au auの料金プラン iPhone ソフトバンク ソフトバンクの料金プラン ドコモ ドコモの料金プラン
Pocket

読了時間:約 2

高校生がスマホを持つ割合は、今や90%を超え100%近い所有率と言われています。親としては持たせたい気持ち半分、心配な気持ち半分といったところでしょうか。スマホを持たせるうえで何を選べばいいか悩みどころです。

ここでは高校生に持たせるおすすめのスマホとして、iPhoneを紹介します。iPhoneのどんな点がおすすめなのか、また機種代金とキャリア別で最安で購入できる方法を紹介します。ぜひお子様に持たせるスマホの参考にしてみてください。

高校生におすすめなスマホはiPhone

高校生のスマホ所有率が90%を超える中、そのうちiPhoneの所有率は60%以上と言われ半数を超えています。高校生にiPhoneが人気であり、また持たせるのにおすすめなのはしっかりとした理由があります。代表的なおすすめポイントを紹介します。

セキュリティが強い

iPhoneは他のスマホに比べてセキュリティが強いと言われています。もちろんプラスアルファでセキュリティソフトやアプリを入れればより安心です。

しかし実は、今のところではありますがウイルス感染のリスクの心配はほとんどなく安心して使えます。では、なぜ安心して使えるのか、いくつかのポイントをご紹介します。

厳しい審査を勝ち抜いたアプリ

iPhoneのアプリをダウンロードできるのは、Appleの公式が運営している「Apple store」のみです。また、配信されているアプリもAppleの厳しい審査を通っており、セキュリティ面でも厳しく審査されています。

大人でもほしいアプリが安全なものか見極めることは難しく、子供なら尚更説明も読まず軽率にダウンロードしてしまうかもしれません。しかしiPhoneならその点安心してダウンロードすることができます。

充実したセキュリティ機能

インターネットを楽しむブラウザアプリ「Safari」には、フィッシング詐欺のサイトを検知する機能が標準で装備されています。もちろん全ては検知し切れるわけではありませんが、ある程度は安心して利用することができます。

各キャリアでも未成年者が利用するスマホには、アクセス制限を行うフィルタリングサービスを申し込みことが義務つけられています。しかし、フィルタリングサービスによって健全なサイトでも閲覧できなくなることがあります。

高校生ともなると勉強の調べものなどもスマホで行う機会が多く、フィルタリングサービスを外すかどうか迷うところですが、(フィルタリングサービスは親の同意があれば解除可能です)もし外してもiPhoneなら幾分か安心して検索することができるでしょう。

また、端末内のデータは全て暗号化されており、第三者がソフトなどを使い不正に情報を取り出すなど簡単にはできないようになっています。

ウイルスに攻撃される確率が少ない

あくまでも確率の話ですが、androidに比べiPhoneはウイルスに攻撃される機会が少ないと言われています。その理由は、iPhoneの世界シェアがandroidよりも少ないところにあります。

意外かもしれませんが、日本以外の国ではiPhoneよりandroidの所有者が大半を占めています。iPhoneは非常に高額なため安価なandroidの方が手に入りやすく利用者も多いのです。

ウイルスは端末から情報を抜き取ったり、壊したりと悪意に満ちた目的で作られているため、より多くの人をターゲットにばらまかれます。そのため利用者の多いandroidが狙われやすい傾向にあり、iPhoneは比較的狙われにくいと言われています。

使い方を共有しやすい

高校生のiPhone所有率は60%を超えています。購入して使い方がわからなくても、必ずクラスに約3人に2人は持っている割合ですので、友達に聞いてすぐ覚えることができます。

また、最新のiPhoneが出るたびに、機能が追加されたり改善されたりと内容が変わっていくもののおおよその配置、レイアウトは変わりませんので、家族それぞれ新旧iPhoneシリーズが異なっても使い方を確認しやすいでしょう。

ケースが豊富

スマホを買ったらケースを購入される方も多いはず、毎日持ち歩くものだから、少しでもかわいいものや、カッコいいデザインのケースを使いたくなるものです。iPhoneは他のスマホに比べてとにかくケースが豊富です。

スマホをすぐ落として壊してしまう方は衝撃に強いタイプ、頑丈なタイプなど、デザインだけではなくiPhoneを守ることに特化したケースも多く出ており、せっかく買ったスマホを長く持たせたい方は特におすすめです。

androidはiPhoneよりも製品リリースの流れが早いため、人気シリーズ以外の製品はケースがあまり作られていないのが現状です。その点iPhoneは種類も豊富で販売期間も長く、ケースでおしゃれしたい高校生にはうれしいポイントではないでしょうか。

ドコモの場合

高校生にiPhoneがおすすめなのはわかりましたが、できることならできるだけ安く購入したいものです。ここではドコモで取り扱いのあるiPhoneシリーズの価格をまとめました。

ドコモのiPhoneの種類と金額

ドコモではiPhone SE、iPhone6sがドコモwithに追加されたのを始め、iPhone7以降最から新機種までのiPhoneシリーズは全て取り扱っています。

容量値段
機種変更新規乗り換え(MNP)月々サポート適用後
実質負担額
iPhone XS64GB128,952円69,984円
256GB147,096円88,128円
512GB171,720円112,752円
iPhone XS Max64GB141,912円82,944円
256GB160,056円101,088円
512GB184,680円125,712円
iPhone XR64GB98,496円39,528円
128GB104,976円46,008円
512GB116,640円57,672円
iPhone X64GB125,064円20,736円
端末購入サポート
機種変・新規:50,544円
256GB143,856円75,816円
iPhone 864GB88,776円10,368円
端末購入サポート
機種変・新規:19,440円
256GB106,920円28,512円
端末購入サポート
機種変・新規:38,232円
iPhone 8plus64GB110,440円22,032円
端末購入サポート
機種変・新規:31,752円
256GB118,584円40,176円
端末購入サポート
機種変・新規:49,896円
iPhone 732GB82,296円10,368円
端末購入サポート
機種変:10,368円
128GB93,960円22,032円
端末購入サポート
機種変:22,032円
iPhone SE32GB15,552円
端末購入サポート
10,368円
端末購入サポート
-
128GB25,920円
端末購入サポート
20,736円
端末購入サポート
-
iPhone 6S32GB42,768円-

ドコモの機種代金は全て税込み表示です。実質負担金は2年間同一機種を使った場合の合計支払い額です。端末購入サポートも同一機種を一定期間の利用することが条件にはありますが、機種購入時に一括で割引されるため、機種代金は一括の支払い金額表示となります。

乗り換えであれば昨年発売されたばかりのiPhone 8 64GBが10,368円と最安です。iPhone 7 32GBとiPhone SE 32GBも乗り換え・新規ともに10,368円です。

できるだけ新しい機種がほしいということであればiPhone 8、乗り換えではなく新規契約でということであればiPhone 7、iPhone SEを検討されてはいかがでしょうか。

機種変更の場合、一括支払い金額で最安なのはドコモ withに今年追加されたiPhone 6S 32GBが42,768円です。実質負担金が最安なのはiPhone 7 32GBで10,368円です。あくまでも2年間の合計支払い額であり、一括支払いの場合の金額ではないのでご注意ください。

ドコモの最新スマホに機種変更|おすすめ携帯を比較 2018-2019冬春モデル

ドコモ最新キャンペーン・サービス

現在iPhoneを購入する際に利用できるキャンペーンをまとめました。機種変更、タイミングによっては一度解約して新規契約する方がお得な場合もあります。

下取りプログラム

他社、自社問わず今現在iPhoneをお持ちの方は、ドコモで機種変更、新規、乗り換えなどで新しくiPhoneを購入する場合下取りに出すことができます。

購入時に同時に店頭で下取りに出せば、機種の購入金額から最大64,000円(税込)が割引されます。その場で下取りに出すので、事前にバックアップや初期化をするなど準備が必要です。

下取りをその場で出せない場合は、dポイントにて後日還元されます。また、一部量販店などの店頭では下取りを行っていない店もありますので、契約に行く前に問い合わせておきましょう。

機種変更応援プログラム/プラス

こちらのサービスは、iPhone購入時に加入することで、次回の機種購入がお得になるサービスです。毎年リリースされる最新のiPhoneに常に機種変更していきたい方におすすめです。

2年経つのを待たずして機種変更を行う方を応援するプログラムになっており、月額300円(税抜)を毎月支払うことで、iPhoneの利用が13ヵ月で次の最新シリーズの購入の際に、最大で27,000円分(税込)のポイントが還元されます。

また、機種変更応援プログラムプラスに関しては、2018年発売のiPhone XS、iPhone XS Maxを購入の方のみ加入できるプログラムになっており、13ヵ月の利用で次の最新シリーズ購入時に最大で60,000円(税込)分のポイントが還元されます。

機種変更応援プログラムに加入したうえで、さらに機種変更応援プログラムプラスに申し込むことが必要です。機種変更応援プログラムプラスは月額料金無料で加入できます。

auの場合

auも最新のiPhoneから現在取り扱いのあるiPhoneシリーズの種類と端末価格を紹介します。価格を比較したうえで最安のiPhoneをピックアップします。

auのiPhoneの種類と金額

auではiPhoneSE、iPhone7以降から最新のiPhoneまでを取り扱っています。iPhone7以前のものは店頭に在庫があれば購入可能ですが、au公式サイトでの取り扱い紹介はありません。

1 2