au auの料金プラン iPhone ソフトバンク ソフトバンクの料金プラン ドコモ ドコモの料金プラン
読了時間:約 2

高校生がスマホを持つ割合は、今や90%を超え100%近い所有率と言われています。親としては持たせたい気持ち半分、心配な気持ち半分といったところでしょうか。スマホを持たせるうえで何を選べばいいか悩みどころです。

ここでは高校生に持たせるおすすめのスマホとして、iPhoneを紹介します。iPhoneのどんな点がおすすめなのか、また機種代金とキャリア別で最安で購入できる方法を紹介します。ぜひお子様に持たせるスマホの参考にしてみてください。

高校生におすすめなスマホはiPhone

高校生のスマホ所有率が90%を超える中、そのうちiPhoneの所有率は60%以上と言われ半数を超えています。高校生にiPhoneが人気であり、また持たせるのにおすすめなのはしっかりとした理由があります。代表的なおすすめポイントを紹介します。

セキュリティが強い

iPhoneは他のスマホに比べてセキュリティが強いと言われています。もちろんプラスアルファでセキュリティソフトやアプリを入れればより安心です。

しかし実は、今のところではありますがウイルス感染のリスクの心配はほとんどなく安心して使えます。では、なぜ安心して使えるのか、いくつかのポイントをご紹介します。

厳しい審査を勝ち抜いたアプリ

iPhoneのアプリをダウンロードできるのは、Appleの公式が運営している「Apple store」のみです。また、配信されているアプリもAppleの厳しい審査を通っており、セキュリティ面でも厳しく審査されています。

大人でもほしいアプリが安全なものか見極めることは難しく、子供なら尚更説明も読まず軽率にダウンロードしてしまうかもしれません。しかしiPhoneならその点安心してダウンロードすることができます。

充実したセキュリティ機能

インターネットを楽しむブラウザアプリ「Safari」には、フィッシング詐欺のサイトを検知する機能が標準で装備されています。もちろん全ては検知し切れるわけではありませんが、ある程度は安心して利用することができます。

各キャリアでも未成年者が利用するスマホには、アクセス制限を行うフィルタリングサービスを申し込みことが義務つけられています。しかし、フィルタリングサービスによって健全なサイトでも閲覧できなくなることがあります。

高校生ともなると勉強の調べものなどもスマホで行う機会が多く、フィルタリングサービスを外すかどうか迷うところですが、(フィルタリングサービスは親の同意があれば解除可能です)もし外してもiPhoneなら幾分か安心して検索することができるでしょう。

また、端末内のデータは全て暗号化されており、第三者がソフトなどを使い不正に情報を取り出すなど簡単にはできないようになっています。

ウイルスに攻撃される確率が少ない

あくまでも確率の話ですが、androidに比べiPhoneはウイルスに攻撃される機会が少ないと言われています。その理由は、iPhoneの世界シェアがandroidよりも少ないところにあります。

意外かもしれませんが、日本以外の国ではiPhoneよりandroidの所有者が大半を占めています。iPhoneは非常に高額なため安価なandroidの方が手に入りやすく利用者も多いのです。

ウイルスは端末から情報を抜き取ったり、壊したりと悪意に満ちた目的で作られているため、より多くの人をターゲットにばらまかれます。そのため利用者の多いandroidが狙われやすい傾向にあり、iPhoneは比較的狙われにくいと言われています。

使い方を共有しやすい

高校生のiPhone所有率は60%を超えています。購入して使い方がわからなくても、必ずクラスに約3人に2人は持っている割合ですので、友達に聞いてすぐ覚えることができます。

また、最新のiPhoneが出るたびに、機能が追加されたり改善されたりと内容が変わっていくもののおおよその配置、レイアウトは変わりませんので、家族それぞれ新旧iPhoneシリーズが異なっても使い方を確認しやすいでしょう。

ケースが豊富

スマホを買ったらケースを購入される方も多いはず、毎日持ち歩くものだから、少しでもかわいいものや、カッコいいデザインのケースを使いたくなるものです。iPhoneは他のスマホに比べてとにかくケースが豊富です。

スマホをすぐ落として壊してしまう方は衝撃に強いタイプ、頑丈なタイプなど、デザインだけではなくiPhoneを守ることに特化したケースも多く出ており、せっかく買ったスマホを長く持たせたい方は特におすすめです。

androidはiPhoneよりも製品リリースの流れが早いため、人気シリーズ以外の製品はケースがあまり作られていないのが現状です。その点iPhoneは種類も豊富で販売期間も長く、ケースでおしゃれしたい高校生にはうれしいポイントではないでしょうか。

ドコモの場合

高校生にiPhoneがおすすめなのはわかりましたが、できることならできるだけ安く購入したいものです。ここではドコモで取り扱いのあるiPhoneシリーズの価格をまとめました。

ドコモのiPhoneの種類と金額

ドコモではiPhone SE、iPhone6sがドコモwithに追加されたのを始め、iPhone7以降最から新機種までのiPhoneシリーズは全て取り扱っています。

容量値段
機種変更新規乗り換え(MNP)月々サポート適用後
実質負担額
iPhone XS64GB128,952円69,984円
256GB147,096円88,128円
512GB171,720円112,752円
iPhone XS Max64GB141,912円82,944円
256GB160,056円101,088円
512GB184,680円125,712円
iPhone XR64GB98,496円39,528円
128GB104,976円46,008円
512GB116,640円57,672円
iPhone X64GB125,064円20,736円
端末購入サポート
機種変・新規:50,544円
256GB143,856円75,816円
iPhone 864GB88,776円10,368円
端末購入サポート
機種変・新規:19,440円
256GB106,920円28,512円
端末購入サポート
機種変・新規:38,232円
iPhone 8plus64GB110,440円22,032円
端末購入サポート
機種変・新規:31,752円
256GB118,584円40,176円
端末購入サポート
機種変・新規:49,896円
iPhone 732GB82,296円10,368円
端末購入サポート
機種変:10,368円
128GB93,960円22,032円
端末購入サポート
機種変:22,032円
iPhone SE32GB15,552円
端末購入サポート
10,368円
端末購入サポート
-
128GB25,920円
端末購入サポート
20,736円
端末購入サポート
-
iPhone 6S32GB42,768円-

ドコモの機種代金は全て税込み表示です。実質負担金は2年間同一機種を使った場合の合計支払い額です。端末購入サポートも同一機種を一定期間の利用することが条件にはありますが、機種購入時に一括で割引されるため、機種代金は一括の支払い金額表示となります。

乗り換えであれば昨年発売されたばかりのiPhone 8 64GBが10,368円と最安です。iPhone 7 32GBとiPhone SE 32GBも乗り換え・新規ともに10,368円です。

できるだけ新しい機種がほしいということであればiPhone 8、乗り換えではなく新規契約でということであればiPhone 7、iPhone SEを検討されてはいかがでしょうか。

機種変更の場合、一括支払い金額で最安なのはドコモ withに今年追加されたiPhone 6S 32GBが42,768円です。実質負担金が最安なのはiPhone 7 32GBで10,368円です。あくまでも2年間の合計支払い額であり、一括支払いの場合の金額ではないのでご注意ください。

ドコモの最新スマホに機種変更|おすすめ携帯を比較 2018-2019冬春モデル

ドコモ最新キャンペーン・サービス

現在iPhoneを購入する際に利用できるキャンペーンをまとめました。機種変更、タイミングによっては一度解約して新規契約する方がお得な場合もあります。

下取りプログラム

他社、自社問わず今現在iPhoneをお持ちの方は、ドコモで機種変更、新規、乗り換えなどで新しくiPhoneを購入する場合下取りに出すことができます。

購入時に同時に店頭で下取りに出せば、機種の購入金額から最大64,000円(税込)が割引されます。その場で下取りに出すので、事前にバックアップや初期化をするなど準備が必要です。

下取りをその場で出せない場合は、dポイントにて後日還元されます。また、一部量販店などの店頭では下取りを行っていない店もありますので、契約に行く前に問い合わせておきましょう。

機種変更応援プログラム/プラス

こちらのサービスは、iPhone購入時に加入することで、次回の機種購入がお得になるサービスです。毎年リリースされる最新のiPhoneに常に機種変更していきたい方におすすめです。

2年経つのを待たずして機種変更を行う方を応援するプログラムになっており、月額300円(税抜)を毎月支払うことで、iPhoneの利用が13ヵ月で次の最新シリーズの購入の際に、最大で27,000円分(税込)のポイントが還元されます。

また、機種変更応援プログラムプラスに関しては、2018年発売のiPhone XS、iPhone XS Maxを購入の方のみ加入できるプログラムになっており、13ヵ月の利用で次の最新シリーズ購入時に最大で60,000円(税込)分のポイントが還元されます。

機種変更応援プログラムに加入したうえで、さらに機種変更応援プログラムプラスに申し込むことが必要です。機種変更応援プログラムプラスは月額料金無料で加入できます。

auの場合

auも最新のiPhoneから現在取り扱いのあるiPhoneシリーズの種類と端末価格を紹介します。価格を比較したうえで最安のiPhoneをピックアップします。

auのiPhoneの種類と金額

auではiPhoneSE、iPhone7以降から最新のiPhoneまでを取り扱っています。iPhone7以前のものは店頭に在庫があれば購入可能ですが、au公式サイトでの取り扱い紹介はありません。

容量値段アップグレードプログラムEX加入した場合
機種変更新規・乗り換え(MNP)
iPhone XS64GB128,640円63,600円54,000円
256GB146,880円84,840円72,240円
512GB171,840円106,800円97,200円
iPhone XS Max64GB141,600円76,560円66,960円
256GB159,840円94,800円85,200円
512GB184,800円119,760円110,160円
iPhone XR64GB98,400円49,200円
128GB104,880円52,440円
512GB116,640円58,320円
iPhone X64GB128,160円64,080円
256GB146,400円73,200円
iPhone 864GB91,440円45,720円
256GB109,680円54,840円
iPhone 8plus64GB103,200円51,600円
256GB121,680円60,840円
iPhone 732GB64,800円16,200円10,800円
128GB76,320円 27,720円22,320円
256GB77,280円28,680円23,280円
iPhone 7 plus32GB78,480円29,880円24,480円
128GB90,240円41,640円36,240円
256GB91,440円42,840円37,440円
iPhone SE16GB46,080円10,800円
32GB54,000円10,800円
64GB58,560円15,360円
128GB65,760円22,560円

auの機種代金の表示は全て税抜きです。auでiPhoneを購入する際、2年後もauで機種変更されるならとおすすめされるプログラムがあります。それが「アップグレードプログラムEX」です。

プログラム料として毎月390円(不課税)の支払いが発生しますが、2年後に対象機種に機種変更するのであれば、機種代金が最大半額になります。

非常に加入される方が多いプログラムですので、機種代金の料金表はこちらに加入されたとして合計支払い額をまとめています。乗り換え・新規で契約される方はiPhone 7 32GBとiPhone SE 16GB、32GBが10,800円で最安です。

機種変更であれば、iPhone SE 16GB、32GBの10,800円が最安になります。また、後ほど紹介しますが、下取りなどの複数のキャンペーンやサービスを利用することも可能です。場合によっては機種代金が0円で手に入る可能性もあります。

au最新キャンペーン・サービス

現在auで利用できるキャンペーンは複数あります。どのキャンペーンを活用するかしっかり検討しましょう。

iPhone交換プログラム

現在ご利用のiPhoneを下取りに出して頂くことで、新しいiPhone購入金額から最大で63,720円(税込)の割引と、乗り換えで他社のiPhoneを下取りに出される方はさらにau WALLETプリペイドカードへ最大で8,000円(不課税)のキャッシュバックを受けることができます。

キャッシュバックは後日になるため、すぐには使えませんがau WALLETプリペイドカード対応のお店ならショッピングや食事の支払いにも使えるのでお得です。また、下取りに出すにはその場で初期化できていないといけませんので、必ず事前にデータはバックアップしておきましょう。

iPhoneおトク割

機種変更・新規契約・乗り換えの手続きの際に対象のiPhoneで契約すると機種代金から最大10,800円(税込)の割引を受けることができます。対象のiPhoneは、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 plusの3機種です。

また、条件として「auピタットプラン」「auフラットプラン」+「2年契約・2年契約(自動更新なし)」「スマイルハート割引」のいずれかに加入する必要があります。基本的には必ずどれかは契約することになるので、そう難しい条件ではありません。ぜひ活用しましょう。

iPhoneMNP購入サポート

他社からの乗り換えで、iPhone 8、iPhone 8 plusを購入する場合、機種代金から最大48,600円(税込)の割引を受けることができます。利用条件はiPhoneおトク割りと同じです。iPhoneMNP購入サポートを利用すればiPhone 8、iPhone 8 plusのこの2機種に関してはより安く購入できます。

しかしiPhoneおトク割り、ほかのキャンペーンと併用できない可能性があります。乗り換えならiPhoneおトク割を使うより、こちらのキャンペーンの方がおすすめです。

初スマホ割

初スマホ割は初めてスマホを持つ方におすすめのサービスです。今ガラケーを使っている方、携帯電話自体初めて持つ方が乗り換え・新規契約・機種変更の際に対象機種を購入すると、機種代金から最大37,800円(税込)の割引が受けられます。

iPhoneシリーズの中ではiPhone SEが対象機種です。iPhone SEはアップグレードプログラムEXに加入すれば16GB、32GBともに支払う機種代金の合計は10,800円です。しかし初スマホ割を利用するのであれば、アップグレードプログラムEXに加入しなくとも、安く購入することができます。

64GB、128GBでも割引が受けられますので、容量大きいタイプを選択したい方はぜひ活用したいサービスです。

三太郎の日

iPhoneに関する直接的なキャンペーンではありませんが、毎月3日、13日、23日の3のつく日を三太郎の日として、auユーザーであれば受け取ることのできるお得なクーポンを配信しています。

内容は月によって様々ですが、Wowma!(KDDIコマースフォワードとKDDIが共同運営しているショッピングモールサイト)の割引クーポンであったり、マクドナルドでハンバーガーが無料で1つもらえたりと、高校生も大人もうれしい特典を毎月受けることができます。

また、受け取れる特典は、au STAR会員と、au スマートパスプレミアム会員とで内容が変わる場合があります。auスマートパスプレミアムは月額499円(税抜)が発生しますが、au STARは無料で登録できるのでぜひ登録しておきましょう。

ソフトバンクの場合

現在ソフトバンクで取り扱いのあるiPhoneシリーズの種類と価格をまとめました。一括払いの価格だけ見ると高く感じますが、月月割適用後の実質負担額を考えるとそこまで高額ではありません。合わせてチェックしていきましょう。

ソフトバンクのiPhoneの種類と金額

ソフトバンクもauと同様に、iPhone SEを始めiPhone7以降から最新シリーズのiPhoneまでを取り扱っています。残念ながらiPhone7より以前のものは公式サイトに記載がありません。店頭在庫があれば購入可能です。

容量値段半額サポート適用後
iPhone XS64GB136,800円68,400円
256GB155,040円77,520円
512GB180,000円90,000円
iPhone XS Max64GB149,760円74,880円
256GB168,000円84,000円
512GB192,960円96,480円
iPhone XR64GB106,560円53,280円
128GB112,800円56,400円
256GB124,800円62,400円
iPhone X64GB131,040円65,520円
256GB149,280円74,640円
iPhone 864GB86,400円43,200円
256GB104,640円52,320円
iPhone 8plus64GB98,160円49,080円
256GB116,640円58,320円
iPhone 732GB87,840円43,920円
128GB99,360円49,680円
256GB
iPhone 7 plus32GB99,840円49,920円
128GB113,280円56,640円
256GB
iPhone SE32GB64,800円32,400円
128GB77,760円38,880円

ソフトバンクの機種代金の表示は特別な断りがない限り税込み表示です。また、ここでは「半額サポート」に加入することを前提で金額をまとめています。「半額サポートについては後ほど改めてご紹介します。

ソフトバンクの場合、乗り換え・新規契約・機種変更どれもベースは同じ金額でのご案内になります。手続き方法により利用できるキャンペーンが異なり、キャンペーンによって最終的に支払う金額が変わってきます。

キャンペーンを特に利用しない状態だと、iPhone SE 32GBの32,400円が最安です。他社に比べ少し高い金額です。しかしソフトバンクの場合、毎月の月額使用料に対して割引できるサービスが豊富にあるため、契約内容によってはソフトバンクが一番安く収まる可能性があります。

機種代金の支払いを安くするより、月額料金を抑えたい方は一度見積もりをとってから検討した方がよいでしょう。

ソフトバンク最新キャンペーン・サービス

iPhone購入の際に利用できる最新のキャンペーンはいくつかあります。購入時に忘れず申し込みし適用させましょう。

下取りプログラム(機種変更)

新しい機種の購入時に下取りを出すことで、機種代金の実質負担金を最大で63,000円(税込)割引してくれるサービスです。24回かけて毎月の月額料金から割引くため、機種代金の2年間の合計支払い金額が安くなります。

機種代金一括の金額からの割引ではありませんのでご注意ください。

下取りプログラム(のりかえ)

他社からの乗り換えで機種を購入する時に、他社で使っていたスマホを下取りを出すことで、機種代金の実質負担金を最大で54,000円(税込)割引してくれるサービスです。24回かけて毎月の月額料金から割引くため、機種代金の2年間の合計支払い金額が安くなります。

半額サポート

半額サポートとは2年後にソフトバンクでそのまま新しい機種を購入される方におすすめのサービスです。iPhoneを48回払いの分割で購入し、25ヵ月目以降に機種変更を行う際に残りの機種代金の支払いが不要になります。

ただし現状使っているiPhoneが回収されることが前提です。25ヵ月目に機種変更すればちょうど半額分の支払いがなくなります。

SUPER FRIDAY

SUPER FRIDAYはiPhoneに限ったサービスではありませんが、ソフトバンクでiPhoneを契約するならぜひ活用してほしいサービスです。毎週金曜日前日までににお得なクーポンが配信され金曜日限定で利用できます。

ソフトバンクユーザーであれば、だれでも特典を受けることができます。過去には吉野家の牛丼やミスドのドーナッツがもらえたりするなど話題になりました。今でもお得なクーポンは配信されており、10月はサーティーワンアイスクリームのレギュラーサイズが1個無料でもらえるクーポンでした。

利用方法は店頭でクーポンを店員さんに見せるだけですので簡単です。毎週金曜日が楽しくなること間違いありません。学校帰りにお友達と利用してみてはいかがでしょうか。

iPhoneをお得に手に入れ新生活をスタートさせよう

高校生になれば塾にバイトにと学校外での活動範囲も広くなります。親としては悩みどころですがスマホを持つベストなタイミングでしょう。

高校生におすすめのiPhoneを機種変更で購入するのか、新規契約か、もしくは家族ごと乗り換えてしまうのか、格キャリアしっかり比較し検討してみてください。

ドコモの最新スマホに機種変更|おすすめ携帯を比較 2018-2019冬春モデル

Pocket