読了時間:約 2

ドコモが発行しているdカードに新規で申し込んだり、買い物で利用したりすると特典として貰えるのがdポイントiDキャッシュバック

「(期間・用途限定)」と記載されているdポイントやiDキャッシュバックは使い道がわからないからといって放置しておくと、使わないうちに有効期限切れなんてことになりかねません。

そこで本記事では、イマイチ知られていない「dポイント(期間・用途限定)」と「iDキャッシュバック」の使い方・確認方法などを解説します。ドコモユーザーの方は使い切っていないポイントがありませんか? まずは自分のポイントを確認してみてください。

トップ画像引用元:dカード | ドコモのクレジットカード

dポイントには2種類ある?


ドコモの携帯料金の支払いや、機種の購入、dTVやdショッピングのようなドコモ系のサービスを利用していると自然と貯まってくるdポイント。このdポイントには、通常のdポイントとdポイント(期間・用途限定)の2種類があります。

特に「dポイント(期間・用途限定)」の方は通常のdポイントより使い道が限られていますので、意識して使い切るようにしなければなりません。

通常の「dポイント」と「dポイント(期間・用途限定)」の違い

通常の「dポイント」と「dポイント(期間・用途限定)」の大きな違いは、その名の通り有効期限と用途です。

dポイントの有効期限が「獲得した月から起算して48か月後の月末」であるのに対し、dポイント(期間・用途限定)は配布しているサービス・キャンペーンによって異なります。概ね2ヵ月や3カ月などdポイントよりも短く設定されていますので、早めに使うようにしたいところ。

次に用途についてですが、それぞれのポイントを使えるサービスは以下の通りです。

サービス dポイント dポイント(期間・用途限定)
街のお店でつかう
ネットのお店でつかう
dマーケットでつかう
d払いにつかう
ギフトコでつかう
ドコモ商品につかう
メールストア等のドコモサービスにつかう
ケータイ料金の支払いにつかう
データ量の追加につかう
スゴ得のクーポンにつかう
賞品が当たる抽選につかう
寄付につかう
交換商品につかう
チケットの優待購入に使う
(4thステージ以上)

用途で大きく違うのは、期間・用途限定のポイントは「ケータイ料金の支払い」や「データ量の追加」に使えない点。期限が迫っていてもケータイの支払いに使えれば、My docomoから翌月の利用料金に使うこともできるのですが、dポイント(期間・用途限定)の場合は、別の使い道を考える必要があります。

自分のdポイントの確認方法

自分のdポイントを確認するには、dポイントクラブのサイトやアプリにログインするか、あるいはMy docomoで利用料金などと一緒に確認することもできます。dポイントとdポイント(期間・用途限定)の内訳や有効期限も明記されていますので、一度確認してみるといいかもしれません。

dポイント(期間・用途限定)の使い道


dポイント(期間・用途限定)の主な使い道としては、「dマーケット内でつかう」「街のお店でつかう」のが簡単でしょう。

dショッピングやdブックなど普段からドコモ系のサービスを利用している方はそのままdマーケットで使用することができます。街のお店で使う場合は、dポイントの加盟店であれば支払いに使用可能です。

dポイントが使えるdマーケット

dマーケット内でdポイントが使えるのは、以下の13のサービスです。

サービス内容
dショッピング 日用品・食品・飲料などを購入できる通販サイト。
dゲーム 無料のソーシャルゲームが中心のゲームコンテンツ。
dデリバリー ピザや寿司、レストランの弁当などを利用できる出前・宅配サービス。
dブック コミック、小説、実用書などを購入できる電子書籍ストア。無料コンテンツもあり。
d fashion 有名セレクトショップを中心とした商品を購入できるファッション通販サイト。nano-universe、CECIL McBEE、TOMMYなど。
dトラベル JTBが取り扱う全国約13,000施設の予約が行える旅行予約サイト。ツアー・航空券・レンタカーの検索も可能。
dミュージック 洋楽の名曲から最新J-POPまで約1,000万曲のラインナップから楽曲を購入できる音楽サイト。月額934円で対象楽曲約800万曲が聴き放題になる定額プランもあり。
dカーシェア カーシェア・レンタカー・マイカーシェアが利用できるサービス。
dTV 月額500円で映画・ドラマ・アニメなど、約12万作品が見放題になる定額動画配信サービス。スマホはもちろんPCやテレビなどでも視聴可能。初回31日間無料。
dフォト スマホで撮影した写真をクラウドで保存・管理するサービス。写真を選んでフォトブックにすることも可能。初回31日間無料。
dアニメストア 月額400円でTV放送中の最新作や懐かしい名作が見放題の動画配信サービス。視聴できる作品数は国内最大級。初回31日間無料。
dリビング 水まわりのトラブルやガラスの修理など、暮らしのトラブルを出張費・作業費無料で利用できるサービス。初回31日間無料。
dエンジョイパス 映画鑑賞やスーパー銭湯など50,000件以上の優待プランが使い放題。

dマガジンやdヒッツのような定額サービスの利用料金につかうことはできません。dTVやdアニメストアは定額サービスですが、作品のレンタルにのみdポイントを使用可能です。

dショッピングやd fashion、dブックなどは無料で利用できるサービスで、サービス内の商品を購入する際に料金が発生しますので、支払い時にdポイントで払う・割引するといった使い方ができます。

dマーケット内でさらにdポイントを貯める

dマーケットはdポイントを使うだけでなく、dポイントを貯めるのにも役立ちます。dアカウントを持っていれば誰でも通常の買い物に1%のポイントが付くのに加え、「dデリバリー、dショッピング、d fashion、dトラベル」の支払いにdカードを利用すればさらにdポイントが2%上乗せ

出前や弁当を注文できるdデリバリーや、日用品・食品などを取り扱うdショッピングは、普段から使いやすいサービスなので、dカードを持っている方は上手く活用して、dポイントを使うと同時に貯められるとお得です。

また、dマーケットはキャンペーンなどを利用すれば、最大20倍のdポイントの還元率を実現できます。dポイントを上手く貯めたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

ドコモのdマーケットなら最大20倍のポイント還元|誰よりもお得に買う方法

dポイントが使える加盟店

dポイントが使用できる主なdポイント加盟店は以下の通りです。

ジャンル 主な加盟店
コンビニ・ファーストフード ローソン、マクドナルド、サンマルクカフェ、コールド・ストーン・クリーマリーなど
レストラン・居酒屋 いきなり!ステーキ、ペッパーランチ、カプリチョーザ、かっぱ寿司、はなの舞、いちげん、ホルモン道場など
ショッピング・ファッション 高島屋、マツモトキヨシ、ライフ、PLAZA、東急ハンズ、ノジマ、タワーレコード、アニメイト、GLOBAL WORK、HARE、RAGEBLUEなど
ホテル・レジャー ローズホテル横浜、セントラルホテル鴨島、サンルートプラザ東京、カラオケビックエコー、自遊空間、スパリゾートハワイアンズ、イオンシネマなど
丸善、ジュンク堂書店、フタバ図書、クレ書店、勝木書店など
その他 オリックスレンタカー、ナビパーク、NPC24H、など

後ほど紹介するiD加盟店などと比べると、少し加盟店のラインナップが狭いですが、ローソンやマクドナルド、マツモトキヨシあたりは普段から使いやすいお店ですね。

街の加盟店でdポイントを使う場合は、dポイントカード(dカード)おサイフケータイが必要で、簡単ですが若干手順が異なります。

dポイントカードでの使い方
  1. レジでdポイントカード(dカード)を出す
  2. 店員がバーコードをスキャンする
  3. dポイントで支払う旨を伝える
  4. レジのタッチパネルで「OK」をタッチする
おサイフケータイでの使い方

おサイフケータイで使う場合は、スマホのdポイントで支払う旨を伝えてから、リーダーにかざすだけで使用できます。ただし、あらかじめdポイントクラブアプリの「設定・アプリ情報」>「おサイフケータイ設定」で設定しておく必要がありますので注意しましょう。

iDキャッシュバックとは?


dカード/dカード GOLD(ゴールド)の入会特典として配られているiD(アイディ)キャッシュバックは、ドコモの電子マネー「iD」を利用した際、支払額から自動で充当されるキャッシュバックです。利用したiDキャッシュバックは、dカードの引き落としの際に請求額から差し引かれます。

明細では「iDキャッシュバック(dカード)充当」と記載されますので、dカードの会員ページなどから確認可能です。

1 2