読了時間:約 3

料金を比較的抑えられるauであっても、毎月支払うスマホの通信料は決して安いものではありません。

少しでも料金の安い携帯会社やプランを使って出費を抑えたいところですね。

最近では格安SIM/格安スマホも含めて様々な料金プランがありますので、自分にあった料金プランのある会社に乗り換えるという方も多くなっています。

今回の記事では、auから他の携帯会社にMNPで転出するときに必要なMNP予約番号の取得手順や、どのくらいの費用がかかるのかをご紹介していきます。

携帯の乗り換えはショップ選びが重要です。
携帯乗り換えで損をしないための必要なショップの選び方とキャッシャバックやキャンペーンなどを利用したお得な乗り換え手順を詳しく紹介していています。
詳しくは携帯乗り換えで損をしないためのショップの選び方と得する手順をご覧ください。

auからMNP乗り換え先をソフトバンクにすることで、頭金0円・高額キャッシュバックがもらえる「おとくケータイ.net」「スマホ乗り換え.com」がお得です。

乗り換え先をドコモにするならドコモ公式のオンラインショップがオススメです。こちらも頭金0円・事務手数料てオンライン限定の特典を利用することで実店舗よりお得に乗り換えが可能です。
機種変更・MNPならドコモオンラインショップを使うべき新たな4つの特典とは?

格安スマホなら、乗り換え先をどこにするかで大きく変わってきます。自分に合ったプランを提供している格安スマホを選ぶようにしましょう!
auから格安スマホに乗り換え!おすすめの格安SIMを紹介

MNPとは?

「MNP」という言葉を時々目にしたり聞いたりすることがあるかもしれませんが、どのようなものでしょうか。まずはMNPがどのようなものかを取り上げてみましょう。

さらに、MNP手続きをすることでどんなメリットやデメリットがあるかも解説していきたいと思います。

MNPってなに?

MNPはMobile Number Portabilityの略称で、日本語では携帯電話番号ポータビリティーです。

これは、新しい携帯会社と契約しても今使っている電話番号をそのまま使い続けることができる制度のことです。

2016年10月以前は携帯会社を変えてしまうとそのたびに電話番号が変わってしまっていましたが、この制度が開始されてからは電話番号を変更することなく乗り換えができるようになりました。

MNPのメリット

MNPの手続きをすることで以下のようなメリットがあります。

電話番号を変えなくて良い

新しい番号になってしまうと、友人や仕事関係者に自分の電話番号をお知らせしないといけません。手間がかかってしまう作業のため面倒に思ってしまうこともあるかもしれません。でもMNPで電話番号を引き継ぐことができればその心配をしなくて良いのでメリットと言えるでしょう。

手軽に自分にあった携帯会社やプランを選べる

前述の通り電話番号を切り替えなくても良いので手軽に新しい携帯会社と契約することができます。MNPがないと新しい連絡先を配信するのが面倒で、せっかく良い携帯会社やプランを見つけても二の足を踏んでしまうということもあるかもしれません。でもMNP転出すれば自分にあった携帯会社やプランを手軽に契約できるでしょう。

MNPのデメリット

いいことが多いように思えるMNP制度ですが、次のようなデメリットもあります。

キャリアメールは引き継げない

MNP制度で電話番号を引き継ぐことができますが、残念ながらキャリアメールを引き継ぐことができません。新たな携帯会社のメールアドレスか、フリーメールを取得する必要があります。

とはいえ、最近では連絡はほとんどLineやGmailを使っているという方も多いため、そうした方はあまり気にする必要がないと言えるでしょう。

費用が発生する

今回のテーマにある通りどうしてもMNP利用で転出する場合にはいくらか費用が発生します。

しかし決してそこまで高額なものではなく、料金面で魅力的なプランがあれば早い段階でもとをとることができるのでデメリットといえるかは微妙なところです。

auからMNP転出するのに必要な費用

auから他の携帯会社に転出しようとすると、費用が発生してしまいます。具体的にはauに対してMNP転出する方法転出手続きを行った際のMNP転出手数料が発生します。他にも契約プランと契約期間によっては解約料金が発生する場合もあります。

また、新しく契約する携帯会社でも費用が発生します。MNP転入する際に事務手数料やSIMカード発行手数料がかかる場合があります。

では、それぞれの場合auからMNP転出する方法転出する場合どのくらいの費用になるか取り上げてみましょう。

auからMNP転出時に必要な費用

auからMNP転出するときには、au(KDDI)に支払う手数料があります。まず「MNP転出手数料」が発生します。これはMNP手続きをした場合必ず生じてしまう費用です。さらに、契約プランや契約期間によっては契約解除料が発生する場合もあります。

それぞれの費用は次のとおりです。

  • MNP転出手数料: 3,240円
  • 解約解除料: 9,500円

契約解除料は、例えば2年契約(誰でも割)の場合、2年契約となり自動更新となるため定められた契約更新期間(24ヶ月目と25ヶ月目のみ)の間であれば契約解除料はかかりません。契約日から26ヶ月目以降はまた契約解除料が発生してしまいます。

2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)の場合には、2年契約ですが自動更新がないプランです。そのため24ヶ月以内であれば契約解除料がかかりますが、25ヶ月目以降は解除料は発生しません。

新しい携帯会社にMNP転入するときの費用

次に、新しく契約する携帯会社に対して契約手数料を支払う必要があります。格安SIMの場合手数料は次のとおりです。

格安SIM 初期費用
楽天モバイル 事務手数料: 3,240円
 mineo 契約事務手数料: 3,240円

SIMカード発行料: 425円

 LINEモバイル 登録事務手数料: 3,240円
SIMカード発行手数料: 425円
 UQモバイル SIMパッケージ代金: 3,240円
 DMMモバイル 新規契約手数料: 3,240円
SIMカード準備料: 425円
OCN モバイル ONE 新規契約手数料: 3,240円
SIMカード準備料: 425円
 IIJmio SIMパッケージ代金: 3,240円

格安SIMの場合、契約事務手数料に加えてSIMカードの発行料がかかる場合もあります。それぞれの費用の相場は、事務手数料が3,240円、SIM発行料が約425円程です。

auから格安SIMにMNP転入する場合は、おおよそ3,000円~4,000円ほど費用がかかると覚えておくと良いでしょう。

格安sim比較|おすすめの格安SIMと気になる月額のお値段は?

MNP転出時の費用総額

MNP転出時には、au(KDDI)と新しく契約する携帯会社で手数料がかかります。ここまでの点を踏まえると総額費用はどのくらいになるかを表にしました。

契約更新期間中 契約更新期間外
MNP転出手数料 3,240円 3,240円
契約解除料 9,500円
契約手数料 3,000円~4,000円程度 3,000円~4,000円程度
総額 6,240円~7,240円程度 15,740~16,740円程度

表にまとめたように、契約解除料がかかるかかからないかで費用はだいぶ変わってきます。契約手数料は新しく契約する携帯会社によって若干変わりますが、3,000~4,000円ほどを見込んでおくと良いでしょう。

ちなみに、auの契約更新期間中に楽天モバイルを契約すると費用総額は6,480円、期間外であれば15,980円です。DMMモバイルの場合は、契約更新期間中であれば6,905円、期間外であれば16,405円となります。

auからMNP転出する手順

auから他の携帯会社にMNP転出する場合にはMNP予約番号というものが必要になります。このMNP予約番号を新たな携帯会社との契約時に提出することで以前の電話番号を引き継ぐことができるため、必ず必要な手順です。

MNP予約番号を取得する方法は3つあります。

電話 0077-75470 (無料)

受付時間:9:00~20:00

auショップ 各auショップ窓口、PiPit各店 (一部除く)

受付時間: 各店舗の営業時間に準じる

EZweb

(EZwebがつながる3Gケータイのみ)

EZwebページ

受付時間:9:00~21:30

電話でMNP予約番号を取得する

1 2