札口や運賃箱の付近にある機器にかざすだけで支払いができるので、交通機関をスムーズに利用できます。

交通機関を利用される方はSuicaを使っている方が多いですが、残高が少なくなると「自動券売機」などでチャージする必要があります。しかし、Apple Payに登録しておけば、券売機を使わずにいつでもiPhoneからチャージすることが可能となります。

お買い物の支払いもスムーズ

お買い物で支払いをするときに、小銭を出そうとしてレジでもたついてしまう、クレジットカードの利用で暗証番号の入力やサインの記入を求められ煩わしさを感じたといった経験はありませんか?

Apple Payなら現金を使わずに支払いができるので、余分なお釣りが出ないようにと小銭を探す必要がありません。

また、Apple Payを利用する事で暗証番号の入力やサインの記入をする必要がなくなり、指紋認証だけで決済ができますので、お買い物の支払いもスムーズに済ませることが可能です。

後ろに並んでいる他のお客さんを待たせることがないので、支払いを素早く済ませたいという方にはとても大きなメリットともなります。

オンラインショップでの決済が簡単

お手持ちのクレジットカードや電子マネーを登録して決済できるので、ネットショッピングやフリマアプリなどでお買い物をしたときも、iPhoneやiPadなどから簡単に決済することができます。

オンラインショップやアプリなど、クレジットカード情報の登録をする度にカードを確認したりと手間が掛かりますが、支払いのときにApple Payを選択すればTouch IDなどで決済が可能となります。

また、商品の送付先をApple Payに登録していれば、別のオンラインショップやアプリを使っても、送付先情報を入力する手間がかからないのもメリットの1つとなっています。

お財布の中身がスッキリ

Apple Payには最大8枚までのクレジットカード、または電子マネーを登録することができます。そのため、普段から持ち歩くカード類を減らすことができますので、お財布の中身もスッキリと整理しやすくなります。

また、財布に入り切らないカードも、Apple Payに登録することで毎日持ち歩くことができます。カード類が多くて財布がかさばっている、財布とは別にカードをまとめて持ち歩いているという方には、とても便利なサービスです。

利用することでポイントが貯まる

Apple Payに登録したクレジットカードや電子マネーは、利用することでポイントを貯めることができます。

コンビニエンスストアやドラッグストアなど、ちょっとしたお買い物でも、現金ではなくApple Payを使って支払いをすれば、お得なポイントを貯めることができますので、生活費の節約を考えている方にはおすすめのサービスとなっています。

Apple Payを設定する方法

Apple Payは「iPhone」「Apple Watch」「iPad」などのデバイスに設定することで利用できます。ここでは、それぞれのデバイスにApple Payを設定する方法をご紹介していきます。

iPhone

iPhoneに設定する場合は、「Wallet」アプリを開いて右上のプラスをタップします。画面上に設定の案内が表示され、登録するカードをカメラで読み取ります。もしもカメラで読み取りができなかった場合は、画面下にある「カード情報を手動で入力」から登録してください。

カードの登録が完了したら、有効期限やセキュリティコードの入力画面に移行します。カメラで読み込みが完了している場合は有効期限まで自動入力されるので、セキュリティコードだけを入力してください。

次に、銀行やカードの発行元で登録情報を確認し、登録するカードがApple Payで利用できるのかを判断します。この時点で登録に必要な情報が足りない場合、不足している情報の入力が必要となります。

案内表示に従って問題なく進めば、最後にカード認証をして設定完了です。カード認証はSMS、または電話によって認証手続きが行われ、Apple Payでの利用が可能となります。

Apple Watch

Apple Watchに設定する場合は、まずiPhoneからApple Watch Appを開いて「マイウォッチ」のタブを表示させ、「WalletとApple Pay」をタップします。iPhoneと同じく画面上に設定の案内が表示されるので、指示に従ってカードの種類や情報を登録していきましょう。

設定の手順はiPhoneと同じなので、登録するカードに問題がなければ、認証後にApple Payの利用が可能となります。

iPad

iPadに設定する場合は、「設定」から「WalletとApple Pay」を選択して、「カードを追加」をタップすると、サインインを求められるのでパスワードを入力します。サインインした後は画面上に設定の案内が表示されるので、指示に従ってカードの種類や情報を登録していきましょう。

iPadの場合も、設定の手順はiPhoneやApple Watchと同じですので、不備がなければ認証後にApple Payが利用可能です。

Apple Payの使い方

Apple Payには様々な使い方があります。また、iPhoneユーザーでもiPhone6以前のデバイスでは使用することができませんので注意が必要です。ここでは、Apple Payの使い方と利用可能なデバイスについてご紹介していきます。

iPhone7・AppleWatch Series2以降から使用可能

Apple Payの利用はiPhone7、Apple WatchならAppleWatch Series2以降のデバイスでなければ、お店でお買い物をする場合に使用できません。

Apple Payは非接触型IC(通信技術)によって利用できるシステムとなっています。しかし、iPhone6以前のデバイスにはこのようなシステムが搭載されていないため、コンビニエンスストアやドラッグストアなどの店舗で使用することができません。

iPhone7、またはAppleWatch Series2以降であれば、非接触型ICが搭載されているため、店舗での利用が可能となっています。しかし、iPhone6以前でもウェブ上での決済は可能となっているので、オンラインショップでお買い物をする際の決済には利用可能です。

指紋認証をしてリーダーにかざすだけ

Apple Payの使い方は、お買い物で支払いをするときに、「Wallet」から利用したいカードを選択して指紋認証を行い、レジ近くのリーダーにかざすだけで決済ができます。

自動販売機で使用する場合も同じく、リーダーにかざすだけで簡単に購入が可能となります。Apple Payなら小銭を使う、またはお釣りで小銭が増えることもありませんし、シンプルな操作で誰でも簡単に使用する事が出来ます。

Apple Payが使えるお店

Apple Payに対応している店舗では、入り口・レジ付近に「Apple Pay」・「QUICPay」・「Suica」のマークが表示されています。電子マネーを登録している場合には、お買い物先の店舗でこれらのマークが表示されていれば、Apple Payでの支払いが利用可能です。

デバイスからチャージする

Apple Payの使い方はお買い物だけでなく、電子マネーへのチャージも可能となっています。券売機やお店でチャージすることなく、残高が不足していることがわかった時点で、いつでもどこでもチャージすることができます。

また、チャージする金額は1,000円単位からとなっており、必要な金額だけをチャージ出来ますので、Apple Payを利用する際に活用することをおすすめします。

デバイスを失くしても遠隔ロックできる

カード情報を登録しているデバイスはカードそのものといっても過言ではありません。デバイスをなくしてしまったり、何処かに置き忘れてしまったりということがあっても、遠隔ロックをすることで一時的にApple Payの利用を停止させることができます。

クレジットカードの場合には失くした事に気づいた時点でカード会社へ連絡をし、カードの利用停止の申請をする必要がありますが、Apple Payではその必要もありません。遠隔ロックをすれば不正利用を防ぐ事が可能となります。

万全なセキュリティで利用できるApple Pay

簡単な設定でさまざまなお店で使えるApple Payですが、クレジットカードの登録をするため、セキュリティ面を気にされる方は多いでしょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2