Google Pixel 3 iPhone XR 機種の評価・レビュー
Pocket

読了時間:約 2

2018年10月10日に発表され、11月1日よりドコモ・ソフトバンク・Googleストアから発売となったGoogle Pixel3/Pixel3 XL。

3の名称通りGoogle Pixelシリーズ3代目となる本機種は、近年流行している全面ディスプレイでFeliCaに対応しているなど積極的に日本市場を意識したスマートフォンだと言えます。

Appleから発売されたiPhone Xs/Xs Max/XRの後を追うように登場したGoogle Pixel3/Pixel3 XLは、ハイエンドモデルとしては珍しい単眼レンズを搭載している事が特徴的です。ここではGoogle Pixel3/Pixel3 XL と最新iPhoneを、特にカメラ性能に焦点を当てて比較しています。

Google Pixel3/Pixel3 XLやiPhoneなどのハイエンドモデルへの機種変更を検討している方は、是非ご覧になってはいかがでしょうか。

急速に進化するスマートフォン


国内でスマートフォンが普及し始めた2010年代前半は、Androidでメモリが500GB~1GB・ROMは4GB~8GBクラスの端末が一般的でした。基本的な動作も重く、バッテリーも1日もたない機種が多かったため無理してまでガラケーから機種変更を行うユーザーは少なかったのではないでしょうか。

対してiPhoneは2010年には既に第4世代のモデルが登場しており、国内発売もされたiPhone 4は512GBのメモリで8GB・16GB・32GBの3タイプのストレージ容量がありました。

メモリやストレージ容量にそれほど大きな違いはありませんが、当時CPUの性能や処理速度は明らかにiPhoneの方が優れており日本メーカーが苦戦を強いられていたのは言うまでもありません。

CPUに匹敵するハイエンドモデルも登場

ここ数年でスマートフォンの高性能化は急速に進んでおり、ミドルクラスではメモリ2GB以上は当たり前・最大で512GBのストレージを備えた端末も登場してくるようになりました。

CPUの性能も向上しており、主にAndroid端末に搭載される「Snapdragon」シリーズやiPhoneの「A」シリーズも目覚ましい進化を遂げています。

一般的にスマートフォンは価格やスペックでハイエンド・ミドルエンド・ローエンドの3つに分類する事が出来ますが、現在では最低クラスでも1GBのメモリを搭載しているモデルは多くあります。

CPUや機種自体の操作性なども含めて比較する必要はありますが、数年前とは違いローエンドモデルでもメールや電話・ちょっとした調べものなどはストレスを感じる事なく行えるのです。

また、ハイエンドモデルではCPUに匹敵するような性能を持つモデルも登場しており、現在では電話やメール以外の様々な場面でスマートフォンを活用できるようになっています。

モデル別の違い/一例ハイエンドモデルミドルエンドモデルローエンドモデル
メモリ(RAM)4GB~2GB~3GB1GB
ストレージ(ROM)32GB~16GB~32GB8GB~16GB
CPUオクタコア2.0GHz~クアッドコア1.3GHz~
オクアコア1.8GHz
デュアルコア
クアッドコア
1.2GHz~
価格70.000円~30,000円~60,000円10,000円~30,000円

単眼レンズと複眼レンズ


画像引用元:iPhone XS | iPhone | NTTドコモ

近年のスマートフォンはカメラ性能をアピールポイントとした機種が多く、ローエンドからハイエンドモデルまで各社が積極的に競いあっています。

特にハイエンドモデルには複眼レンズ(デュアルカメラ)搭載を謳った機種が多くあり、中にはトリプルレンズを採用したHUAWEI P20 Proのようなスマートフォンも登場しました。

しかし、単純にレンズが多く搭載されているからと言って美しい写真が撮れる=カメラ性能が強化されているという訳ではありません。

単眼レンズ(シングルカメラ)と複眼レンズ(デュアルカメラ)の大きな違いは主に望遠機能とポートレートであり、機種によって搭載されている機能が異なるのも特徴的です。

また、画素数も高ければ高いほど良いという訳ではないため機能が同じでも撮影した写真は機種によってまったく異なるという事もありえます。単眼レンズと複眼レンズで迷ったら、まずはその機種がどのような強みを持っているのかしっかりと調べる事が重要なポイントとなるでしょう。

基本スペックや価格をチェックしよう

カメラの性能を比較する前に、まずはGoogle Pixel3/Pixel3 XLと2018年発売となった新型iPhoneの基本スペックや価格を見ていきましょう。

Google Pixel3/Pixel3 XLの発売日は2018年11月1日となっていましたが、これは今年Appleから発表された新機種のうちiPhone XRの約1週間後でした。

ただし、iPhone XRは3つの新機種の中でも廉価版として位置づけられていましたので、比較対象としては9月21日に発売されたiPhone Xs/iPhone Xs Maxの方が適しているかもしれません。

スペックでの比較


画像引用元:Google Pixel 3・Google Pixel 3 XL | 製品 | NTTドコモ

まずは基本的なスペックでの比較です。画面のサイズはそれぞれ5.5インチ~6.5インチと幅がありますが、iPhone XRを除くとすべて有機ELディスプレイが採用されています。

これまでのスマートフォンに多く搭載されていた液晶ディスプレイはバックライトが必要なため、構造も複雑で使用する部品も多くなっていました。一方の有機ELはディスプレイ自体が発光するため、部品も少なく構造はシンプルです。

このため、液晶ディスプレイに比べると軽量化しやすいなどの利点があります。iPhone XRを除いたすべての機種が画面サイズの割には軽量ですが、中でもGoogle Pixel3は148gという超軽量を実現しているのがポイントです。

また、iPhone XR以外のRAMはハイエンドモデルらしく4GBで横並びですが、ストレージの種類はiPhoneの方が多く用意されています。

しかし、Google Pixel3/Pixel3 XLに用意されているクラウドストレージは無制限に写真が保存できますし、iPhoneにもユーザー専用のサービスであるiCloudが提供されています。

CPUもどちらもハイエンドモデルとして十分な性能を持っていますから、やはりGoogle Pixel3/Pixel3 XLとiPhoneの最大の違いはシングルカメラとデュアルカメラという事になるでしょう。

モデルGoogle Pixel3Pixel3 XLiPhone XsiPhone Xs MaxiPhone XR
国内発売日2018/11/12018/11/12018/9/212018/9/212018/10/26
ディスプレイ5.5インチ
有機EL
6.3インチ
有機EL
5.8インチ
有機EL
6.5インチ
有機EL
6.1インチ
液晶ディスプレイ
本体サイズ145.6×68.2×7.9mm158.0×76.7×7.9mm143.6×70.9×7.7mm157.5×77.4×7.7mm150.9×75.7×8.3mm
重量148g184g177g208g194g
CPUオクタコア
Snapdragon 845
オクタコア
Snapdragon 845
ヘキサコア
A12 Bionic
ヘキサコア
A12 Bionic
ヘキサコア
A12 Bionic
RAM4GB4GB4GB4GB3GB
ROM64GB/128GB64GB/128GB64GB/256GB
512GB
64GB/256GB
512GB
64GB/128GB
256GB
外部メモリ非対応非対応非対応非対応非対応
バッテリー2,915mAh3,430mAh2,658mAh
(中国TENNA公表)
3,174mAh
(中国TENNA公表)
2,942mAh
(中国TENNA公表)
SIMスロットシングルスロット
nanoSIM
シングルスロット
nanoSIM
デュアルシム
nanoSIM
eSIM
デュアルシム
nanoSIM
eSIM
デュアルシム
nanoSIM
eSIM
防水・防塵
IPX8

IPX8

IP68等級

IP68等級

IP67等級
おサイフケータイ
(FeliCa)
アウトカメラ
インカメラ
シングルカメラ
1,220万画素
デュアルカメラ
800万画素
シングルカメラ
1,220万画素
デュアルカメラ
800万画素
デュアルカメラ
1,200万画素
シングルカメラ
700万画素
デュアルカメラ
1,200万画素
シングルカメラ
700万画素
シングルカメラ
1,200万画素
シングルカメラ
700万画素

価格や発売キャリアの違い


画像引用元:iPhone XSまたはiPhone XS Maxを購入する – Apple(日本)

基本的なスペックを理解した所で、続いては価格と取扱いキャリアの違いを比較してみましょう。2018年に先に発表・発売となったiPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone XRの3機種はそれぞれ64GBから512GBまでの3つのストレージ容量が用意されていました。

Appleストアで取り扱われているSIMフリー機と同じく、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアではすべての容量が取り扱われています。一方、それぞれ2つのストレージ容量があるGoogle Pixel3/Pixel3 XLはauからは発売されず、ドコモでも限定的な取扱いとなりました。

取り扱いに違いが出たのは日本でのiPhone人気・高いシェアが背景にあると予想されますが、大手キャリアが限定されてしまったのはGoogleにとって痛手だったかもしれません。しかし、廉価版であるiPhone XRを除くと価格には差があるのが特徴的です。

例えば、同じ容量である64GBのSIMフリー版ではiPhone Xs/iPhone Xs MaxよりもGoogle Pixel3/Pixel3 XLの方が安くなっています。性能面ではどちらもハイエンドモデルとして十分な機能を有しているだけあって、この金額の差は多きなポイントとなるかもしれません。

1 2