Huawei(ファーウェイ) 機種の評価・レビュー
Pocket

読了時間:約 2

Huaweiは日本国内で1,000万円を超える年報酬を約束する異例の求人を出したりと、世間に与える影響も大きくこの一件でその名前を知ったという人も少なくありません。

日本国内での知名度も確実に上がってきている、Huaweiの現在開発しているスマホ「P30」・「P30 Pro」のリーク情報が各所で取り上げられ様々な噂・考察がされています。

今回はその発売前のモデル「P30」・「P30 Pro」のリーク情報なども考慮し、スペックを含め実装されるであろう新機能などを、紹介していきます。

Huaweiとは

画像引用元:HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

Huaweiは中国を拠点としてスマートフォンの開発・製造をしているメーカーです。そのシェアも世界レベルで見ても1・2を争う世界的なメーカとなっています。最近では多方面で何かと話題となっており、世間でのメーカーの知名度も一気に広がったというような印象を受けます。

Huaweiが先進的なスマホを開発していくというのは必然的な流れであり、日本国内に工場を入れてきた事も国内での販売シェアの拡大を狙っての事だというのは間違いありません。

また、ハイスペックモデルを大手キャリアでの専売にするなど端末の展開戦略も、機種ごとに狙ったユーザーにピンポイントで訴求する方法をとるなどその戦略性も話題となっているメーカーでもあります。

「Huawei P30・P30 Pro」スペックの考察

下記に現行機種であるP20 Proのスペックが掲載されているURLを記します。

HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

現行の「P20」のカメラにはトリプルカメラが採用されており、カメラとしてのスペックも優れたスマホとなっています。最近主流となりつつある、トリプルカメラを搭載しているという事で注目を集めている機種でもあります。

このようにHuaweiはその時の市場の中でも見劣りせず、負けないスマホ作りを徹底しており、その技術の工場も止まるところを知りません。現在製造中の「Huawei P30・P30 Pro」においても、革新的な進化が期待されています。

下記に現時点で予想可能な「Huawei P30・P30 Pro」のスペックをまとめました。

モデル名Huawei P30Huawei P30 Pro
OSAndroid9.0Android9.0
ディスプレイ6.0インチベゼルレスディスプレイの可能性有り
CPUSnapdragon855Kirin990
RAM8GB12GB
ストレージ128GB不明
アウトカメラ4,000万画素+2,400万画素4,800万画素?
インカメラデュアルカメラが濃厚
バッテリー容量3,400mAh不明
サイズ150×70×7.7mm不明
重量165g不明

搭載されるCPU

画像引用元:Kirin

スペックを紹介する上で外せないポイントには、スマホの頭脳となるCPUにはどのモデルが搭載されるのかという事が挙げられます。

「Huawei P30」には、「SnapDragon855」というCPUの搭載が濃厚となっています。「SnapDragon855」とはクアルコムの最新のCPUとなります。

このモデルは発表前段階では「SnapDragon8150」という名称になるのではないのかといわれるなど、その名称だけでもユーザー間で議論される程その注目度の高さが伺えました。

クアルコムのCPUは、現行のスマホの多くに採用されている高性能CPUという事もあり、その新型CPUの搭載が情報として取り上げられるだけでも市場では大きなニュースとなり、その訴求広告効果も絶大です。

2019年に販売が決まっているスマホには、必ず採用されるほど信頼のあるCPUとなり、これをHuaweiはいち早く採用し市場へ投入する形となっています。

また、新モデルの中でも上位モデルとされる「P30 Pro」には「Kirin990」というCPUが搭載されることが濃厚といわれています。

「Kirin990」は、話題の5Gの通信速度に対応する可能性も高く、「Kirin990」に関して市場では現在かなりの関心を引く話題が広がっているほどです。

情報では2019年モデルの各社のフラッグシップモデルの多くに採用されるといわれているCPUチップともいわれています。

RAMの容量

続いては保存容量を左右するRAMとなりますが、RAMの容量は「P20」では6GBでした。新モデルでは当たり前のようですが、それよりも大きい容量をもつRAMの搭載が予定されており、「Huawei P30」では8GBのRAMを搭載することが濃厚となっています。

現在Androidでは64bit化が完了し、8GBのRAMを搭載すればすべての領域をフル活用することができます。

現在ではその容量をフルに使ったアプリなどはほとんどありませんが、今後のアプリやゲームアプリの性能向上に向け先取りをすると共に、Huaweiからユーザーへの1つの提案という要素であるともいえます。

対する、「Huawei P30 Pro」には12GBのRAMが搭載される事が濃厚となっています。このレベルの容量になってくると、もはやスマホではなくパソコンとしても、ハイスペックという立ち位置になるスペックといえます。

実際12GBというのは相当な大容量となり、現行のスマホでもそこまでの容量のRAMを搭載しているスマホは無いといっても過言ではありません。基本的にスマホの場合のRAMの容量は、6GB前後の容量が採用されることがほとんどです。

こうしたオーバースペックを打ち出してくる製品というのはスマホだけではなく、そのブランドやメーカーの意気込みや今後の製品に対するコンセプトをユーザーに知ってもらう意味合いも含みます。

もちろんそれが、話題を呼び宣伝効果にも貢献することは間違いありません。その観点からも今後各メーカー大容量のRAMの搭載を次々と発表してくると予想ができます。

カメラ性能

現行機種である「P20 Pro」のカメラはトリプルカメラが搭載されています。そう考えると「P30」でも、もちろんトリプルカメラが搭載されるというのは間違いありません。

トリプルカメラは、3つのカメラにそれぞれに役割を持たせる事で、多彩な撮影シーン・様々な撮影モードを可能にし美麗な写真が取れるだけでなくエンターテインメント性の向上も実現しています。

例えば、スローモーション動画を撮影する事もトリプルカメラが搭載されていれば、さほど難しい事ではありません。また新モデル「P30・P30 Pro」両モデルではインカメラが2つのレンズのデュアルカメラになる可能性も高いとの情報も出ています。

インカメラにデュアルカメラを採用するスマホはまだまだ機種が少なく、現実になればそれだけでも相当な注目を集めるのは間違いありません。

対する「P30 Pro」のアウトカメラには、4つのレンズが搭載される「クアッドカメラ」が採用されるともいわれています。

1 2