キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

楽天やLINEといった有名企業が参入したこともあり、年々知名度の上昇とともに利用者が増えている格安SIM

ぼんやりとキャリアよりも利用料金が安くなるなら乗り換えたい、と思っている方は多いかもしれませんが、乗り換える際は各会社の特徴やメリットを抑えておくと後悔のない乗り換えが可能です。

本記事では、格安SIMに早くから参入し、ユーザーの信頼度も高いIIJmio(みおふぉん)にMNPするメリットと乗り換えの手順について紹介します。

格安SIMへの乗り換えを検討している方や、乗り換え先選びに迷っている方は参考にしてみてください。

トップ画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmio(みおふぉん)を利用するとどれくらいお得?


格安SIMを利用する最大のメリットはやはり毎月の利用料金の安さ

キャリアと契約しているユーザーのなかでも、特に毎月のデータ容量が余る月があったり、主な連絡はLINEでして通話を使わなかったりする方には、キャリアの料金プランは割高感があります。

そうした場合は格安SIMに乗り換えると大幅な節約が見込めます。もちろんIIJmioの料金プランも非常にお得です。

IIJmioとキャリアの料金プランを比較すると

一般的な使い方をしているスマホユーザーで、IIJmioとキャリアの料金を比較して見ると、年間で4~5万円も差が出てきます。

ドコモの料金プランとIIJmioの近いプランを比較すると以下の通りです。

通話プラン データ通信 月額
ドコモ 無料通話あり 1,700円
(5分以内通話無料)
4,000円
(~3GB)
5,700円
無料通話なし 980円 4,000円
(~3GB)
4,980円
IIJmio 無料通話あり 600円定額オプション
(3分以内通話無料)
1,600円
(~3GB)
2,200円
無料通話なし オプションなし 1,600円
(~3GB)
1,600円

今回比較したケースでは、月額で3,500円前後の差額がありますので、年間で42,000円お得になる計算です。

ドコモのプランは無料通話ありの5,700円と、無料通話なしの4,980円のプランを例に挙げましたが、スマホの利用料金の平均は7,000円~9,000円というデータが多いので、実際はさらにお得になる方が多いのではないでしょうか。

IIJmioの料金プラン表

IIJmioでは、データ通信容量3GB以外のプランも用意されていますので、そちらも紹介しておきます。

データ通信専用SIM SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
タイプD タイプD タイプA タイプD / タイプA
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円 / 月 1,040円 / 月 900円 / 月 1,600円 / 月
ライトスタートプラン
(6GB)
1,520円 / 月 1,660円 / 月 1,520円 / 月 2,220円 / 月
ファミリーシェアプラン
(15GB)
2,560円 / 月 2,700円 / 月 2,560円 / 月 3,260円 / 月

タイプDはドコモ回線、タイプAはau回線を利用したプランという意味で、利用者が多い音声通話機能付きSIMでは利用料金に差はありません。

家族間でデータ容量をシェアすることも可能で、ミニマムスタートプランとライトスタートプランでは同一mioIDでの契約に限りSIM2枚まで、ファミリーシェアプランではSIM10枚までシェアできます。

加えて、キャンペーン期間中に契約するとさらに利用料金が割引されますので、積極的に利用したいところです。

端末セットプランでさらにお得

画像引用元:コミコミセット | 格安SIM/格安スマホのIIJmio
IIJmioへの乗り換えと同時に機種を購入する場合は、対象端末は限られますが「コミコミセット」と呼ばれるプランを利用することで、機種代金込みで3GBまでのプランが12ヵ月間1,880円とさらにお得になります。

コミコミプランでは、
Huawei nova lite 2ZenFone 4 Max
→月額1,880円
Huawei P20 liteSHARP AQUOS sense lite富士通 arrows m04
→月額2,480円
で利用できます。

P20 liteは、IIJmioに限らず2018年のSIMフリー機で一番の売れ筋ですので、幅広くおすすめできる機種。

キャリアのようにおサイフケータイを使いたいという方は、AQUOS sense liteやarrowsといった国内メーカーのスマホを選ぶこともできますので、選択肢は十分です。

IIJmio(みおふぉん)にMNPするメリットは?


料金プランについては詳しく紹介しましたので、ここではそれ以外のIIJmioを利用するメリットを紹介していきます。

高速通信と低速通信の切り替えが可能


格安SIMに限らず、高速データ通信を使い過ぎて月末にデータ容量が切れてしまうという経験は誰しもあるのではないでしょうか。

低速通信に速度制限されてしまうと、動画視聴やアプリゲームなどが快適に動作しなくなりますので、非常に不便を感じます。

IIJmioでは、独自のアプリを使ってクーポンのオンオフを切り替えることで、高速通信と低速通信を使い分けることが可能です。

TwitterやSNSのチェック、LINEなどを利用する際はクーポンをオフ、動画視聴やアプリゲームをするときはクーポンをオンといった具合にやりくりすれば、月末に低速通信しかできないという状況も未然に防ぐことができます。

また、余ったクーポンの翌月への繰り越し、データ容量の追加など、データ容量の融通が利く点もIIJmioを利用するメリットです。

低速通信時もバースト転送で軽いサイトなら快適

クーポンの切り替えを使ったけれどデータ容量を使い切ってしまったという場合でも、バースト転送によって軽いサイトなら快適に読み込むことができます。

バースト転送とは、低速通信時でも通信し始めの一定量は高速で通信するという機能です。

このバースト転送機能によって、テキストベースのサイトやTwitterのタイムライン、容量の小さい画像程度であれば、高速通信の間に読み込みが完了します。

キャリアでもぜひ実装されてほしい便利な機能です。

次のページでは家族での利用にも強い格安SIMを紹介します。


1 2